じゃがいも ニョッキ レシピ。 【イタリアのマンマ直伝】じゃがいものニョッキの作り方

絶品!シェフが作る【ニョッキ】の作り方レシピ

じゃがいも ニョッキ レシピ

作り方• じゃがいもは皮と芽を取り除き、ラップをして600Wの電子レンジで4分程加熱しておきます。 お湯に塩を加えておきます。 ポリ袋にニョッキの材料を入れ、全体が混ざるようによくこねます。 薄力粉で打ち粉をしながら、一口大に丸め、表面にフォークの背を押しつけてくぼみを作ります。 塩の入ったお湯に、2を加え、中火でゆでます。 浮いてきたらザルにあげ、お湯を切ります。 塩で味を調整し、水溶き片栗粉をまわし入れます。 かき混ぜて、とろみがついたら3を加え、全体に味が馴染んだら火からおろします。 器に盛り付け、トッピングをふって完成です。

次の

手作り じゃがいものニョッキ 桝谷 周一郎シェフのレシピ

じゃがいも ニョッキ レシピ

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。 ニョッキとは ジャガイモやかぼちゃと、小麦粉、卵、チーズなどをいれて練って棒状に伸ばし、小さく切ったり丸めた、イタリア料理です。 実は ニョッキもパスタの仲間です。 小麦粉をこねて作った料理なので、パスタの仲間になります。 ニョッキの材料は強力粉?薄力粉? ニョッキはじゃがいもと小麦粉と卵を混ぜた生地で作るのですが、強力粉を使っているレシピや、薄力粉を使っているレシピがあります。 どう違うのかというと、 グルテンの含有量が違います。 グルテンの含有量が多いと弾力が強くなり、少ないと弾力が弱くなります。 薄力粉・・・・グルテンが少なく弾力が抑えられている お菓子・天ぷら・お好み焼きなどに向いている• ニョッキは「薄力粉だけ」でも作れる 強力粉で作れば、弾力のあるモチモチとした食感を楽しめるニョッキになります。 薄力粉で作ると、弾力が抑えられた食感のニョッキになります。 つまり、 強力粉100パーセント、薄力粉100パーセントでもニョッキは作ることができます。 今回は、ほどよく弾力のあるニョッキを目指したので、強力粉・薄力粉半々で作りました。 家にあるのが薄力粉だけなら薄力粉でもいいですし、モチモチ食感を強くしたいなら強力粉で作りましょう。 それでは、早速作っていきましょう! 「手作りニョッキ」のレシピ じゃがいも 400g 皮を剥いた状態で。 皮を剥く前で500gくらい。 鍋にジャガイモ、水をヒタヒタに入れて、塩をひとつまみ入れます。 強火で火にかけて、沸騰したら弱火にし、表面が穏やかにコトコトしてる状態にします。 15分ほど茹で、竹串で刺してスッと通るようになったらザルにあけます。 15分はあくまで目安です。 完全に火を通します! ザルにあけたら、そのまま茹でた鍋に戻し、弱火で この状態になるまで水分を飛ばし、粉ふきいもを作ります。 粉ふきいもになったら、ザルでジャガイモを漉します。 小麦粉とジャガイモがまんべんなく行き渡ったら、 溶いた卵を入れて混ぜ、 1つにまとまるようにこねます。 ここでお湯を沸かし、小さく切った生地を試し茹でします。 最初は沈んでますが、 火が入ると浮いてきます。 この試し茹でで崩れたりする場合は、小麦粉を少し足してください。 ニョッキを4等分にし、 棒状に伸ばし、2センチほどの直径になったら、 2センチ幅でカットして、 打ち粉をしっかりします。 付け方は2パターンあります。 フォークの上を転がすか、 フォークの下で模様をつけるかの2パターンです。 なぜ溝をつけるかは、この後の「ポイント」でご説明しますね。 あとはカットした生地にフォークで模様をつけて打ち粉をしていきます。 少し大変ですが、お子様やみんなを巻き込んでお話しながら作るのも楽しいですよね。 多めにまとめて、作って保存しておきましょう。 ニョッキは冷凍保存もできる ニョッキはこの形までできれば、冷凍保存ができます。 平らな鉄板や、バットのようなものに、 重ならない・くっつかないように並べて冷凍します。 こんなようなやつですね。 ニョッキの茹で方 ニョッキの茹で方は基本的に、パスタと同じです。 1パーセントの塩分濃度のお湯で茹でます。 水1リットルに対し塩10グラム 作りたてでも、冷凍状態でも、 基本は茹でると最初は沈んでますが 茹で上がると浮いてきます。 茹で上がったかわかりやすいように、深めの鍋で茹でましょう。 「ニョッキ」の作り方ポイント フォークで溝をつける さて、フォークで溝をつける理由をご説明します。 なんでいちいち、あんなめんどくさい事をしないといけないんだ! と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 僕もそう思います(笑) なくてもいいんですが、 溝があるとソースがそこに入り、よくからみます。 溝はソースがよく絡み、おいしくなるための工程なのです。 おいしさのためなら、この手間を惜しんではいけません! ニョッキの生地が作れたところで、ソースを作っていきましょう。 ベーコンは棒状に、ほうれん草は3センチほどの幅にカットします。 ベーコンからいい香りがしてきたら、 マッシュルームをいれて、油を吸ったら ほうれん草をいれます。 ほうれん草を入れて、ニョッキの茹で汁を100cc お玉1杯〜2杯 、生クリームをいれます。 沸騰したら弱火にします。 浮いてきたら、 ソースを作っているフライパンに入れます。 強火にし半分に煮詰まったら、 粉チーズ できればパルメザンチーズ をいれて よく絡めます。 味見をし、薄ければ塩、ブラックペッパーで味を整えます。 盛り付けて、 仕上げにブラックペッパーを荒くふりかけたら 完成です!! 食べてみましょう それでは 恒例の実食! じゃがいもの適度な甘さが美味しいニョッキに、濃厚なクリームソースが絡まって絶品! ニョッキに合うソース 今回はクリームソースで作りましたが、他のソースでも合います。 例えば トマトソースとか 例えば ジェノベーゼとか ゴルゴンゾーラのソースとか! お時間ございましたら合わせてご覧ください。 また、 ニョッキはグラタンの具材にしても、美味しいです。 まとめて「ニョッキ」を作ったら冷凍保存して、ぜひ色々なソースやグラタンにして試してみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 ただ今読者募集中です。 よければポチっとお願いします。 👍オススメ記事はこちら 手打ちパスタのレシピもあげています! maido-doumo-naoyadesu.

次の

じゃがいものニョッキ。濃厚チーズクリームソースで♪手作りパスタ。【農家のレシピ帳】

じゃがいも ニョッキ レシピ

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。 ニョッキとは ジャガイモやかぼちゃと、小麦粉、卵、チーズなどをいれて練って棒状に伸ばし、小さく切ったり丸めた、イタリア料理です。 実は ニョッキもパスタの仲間です。 小麦粉をこねて作った料理なので、パスタの仲間になります。 ニョッキの材料は強力粉?薄力粉? ニョッキはじゃがいもと小麦粉と卵を混ぜた生地で作るのですが、強力粉を使っているレシピや、薄力粉を使っているレシピがあります。 どう違うのかというと、 グルテンの含有量が違います。 グルテンの含有量が多いと弾力が強くなり、少ないと弾力が弱くなります。 薄力粉・・・・グルテンが少なく弾力が抑えられている お菓子・天ぷら・お好み焼きなどに向いている• ニョッキは「薄力粉だけ」でも作れる 強力粉で作れば、弾力のあるモチモチとした食感を楽しめるニョッキになります。 薄力粉で作ると、弾力が抑えられた食感のニョッキになります。 つまり、 強力粉100パーセント、薄力粉100パーセントでもニョッキは作ることができます。 今回は、ほどよく弾力のあるニョッキを目指したので、強力粉・薄力粉半々で作りました。 家にあるのが薄力粉だけなら薄力粉でもいいですし、モチモチ食感を強くしたいなら強力粉で作りましょう。 それでは、早速作っていきましょう! 「手作りニョッキ」のレシピ じゃがいも 400g 皮を剥いた状態で。 皮を剥く前で500gくらい。 鍋にジャガイモ、水をヒタヒタに入れて、塩をひとつまみ入れます。 強火で火にかけて、沸騰したら弱火にし、表面が穏やかにコトコトしてる状態にします。 15分ほど茹で、竹串で刺してスッと通るようになったらザルにあけます。 15分はあくまで目安です。 完全に火を通します! ザルにあけたら、そのまま茹でた鍋に戻し、弱火で この状態になるまで水分を飛ばし、粉ふきいもを作ります。 粉ふきいもになったら、ザルでジャガイモを漉します。 小麦粉とジャガイモがまんべんなく行き渡ったら、 溶いた卵を入れて混ぜ、 1つにまとまるようにこねます。 ここでお湯を沸かし、小さく切った生地を試し茹でします。 最初は沈んでますが、 火が入ると浮いてきます。 この試し茹でで崩れたりする場合は、小麦粉を少し足してください。 ニョッキを4等分にし、 棒状に伸ばし、2センチほどの直径になったら、 2センチ幅でカットして、 打ち粉をしっかりします。 付け方は2パターンあります。 フォークの上を転がすか、 フォークの下で模様をつけるかの2パターンです。 なぜ溝をつけるかは、この後の「ポイント」でご説明しますね。 あとはカットした生地にフォークで模様をつけて打ち粉をしていきます。 少し大変ですが、お子様やみんなを巻き込んでお話しながら作るのも楽しいですよね。 多めにまとめて、作って保存しておきましょう。 ニョッキは冷凍保存もできる ニョッキはこの形までできれば、冷凍保存ができます。 平らな鉄板や、バットのようなものに、 重ならない・くっつかないように並べて冷凍します。 こんなようなやつですね。 ニョッキの茹で方 ニョッキの茹で方は基本的に、パスタと同じです。 1パーセントの塩分濃度のお湯で茹でます。 水1リットルに対し塩10グラム 作りたてでも、冷凍状態でも、 基本は茹でると最初は沈んでますが 茹で上がると浮いてきます。 茹で上がったかわかりやすいように、深めの鍋で茹でましょう。 「ニョッキ」の作り方ポイント フォークで溝をつける さて、フォークで溝をつける理由をご説明します。 なんでいちいち、あんなめんどくさい事をしないといけないんだ! と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 僕もそう思います(笑) なくてもいいんですが、 溝があるとソースがそこに入り、よくからみます。 溝はソースがよく絡み、おいしくなるための工程なのです。 おいしさのためなら、この手間を惜しんではいけません! ニョッキの生地が作れたところで、ソースを作っていきましょう。 ベーコンは棒状に、ほうれん草は3センチほどの幅にカットします。 ベーコンからいい香りがしてきたら、 マッシュルームをいれて、油を吸ったら ほうれん草をいれます。 ほうれん草を入れて、ニョッキの茹で汁を100cc お玉1杯〜2杯 、生クリームをいれます。 沸騰したら弱火にします。 浮いてきたら、 ソースを作っているフライパンに入れます。 強火にし半分に煮詰まったら、 粉チーズ できればパルメザンチーズ をいれて よく絡めます。 味見をし、薄ければ塩、ブラックペッパーで味を整えます。 盛り付けて、 仕上げにブラックペッパーを荒くふりかけたら 完成です!! 食べてみましょう それでは 恒例の実食! じゃがいもの適度な甘さが美味しいニョッキに、濃厚なクリームソースが絡まって絶品! ニョッキに合うソース 今回はクリームソースで作りましたが、他のソースでも合います。 例えば トマトソースとか 例えば ジェノベーゼとか ゴルゴンゾーラのソースとか! お時間ございましたら合わせてご覧ください。 また、 ニョッキはグラタンの具材にしても、美味しいです。 まとめて「ニョッキ」を作ったら冷凍保存して、ぜひ色々なソースやグラタンにして試してみてください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 ただ今読者募集中です。 よければポチっとお願いします。 👍オススメ記事はこちら 手打ちパスタのレシピもあげています! maido-doumo-naoyadesu.

次の