ハス る 意味。 蓮(ハス)の花言葉や由来|色別(白色・ピンク色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ハス(蓮)(ハス)とは

ハス る 意味

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2014年5月) LOHAS(ロハス、ローハス)とは、の " lifestyles of health and sustainability" でな、またこれを重視する の頭文字をとった略語で、「健康と地球環境」意識の高いを指す用語である。 元々は、1990年後半にアメリカの西部周辺で生まれたもので、社会学者のポール・レイ P. Ray と心理学者のシェリー・アンダーソン S. Anderson による全米10万人以上を対象にした社会調査を基に生み出されたマーケティングコンセプトである。 彼らはこの調査から、TraditionalsやModernsに属さない層「カルチュアル・クリエイティブ」 CC という層を導き出した。 この層は、エコロジーや環境、人間関係、平和、社会主義などの世界的な課題や、自己実現、自己表現など自分に高い関心を持つ層であり、全米で5000万人がこのような価値観を持つとされた。 この結果に対し、エコロジー製品企業ガイアム Gaiam の社長ジルカ・リサビ J. Rysavy がレイに提案し、ロハス LOHAS というマーケティングコンセプトが生まれた。 アメリカでは毎年LOHAS市場を拡大するためのLOHAS会議が開催されている。 、がLOHASを紹介する記事を掲載した。 では(平成16年)頃からを表現するとして注目されたが、現在はが曖昧なの一つとして扱われている。 定義の曖昧さを逆手に取りエコロジカルなをやに関連付けるために用いられることも少なくない。 世界展開 [ ] アメリカにおける LOHAS [ ] アメリカの調査機関NMIが、LOHAS層を「環境と健康に関心、社会に対する問題意識、自己啓発・精神性の向上に関心が高く、実際の行動に移す人々」と定義し、2002年よりその割合を調査している。 この調査にはカルチュアル・クリエイティブズを提唱したレイもアドバイザーとして協力している。 2005年の調査によるとアメリカの成人人口の23%がLOHAS層だという(他、LOHAS層に近いが行動に至らない NOMADICS: 39%、価値観を特に持たないCENTRISTS: 27%、日々の生活に追われる INDIFFERENTS: 12%)。 アメリカでは「LOHAS」という言葉はビジネス用語として普及しており、一般消費者にはほとんど知られていない。 一般消費者向けの「LOHAS」という言葉は、日本で最も普及しており、次いでアジア各国(韓国、台湾など)から発信されていると言える。 日本におけるロハス [ ] が2002年(平成14年)9月、大和田順子によるLOHASを紹介する記事を掲載。 その後、月刊誌『』が2004年(平成16年)4月号でロハス特集を組むなど、マスメディアが注目したことでロハスが広まっていった。 2005年(平成17年)より、イースクエアがNMIと同様の調査を日本でも行っている。 日本では、「とを志向するライフスタイル」と意訳され、やに続いて広まった。 一般的には、健康や・環境やエコに関連した商品やを総称してロハスと呼び、ロハス的な事・物に興味を持つ人をロハスピープルと呼ぶ。 (平成23年)からは分野においてロハスグループが注目され、さらにLOHAS層が増加した。 他人に対し、同じライフスタイルを無理にしようとしたり、或いは無理をしてまで自己のライフスタイルとして教条的に貫徹させようとしている人に対し、批判的立場からを込めて「ほっこりすと」というもされた。 ビジネスとしてのロハス [ ] 2005年における米LOHASマーケット規模は2兆円、5年以内には20兆円とも言われている [ ]。 LOHASの5大マーケット [ ] 頭文字をとってSHAPEと呼ばれている Sustainable Economy(持続可能な経済) 、、商品、、等。 Healthy Lifestyle(健康的なライフスタイル) 、、、等。 Alternative Healthcare() 、、、、、等。 Personal Development(自己開発) 、、、、法、、アート、能力開発等。 Ecological Lifestyle(エコなライフスタイル) 、、家庭用品、等。 消費者としてのロハス [ ] ロハスピープルとも言われ、エコや健康、自己開発や社会的責任をもって意識的な消費を心がける。 ロハスピープルの情報源は、マスコミよりも専門家の意見やクチコミを重視する傾向にある。 ロハス関連団体 [ ] ロハスクラブ [ ]。 の活動内容は、「ロハス商品の審査・承認」、「ロハスマークの発行・許諾」、「ロハスデザイン大賞の運営」「ロハス・ライセンスビジネスの展開」と発表されている。 代表:(トド・プレス代表、『』編集長 J-WAVE『』ホスト)• 理事:(音楽家)、(分子生物学者・青山学院大学理工学部教授)、大井法子(弁護士・虎ノ門総合法律事務所)、(アートディレクター・K2) ロハスデザイン大賞 [ ] ロハスクラブが主催し、環境省が後援するコンテストで、「個人」「企業・事業・プロダクト」「環境活動」に賞を与える。 NPOローハスクラブ [ ] ロハスコンシェルジェの資格をとれるロハスアカデミーなどを主催 LOHAS WORLD(Organic Forum Japan) [ ] 2006年2007年国内初ロハス展示会LOHAS WORLD SPRINGやロハスビジネスマッチング、2006年~2008年カリフォルニア州LOHAS会議への参加、ビジネスツアーなどを主催。 愛犬と健やかなライフスタイルをテーマとしたドッグクラブといったクラブ制度も発足。 2007年沖縄ロハスフェスティバルを宜野湾コンベンションホールにて主催開催。 2009年グリーンEXPOを横浜パシフィコで主催プロデュース開催。 同時に大手百貨店にてグリーンライフスタイルゾーンの催事をエシカルブランドとして催事展開。 2011年よりコロラド州ボールダーでのLOHAS会議参加レポート掲載。 2015年9月一般社団法人Organic Forum Japan設立、2016年11月 第1回オーガニックライフスタイルEXPOが東京国際フォーラムで開催される ロハスビジネスアライアンス [ ] ロハスの価値観に基づくビジネスを活性化するプラットフォームとなる活動を通じて、LOHAS分野での事業創造・発展に寄与し、人々の健康と持続可能な社会の実現に貢献する。 『ソトコト』と三井物産によるロハスの商標登録 [ ] 商標の自由化 [ ] 「ロハス」の登録を行いライセンスビジネスを計画していたトド・プレス(『ソトコト』を発行するのグループ企業)と両社だが、2006年(平成18年)5月、他社から商標使用料を取るのをあきらめ、他社が使っても抗議しないと決めた。 当初はの販売促進コピー「LOHASのタネ入っています。 シャープの家電」に対して商標権侵害である旨警告を行なった事もある。 商標取得の経緯 [ ] 『ソトコト』を編集しているトド・プレスが中心となり、1業種1社を基本としてロハスという言葉の使用権利を販売するライセンスビジネスを展開する予定であったが、自由化に伴い事実上の中止になった。 トド社社長であり『ソトコト』編集長のは、ロハスという言葉を知る前に新しい消費者層が出てきたと感じ、ロハスという言葉が都市生活者のライフスタイルの新しい呼称としてぴったりだと思った、と語っている。 登録状況 [ ] 登録番号 登録日 権利者 4601848 2002年9月6日 株式会社イースクエア 4780327 2004年6月18日 明治製菓株式会社 4824414 2004年12月10日 株式会社トド・プレス 出願状況 [ ] 出願番号 出願日 出願人 2005-23813 2005年3月17日 三井不動産株式会社 2005-034900 2005年4月19日 ロハスソーラージャパン株式会社 2005-058902 2005年5月24日 株式会社トド・プレス 2005-034900 2005年6月29日 株式会社電通 2005-071817 2005年7月19日 太陽住宅株式会社 2005-072490,91,92,93,94 2005年8月4日 株式会社トド・プレス 2005-086509,10,11,12,13 2005年9月14日 三井物産株式会社 2005-087217 2005年9月16日 株式会社IOND University 2005-099021 2005年10月11日 加藤敏春 商標は譲渡することが可能なため、上記内容は現在の登録状況と異なっている可能性があります。 で確認してください。 2005年11月時点での登録商標は ライセンスを買った企業 [ ]• 読売新聞• 三菱地所• マンションM. マンションM. 1998年 レイとアンダーソンによって「カルチュアル・クリエイティブズ」の存在が確認される• 2000年 レイ、アンダーソンによって『The Cultural Creatives』が出版される• 2000年 レイとGAIAMによってLOHASが生まれる• 2000年 米で第1回LOHAS会議が開催される• 2002年 8月 LOHAS株式会社がLOHAS事業を開始• 2002年 9月 日経新聞がLOHASに関する大和田順子の記事を掲載• 2002年 10月 NPO法人フューチャー500、株式会社イースクエアがポール・レイ他を日本に招聘、国連大学でLOHASに関する初のシンポジウムを開催する• 2004年 3月 NPOローハスクラブ設立• 2004年 3月 『ソトコト』が4月号でロハスを特集• 2004年 10月 『MYLOHAS(マイロハス)』創刊• 2004年 11月 LOHAS WORLD サイトオープン• 2005年 6月 有限責任中間法人ロハスクラブ サイトオープン• 2006年 4月 展示会 LOHAS WORLD SPRING 2006 が開催される• 2006年 4月 LOHAS WORLDが米国LOHAS Forumと提携• 第10回米LOHAS会議 サンタモニカ が開催され視察ツアー&ジャパンパビリオン開催• 2006年 6月 ロハスの商標が事実上の自由化へ• 2007年 4月 展示会 LOHAS WORLD SPRING 2007 が開催される• 2007年 5月 第11回米LOHAS会議 マリナデルレイ)が開催される• 2007年 7月 ロハス・ビジネス・アライアンス LBA 発足、米国LOHAS Forumと提携• 2007年 9月 展示会 LOHAS WORLD 沖縄ロハスフェスティバル が開催される• 2008年 5月 第12回米LOHAS会議 ボールダー)が開催される• 2009年 5月 第13回米LOHAS会議 ボールダー)が開催される• 2009年 7月 展示会 グリーンEXPOが開催される• 2016年 第1回オーガニックライフスタイルEXPOが開催される 雑誌 [ ]• (木楽舎)• ku:nel()()• 日経エコロジー()• () TV・ラジオ番組 [ ]• ( がナビゲーターを務める)• (同上 内 ナビゲータは)• Love our Bay( 開局 - 2011年9月)• 月尾 地球の方程式(のTV番組。 5回にわたりLOHASを取り上げた)• ロハスな生活(: 2005年7月 - 9月、ナレーター: 、企画構成:)• Happy! LOHAS(: 2006年4月 - 2007年9月、ナビゲーター: 大橋マキ、企画構成: わぐりたかし 「ソトコト」のTV版)• しあわせロハス(BS朝日: 2007年10月 -、ナビゲーター: ) 風刺作品 [ ]• アニメ「」• 第10回「(原題:"")」()• 第7回「(原題:"")」(専門チャンネルFOX)• 第14回「(原題:"")」(専門チャンネルFOX)• コミックス・アニメ・ドラマ「」• 第60回 「家庭菜園」• 第77回 「クリーン症候群」• 第98回 「ブルー・アイ・ジャパニーズ」• 映画「(The Road to Wellville)」(、アメリカ作品) - 監督:、主演:• コミックス・ドラマ「」• コミックス・アニメ・映画「」 脚注 [ ]• 2006年6月14日付 朝日新聞朝刊 経済面の記事• 『ソトコト』 2006年1月号のインタビュー 参考文献 [ ]• 「」『プール学院大学研究紀要』第46巻、、2006年12月、 145-157頁。 「」『広島文化学園短期大学紀要』第44巻、、2011年、 11-19頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2009年2月1日アーカイブ分)• , 35• , 839.

次の

LOHAS

ハス る 意味

名称など ハスの。 の巣状に見える 日本での古名「 はちす」は、の形状をの巣に見立てたとするのが通説である。 「 はす」はその転訛。 水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、もしくは単に 芙蓉(ふよう)、 不語仙(ふごせん)、 池見草(いけみぐさ)、 水の花などの異称をもつ。 漢字では「 蓮」のほかに「 荷」または「 藕」 の字をあてる。 ハスの花とを指して「 蓮華」(れんげ)といい 、仏教とともに伝来し古くから使われた名である。 属名 Nelumbo はから。 種小名 nucifera はの形容詞で「の実のなる」の意。 英名 Lotus()はギリシア語由来で、元はエジプトに自生するの一種「」 を指したものという。 7月の誕生花であり、夏の。 は「雄弁」。 ロータス、日本の農業百科事典のイラスト(1804) なお、の皮はとても厚く、土の中で発芽能力を長い間保持することができる。 (昭和26年)3月、にあるの落合遺跡で発掘され、のが発芽させることに成功したハスの実は、により今から2,000年前の後期のものであると推定された()。 その他にものから発見され、800年ぶりに発芽に成功した例(中尊寺ハス)やのゴミ焼却場建設予定地から出土した、およそ1,400年から3000年前のものが発芽した例()もある。 近年のの分岐系統の研究から、スイレン科のグループは被子植物の主グループから早い時期に分岐したことがわかってきた。 しかしハス科はそれと違って被子植物の主グループに近いとされ、ではに入れられている。 後述するように、人間にとっては鑑賞や宗教的なシンボル、食用などとして好まれる植物であるが、繁茂し過ぎると他の水生生物に悪影響を与える懸念がある。 このため(千葉県)などでは駆除が行われている。 水中の茎を切ると組織に水が入って腐り、再生しなくなる。 緑色のに似た形状の(皿、右)。 皮を剥くと白い実が現れる(左)。 これをそのまま生食する。 ()と呼ばれる果実(種子)にもが豊富であり、生食される。 若い緑色のが生食にはよく、花托は堅牢そうな外見に反し、のようにビリビリと簡単に破れる。 柔らかな皮の中に白い蓮の実が入っている。 種は緑色のに似た形状で甘味と苦みがあり、生のに似た食感を持つ。 またやなどとしても食べられる。 中国や、、ではとして加工されたものをと言い、これを、、などの菓子に利用されることが多い。 餡にする場合、苦味のある芯の部分は取り除くことが多く、取り除いた芯の部分を集めて蓮芯として飲まれることもある。 ベトナムではや()の具として食べられる。 また、蓮肉(れんにく)というとして、鎮静、滋養強壮作用がある。 芽 果実の若は、果実の中心部から取り出して、として飲用に使われる。 花 花茶の一種、。 ハスを国花としているでは、で茶葉に香り付けしたものをの一種であるとして飲用する。 資料によれば甘い香りが楽しめると言う。 かつては茶葉を花の中に挿入し、香りを茶葉に移していた。 撥水性の葉と茎が状になっている性質から、葉に酒を注いで茎から飲む(ぞうびはい)という習慣もある。 ベトナムでは茹でてのようなにして食べる。 中国のハスの一大産地であるでは、春から夏にかけて、若茎(葉の芽)を・などにして食べる。 日本においては食べやすく切った茎をの材料として用いる。 産地である秋田県では、茎を用いたが作られている。 茎の表皮を細かく裂いて作る糸を「茄絲(かし)」、茎の内部から引き出した繊維で作る糸を「藕絲(ぐうし)」と呼び、どちらも布に織り上げる等、利用される。 ハスの上のと 古来インドでは、の頃から、ハスの花は聖なる花とされ、信仰と結びつき、神聖なるものの象徴とされていた。 の神話やや聖典などにおいて、ハスは特徴的なシンボルとして繰り返し登場する。 例えば、『バガヴァッド・ギーター』11章で、は「蓮華の目を持つ者よ」と美称され、は「ハスの上に座す(最高神)を、そして神、あらゆる賢者たち、聖なる蛇たちをわたしは見ます」と語る。 同5章の記述「結果を最高神に任せ執着なく義務を遂行する者は、罪に迷わない。 あたかもハスの葉に水が触れぬがごとく」は 、後の仏教における「ハス」の象徴的用法と近いものを含む。 泥から生え気高く咲く花、まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられ、このイメージは仏教にも継承された。 性典の中では「」の象徴。 信仰から崇拝が生まれ、そのため、古代インドでは女性に対する4段階の格付けが生まれた。 上から(蓮女)、(彩女、芸女)、(貝女)、(象女)といい、最高位の「蓮女」の象徴としてという女神が、崇拝された(参照:性典『』)。 仏教 蓮華座 では泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、様々に意匠されている。 像の台座は蓮華をかたどった蓮華座であり、またの扉の内側に蓮華の彫刻を施したりしている。 主に寺院では仏前に「」(じょうか)と呼ばれる金色の木製の蓮華が置かれている。 一方で、仏教国では標高が高く生育しないため、想像でかかれたのかチベット仏教寺院では日本に比べ、かなり変形し、その絵はほんのり赤みがかった白い花として描かれている。 また死後にに往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想があり、「」という言葉の語源になっている。 なお、経典『』には「青蓮花赤蓮花白蓮花紅蓮花」との記述がある。 ここでの青や、他で登場する黄色は睡蓮のみに存在する色である。 仏典においては蓮と睡蓮は区別されず、共に「蓮華」と訳されている。 GRIN. ARS , USDA. 2012年8月19日閲覧。 新村出、『広辞苑』、岩波書店 1961• 『毎日新聞』朝刊2018年7月3日(東京面)2018年7月5日閲覧• 科学技術・学術審議会資源調査分科会編 『』(2015年版(七訂)版)、2015年12月25日。 2016年10月15日閲覧。 新星出版社編集部『アジアのお茶を楽しむ』新星出版社、2002年、14頁。 2018年12月25日閲覧。 の儒学者・の著した『愛蓮説』からの引用。 [ ]• Telugu Toranam. 2006年11月4日 UTC閲覧。 [ ]• Telugu Toranam. 2006年11月4日 UTC閲覧。 [ ]• National Archives of Vietnam. の12 April 2019時点におけるアーカイブ。

次の

蓮 (蓮華草・ハス・ロータス)の花言葉|花の意味と対応する誕生日・誕生花・あなたの性格

ハス る 意味

蓮の花の特徴や名前の由来 蓮の花は見た目もとても華やかです。 水辺に咲く花として有名ですが、蓮の花の最盛期である夏には、水辺一面に華やかな淡いムラサキ色の花を咲かせます。 その風景を観ているだけでとても心が洗われる気がします。 実は蓮の花が大輪の花を咲かせる為には泥水が必要になります。 綺麗な水だと逆に小さな花しか咲きません。 そんな特徴から「泥水の中で大輪の花を咲かせる花」つまり苦難を乗り越えてやがて大きく花開く人間の一生を蓮の花の成長過程に見出しているとてもドラマティックな花なのです。 その大きくて美しい花は、清らかさなどの象徴とされており、花言葉は、「純潔」そして「清らかな心」となっています。 その由来は蓮の花の種子が多いため、生命創造のシンボルとされるところからきているようです。 あわせて、花の美しさもよく知られています。 そんな蓮ですが、少々怖い花言葉があります。 それは「離れゆく愛」というものです。 このことは、蓮の花が開花してから散るまでの期間が非常に短いこと、また花びらが一気に散るのではなく、一枚ずつ散ってしまうことに由来しているそうです。 それは、蓮は仏教において聖なる花とされていること、その為、蓮を持つことで自らも救われたいという願いが込められていると考えられていることに由来します。 神仏に祈りをささげるときの手を合わせた形に似たつぼみが人々の神聖な思いを抱かせているのかもしれません。 というのも、蓮は仏教ではとても重要な花なのです。 なぜなら、極楽浄土に生まれ変わることのできる人の心を表しているから。 蓮の花には、以下の5つの徳があると言われます。 淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)• 一茎一花の徳(いっけいいっかのとく)• 花果同時の徳(かかどうじのとく)• 一花多果の徳(いっかたかのとく)• 中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく) これらの蓮の特徴は極楽浄土に生まれ変われる人の心を説明しているとされています。 実際、阿弥陀経の中で極楽には蓮が咲いていると説かれています。 だから仏像は蓮の上に座っているものが多いんですね。 白い蓮には純粋、潔白といったカラーのイメージそのままの花言葉がつけられています。 純粋な子に育って欲しいとゆう願いを込めて名付けでも最近よく見かけます。 蓮の花には数色の花色の蓮が存在しますが、最も可憐で美しいピンク色の蓮の花言葉は「信頼」です。 蓮のピンク色は派手すぎず眺めているとどこかゆったりとした気持ちになれる優しいパステル調のピンク色です。 安定した気持ちになれる安心感から信頼という言葉が連想され納得がいく花言葉ですね。 風水上のポイントとしては、生花を飾るのは難しいので、絵や写真を飾るのがオススメです。 そんな時は風水で恋愛運を上げていきましょう。 風水上の意味から蓮が重要なポイントとなっているので、蓮を南西の方角に飾ることにより、恋愛運が上がるとされています。 風水上のポイントとしましては、蓮がカギとなります。 蓮は幸運を運んでくれる花とされおり、池があるなら、飾ると運気が上昇すると言われています。

次の