エアコン トラブル。 エアコンの悪徳工事業者には注意!

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコン トラブル

No Image 2020. 14 Tue 目次 1. エアコンからの埃飛沫の修理について紹介します エアコンからの埃飛沫を修理するには徹底的に掃除をすることです このトラブルは原因がいくつか存在しますが、それを特定するためにも、まずは目に見える部分を徹底的に掃除して下さい。 フィルター、前面のカバー、天井に面している吸い込み口、フラップがある吐き出し口などに付いている埃を乾いた布や掃除機を使い取り除きましょう。 喫煙者がいらっしゃるご家庭でタール ヤニ が付いている時は、乾いた布では汚れを取り除くことができません。 一通りきれいになった後でエアコンのスイッチを入れてみましょう。 それでも埃が飛散している場合は見えない場所に原因があると考えられます。 例えば熱交換器の裏にあるファンやドレンホースの中などです。 これらの場所を自分で掃除することは非常に困難ですので、専門業者に依頼することをお勧めします。 エアコンの電源故障修理について紹介します エアコンの電源故障の修理にはいくつかの手順がありますので詳しく解説 まず、自分で直せるものと直せないものがあります。 例えば、基盤のエラーを原因とした電源故障を素人が直すことは出来ません。 配線トラブルやコンプレッサーの不具合、漏電に関しても同様です。 一方でリセットするだけで解決することもあります。 エアコンの電源が入らないなどのトラブルが起きた時は、まず自分で試してみて、それでも解決しない場合はメーカーやエアコン修理の専門業者に相談して下さい。 自分で試すことができる修理方法としては、コンセントを抜き1分後に再度差し込んでみる方法や室内機の前面にあるリセットボタンを押してみる方法、配電盤のブレーカーを上げ下げしてみるなどです。 詳しくは対策方法の箇所に記載させていただいております。 少し器用だからと修理するために分解することだけは決してしないように。 感電などのリスクがありますし、仮にうまくいったとしても、取り付け時に冷媒ガスが漏れることもあります。 エアコンのリモコン故障修理について紹介します エアコンのリモコン故障は修理するより買い替える方が効率的です 室内機や室外機は故障したからと言って簡単に買い替えることは出来ませんね。 メーカーや機種によっても違いがありますが、13畳タイプのエアコンでも12万円前後はします。 しかし、リモコンでしたら純正品でも2,000円前後で手に入れることができますし、マルチリモコンでしたら1,000円以内でも購入できます。 ひとつだけ気をつけて頂きたいのが、本当に故障かどうかです。 リモコンが故障したと思っていたら、乾電池の残量が原因であったり赤外線部分が汚れているだけということがあります。 さらにボタン周りの埃が原因でボタンが押せてないだけかも知れません。 ですので、買い替える前には入念なチェックが必要となります。 全てのボタンが反応なしなのか、新しい乾電池に交換しても動かないのか確認して下さい。 さらに赤外線の部分を柔らかく乾いた布で拭き、室内機側の受信部分の汚れもきれいに拭き取りましょう。 ここまでして、何も反応がなければ、初めて故障といえます。 エアコンの室外機故障の修理について紹介します エアコンの室外機を修理する場合はプロに依頼することをお勧めします 最初に結論を申し上げれば、エアコン室外機の修理はプロであるメーカーのサポート、専門業者に依頼して下さい。 なぜかというと、室外機にはエアコンを動かす上で重要な部品が詰まっており、下手に触ると悪化させる可能性があるからです。 また、自身で分解してしまうことで、メーカーの保証を受けることが出来なくなるリスクもあります。 仮に自分で分解したとしても、部品を調達しなくてはなりません。 よほどその道に通じている方でない限り、難しいのが現状です。 では、どこに修理を依頼すべきかという事ですが、これに関しては状況により異なります。 賃貸物件で備え付けの室外機が故障した場合には、勝手に修理すると問題となりますし費用も自己負担になってしまいますので、オーナーや管理会社に連絡して下さい。 保証期間内での故障でしたら購入店に相談しましょう。 エアコン修理情報まとめvol. 2 エアコンのトラブル別修理方法のまとめと大切なポイントのおさらい ここで起こるさまざなまトラブルの修理方法や対処法を紹介してきましたが、最後におさらいも兼ねてポイントをまとめます。 まず、エアコン修理には自分で出来るものとできないものがあります。 故障と勘違いしているだけ、ということもありますので、慌てずここでの情報や取扱説明書を見ながら、ひとつひとつ確認して下さい。 エアコン修理をプロに依頼する際は、できるだけ料金などを明確に表示している業者を選ぶことをお勧めします。

次の

エアコンの悪徳工事業者には注意!

エアコン トラブル

現象と主な原因: 引越しの退去に伴ってエアコンの取外し工事をしたら、 冷媒ガスが抜けてしまったトラブルがたまにあります。 まず考えられるのは、 「ポンプダウン」作業を行わなかったためで ガスの一部が大気中に放出されてしまった可能性です。 ただし、プロの作業員でもガスが漏れる可能性はゼロではありません 1つはもちろん施工ミス、もう1つは引越し元の電気が通っていないことが原因かもしれません。 冷媒ガスを回収するための「ポンプダウン」作業は エアコンを運転させる必要があるからです。 対策法: ・プロの作業員に依頼すること。 ・取り外し当日電気を通しておくこと。 また、既に電気の契約を切っている場合は、 電力会社に連絡すれば、一日だけ通してもらえることが多いです。 ガスチャージは必要なのか? エアコン取り付けを専門の業者に頼んだとき、 ガスチャージを提案されたことはありませんか? このガスチャージ、標準工事には含まれていないので、そのまま首を縦に振ってしまうと、追加料金がかかってしまいます。 意味がわからないまま、業者の言いなりになってしまっては余計なお金を払うことになりかねません。 そこでお伝えしますが、ガスチャージは 基本的には必要のないものだと思っていただいて良いです。 取り外しの段階でポンプダウンがきちんとされていれば、例え何年も使用したエアコンだとしても、ガスチャージは必要ないのです。 しかし、これはあくまで最初にしっかりと取り付けが行われた場合のみの話です。 ガスチャージが必要なケースももちろんあり、ガス漏れしている場合やエアコンが効かない場合などがそれに当てはまります。 エアコンが効かない場合、ガス漏れが原因であることもあります、つまりガス漏れがあれば、ガスチャージが必要ということです。 ガス漏れがないか確認したうえで、ガスチャージをするか判断することをおすすめします。 エアコン取り付けるときに追加料金を取られた。 現象と主な原因: 中古エアコンもしくは新品エアコンを設置する際に、 追加料金を取られてしまったとのトラブルがあります。 特にエアコンを移設する際の配管パイプの交換で話題にされることが多いと思います。 トラブルになる原因は「予想外」が1つだと思います。 エアコン工事を現地見積もり介せずに電話やメールでの見積もりで依頼する場合は、 実際の現地条件やエアコンの状態によっては追加工事は発生します。 例えば、このように訴える業者が居るとします、 「エアコンの配管は絶対再利用できます」 実際の配管の状態や取り付け先での必要な長さを確認もせず、 これを言えるはずがありません。 現場では「言った言わない」のトラブルが発生したり、 取り付けてもガス漏れのリスクがあります。 対策法: ・問い合わせの段階で、はっきりと追加料金の可能性について確認しておくこと。 ・エレホームでは、を公開しているので、予め把握することをおすすめします。 フレア加工や配管交換は本当に必要? トラブルでありがちなのが、 「本当に必要なの?」という心配からくるものです。 移設は 部品の交換なく設置が可能であれば、最低料金でしてもらえることもあります。 しかし 配管の銅管は劣化しやすい部分、部材です。 もしもエアコンを1年、2年しか使ってないという事でしたら、交換は不要になる可能性が高いです。 しかし5年以上経過している場合は、交換しないと ガス漏れの恐れが起こることもあります。 とはいえ、素人がみて交換が必要かどうかというのは判断しかねるので、業者が交換を勧めてきた場合にどの部分が傷んでいるのか、交換にいくらかかるのかなど、聞いてみるといいでしょう。 劣化していなくても、移設先のエアコンと室外機の設置場所の距離関係で新しい配管が必要なこともあります。 その時は近くに置けないかなど相談してみましょう。 また、 フレア加工ですが、これもエアコン設置には必要になってきます。 しかし、工事の内容によっては、 フレア加工代として別途料金を請求されることはありますので、請求金額が気になった場合、 内訳について確認すると良いでしょう。 事前に電源容量を確認しよう 施工時に見落としがちになるのが、 電源容量です。 家庭用のエアコンでよくある電源容量が 100Vか200Vで、これによってコンセントの形が変わってきますし、合わない場合 追加で変換工事がかかります。 最近では、家庭電力の消費が増えていることもあり、200Vのものが増えてきていますが、移設先で問題なく使用できるか確認しましょう。 確認の仕方は、まずは室内機の側面か下を見てみましょう。 消費電力や製造年など様々な情報は記載されており、その中に記載があります。 一般的に 14畳以上の部屋用のエアコンは 200V、 12畳未満の部屋用であれば 100Vになっていることが多いです。 なので、今まで使っていた家や部屋の エアコン用コンセントの形を覚えておき、移設先の形と予め比較しておくとスムーズに工事ができます。 また、万が一 エアコン専用のコンセントが無く、 増設工事が必要になった場合、設置費以外で2万円前後かかることもありますし、その日からエアコンが使えない!ということになると、別の日に業者に来てもらわないといけなくなり、トラブルになることもあります。 配管設置の際に陥るトラブル エアコン取り付けの際に起こり得るトラブルの一つが、配管設置の時に起こる配管の長さの不足や、劣化による業者とのやり取りです。 引越しした時に、新居に合わせて購入したエアコンならば良いですが、元々使っていたエアコンをまた引越し先でも使うという場合、配管の長さが足りないということがあります。 これは、前の家での室外機や室内機の位置が、新居では違うときに起こる問題です。 まったくの予想外のトラブルだと焦ってしまいますが、こればっかりはそのままというわけに行かないので、配管を交換しましょう。 さらに厄介なのが、配管の劣化に関するトラブルです。 配管を交換する場合、配管の劣化を主張されたとき、本当に良心から言っているのか否かわからなくなる場合があると思います。 しかし、本当に劣化していればガス漏れなどもっと面倒なトラブルの可能性がありますので、無視できませんよね。 素人目には難しいかもしれませんが、その時はやはり自分の目で劣化を確認して、交換するか判断したほうが後悔はないです。 また、その家の築年数などを把握しておき、配管の耐用年数も調べておくと良いでしょう。 その他追加料金が必要なケースとは? エアコン移設する際の状況によって追加料金が発生するケースがありますが、これを知っておくとトラブルの回避に繋がります。 今回はいくつかご紹介していきたいと思います。 まずは エアコンの配管を通す穴です。 木造の家などで、穴を開けるのに 特殊な道具がなくてもできる時は、追加料金はかからないことが多いですが、壁がコンクリートなどで、 特殊な貫通工事がいる時は別途料金が発生します。 高額になるか追加料金なしでいけそうか、事前に確認しておくとよいでしょう。 この他にはオプションで 化粧カバーをつけたり、 クリーニングを依頼したりすると追加料金がかかります。 化粧カバーはなくても工事ができますし、エアコンを使う上では困りません。 しかし、カバーを付けることで 配管を長持ちさせやすくなるので、エアコンを長く使う為には必要な施工になります。 また、長年使っているものであれば クリーニングを依頼するのもお勧めです。 中まで 新品同様にきれいになりますので、燃費もよくなり、移設後エアコンを長く使えることにも繋がります。 引越しの荷物にエアコンが間に合わなかった、エアコンを自分で運べるの? 現象と主な原因: 引越しに伴ったエアコンの移設だが、工事と荷物搬出のスケジュールが合わず、 エアコンを引越し業者に運んでもらえなかった、 もしくは業者に依頼せず自分で運搬する場合。 いざ運ぼうとしたら持ち上げられないとか、 運び方が分からないなどの相談をいただくことがあります。 対策法: ・まずはを見てみます。 ・基本的には成人の方お二人で一緒に運ばれることをおすすめします。 また、運ぶ際は台車があると便利ですし、 毛布などでエアコンを包めば車などでの移動中は安心できます。 ・移動中の注意点としては、室内機からは水が出る可能性があることと、 冷媒ガスを封入した室外機を傾けず、振動せずに移動することです。 確実に設置をするためには 無駄な出費を出さず、トラブルに巻き込まれずにエアコンを設置するにはどうすれば良いでしょうか。 それは、信頼のできる業者に依頼することと、依頼者であるみなさんが正しい知識を身につけておくことに尽きるのではないでしょうか。 後者は簡単にできますね。 今はインターネットでなんでも調べられますから、今からでも始められます。 情報量が多くて取捨選択が大変かもしれませんが、大まかな基礎知識は身につけられるでしょう。 問題は、いかに信頼できる業者を見つけるか、だと思います。 友人や親戚が専門業者の会社に勤めているというのであれば、内情や注意点を教えてもらえて、多少は安心して任せられるかもしれませんが、そうでない場合はやはりインターネットから見つけ、一度見積もりに来てもらうのが良い方法でしょう。 また、業者の言うことをすべて疑いの目を持って聞くことは良くありませんが、自己防衛のためにも、前もって工事費用に関しては頭に入れておくと良いでしょう。 きちんと見極め、確実にエアコンを設置してもらってください。

次の

カーエアコンのトラブル代表事例10

エアコン トラブル

エアコンクリーニング業者側もこうしたトラブルを発生させないよう十分な注意を払って作業を行いますが、万が一不慮の事故が発生した場合を想定して賠償責任保険に加入しているところも多くなっています。 保険に加入している業者は、清掃中の破損であることが明確な場合は比較的スムーズに損害賠償責任を負って、修理費などの支払いをこの保険でまかなってくれます。 しかしクリーニング業者が賠償責任保険に加入していない場合、破損や故障を隠したり、原因が業者側にあることを認めなかったりして保証してもらえないことが多いようです。 そのため、エアコンクリーニングを依頼するときには、• 賠償責任保険に加入しているか業者かどうかを確認する• 作業中の事故を見逃さないために できるだけ立ち会う という2点に注意しましょう。 また、エアコンクリーニングの保証期間は 作業終了後3日以内というのが目安になっていますので、作業終了後はただちに動作確認を行うこと、周囲に傷や汚れがないかどうかを確認することを忘れないようにしてください。 古いエアコンは買い替えの覚悟も必要? クリーニングを行ったエアコンが購入から10年以上が経過している古いタイプだった場合、経年劣化との区別がつきにくく保証の対象外となってしまうこともあります。 また、古いエアコンは各部品の劣化が原因で通常なら耐えられる圧力によって壊れてしまうこともあるため、清掃作業自体を断られてしまうこともあります。 また、通常は清掃作業による故障が発生して賠償責任を業者側が負うことになった場合、業者側がメーカーに修理を依頼してその代金を支払うというケースが多いのですが、エアコンが古すぎるとメーカー側に部品が残っておらず修理を断られることもあります。 だからと言って業者側がコストを負担して新品に買い替えられるかというと、そこまでの保証はしてもらえません。 業者側もそういったトラブルにならないよう、ある程度の期間が経過しているエアコンのクリーニングは請け負わないようにしているのです。 年数が古いことを理由にクリーニングを断られた場合は、請け負ってくれるところを探し出せたとしても、万が一故障が起こった場合の保証はしてもらえないことが多いので、その場合は エアコンを買い替えるタイミングと考えてみてもいいかもしれません。 関連記事•

次の