加藤 みき お 犯人。 テセウスの船【ドラマ】鈴が真犯人で黒幕?加藤みきおとのつながりがヤバい

【テセウスの船】漫画原作の最終回ネタバレ!真犯人の加藤みきおの動機について考察

加藤 みき お 犯人

事故扱いされたが犯人は加藤みきお。 犯人は加藤みきお。 村中で捜索するが原因不明のまま発見されず。 北海道・音臼村の小学校のお泊り会で、児童16名と職員5人の計21人が夕食のオレンジジュースに青酸カリを混入され毒殺された。 証拠をもとに逮捕された犯人は村の警察官だった佐野文吾。 (証拠の青酸カリを佐野家に仕込んで犯人に仕立てあげた) 真犯人・加藤みきおはほかの犠牲者たちと同じく青酸カリ入りジュースを飲んでバレずに済んだ。 加藤みきおは両親が離婚して祖母と2人暮らしだったが、祖母が入院したため、気の毒に思った木村さつき先生が養子にして、名前が「加藤みきお」になった。 そのため邪魔者を全員殺しました。 鈴は父親が理想の結婚相手と言ったいたので、やはり邪魔だから犯人に仕立てて排除しました。 そして事件後、佐野家は絶望した母親が一家心中をはかり慎吾は死亡、鈴と心は命を取り留め養護施設に入ります。 しかし殺人犯の子供だとバレて施設内でイジメにあい鈴だけ施設を出て、顔も名前も変えました。 一方、木村さつきの養子になった加藤みきおは、数年かけて鈴の居所を突き止め、障碍者のフリをして再会を演出し、同情した鈴と結婚できました。 ところが大好きだった明るい鈴は見る影もなくなって暗い女性になっていて、加藤みきおは慰霊祭で全員巻き添えにして自殺する計画を立てます。 平成元年1989年1月7日、雪かき途中で転落した鈴を心が助けたことで、鈴は顔のアザの後遺症が残らずに済んだ。 心は倉庫からパラコートを盗んで死亡を阻止しようとしたが無駄だった。 =真犯人・加藤みきおがパラコート入りジュースを飲ませて殺したから。 本来は3月だった。 長谷川翼は自殺、三島明音は小屋で長谷川翼にレ〇プ後、青酸カリで死亡。 青酸カリが混入された飲み物はオレンジジュースではなく牛乳に変わっていた。 鈴が結婚したことを知った心は鈴を探して再会しますが、鈴の旦那は加藤みきおでした。 義母の木村さつきは犯罪を録音したカセットテープを偶然聴いて加藤みきおが真犯人だと知っていましたが、通報せず守っています。 そのため木村さつきは、今頃になって裁判で証拠提示と証言をしようとした翼の元婚約者・佐々木紀子を殺しますが、警察にバレるような危険を冒したので、加藤みきおに毒殺されます。 佐々木紀子の持っていた写真から、鈴は真犯人が旦那だと知り、心に伝えます。 心は真犯人・加藤みきおと慰霊祭の前日に音臼村で対峙し、自首するよう促しますが【謎の濃い霧】に包まれ2人とも過去にタイムスリップします。 活かしてくと将来、加藤みきおを守ろうとして逆に邪魔になるから。 事件を起こすと鈴は暗い女性に変わってしまうから。 だから真相を知ってる佐野文吾と心だけに狙いを定めた。 大人の加藤みきおは自分がすべての罪をかぶって殺人犯になり、10才の加藤みきおに幸せになってもらう考え。 加藤信也は文吾に襲い掛かかるが銃で撃ち殺されて死んだ。 文吾は心の手を握り「お前は俺の子だ!俺の息子だ」と泣いて叫ぶが、心 シン は加藤みきおの殺人の証拠カセットテープを残して死んだ。 1984年(平成元年)6月24日享年28才。

次の

テセウスの船「犯人の日記」前編ネタバレ!加藤みきおの心情とは

加藤 みき お 犯人

Sponsored Link 【テセウスの船】加藤信也と加藤みきおの関係は? 過去に再び戻ってきた心は鈴の同級生 加藤みきおの行方を探すことに。 心が戻ってきたのは 連続毒殺事件が起こる数日前。 なんとしても事件を阻止しようと、みきおの居所を探しますがなかなか見つかりません。 みきおは家庭の事情で 祖母と二人暮らしでしたが、 祖母が入院することになったため、身寄りのなかったみきおは数日前に 町の施設で預けられることになったのです。 心が過去に戻ってきたときは既にみきおは引っ越した後でした。 しかし、みきおが預けられた施設に行くともうそこには彼の姿はなく、 叔父と名乗る者が引き取ったというのです。 その名前が 加藤信也!! 施設の職員には自分たちはこれから 祖母の入院している病院へ行くと告げますが、病院へ問い合わせてもそのような人物は訪れていなかったのです。 じゃぁいったいどこへ行ってしまったのか? 一番みきおのことをよく知っている担任の木村さつきに 叔父の存在を尋ねたところ、 そんな人物は知らないと返答。 つまり加藤みきおには 祖母以外の身内はいなかったのです。 加藤信也と加藤みきおは出会ってすぐに 意気投合し、ある計画を実行するために行動を共にしていきます。 知らない人が突然自分を引き取りに来て、赤の他人と出会ってすぐに打ち解け合えるなんておかしいですよね? しかも相手は大人です。 知らない大人が突然現われたら当然警戒し、打ち解け合うにはそれなりに時間も必要になるハズ! しかし、 最初から加藤信也に心を開いている様子から全くの他人とは思えません。 大人加藤みきお• 少年加藤みきお よって 加藤信也の正体は 大人の加藤みきおだったことが判明します。 なぜこのような不思議なことが起こってしまったのかというと、それはすべて タイムスリップが原因。 心がタイムスリップする前、 加藤みきおも近くにいました。 そのまま心と一緒に過去に戻ってしまい、お互い別々の場所にタイムスリップしていたのです。 大人みきおが過去に戻るとそこに 少年みきおの姿がありました。 そして 自分の正体や 未来で起こることを話すとすぐに状況を理解し、 その後2人は行動を共にし、ある計画に向けて動き出そうとするのです。 なぜなら心が捨てたハズの事件が書かれた未来ノートを持っていたから。 心は最初に過去に戻ったとき、このノートを手がかりにこの村で起こる 不可解な事件を食い止めようと奮闘します。 しかしその行動を不審に思った金丸刑事に、 一連の事件の 犯人容疑をかけられてしまうのです。 自分が未来から来たなんて信じてもらえないと思った心は、 証拠隠滅のために自分が持ってきた ノートと 運転免許書を谷底に捨てます。 心はそのまますぐまたタイムスリップして現代に戻ることに……。 しかし、捨てたハズのノートはその後加藤みきおの手に渡ってしまい、彼は 未来で何が起こるのかを知ってまうのです。 そして心が未来から来たことも! 心が現代に戻ると色んな過去が変わっていました。 そのひとつが 連続毒殺事件! みきおがノートを見たことで、事件の内容が変わってしまっていたのです。 そのせいで未来も大きく変わりますが、 みきおが本当にほしいものは手に入ることができませんでした。 みきおはそんな現実に納得ができず、全ては 自分の責任であると感じます。 そして過去に戻ることができるのであれば、今度は 本当に自分がほしいものが手に入るかもしれないと希望を持ち始めることに……。 そのためどうしても心から タイムスリップする方法を聞き出す必要がありました。 心が未来から来たことを知ったみきおは、その後東京の心の自宅にダイニングメッセージとして 不気味な絵を送りつけてきます。 心の住所を知っていたことから、おそらく捨てたはずの 心の運転免許書もみきおが持っていたことが伺えますね。 ではみきおが本当にほしいものとは何だったのか? それは 純粋な心を持ったままの鈴!! 自分が起こした事件で父親を犯人に仕立て上げてしまったことで、鈴は不幸になり自分が好きになった鈴とは 別人になってしまっていたのです。

次の

テセウスの船真犯人は加藤みきお!?犯行動機が衝撃的!

加藤 みき お 犯人

テセウスの船 ドラマ 犯人考察 テセウスの船 ドラマ 犯人考察 その1「小学生の佐野鈴」 【動機】 鈴は小学生の加藤みきおのことが好きでみきおの家庭は親がいなくて不幸でした。 鈴はみきおのことが好きだからみきおの不幸な家庭に近づきたくて、父親を殺人犯にして自分も不幸な家庭にしたかったからです。 そのことにみきおも賛同してくれて、校長の石坂秀夫も賛同してくれたと思われます。 【理由】 1話は教師の木村さつきの父親が雪崩に巻き込まれるのを阻止するのですが、それは石坂の仕業です。 9話で自分が関わっていることを言っていました。 三島千夏毒殺事件も石坂の仕業だと思います。 それも9話で言っていました。 この動機は色々な事件が起きれば、全部鈴の父の文吾の仕業だとすることが出来るからです。 2話は鈴の同級生の三島明音がいなくなる事件の話でしたが、それは鈴が連れ出したのだと思います。 明音は意識不明になっても死ぬことはありませんでした。 そこで死んでしまうと鈴の仕業になってしまって真犯人だとばれるからです。 3話は捨てたはずの鈴の弟の田村心の妻の由紀が書いたノートが行方不明になりますが、それは鈴の仕業です。 9話で鈴の家から出てきたからです。 4話は現代にもどって、鈴が田村藍になって、みきおの妻になるのですが、それは鈴がみきおのことが好きだからです。 また、鈴の母の和子と和子の息子の慎吾が心中して、死んでいることで不幸な家庭を作り出していることで納得できます。 5話は「さつきに脅されている」と藍は言っていましたが、本当は逆で鈴がさつきを利用していました。 メッキ工場の元従業員の松尾紀子が真実を言おうとしたため、文吾を殺人犯にしたかった鈴は紀子を毒殺することをさつきに頼みました。 6話でさつきが最後に死んでしまったのはさつきが本当のことを言わないようにみきおに毒殺してくれるように頼みました。 鈴は自分がさつきに薬を飲まされたと被害者を装うことで真犯人だとばれませんでした。 その証拠に鈴はさつきが犯人でないかと言いました。 また、みきおが犯人だと告白することで鈴が真犯人であることからそらそうとしています。 7話はまた過去に戻るのですが、心はみきおが犯人だと思い、みきおの動きを止めようとします。 和子を毒殺しようとした理由は不幸な家庭を作るためだと思います。 しかし、そこに鈴がいたため、和子を毒殺することは出来ませんでした。 鈴がいると、鈴に疑いがかかるからです。 また、和子と慎吾と鈴を村から出そうとします。 それは鈴が真犯人だということをばれないようにするためでもあります。 8話は和子と慎吾と鈴が行方不明になった事件ですが、子どものみきおが連れ出すのは大変なので大人である石坂とさつきが関わっていると思われます。 9話はみきおが文吾のパトカーで倒れていた事件ですが、音臼小事件を阻止されても文吾を殺人未遂犯にするためにはみきおは自分が青酸カリを飲む必要がありました。 文吾を誘拐して、パトカーを空にして、そこで自殺すれば、子どもが自ら青酸カリを飲んだと考えにくいため、文吾に疑いが行くと考えました。 また、校長が12年前の音臼祭りで農家の徳本の母が毒キノコで死んだ事件を言っていましたが、これは2つの考察が挙げられます。 1つは校長がきのこ汁に毒キノコを入れて、その犯人を文吾にしたかったことです。 もう1つは不幸な家庭を作るために校長またはみきおが過去にタイムスリップして、毒キノコを入れたと思います。 由紀のノートに音臼小祭りのちらしを校長にもらって挟んだのは鈴で、文吾のワープロにみきおが書いたフロッピーをみきおからもらって入れて、書き込ませたのも鈴だと思います。 それから、青酸カリの瓶を鈴の家の裏庭に埋めたのも鈴だと思います。 これらは鈴が真犯人でないと出来ないからです。 Paravi(パラビ)は初回登録後は 30日間無料で楽しめます! テセウスの船 ドラマ 犯人考察 その2「木村さつき」 犯人の黒幕は、教頭先生が主犯だと思います。 この主犯に協力する形で、木村先生と徳さん、岩本さん、その他にこれまでの事件で亡くなった方々もいますが、 地域の皆さんが全員が共犯だと思います。 ドラマでは、 佐野文吾を陥れる理由、犯人の目的を追求し、理解しなければいけないと思います。 校長先生が、少し話をしていた、1977年のお祭りの時に、 毒キノコの入ったキノコ汁を食べて、食中毒で徳元さんのお母さんが亡くなった事を話していました。 当時この事件を調べていたのが、おそらく佐野巡査ではないかと思います。 その時の捜査が住民たちの思うような解決ができなくて、地域の住民は、暗に佐野巡査を恨んでいたものと思います。 そのため、佐野巡査を何らかの形で陥れようということを考えて、住民たちが協力をして、今回の一連の事件が起こったものと思います。 佐野巡査を監禁 拘束する形で、1日2日ほど、ある場所に行方不明の時期がありましたが、その時に誰かが駐在所の中に心さんが持っていた昔のノートやワープロの証拠品、それから青酸カリを家の裏に埋めたり、そういったことをやったのではないかと思います。 その作業が終わったので、佐野巡査は解放されたものと思います。 それらと並行して、警察や監査官の方に佐野巡査を逮捕させるための、いろいろな証拠品が見つかるように、警察に情報リークしたのではないかと思います。 みきお くんは、木村先生が教頭先生からの指示を受けて、木村先生がみきおくんにいろいろ手伝わせたのではないかと思います。 よって、これらの事件を整理していくと、あの教頭先生はじめ地域の全員が佐野巡査を陥れようと実行したのではないかと考えます。 それが事件から12年ほど経ってからも、当時の生存者を木村先生とみきおくんで、事実を漏らさないように住民全員を監視するために、毎年の集会を行っていたのだろうと思います。 秘密にすることの意識を確認し会うことも目的であつたと思います。 発端の、21人の子供たちが亡くなった音臼事件は、 ひょっとしたら事故だったのかもしれない と思います。 事件の真相を追求している、心さんと佐野巡査はどこで、これ等の事件の真相や目的を知ることになるのか、非常に楽しみなところはありますが、 いずれにしても、心しんさんと佐野巡査の動きが分かっている人たちでなければ、いろいろと事件を起こせなかったと思いますので、犯人は二人をどこかで見ていることで、事件をひとつひとつ実行してきていると思います。 警察はこれらのことに気づくことができるのかどうか、というところも佐野巡査を救えるかどうかというところにかかってくると思います。 ドラマのは展開が楽しみです。 Paravi(パラビ)は初回登録後は 30日間無料で楽しめます! テセウスの船 ドラマ 犯人考察 その3「田中正志」 理由は未来でみきおに殺されることを音声レコーダーを聞いて知ったため、加藤みきおに制裁を加えるために青酸カリを飲ませた可能性が高いと思ったからです。 また、これは想像でしかないのですが、正志がロリコンだったとして、明音のことが好きだったのかもしれません。 のちに翼に明音を監禁するように指示していたのがみきおだったことを知っての制裁だったとも考えられます。 駐在日誌のフロッピー、明音の隠し撮り写真、金丸が持っていたと思われるライターの第1発見者が正志だったことも偶然ではなく、正志自ら捨てて第1発見者を装ったものと思います。 うさぎの死、三島千夏の死、翼の死と田中義男殺害の実行犯はみきおだったかもしれませんが佐野一家拉致監禁と佐野文吾拉致監禁、金丸刑事の殺害は正志が実行犯のように思います。 金丸刑事の殺害がみきおだったとすると話は変わってきますが、金丸刑事と犯人が話をしていた時の目線の高さからするとみきおと話していたようには思えません。 そして、田中義男が殺されて司法解剖に回すように文吾が指示を出していた時に怪訝そうな顔をしていたのも気になります。 青酸カリの成分が検出されて自分の身に疑いがかかるのではないかと思って少しビビったような表情に見えました。 元々、田中義男は家が火事になって死亡するはずだったが、その日に息子の正志が義男の家にいることを文吾と心に見られたため、計画を変更して家に火をつけることを断念したと考えられます。 その後、加藤みきおが青酸カリを持っていることを知った正志が父親の殺害をみきおに任せたと思います。 父親殺害の動機は不明ですが、正志が義男の殺害を企てていたことは可能性として非常に高いでしょう。 一連の事件がみきおとその共犯者によるものだと考えると、その共犯者は正志であることが考えられます。 井沢や徳本も怪しいと思いますが、田中義男の殺害動機が弱いような気がします。 事件を1本の線で繋いだ時に犯人として可能性が高いのは田中正志だと思います。 真犯人は木村さつき。 その理由は佐野文吾への憎しみが他の村人より遥かに強く感じたからです。 犯人が田中正志ではないとすれば次に怪しいのは木村さつきです。 レコーダーの音声で将来的にみきおに殺されることを知ったことで、みきおに制裁を加え、一連の事件を全て佐野文吾がやったことにすることで、みきおの命が助かったとしても未来でみきおに殺されることはないと考えたのではないでしょうか。 さつきはみきおへの執着心が強いだけかもしれませんが、1977年のお祭りのときに何かが起こって佐野文吾への憎しみが芽生えた可能性もあります。 みきおを病院に寝かせておけばフロッピーや金丸のライター、明音の写真を村外れに放置することもできた上にみきおは鈴に気があることを知っているため、 みきおの将来を案じて死んでもかまわないと思ったのかもしれません。 加藤みきおと木村さつきが一丸となって一連の事件を起こしたとしても不思議ではありません。 木村さつきであれば青酸カリの入手も簡単なので、いつでも佐野家の裏庭に隠すことが可能だったと思います。 未来で木村さつきが佐々木紀子を殺害したのも金丸を突き落としたところを見られたかもしれないと思ったことから起こした事件だったとも考えられます。 佐々木紀子が金丸を突き落とした人物をハッキリと見ていれば、簡単にさつきを家に入れたりはしなかったかもしれませんが、ぼんやりと「ただ女性」だったようにしか見えなかったのではないでしょうか。 いずれにしても佐野文吾への異様なまでの憎しみの様子を見ると、いくつか辻褄が合わないところが出てくるかもしれませんが、真犯人である可能性は高いと思います。 第9話までを見る限りでは正志かさつきが真犯人として有力だと思います。 Paravi(パラビ)は初回登録後は 30日間無料で楽しめます! テセウスの船 ドラマ 犯人考察 その4「石坂秀夫」 真犯人は、石坂秀夫 笹野高史 音臼小校長。 その理由は、事態の真相を把握している人物だからです!。 石坂秀夫の発言。 「あなたは何者ですか!? この小さな村に突然やって来て。 かと思うと、忽然と姿を消し、そしてまた現れる。 人が死ぬ危険な雪崩を予言した事もあり、森昌子も山口百恵も知らない。 飄々としているようで、田村心 竹内涼真 の不自然な様子をしっかり見ていて、覚えていた。 今、このドラマの中で、唯一の過去未来犯人の可能性あり人物。 すなわち、田村心の持っていた令和の情報を持ってしても通用しない可能性のある、平成元年の犯人の可能性があり。 かなり高齢だが、意表を突く鋭さは、このドラマいち。 このレベルの洞察力は、宮城県警の刑事たちにもなかったもの。 ならば、どうして隠していたのか!?。 そろそろ、心の父親の佐野文吾 鈴木亮平 が逮捕される頃とみて、挑発を開始した!?。 ということもありうるわけです。 今までは、ニコニコニコニコして、ゆっくりとしゃべり、のどかな農村の好々爺やそのものであったのに。 急に、鋭い眼光を光らせ始め、びっくり。 もしかしたら、校長先生は、こう言いたいのかも。 「 ゆっくり、グダグダと意味のない長話しの校長先生のお話のあと。 だから、言ったでしょ!? 、最後まで聞きなさい!と」。 「遠足は、家に帰るまでが、遠足なんですよ!」。 なるほど、「遠足のお菓子」の金額制限は300円までとすれば、家に帰るまでが適用で、帰り道、買い食いする事は許されない!。 あの校長先生ののんびりした与太話に何か聞き落としはなかったか!?。 大変です。 まるで聞いてなかったのです。 どうしたらよいのでしょう!?。 誰が持って来たのか、一度谷底に投げ捨てた「未来ノート」。 そのノートが手元に戻り、何か見落としはないか、懸命に読み返す田村心。 そのノートを届けたのが、校長だとすると、やはり!?。 校長先生の朝礼その他の長話しをしっかり聞いていなければならなかったのでは!?。 その校長に採用された音臼小臨時教員の田村心。 朝礼での石坂校長の話しを聞いていましたか!?。 だから…、騙すんじゃないでしょうか!?。 いつもニコニコして、喉が鳴っているのか、話しているのかがよくわからないような声をして。 表情の変化もすごく遅かったのに。 いきなり、「君はいったい、なにものなんだ!? 、えっ!! 見透かしていたというより、未来の設計者のようなシナリオライターでは!?。 もう遠足は終わりなんですよ。 佐野文吾にもう警察官の給料は出ません。 「テセウスの船」の漫画を読んで原作の結末を知る 今回はテセウスの船のドラマの真犯人を考察しましたが、原作の漫画の真犯人を知りたくないですか? そんなあなたにおすすめのサイトが U-NEXT(ユーネクスト)。 U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。 無料期間中の解約は一切違約金はかかりません 漫画を無料で読むことができる人気サービス ベスト3 運営会社 株式会社U-NEXT 株式会社ビーグリー 株式会社エムティーアイ 有料会員 月額1,990円 (ビデオ見放題サービス付) 月額料金(300円~10,000円/月) または、都度ポイント購入 月額1,958円 書籍数 42万冊以上 6万作品以上 17万冊以上 無料期間 31日間 無料会員登録あり 30日間 形式 アプリ・ストリーミング ストリーミング アプリ・ストリーミング ポイント付与 登録時に600P付与 無料期間終了後は毎月1,200P付与 毎日来店ポイント1P付与 LINE利用で毎日プラス1P付与 5がつく日は5倍 漫画用のポイント600P付与 音楽・動画用のポイントが1,000P付与 無料期間後は毎月1,958P付与 無料期間中特典 書籍は2,400冊以上 アニメ・動画も、8万本見放題 3,000作品以上漫画見放題 専門3チャンネル見放題 音楽約620万曲・書籍約17万冊から購入可能 商品購入で最大20%ポイント還元 動画約18万本からレンタル視聴可能 割引クーポンでお得に動画視聴 アプリ 〇 〇 〇 主要ジャンル 漫画・本・雑誌、動画(映画、ドラマ、アニメ) 漫画(オールジャンル) 漫画・漫画に関係するアニメ/ドラマ/映画 支払方法 クレジットカード キャリア決済 Amazon. jp AppleID ギフトコード/U-NEXTカード クレジットカード キャリア決済 クレジットカード spモードコンテンツ決済 楽天ペイ リクルートかんたん支払い おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める カテゴリー• カテゴリー&人気漫画•

次の