国防 総省 ufo。 アメリカ国防総省『UFO映像』なぜ今(2020/4)公開?考察してみた!

米国防総省が公開した「UFO映像」の正体が判明! あの大槻名誉教授が見抜いた不審点

国防 総省 ufo

うち2つはこれまで、米紙ニューヨーク・タイムズが取り上げた。 残りの1つは米バンド「ブリンク182」のボーカル、トム・ディロング氏が共同設立した団体によって流出していた。 これらの映像をめぐり、未確認飛行物体(UFO)の存在が明らかになったと主張した人もいた。 <関連記事>• 何が映っている? ニューヨーク・タイムズによると、2004年に撮影された映像は、海軍の戦闘機パイロットが撮影。 約160キロ沖の太平洋上を円形の物体が浮遊している様子を示している。 他の2つの映像は2015年に撮影された。 複数の物体が空中を移動し、うち1つは回転していた。 片方の映像には、「おい、あれを見ろよ! 回っているぞ!」というパイロットの声が記録されている。 国防総省は、今回の映像の公開について声明を発表。 機密情報の流出や、軍空域への侵入に関する調査の妨げにはならないと判断したと述べた。 また、「映像に見られる飛行現象は『未確認』と分類されたままだ」とした。 長年にわたって調査 国防総省は2017年、UFOとされるものを長年にわたって調べていことを認めた。 ただ、調査はすでに打ち切ったとした。 米海軍は現在、説明不能な目撃を「未確認飛行現象」と呼んでいる。 BBCのジョナサン・マーカス防衛問題担当編集委員はその呼び名について、多くの人の潜在意識に刻まれ、「私たちは本当にこの宇宙で唯一の生物なのか」という根源的な疑問を思い起こさせる「UFO」に取って代わるものではないとしている。 一方、ディロング氏は映像の公開を受け、共同設立した団体「To the Stars Academy of Arts and Sciences」の株主たちにで謝意を述べた。 同時に、物体に関するさらなる調査に出資する考えも表明した。 ディロング氏は、「次はテクノロジーを追求し、もっと答えを見つけ、物語を伝えようと計画している」とツイートした。 同氏はUFOや超常現象の研究を目的に、2017年にこの団体を共同設立した。

次の

米国防総省がUFO【動画】なぜ今発表した?裏の目的や理由がある?|waonのブログ

国防 総省 ufo

ついにペンタゴンも認め、世界に波紋が。 昨年にて、米海軍のパイロットがUFOの映像と思われるものを公開したことを踏まえて、海軍自らが 「あれはUFOじゃないけど、説明できない航空現象が映っている」と認めたことがありました。 あれから半年ほどが経ち、今回はアメリカ国防総省ペンタゴンが動画を認め、するに至りました。 声明文の内容 流出した 「説明できない航空現象」映像は、2004年11月に撮影された1本と2015年1月に撮影された2本で、どちらも2007年と2017年に無許可で公開されたものだとし、以前に海軍がその存在を認めたことを把握している、と記しています。 その後、徹底的に検討した結果、もし流出映像を正式に認めたとしても、海軍の軍事機密漏洩に至らず、未確認の航空現象による軍事的な空域侵犯による以後の調査にも影響を与えないと判断したので、 一般の人々の誤解を解くために映像を公開した、とも書かれています。 それでもやっぱり、UFOらしき機体については 「未確認航空現象」というスタンスは崩していません。 そして海軍航空システム・コマンドのFOIA(情報自由法)ドキュメント・ライブラリーにて誰もができるようになったのでした。 どんな映像だった? それらはアメリカのバンドBlink 182の元メンバーであるが設立した、科学研究グループにして公益法人の To The Stars Academy of Arts(TTSAAS)によって掘り出された映像をThe New York Timesが広めたものでした。 Video: Video: Video: パイロットが大興奮ですね。 いわく、これらの映像は 赤外線センサーで撮影されたとのことです。 日本のニュースでも報じられる このニュースは日本にも波紋を呼び、NHKニュースでも取り挙げられました。 UFOとの遭遇に備え「手順定めたい」 河野防衛相 より— 河野太郎 konotarogomame 未確認航空現象とは? 海軍同様、ペンタゴンもこの未確認飛行物体のことを 「Unidentified Aerial Phenomena(未確認航空現象)」と表現しています。 そもそも「UFO=Unidentified Flying Object(未確認飛行物体)」の略なのに、不思議ですよね。 これについては、にて、海軍情報戦争作戦部のジョセフ・グラディシャー副部長による答えを掲載したことがありました。 Source: via , YouTube , , via , Twitter , , ,• Tags :•

次の

なぜ今、米国防総省がUFOの映像を公開したのか?

国防 総省 ufo

Contents• スポンサーリンク アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!? 【ワシントン時事】米国防総省は27日、海軍機パイロットが不審な飛行物体を撮影した映像3本を公開した。 過去にメディアに流出し、未確認飛行物体(UFO)の可能性があると波紋を広げていた映像だが、同省が公式に開示したのは初めて。 3本のうち1本は2004年11月、残る2本は15年1月に撮影された。 いずれも白黒の映像で、30~75秒ほどの長さ。 物体が海上を高速で飛んだり、空中で回転したりする様子が撮影されている。 国防総省は声明で「過去に流出した映像の真偽や、映像に続きがあるのかなどの臆測を取り除くために公開に踏み切った」と説明。 問題の物体については「依然として正体不明のままだ」と結論付けた。 ニューヨーク・タイムズ紙によると、国防総省は07~12年、「先進航空宇宙脅威識別計画」と名付けた事業で、UFOと疑われる映像などを分析していた。 こんなニュースが飛び込んできました。 以前にもUFOの映像として流出していたものですが、今回アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認め公開しました。 これは、夢がひろがりますね。 映像は3本公開されたそうなので、youtubeで探してきました。 何?ドローンだ! 何機もあるぞ。 状況を見てくれ。 なんてことだ! 風に逆らっている。 風は西に120ノット。 あれを見てくれ。 こう言っています。 アメリカ(米国)の調査でも正体不明のままというのは、本当にUFOが存在するのではないかという希望が持てますね。 スポンサーリンク 先進航空宇宙脅威識別計画とは? アメリカ政府が秘密裏に数百万ドルを地球外生命体の可能性についての調査に費やしていたと言われていましたが、それを先進航空宇宙脅威識別計画に使っていたのではないかと言われています。 先進航空宇宙脅威識別計画は2007年に開始され、2012年に資金供給が中止されたと言われていました。 今回のニュースから、2020年の現在も調査は続けられていたのではないかと思います。 UFOとは? そもそもUFOという言葉をよく使いますが、どういった意味なのでしょうか? 気になったので調べてみました。 UFOとは、「unidentified flying object」の頭文字をとった言葉であり、未確認飛行物体のことです。 その正体は航空機など既知の人工物体、遠方のサーチライトや自然物(天体・雲・鳥など)の誤認も含まれるそうです。 しかし、略称のUFOは「エイリアンクラフト」(宇宙人などの乗り物)という意味で使われることが多いということみたいです。 たしかに、UFOというと宇宙人とセットなイメージですが、本来の意味ですと正体の分からない飛行機などもUFOに含まれるみたいですね。 宇宙人は存在するのか? ここで気になるのが、宇宙人の存在についてです。 宇宙人は存在するのでしょうか。 私個人的には、存在すると思っています。 なぜなら地球に生物が存在しているからです。 生物の存在できる地球があるならこの広い世界のどこかに同じような惑星もしくは、全く別の惑星だがそこに適応した生物がいてもおかしくないと思っています。 できれば生きている間に知りたいものです。 以前、好奇心から陰謀論について調べてみたことがあるのですが、アメリカ(米国)はすでに宇宙人と交流していて、その技術を研究しているというものを見かけたことがあります。 本当だったら面白いんですけどね。 事実を知ることができればいいんですけど、あくまで陰謀論ですからね。 記憶が定かではないんですけど、「Qアノン」とかいう感じの陰謀論だった気がします。 気になった方は調べてみてください。 情報が膨大すぎるのでまとめるのが大変そうなのです。 もし、余裕があったら私の方でもまとめてみたいと思います。 アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?まとめ.

次の