三井 物産 エレクトロニクス。 フォークリフトのIoTプラットフォーム「FORKERS」、LTEモデルで本格始動 ―三井物産エレクトロニクス 丸氏インタビュー

トラックカーナビ 固定タイプ

三井 物産 エレクトロニクス

日本の物流倉庫や工場に約100万台あるといわれるフォークリフト。 三井物産エレクトロニクス株式会社(以下、MBEL)は、IoT技術でフォークリフトの安全と稼働状況を遠隔で監視する「FORKERS(フォーカーズ)」を展開し、昨年その第1弾として、無線LAN環境で利用できるサービスをリリースした。 そして本年9月より、新たに「LTEモデル」を正式発売した。 初期費用は無線LANモデルの198,000円に対し、LTEモデルは128,000円で、月額3,500円(LTE通信費込み)で提供。 3年間で「LTEモデル」16,000台の導入を目指す。 また、FORKERSの派生製品として、大型フォークリフト用の安全監視ソリューション「FORKERS EYE バリア」とフォークリフトの爪が荷物を破損しないよう手元のモニターで爪先を確認できるソリューション「FORKERS EYEイーグル」もリリースし、「FORKERSシリーズ」としての拡充を進める。 なお、FORKERS立ち上げ時に同社に行ったインタビュー記事は。 初期費用が大幅に下がったLTEモデル 「FORKERS(フォーカーズ)」では、センサーとカメラを搭載した車載機をフォークリフトに設置する。 その際、その前後10秒、計20秒の動画がセンサーデータと共にクラウドにアップロードされ、管理者のPCやスマートフォンで遠隔監視が可能となる。 管理者はそのデータをもとに、オペレーターへの注意喚起と安全運転の指導を行うことができる。 「フォークリフトの作業現場では、毎年2,000件弱の人身事故(労働災害)が発生しており、その内30名近くの方が命を落としています。 フォークリフトを安全にお使い頂きたいというのが我々の思いであり、FORKERSの最も重要なミッションです」(丸氏) そこで昨年、企業の安全性と生産性の向上のため、FORKERSの無線LANモデルをローンチした。 しかしその後、新たな課題が見えてきたという。 「フォークリフトはかなり動き回ります。 加えて、物流企業の倉庫というのは天井が高かったり、防火壁があったりして無線LANの設置費用が高額になることがあります。 たとえばフォークリフトを50台持つ倉庫の規模だと、無線LAN端末を設置するだけで1,000万円以上掛かってしまうこともありました」(丸氏) そこで今回、LTEモデルをリリースした。 これにより、車載機を取り付ければすぐにFORKERSのサービスが利用できる。 注目すべきは、その料金設定だ。 従来の無線LANモデルでは、初期費用の198,000円(フォークリフト1台あたり)に加えて、無線LANの設置費用も別途必要だった。 それがLTEモデルになると、フォークリフト1台あたりの初期費用は128,000円に下がり、月額3,500円(LTE通信費込み)で利用できる。 LTEモデルのコストメリットについて、丸氏は次のように説明する。 「企業の安全担当の方は、皆さんFORKERSのような安全ソリューションを導入したいのですが、社内を説得できない、あるいは費用対効果をうまく説明できないという方がいらっしゃいました。 そういう方々のためにFORKERSの費用対効果を次のように説明しています。 FORKERS LTEモデルを導入した場合の費用対効果(提供:MBEL) まず、初期費用128,000円に工事費用21,500円を足すと、149,500円です。 これを5年で償却する場合、月当たりの償却費用は2,492円となります。 これに月額の使用料3,500円を加えた5,992円がFORKERSの月当たりの費用となります。 ちなみに、1日に換算すると200円です。 これがFORKERSにかかる費用となります。 効果については、まずは事故予防です。 先ほどフォークリフトの事故が多いというお話をしましたが、現場で労働災害が一回起こると、直接損害だけでも数千万円クラスの損失になります。 それに加え、お客様の荷物を破損して信頼を失うとなると、事故による企業へのダメージはきわめて大きいのです。 二つ目として、車両の削減効果があります。 FORKERSの車両グループの稼働状況を見ると、稼働率の低い車両を一目瞭然で把握することができます。 その結果、例えば2. 5トンのフォークリフト1台を削減出できたとすると、フォークリフト1台分250万円ほどが節約できたことになります。 お客様の中にはFORKERS導入効果として、これを目標とされる方もいらっしゃいます。 三つ目はレポート作成人件費の削減効果です。 FORKERSではフォークリフトの稼働情報はすべて自動報告されますが、これを人が行うとなると相当な人件費がかかります。 とあるディーラーさんに聞くと、フォークリフト1台のレポートを作成するとなると、1日仕事になるそうです。 例えば、フォークリフト20台を使っている職場でフォークリフトのレポートを作成しろと言ったら、20日かかるわけですが、FORKERSでは月12万円ですみますが、人が作成するとなるとそれにかかる人件費は、それではすまないでしょう。 また、人件費もさることながら、フォークリフトの稼働のレポートを作成するというのは『仕事』というよりもいわば『作業』となってしまうと思うので、やらされる社員のモチベーションも上がりません。 以上、三つがFORKERS導入により得られる効果となります」(丸氏) 次ページ:.

次の

三井物産

三井 物産 エレクトロニクス

日本の物流倉庫や工場に約100万台あるといわれるフォークリフト。 三井物産エレクトロニクス株式会社(以下、MBEL)は、IoT技術でフォークリフトの安全と稼働状況を遠隔で監視する「FORKERS(フォーカーズ)」を展開し、昨年その第1弾として、無線LAN環境で利用できるサービスをリリースした。 そして本年9月より、新たに「LTEモデル」を正式発売した。 初期費用は無線LANモデルの198,000円に対し、LTEモデルは128,000円で、月額3,500円(LTE通信費込み)で提供。 3年間で「LTEモデル」16,000台の導入を目指す。 また、FORKERSの派生製品として、大型フォークリフト用の安全監視ソリューション「FORKERS EYE バリア」とフォークリフトの爪が荷物を破損しないよう手元のモニターで爪先を確認できるソリューション「FORKERS EYEイーグル」もリリースし、「FORKERSシリーズ」としての拡充を進める。 なお、FORKERS立ち上げ時に同社に行ったインタビュー記事は。 初期費用が大幅に下がったLTEモデル 「FORKERS(フォーカーズ)」では、センサーとカメラを搭載した車載機をフォークリフトに設置する。 その際、その前後10秒、計20秒の動画がセンサーデータと共にクラウドにアップロードされ、管理者のPCやスマートフォンで遠隔監視が可能となる。 管理者はそのデータをもとに、オペレーターへの注意喚起と安全運転の指導を行うことができる。 「フォークリフトの作業現場では、毎年2,000件弱の人身事故(労働災害)が発生しており、その内30名近くの方が命を落としています。 フォークリフトを安全にお使い頂きたいというのが我々の思いであり、FORKERSの最も重要なミッションです」(丸氏) そこで昨年、企業の安全性と生産性の向上のため、FORKERSの無線LANモデルをローンチした。 しかしその後、新たな課題が見えてきたという。 「フォークリフトはかなり動き回ります。 加えて、物流企業の倉庫というのは天井が高かったり、防火壁があったりして無線LANの設置費用が高額になることがあります。 たとえばフォークリフトを50台持つ倉庫の規模だと、無線LAN端末を設置するだけで1,000万円以上掛かってしまうこともありました」(丸氏) そこで今回、LTEモデルをリリースした。 これにより、車載機を取り付ければすぐにFORKERSのサービスが利用できる。 注目すべきは、その料金設定だ。 従来の無線LANモデルでは、初期費用の198,000円(フォークリフト1台あたり)に加えて、無線LANの設置費用も別途必要だった。 それがLTEモデルになると、フォークリフト1台あたりの初期費用は128,000円に下がり、月額3,500円(LTE通信費込み)で利用できる。 LTEモデルのコストメリットについて、丸氏は次のように説明する。 「企業の安全担当の方は、皆さんFORKERSのような安全ソリューションを導入したいのですが、社内を説得できない、あるいは費用対効果をうまく説明できないという方がいらっしゃいました。 そういう方々のためにFORKERSの費用対効果を次のように説明しています。 FORKERS LTEモデルを導入した場合の費用対効果(提供:MBEL) まず、初期費用128,000円に工事費用21,500円を足すと、149,500円です。 これを5年で償却する場合、月当たりの償却費用は2,492円となります。 これに月額の使用料3,500円を加えた5,992円がFORKERSの月当たりの費用となります。 ちなみに、1日に換算すると200円です。 これがFORKERSにかかる費用となります。 効果については、まずは事故予防です。 先ほどフォークリフトの事故が多いというお話をしましたが、現場で労働災害が一回起こると、直接損害だけでも数千万円クラスの損失になります。 それに加え、お客様の荷物を破損して信頼を失うとなると、事故による企業へのダメージはきわめて大きいのです。 二つ目として、車両の削減効果があります。 FORKERSの車両グループの稼働状況を見ると、稼働率の低い車両を一目瞭然で把握することができます。 その結果、例えば2. 5トンのフォークリフト1台を削減出できたとすると、フォークリフト1台分250万円ほどが節約できたことになります。 お客様の中にはFORKERS導入効果として、これを目標とされる方もいらっしゃいます。 三つ目はレポート作成人件費の削減効果です。 FORKERSではフォークリフトの稼働情報はすべて自動報告されますが、これを人が行うとなると相当な人件費がかかります。 とあるディーラーさんに聞くと、フォークリフト1台のレポートを作成するとなると、1日仕事になるそうです。 例えば、フォークリフト20台を使っている職場でフォークリフトのレポートを作成しろと言ったら、20日かかるわけですが、FORKERSでは月12万円ですみますが、人が作成するとなるとそれにかかる人件費は、それではすまないでしょう。 また、人件費もさることながら、フォークリフトの稼働のレポートを作成するというのは『仕事』というよりもいわば『作業』となってしまうと思うので、やらされる社員のモチベーションも上がりません。 以上、三つがFORKERS導入により得られる効果となります」(丸氏) 次ページ:.

次の

三井物産エレクトロニクス株式会社

三井 物産 エレクトロニクス

エレクトロニクス専門商社・三井物産エレクトロニクス(東京都港区)は、三井物産グループの一員というメリットを活かし、グループ各社と連携して、自社だけではカバーしきれない事業領域や対応できない課題を解決し、さらにエレクトロニクス業界における三井物産グループのアンテナ・情報収集機能としても重要な役割を果たすなど、独自の存在感を放っています。 社会全体に新たな価値観を生み出すパワーを持つ三井物産グループの一員として、業界の枠組みを超えて活躍する同社の取り組みについて、市川 誠 社長に聞きました。 市川 誠 社長 当社は三井物産グループの一員として、半導体の販売と、液晶や半導体などの製造装置の輸出、組込みボードや産業用PCの提供などのソリューションビジネスの3つの事業の柱で事業を展開しています。 半導体は民生用から産業用に軸足をシフトし、製造装置の輸出事業はスマートフォンの需要拡大に合わせて有機EL製造装置が好調です。 ソリューションビジネスはデジタルサイネージや、病院・飲食業界向けのタブレット案件が順調に推移し、全体として産業向けが上向いている状態です。 この3事業をしっかりと筋肉質なものとして強くしていくと同時に、社会の潮流を見ながら現場で情報を集め、三井物産グループと情報を共有して新しい価値を生み出し、日本のものづくりを元気にすることに貢献するのが当社の使命と考えています。 三井物産グループ各社との情報共有・連携を強化。 新たな付加価値を生み出す 近年、日本の製造業を取り巻く環境が変化していくなかで、当社自身の役割、求められるものも少しずつ変化しています。 これまでエレクトロニクスの専門商社として展開してきましたが、自社だけではできなかったことでも、三井物産グループ各社と協力することで実現できることはたくさんあり、またその可能性も広がります。 自社だけで単に製品を売っていくのではなく、三井物産グループの一員として『社会やお客様に新たな付加価値を作り出す』『解決できなかった課題もグループの力を活用して解決する』といった視点から物事を俯瞰し、新たなビジネスの種を見つけ出すことが求められています。 ワールドワイドに活躍 すでにその成果は少しずつ現れており、例えばM2Mが普及していくなかで、今後はそのセキュリティが問題になっていきます。 製造現場がオープンなネットワークにつながった時、セキュリティが脆弱だとデータ流出やウィルス感染による機械の誤作動や、サイバーアタックなどの被害を受ける可能性も予想されます。 そうした事態を防ぐため、当社では4月に新規事業開発部を設け、産業セキュリティとM2Mへの取り組みを開始しました。 現在は情報セキュリティ専門の三井物産セキュアディレクションと、情報システム専門の三井情報と連携して問題解決に向けてプロジェクトを進めています。 また、三井造船グループのエム・イー・エス・アフティの技術が、次世代LEDやGaNパワー半導体の製造プロセスへの活用に期待されているほか、三井物産グローバルインベストメントは通常のLANケーブル一本で非圧縮のHD Video、HD Audio、インターネット、コントロール信号、電源(POE)の5つのメディアを束ねて100m伝送できる技術を持つイスラエルのValens Semiconductorに投資するなど、グループ各社でさまざまな取り組みを行っています。 これらとの連携をこれまで以上に強化し、世界を舞台に活躍していきたいと思っています。 三井物産エレクトロニクスの主要3事業の注力商品の一部• デバイス事業 指紋認証センサ エリアタイプの指紋センサとして超小型・超薄型の指紋認証センサです。 5㎜の極小サイズでありながら、大型センサと同等の認証精度を実現しています。 装置・電材事業 ファイバーレーザー発振器 高出力レーザーを発振できるファイバーレーザー発振器で、レーザー加工機に搭載して金属、結晶、セラミックの加工や溶接、各種表面処理などに利用できます。 1KWの出力でシングルモードのビーム品質を達成しており、微細加工などに最適です。 ソリューション事業 デジタルサイネージシステム デジタルサイネージシステムは、サイネージコントーラからタブレットPC、WiFiアクセスポイントまでワンストップで提供しています。 海外メーカーのコストメリットを生かしながら、システムへのマイグレーションや動作確認、検査をして高品質を保証しています。 国内のお客様へは最先端かつ低コストの海外技術および製品を、海外で生産されるお客様へは低コストな海外現地保守サービスを提供いたします。

次の