相川 佳之 離婚。 湘南美容クリニック 相川 佳之先生

湘南美容クリニックグループ代表の相川佳之 ドキュメンタリー映像(第二弾)

相川 佳之 離婚

湘南美容クリニック 相川 佳之先生 相川先生の考える子どもとは?どんな印象ですか? そうですね、子どもと大人っていうのは、逆にいうとぼくは、歳をとるにつれてよく自分で子どもっぽくなってるなと良く思うんですよね。 どういうことかというと、多くの人が子どもの頃は作文で夢を書いて、「こうなりたい!」って書くじゃないですか、でも社会人になって大人になった時に本当にみんなそれを持ってるっかいういうと、逆に持っていない人の方が実は多かったりして、いろんな経験から諦めちゃうのか、そういう気持ちが薄くなっちゃうのか分からないですけど、もったいないなと思うんですよね。 よく例えばサッカーの本田選手にしてもイチロー選手にしても小学校の作文にめちゃくちゃ明確に将来どうなりたいかっていうのを書いているんですよね。 「サッカーで海外に行って、年収はどれくらいで」「MVPを獲るんだ」みたいなことをすごく明確に描かれているんですよね。 1つは小さい頃に明確な夢を持つっていうのはものすごく大事なことだと思いますし、逆に大人になったわれわれもそういうの持っている方がより純粋な心を保てるというか、夢が大きいとずっと素直にいられると思います。 ほどほど、そこそこ、「これくらいでいいや」って思った瞬間に人っていうのは素直さを失ってしまい、素直さを失うといろんな人からの助言も受け入れられなくなっちゃうし、学ぼうという気持ちも少なくなっちゃうと思うんですよね。 今の「夢」について具体的に聞かせてください。 単純に、日本を世界で1番の医療大国にしたい。 という目標があるんですよね。 それを実現するために考えていることがあって、今例えば卓球にしても将棋にしてもいろんな分野で本当に小さい頃から英才教育で練習して訓練した人たちがすごく活躍してるじゃないですか。 でも医療はほとんどが大学に行って卒業して24歳から初めてメスを持って僕らみたいな外科だと初めて縫ったりするような練習をするわけですよね。 本当に日本を世界一の医療大国にしようと思ったら、もう12歳前ですね、もう小学校から縫う練習をするとか、今だったらロボットですね、(手術支援ロボット)「da Vinci(ダ・ヴィンチ)」を使って小学生がゲーム感覚で手術の練習をするということをきちっと教育できたら、多分これがうまくいけば間違いなく、日本を世界で有数の医療大国にできるなあと思っているんですよね。 こどもの未来のために大人が今やるべきことってどんなことがありますか? 12歳までにいろんな経験をさせてあげる。 やっぱり体験から学ぶことって多いじゃないですか。 だからお母さんが同じ公園に同じ人と毎日遊んでいたりするよりは、いろんなところに連れてっていろんな人と接する方が、脳の細胞のシナプスが増えていって、そうすると最終的に何か問題を抱えた時に多面的に考えられる脳が作られると言われていますよね。 あとは夢の管理じゃないですかね。 具体的にどうなりたいとか、それをもっともっと掘り下げて、「収入はどれくらい欲しいのか」「どういう地位につきたいのか」「世界で活躍したいのか」ってことも含め、 あと期限付きですよね。 「それをいつまでにやりたいのか」ってことを書いてもらって、それを常に見せる習慣をつけてあげることが大事かなと思います。 よく受験で「〇〇合格!」っていって机に貼ったりするじゃないですか。 あれって実はものすごくシンプルだけど、ものすごく効果がある方法だと思ってるんですよね。 だから例えばトイレに貼るとかして常に自分の目標を見るという習慣を大人がこどもたちに自分たちも含めて持たせてあげると日本の未来はすごく変わるんじゃないかなと思います。

次の

なぜ崩壊寸前のクリニックから全国1位になれたのか?湘南美容クリニック町田院院長に学ぶ最高のチームの作り方

相川 佳之 離婚

SBCメディカルグループ 代表 相川佳之(あいかわよしゆき) 1970年神奈川県生まれ。 1997年日本大学医学部を卒業し、癌研究所附属病院麻酔科に勤務。 1998年より大手美容外科に勤務し、数千件の美容外科手術を経験。 2000年に独立し、神奈川県藤沢で湘南美容クリニックを開業。 徹底した顧客志向を貫き、料金体系の表示、治療直後の腫れ具合の写真を公開するなどの美容業界タブーを打ち破りながら、2020年2月までに湘南美容クリニックを101院にまで拡大させる。 またSBCメディカルグループとしては美容医療のみならず、一般内科等の保険診療や、不妊治療や再生医療等の先進医療も手がけている。 相川佳之に学ぶ夢を叶える情熱哲学 読書家でもある相川氏。 気になった箇所には必ず線を引き、手帳に書き写し、折にふれて読み返し、そして実践する。 こうして自身の経営スタイルやメソッド、ノウハウを凝縮してきた。 業界や市場に関する知識がなければ、経営戦略など考えられません。 だからといって、一定の経験を積むには時間がかかります。 ならば、それまでの間は経験を積みながらも、経験ある人の優れていると思われるやり方を素直にパクればいいのです。 そして、パクリ切って経験や知識を身につけたところで、自分オリジナルの方法を考えればいい。 021番にこだわる 1番と2番は、2番と100番より差があると思います。 「日本一の山は?」と聞かれれば誰でも「富士山」と答えられるでしょう。 では「2番目に高い山は?」と聞かれて、どれだけの人が答えられるでしょうか。 つまり、1番とは極めて特別なことなのです。 そこで大事なのは、狭い分野でもとにかく1番になること。 カテゴリーを絞ってニッチな領域をつくれば、競争相手が少なくなって1番になりやすい。 そこを足掛かりにして、徐々に一番の領域を広げていけばいいんです。 そうすれば「次」「次」とチャレンジし続ける情熱を継続させやすいはずです。 脂肪吸引を受けたい患者さんが日本全国から来るまで、一点突破し続けたからこそ、今の発展につながったのだと思います。 視覚化されれば、状況がわかりやすくなります。 状況が見えるからこそ「もっと改善しよう」という意欲につながるのです。 逆に、状況がいいのか悪いのかがよくわからなければ、人は何かを改善しようとは思わないでしょう。 女性がよく体重計に乗るのは、「あ、2kg太った」と認識して、痩せようと努めるからです。 開業直後に脂肪吸引の1番にこだわった時は、「神奈川県下の美容外科で脂肪吸引件数1位」「ビフォー・アフターの開示症例件数1位」など、いろいろな角度で1位を打ち出していきました。 現在も、年4回ミステリー・ショッパーを入れて顧客満足度を数値化したり、リピート率や紹介率といった指標を活用して点数化し、誰でも状況が即座にわかるようにしています。 04理念を抱く 当院が1番を目指したのは、美容外科業界の体質が良くなかったので、正しいことをする企業が1番になれば体質も改善され、業界全体の地位も向上すると考えたからです。 すると、スタッフが次々に退職し、リピーターの患者さんも離れていきました。 「これは目指したことではない」と気づいたその時、ある本でアメリカのロチェスターにあるメイヨー・クリニックの存在を知りました。 05愛される存在になる 何事もシンプルに追求することが大事です。 スタッフの幸せを犠牲にしても、お客様に不利益があっても、社会正義に背くようなことをしても、一時的にはうまくいくように見えることがあるかもしれませんが、絶対に長くは続きません。 大切なことは「患者さんに愛されるクリニックになる」「そのために、患者さんに接するスタッフを大事にし、愛情をもった教育をする」「患者さんからいただく対価以上のサービスを提供する」ということ。 商売の基本そのもので、これをシンプルに実践しています。 SBCでは、スタッフ教育として、世界最高レベルのドクターを招いて技術を学んだり、一流のクリニックに見学に行くこともしています。 060. 1%でも成長を続けると、1年後には1. 44倍に成長できます。 5年後は6倍、10年後は38倍、20年後はなんと1474倍です。 1%なんてバカバカしい」と思われるかもしれません。 しかし、まさに「ちりも積もれば山となる」で、続けることが大きな成果に結びつくのです。 1日5分、本を読む。 1日1万歩、歩く。 誰でもできる平凡なことですが、これを1年間やり続けることは、そう簡単なことではありません。 どんな単純なことでも、5年、10年と愚直に続ける。 そうすれば、非凡の存在になれるはずです。

次の

湘南美容外科、整形イケメン(?)相川佳之院長、顔も体も偽物ならば広告内容も嘘ばかり(敬天新聞7月号)

相川 佳之 離婚

海外進出も視野に入れた拡大戦略の一方で、途上国の子供達へのワクチン提供や、東日本大震災における早期からの支援活動など、社会活動にも積極的に取り組んでいる。 1970年 神奈川県にて、薬局チェーンを営む両親の元に生まれる。 1986年 神奈川県鎌倉市の鎌倉学園高校に入学。 当初家業を継ぐべく薬剤師を目指していたが、大学入試2週間前に志望を医学部に変更する。 1991年 日本大学医学部に入学。 1997年 日本大学医学部卒業。 医師国家試験合格。 同年、現在のがん研有明病院麻酔科に勤務。 1998年 都内大手美容外科に勤務。 2000年 当時の美容外科業界の裏側を知り、理想のクリニック経営を目指し独立。 神奈川県藤沢市に湘南美容クリニックを開院。 2001年 初の分院となる横浜院を開院。 安心リラックス麻酔を開発。 2003年 新宿アイランドタワー内に新宿本院を開院。 また初の著書となる『医師が教えるビューティ バージンロードの歩き方〜はじめての美容医療で迷わず綺麗になる〜』、『愛される匂い美人になる。 』を出版。 特に『愛される匂い美人になる。 』は新宿 紀伊國屋週間売り上げ第一位となり、マスコミの取材を受け口コミによる予約が殺到。 予約の取れない美容外科として評判になる。 2005年 渋谷院、大阪院、名古屋院を開院。 2006年 福岡院、大宮院、千葉院開院。 2007年 湘南美容・歯科、新宿ANNEX院、札幌院開院。 初の海外開院(上海)。 2008年 南青山メディカルエステティック表参道院、町田院、川崎院、柏院開院。 2009年 立川院開院、SBC新宿近視クリニック、池袋院、南青山メディカルエステティック南青山院開院。 2010年 大阪心斎橋院、SBC新宿近視クリニック大阪院開院。 2011年 SBC新宿近視クリニック横浜院、上野院開院。 2012年 仙台院、神戸院、広島院、スキンビューティークリニック品川、京都院、新宿血管外科クリニック、六本木レディースクリニック、スキンビューティークリニック大阪、ルネッサンスクリニック新宿院開院。 人物・エピソード 幼少〜学生時代• 薬剤師で、漢方薬の勉強のため頻繁に中国に行っていた父親は、当時小学生だった彼に「将来、二人で仕事を頑張って途上国の子供達が自立できるような教育ができる学校を作ろう。 ただ食糧を送ったりするより価値がある。 」と、お風呂で夢を語って聞かせたという。 現在の自身の行動理念やマインドの源は、こうした父親の影響によるところが大きいと語っている。 (約30年を経て、この夢は彼自身の手により現実のものとなっている)• 幼稚園以降、学生時代はいつも背の順で一番前だった。 背の低さについて、小学生までは特に気にしていなかったが、中学生になって、お祭りに行く夜道ですれ違った二人組の女の子に「あの人カッコイイよね」(一方の子)、「でも小さいよね」(もう一方の子)と言われ、背の低さは最大のコンプレックスへと変わり、大勢の人前に出るのが嫌になってしまったという。 牛乳を毎日大量に飲んだり、背を伸ばす体操をしたり、怪しげなサプリを試したりと、涙ぐましい努力を見かねた両親が、知り合いのつてで成長ホルモン剤を注射することによって身長を伸ばす治療法を行っているという大学病院を見つけ受診。 しかし診察の結果は「病気ではないので治療の必要は全くない」と、にべもないものだった。 これまでの苦しみ、努力を医師に涙ながらに説明するも答えは同じ。 この時の悔しい体験が、後に美容外科を志す端緒となったと述懐している。 大学受験2週間前に薬学部から医学部へ志望を変更。 日大医学部に進学した。 中高〜大学とテニスに没頭。 特に大学時代は試験中であろうとラケットを振り続け、強豪揃いの関東医科歯科リーグで優勝を果たした。 美容外科の道へ• 根っからの体育会系で顕微鏡に向かって研究というのは全く性に合わず、毎日馬車馬のように手術に取り組むような科に進もうと考え、救命救急と泌尿器科(当時通っていた大学病院は泌尿器科の手術件数が非常に多かった)と美容外科の3つで悩んだ末、先の原体験のコンプレックスから、「病気ではないけれどちょっとしたコンプレックスのせいで前向きになれない人の力になりたい」と、美容外科の道に進むことを決意したという。 美容外科に進むことを先輩医師に報告したところ、「医者の道に進んで欲しかった」とイヤミを言われ、この時に改めて自らの力で美容外科を世の中や医療界に認められる存在にしたいと強く誓ったという。 独立を志したのは、実際に得られる効果と違うことを患者に説明したり、価格も言い値がまかり通るような当時の業界の体質に、自分の中でクエスチョンがどんどん大きくなっていったためだという。 藤沢院開院直後は患者数がなかなか伸びず、仕事が終わった後にクリニックのパンフレットを車に積んで自らポスティングしていた。 しかし徐々に患者数が増えてきたのと、警官に職務質問されたこともあり、この作業は4ヶ月でやめたという。 密室性の高い美容外科業界に風穴を開けるべく、曖昧だった料金を明確に設定したり、ホームページで5万件以上のビフォー・アフター写真を掲載したり、しかもそれを担当ドクターごとに見られるようにしたりと、患者の不安を和らげるための情報開示を徹底的に行った。 その極めつけとして、相川医師が自らに対して脂肪吸引を施術するムービーがクリニックのホームページで公開されている。 アフターケアの面でも、美容外科業界初の保証制度を採り入れ、全ての治療に対して保証書を発行したり、施術後の注意事項や一般的に発生しやすい悩みや不安に対応するメールを、術後それぞれのタイミングに合わせて送る「フォローメールシステム」を業界で初めて導入するなど、患者の不安解消と信頼の獲得に大きな力を注いでいる。 美容外科医として 現在も現場で活躍 世界最大の従業員意識調査機関『Great Place to Work R 』の日本版『Great Place to Work R Institute Japan』による調査 「働きがいのある会社ランキング」で、湘南美容クリニックが名だたる優良企業と並んで27位にランキングされた(2011年)。 また「平均研修時間が長い企業」でも全国2位にランクイン。 社会活動• 全結腸型ヒルシュスプルング病という難病で闘病中の山下みらいちゃんを支援する活動として、2006年6月20日に新宿院にてチャリティー診療を実施。 約344万円を集め、みらいちゃんの手術は無事成功した。 『国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン』へ、136名の子供たちへの チャイルド・スポンサーとして参加。 2012年時点での寄付総額は、約3,700万円にのぼっている。 南青山メディカルエステティックにおいて、患者ひとりの来院につきワクチン1本を世界的医療支援団体を通じて世界の子供達に寄付する活動を展開。 2012年8月末までで151,600本分のワクチンを寄付した。 東日本大震災後、いち早く支援物資を集め3月19日に4tトラックで現地に向かい最初の支援活動を行う。 この行動は後に東日本大震災支援プロジェクト『SAVE JAPAN』へと発展し、スタッフによる炊き出し活動や救援物資の提供、約2,500万円にのぼる義援金を集めるに至った。 東日本大震災の教訓も踏まえ、緊急時に迅速な対応を可能とするためのドクターヘリ設置プロジェクトを発足させている。 また、このプロジェクトに関連してか、水産航空株式会社という航空機運用管理コンサルティング会社の取締役にも名を連ねている。 幼少の頃の父親との夢を実現すべく、2011年にカンボジアに2棟の小学校を建設。 「情熱小学校」と名付けた。 「父も体が弱っているので、自分の足で歩ける今のうちに一緒に学校を見に行きたい」と語っている。 同級生医師からのメールがきっかけで、SBCメディカルグループをあげて瀬戸内海の無医村診療に取り組んでいる。 パイロットの夢 子供の頃の夢はパイロットになることだった。 現在はその夢も半ば実現し、目下の目標はプライベートジェットの所有だという。 関連取得資格は以下の通り。 JCAB自家用操縦士 陸上単発 飛行機• FAA自家用操縦士 陸上単発 計器飛行証明• JCAB自家用操縦士 回転翼• 陸上単発ピストン・タービン• FAA自家用操縦士 回転翼 所属学会• 日本美容外科学会正会員• 日本美容外科医師会会員• 日本麻酔科学会正会員• 日本レーザー治療学会会員• 日本脂肪吸引学会会員• ケミカルピーリング学会会員• ハーバード大学医学部PGA所属 著書• 『あなたがもっと美しくなる!心のプチ整形』(ゴマブックス)• 『愛される匂い美人になる。 』(東邦出版)ISBN 978-4809404436• 『医師が教えるビューティ バージンロードの歩き方〜はじめての美容医療で迷わず綺麗になる〜』 外部リンク•

次の