ギャラドス 自信過剰。 【ポケモン剣盾】シーズン2 最終40位 壁ドラパルト展開構築【構築記事】

【ポケモン剣盾】ギャラドスの育成論と実際の使い勝手と選出のコツ!

ギャラドス 自信過剰

Contents• また、陽気にすることによって、素早さ1段階上昇で最速ドラパルトを抜けるようになります。 意地っ張りだと抜けません。 持ち物について 持ち物は火力をあげるために、命の珠にしています。 命の珠にすることによって、ギャラドスを受けに来るポケモンの受けを許さない状況をつくることができます。 努力値振りについて 素早さは、トゲキッスやマンムーがいる最速80族を抜くため、最速にしています。 また、ダイジェットを一回積むことで最速ドラパルトを抜くことができます。 攻撃に関しては、A252命の珠ギャラだと火力過剰に感じる試合が多かったため、攻撃にある程度振って残りをBに振っています。 立ち回り 基本的な立ち回りとしては、相手のポケモンをダイジェットで倒せる圏内までダメージを与え、そこからダイジェットで全抜きをねらいます。 相手にブラッキーやアーマーガア等、ギャラドスを受けに来るポケモンがいる場合は、ダイストリームから入ることで、受けを許しません。 具体的な立ち回り 対ブラッキー 対HB特化ブラッキーに関しては、ダイストリーム後、雨下ダイストリームで、食べ残し一回分回復されても確定で落とすことができます。 ブラッキーがギャラドスとの対面で初手あくびを打ってきた場合は勝てないため、ブラッキーがギャラドスに後出ししてくるタイミングでダイストリームを当てる必要があります。 そのため、基本的に相手のパーティにブラッキーが入っており、ギャラドスを選出する場合は、ダイジェットからではなく、ダイストリームから入ります。 ダイジェットから入ってもHB特化ブラッキーに勝てるようにするためには、性格を意地っ張りにする必要がありますが、 食べ残しの回復量 6. 対アーマーガア HB特化アーマーガアもブラッキー同様に、アーマーガア後出しのタイミングでダイストリームを当てることで、食べ残しの回復量込みでも、次の雨下ダイストリームで落とすことができます。 カビゴンは電気技を持っている可能性もあるため、電気技がないとわかるまでは、対面した場合は基本的に逃げます。 対ヒヒダルマ 対ヒヒダルマに関して、ギャラドスのダイジェットでヒヒダルマを確定1発なので、ヒヒダルマを起点に、素早さと攻撃を一段階積むことができます。 スカーフドラパルトやサザンドラの大文字を耐えるために、HやD等耐久に振ったヒヒダルマも一定数存在したため、火力アイテムアップ無しの場合倒せない可能性があります。 この状況は何度かありましたが、そこまで多くなかった印象です。 対ギルガルド ギルガルドのHPを7割削れている状態で対面させるのが理想です。 H252ギルガルドに対して、ダイジェットのダメージが約3割のため、素早さと攻撃を両方あげることができます。 ギルガルドと対面した際、シャドークローのダメージがほぼ確定3発 0. 対マンムー 対マンムーに関して、ギャラドスを最速にすることによって、最速マンムーを抜けるため、マンムーに一発技を入れることができます。 マンムーは気合いの襷を持っている印象があり、かつギャラドスに対して4倍弱点をつけるフリーズドライ覚えるため注意が必要です。 ギャラドスで対応する際は、襷を潰しておく方がよいです。 対ミロカロス HB特化不思議な鱗ミロカロスに対して、やけどダメージ込みで「パワーウィップ」でほぼ2発で落ちます。 ミロカロスからギャラドスに対して有効技がないため、「竜の舞」から入ることもできますが、「熱湯」によるやけどを引いてしまう可能性もあるため、ギャラドスのパワーウィップ ダイソウゲン で落とせる範囲まで削ってから対面させるのが理想です。 被ダメ計算 攻撃を受けるポケモン 被ダメ ダイマックス ギャラドスのステータス H4ヒヒダルマ 62. 努力値振りや立ち回り方法が参考になれば嬉しいです! アイキャッチ画像には以下の画像を使用しています。

次の

【ダブル構築】ギャラドスピッピ

ギャラドス 自信過剰

スポンサーリンク 【ポケモン剣盾】ギャラドスのオススメ特性 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ギャラドスは 『いかく』と 『じしんかじょう』2つの特性を持っています。 どちらの特性も強力ですが、今注目されて使用率が高いのが 自信過剰を採用したギャラドスです。 その理由としてダイマックスした後のダイジェット(S1段階上昇)と、相手を倒したときに発動する特性:自信過剰(A一段階上昇)の相性が非常に高いからです。 今回はそんな自信過剰ギャラドスについての育成論を書いていきます。 【ポケモン剣盾】自信過剰ギャラドスの育成論 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 私が今使っているギャラドスはこんな感じ。 前回紹介したアーマーガアと同じように技のカスタマイズ性が高いので色々悩みましたがこの型で落ち着きました。 滝登り• 飛び跳ねる• パワーウィップ• 威嚇物理受けゴツメギャラとかなら別ですが… 持ち物に関しては ぶっちゃけなんでもいいです。 体力回復できるオボンもいいですし、上から殴るスカーフロトムのような輩をしばきたいのなら電気技を耐えられるようになるソクノの実、ダイマックスして受けることでなんとか発動できる弱点保険もアリです。 他にも麻痺や鬼火に強くなれるラムの実やリスクなしで火力を伸ばせる達人の帯などもいいですね。 苦手な相手を処理しやすくなるアイテム好きなアイテムを選びましょう! 困ったらオボンの実でOKです。 何が悪いんじゃい!!使いやすいからええんや! スポンサーリンク ギャラドスの技構成 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ダイジェットのエフェクトってすごいバトレボっぽいですよね。 (小声) ここめっちゃ迷います。 滝登り• 飛び跳ねる• パワーウィップ• 自由枠(竜舞、地震。 あとはアイアンヘッドやストーンエッジもワンチャン? ) 自由枠は一つです。 滝登りはメインウェポンなので確定、 飛び跳ねる もメインウェポンでダイジェットもしたいので確定。 パワーウィップはあるとウォッシュロトムやヌオーを叩き潰せる他、 水と組み合わせた範囲が優秀なので確定です。 最近は水や地面タイプのポケモンが増えているのでかなり打ちどころが増えてきています。 問題の自由枠は基本 龍の舞か 地震です。 龍の舞のメリットは ・ダイウォールが使える(地味に重要) ・交代してもまた使える ・舞えたら更に突破力が上がる 地震のメリットは ・ドヒドイデを倒せる(確定二発) ・ダイアースでH252ギルガルドをワンパンできる どちらも魅力的ですが、 フルアタにしてしまうと柔軟さを欠いてしまうので私は竜舞を採用しました。 ぶっちゃけドヒドイデを前にして地震が恋しくなるシーンは多々ありますが、竜舞があったおかげで勝てた試合も多かったので後悔はしてません。 【ポケモン剣盾】ギャラドスの使い方と使った感想 ギャラドスは相手の隙を見てダイマックスし、ダイジェットで相手を倒しつつAとSをあげていくのが主な戦い方です。 使っていて思ったのは 受けポケモン(アーマーガアやドヒドイデ)が 無茶苦茶キツいってことですね。 ナットレイなら残りHP次第でワンチャンありますが、アーマーガアドヒドイデサニーゴみたなのは無理です。 サイクルを回しつつ受けポケモンをどこかで削っておくか、先に倒しておくかしないと直ぐに止まってしまいがちなので上手くケアできるような立ち回りをしましょう。 蜻蛉返り持ちのアーマーガアや鬼火搭載型の物理破壊型サニーゴを採用するとこちらは引きやすくなり、相手の立ち回りが制限できるのでかなり相性がいいです。 ダイマックスは3ターンなのでこの3ターンのうちになるべくダイジェットでSを削りつつ、相手を倒し自信過剰を発動しておきたいのですが、Sを上げようと欲張って相手を倒し損ねてしまっては本末転倒です。 なので、ダイジェットでどれくらいのポケモンなら倒せるのかを以下のダメージ計算を参考にしつつ簡単に覚えてもらえればなと思います。 ギャラドスのダメージ計算 ダイジェット(飛び跳ねる) ・H4振りミミッキュ 111. 8~83. 1%)2発 ・H252バンギラス 42. 3 確定1発 ・H4振りサザンドラ 70. 8%)3発 ・H4振りGヒヒダルマ 95. 0%) (相手がダイマックスした場合は相手のHPが二倍になるので、与えるダメージの割合は半分になります。 ) 【ポケモン剣盾】ギャラドスの育成論と実際の使い勝手と選出のコツ!まとめ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 記事の内容をまとめると• ギャラドスの特性は 自信過剰が強いよ!• ダイジェットでSを上げつつ相手を倒して抜き性能を高めよう!• 受けポケモンがキツいから挑発持ちやこだわり系アイテムトリックを使ってケアしてあげよう!• 逆に言えば受けポケモンがいない選出だったら 無双できるよ! と、こんな感じです。 一体突破して自信過剰を発動させればかなり強力なアタッカーになるので、相手がギャラドスの処理に少し手間取っただけでパーティを半壊させることができます。 攻撃も高く防御もそれなりにある使いやすいポケモンなのでぜひ1体は育成しておきましょう! 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の

【剣盾S4使用構築】サザンガルドと火を噴く赤いギャラドス【最終89位/レート2120】

ギャラドス 自信過剰

対戦動画 パーティ構築の経緯 🔥🔥🔥 ナットレイを誘って焼き、自信過剰を発動させれば簡単に勝てるのでは?という考えから構築スタート。 ナットレイを出したがるように を投入。 ステロ要因としてこちらも を入れる。 ステロと相性がよく、挑発要因になれる を採用。 ここまでで あたりがキツそうだったので、 汎用性を落とさずに対抗できそうな気がした最速鉢巻 を入れて完成。 最近は も準速が一定数いること、単純にミラーで安心感があることを理由に最速にしてみた。 こちらがダイマックスを切りたいのは なので、ダイマックスなしで運用することも想定して鉢巻型。 ミミッキュ 意地HAベース と撃ち合うことができる…が、あまり上手に使いこなせなかった。 アーマーガア 陽気HS ステロ+弱点保険+ダイジェットで、多少のタイプ不利はひっくり返す、万能型のそらとぶタクシー。 貴重な挑発枠で、あくび や宿木 を頑張ってごまかした。 ロトム(ウォッシュ) 臆病CS 相手の が少しきついような気がしたのと、鬼火トリックの使い勝手の良さが好きで採用。 まあ一番は相手の を選出させるための枠だったので、違う型でもいいかもしれない。 最終日3時間くらいしか潜れなかったので、イージーウィンできるポケモンを使いたくて採用。 が素早さ振ってなければまとめて処理できておいしかった。 狙い通り をたくさん焼いてくれた。 ナットレイ 呑気HB こちらの の火力補助として相性がいい。 はたきおとすを採用したかったが、遺伝技持ちがいなくて泣く泣くまもる。 タスキまで削られるとダイマターン稼ぎにもならないので、ちゃんと遺伝を頑張ります。 あとがたり 後から見返して懐かしむことができるので、日記的に構築記事を残していこうと思い、頑張って書きました。 4月はガチで忙しかったですが、5月中盤頃から少しずつ落ち着いてくるので、ブログや動画のペースも戻していきたいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー YouTubeのチャンネル登録、Twitterのフォローもよろしくお願いします!.

次の