灯油 値上がり。 コープさっぽろ、20日から灯油5円値上げへ :日本経済新聞

灯油

灯油 値上がり

ガソリンの場合はガソリン税及び石油税も含めた130円全体に消費税がかかるため、本体価格を固定して考えると、増税前と増税後の値上率は消費税増税による値上率(1. 08)と一致します。 灯油にかかる消費税の計算方法 例えば、18リットルあたり税抜1,500円で灯油を販売しているガソリンスタンドがあったとすると、灯油にかかる消費税は、増税前と増税後でそれぞれ次のように計算します。 灯油の場合は石油税も含めた1,500円全体に消費税がかかるため、本体価格を固定して考えると、増税前と増税後の値上率は消費税増税による値上率(1. 08)と一致します。 軽油にかかる消費税の計算方法 例えば、1リットルあたり税抜115円でガソリンを販売しているガソリンスタンドがあったとすると、ガソリンにかかる消費税は、増税前と増税後でそれぞれ次のように計算します。 軽油引取税には原則として消費税がかからないため、税抜本体価格から軽油引取税の金額を引いた82. 9円に消費税がかかります。 軽油の場合は、本体価格を固定して考えると、増税前と増税後の値上率は消費税増税による値上率(1. 08)より低くなります。 ガソリン税や石油税に消費税がかかり、軽油引取税に消費税がかからない理由 なぜガソリン税や石油税には消費税がかかり、軽油引取税には消費税がかからないのでしょうか? この点について、消費税法基本通達10-1-11には以下のような記載があります。 (個別消費税の取扱い) 法第28条第1項《課税標準》に規定する課税資産の譲渡等の対価の額には、酒税、たばこ税、揮発油税、石油石炭税、石油ガス税等が含まれるが、軽油引取税、ゴルフ場利用税及び入湯税は、利用者等が納税義務者となっているのであるから対価の額に含まれないことに留意する。 ただし、その税額に相当する金額について明確に区分されていない場合は、対価の額に含むものとする。 ガソリン税・石油税については、販売者(ガソリンスタンド等)が納税資金を確保するためにガソリン税・石油税相当額を販売価格に上乗せしてお客さんから収受しているにすぎないため、資産の譲渡等の対価の額に含まれることとなります。 したがって、ガソリン税・石油税相当額には消費税がかかります。 一方、軽油引取税の納税義務者は軽油の購入者(お客さん)であるため、販売者(ガソリンスタンド等)は、お客さんが納付すべき軽油引取税をお客さんの代わりに納付するために預かっているだけにすぎないため、軽油引取税相当額は資産の譲渡等の対価には含まれません。 したがって、軽油引取税には消費税はかからないことになります。 ただし、この取扱いは、販売者(ガソリンスタンド等)が特別徴収義務者である場合に限ります。 (参考)販売者が特別徴収義務者でない場合、軽油引取税にも消費税がかかる 販売者(ガソリンスタンド等)が軽油引取税の特別徴収義務者でない場合は、軽油引取税相当額にも消費税がかかります。 詳しくは、以下の記事をご参照ください。 営業用車両(ディーゼル車)に給油するために、税込123. 5円、石油税70円)を支払った。 購入先のガソリンスタンドは軽油引取税の特別徴収義務者である。 軽油引取税は消費税の課税仕入れとならないため、不課税仕入れとして処理します。 なお、802. 5円のように、小数点以下の金額がある場合は、不課税仕入れとなる金額(軽油引取税相当額)を小数点以下切捨てをして計上します。 軽油を購入した場合の仕訳は以下のようになります。 なお、「車両費」でなく「旅費交通費」や「燃料費」などの他の勘定科目で処理しても構いません。 軽油引取税相当額だけ「租税公課」として計上しても構いませんが、軽油引取税も含めた金額が全体の軽油代なので、本体価格と同じ勘定科目で処理する方が良いでしょう。 まとめ ガソリン税と石油税には消費税がかかりますが、軽油引取税は原則として消費税はかかりません。 特に軽油代については購入金額の全額を課税仕入れとしてしまうミスが多く、税務調査でも指摘されやすいところなので注意しましょう。 関連するアプリの問題 消費税法 無敵の一問一答 問題番号 タイトル 648 ガソリン代 消費税率判定トレーニング 問題番号 タイトル GS001 レギュラーガソリン GS003 軽油の本体価格 GS004 軽油の購入金額のうち、 軽油引取税に相当する金額.

次の

[先物・金融商品] 灯油は冬に値上がりしますか?

灯油 値上がり

千葉市消防局は27日、同市緑区高津戸町のガソリンスタンド「ミツウロコ石油あすみが丘SS」で26日午後に販売された灯油にガソリンが混入していたと発表した。 そのま… (2017年12月28日 11:15)• ガソリンなどの燃料を小売り販売する施設が村内に公営スタンド1カ所しかない川上村で、自動給油機による灯油の販売が試験的に行われている。 村や業界団体の石油連盟(東… (2017年12月27日 15:26)• ガソリンなどの燃料を小売り販売する施設が村内に公営スタンド1カ所しかない奈良県川上村で、自動給油機による灯油の販売が試験的に行われている。 村や業界団体の石油連… (2017年12月27日 09:14)• 道が発表した生活商品の価格動向調査(11月10日現在)によると、灯油は1リットル当たり79・5円で前月より3・9円(5・2%)値上がりし、2015年8月以来2… (2017年12月2日 10:50)• 1月は1年で最も冷え込みが厳しい時期。 しかし原油価格の上昇で県内も灯油の値上がりが止まらず、家計を直撃している。 石油情報センターの最新調査結果(2016年12… (2017年01月11日 11:32)• 県生活協同組合連合会は、配達灯油の暫定価格を1リットル当たり6円値上げし、5日から1リットル69円とすることを決めた。 灯油の在庫量が少ないことや、円安などによ… (2016年12月02日 11:31)• 県生活協同組合連合会は7日、今冬の灯油の配達価格の上限を1リットル当たり59円(税込み)にすると発表した。 前年同期より14円安く、2年連続の値下げで、2004… (2016年10月10日 13:13)• 駒ケ根市は23日、同市赤穂の切石浄水場に灯油が混入したと発表した。 同水源が関係する市街地など、一時は市内4分の3にあたる9798世帯(約2万4400人)で水道… (2016年9月24日 13:02)• 県生協連は13日、灯油の配達価格(定期配達)を18日から1リットルあたり59円に設定すると発表した。 60円を下回るのは11年ぶり。 原油価格の下落や暖冬が影響し… (2016年1月16日 11:18) 連載.

次の

[先物・金融商品] 灯油は冬に値上がりしますか?

灯油 値上がり

複雑な要因が絡む今回の原油高 原油価格の上昇は生活にも直接影響している は昨年以来高騰が続いています。 原油価格の高騰はガソリンや灯油の価格など日常生活にも影響を及ぼしています。 が上がって仕事に支障が出ている方や、灯油価格の上昇で家計が直撃されている方も多いでしょう。 またという形で航空運賃にも金額が加算され、旅行が好きな方も影響を受けています。 石油価格の上昇というと1970年代のが思い出されますが、あの時は産油国の生産抑制という明確な原因がありました。 しかし、今回の原油高はちょっと原因のつかみどころがないですね。 ここで改めて物の値段の決まり方を考えて見ましょう。 商品の値段は、基本的には需要と供給のバランスで決まります。 価格が上がっているのは、需要が増えて供給が減っているからなのです。 今回の原油高でも、その基本は変わりません。 今回の原油高の原因として考えられるものは、以下のような要因です。 1、中国やなど新興国の経済発展 - 需要の上昇 2、産出国の生産能力の停滞 - 供給はそのまま 3、ハリケーンの被害 -供給の低下 4、的資金の流入 - 需要の上昇 では、これらの要因を詳しく解説してみましょう。 中国やインドなど新興国の経済発展 近年では中国やインドなどの新興国が発展を続けていて、発展とともに原油の需要も拡大しています。 特に中国の原油需要は急増していて、中国はすでに日本を抜いて世界第二位の石油消費国になっています。 この要因はなかなか解消できるものではありません。 一度石油を消費するようになってしまった国は、元に戻ろうとしても難しいのです。 日本やアメリカなどの先進国が石油消費量を減らすことは難しいでしょう。 こういった要因を考えると、原油が90年代のような低水準に戻ることは難しいかもしれません。

次の