ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52。 ハニーレモンソーダ 52話(14巻収録予定)ネタバレ感想

ハニーレモンソーダのネタバレ(結末、最終回)ってどうなるの?早く続きが読みたい!

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

ハニーレモンソーダ【第55話】のネタバレ 3年になり、誰ともクラスが一緒にならず、 一人になってしまった羽花。 さらには 新たに担任になった青木先生に注意されたということも重なって、 新学期は波乱の幕開けに。 そしてそんなある日、 新入生への「八美津のプレゼン」中に、羽花は自分の行動が空回ってしまい、それを受けて青木先生に 「羽花が変わった」のではなく「環境が甘かっただけ」なのだと指摘されたことで、 すっかり自信を喪失した羽花。 だが界に助言されつつ、 自分には「勇気」と「自信」が足りないのだと気づかされた羽花は、 「女子からの八美津のプレゼン」の中でする演目で主役を引き受け、そこで羽花は 新入生をも励ます。 羽花の踏み出した意外な一歩 そんなある日。 羽花は 自分がクラスでなかなか馴染めないことを、あゆみたちには言えないままで 学校へ登校してくる。 ただ同時に、それならば 堂々と「3年生が楽しい」と報告できるようにしようと羽花は思い、 絶対に暗い顔をしないと決めながら、意を決してクラスに入っていこうとした。 しかし そんな羽花と、青木先生が教室に入ってくるタイミングが重なってしまい、 一気に緊張感が走る羽花のクラス。 それもそのはず、青木先生は 雑誌やらスマホやら、「不要物」を見つけると取り上げて返してくれないことで有名で、 『スマホが鳴ったら終わり』の空気があったからだ。 ということで、 緊張感が走るなかで朝のHRが始まったのだが、羽花はふと、 青木先生が 「自分の未来は今の行動で決まる」と言った言葉に、目を見開いていた。 ただ何かを考える前に、 羽花は前の席の子が、マナーモードでスマホを鳴らしてしまっていることに気が付き、慌てて 自分が教科書やらを落として庇うことに。 すると 青木先生は気づかなかったのか、 そのまま教室を出ていき、一安心する羽花。 そしてその直後、 庇った羽花はヒーローとなり、 クラスの子たちに囲まれたので、羽花は 自分が嫌われていたわけではなかったのだと知ったのだった。 高嶺友哉の謎 その後、 グループに入れなかったのは、羽花に迷惑をかけるだろうと思ってのことだったのを知った羽花は、 次は入れてほしいと勇気を出して言えば、 快く引き受けてくれるクラスの子たち。 こうして、ようやく道が開けたころ、 友達の付き添いで羽花のクラスに来たという界に遭遇し、羽花は界と 恋人同士とは思えない挨拶を交わした。 すると、 界と一緒に来ていた高嶺に、からかうように声を掛けられ、次第に話題は 「界と羽花のやりとりが、 付き合っているようには見えない」ということから、 「界と羽花が 合図を決めたらいい」ということに。 そこで出たのは、 「構ってほしい」ときに 「頭の上に手でレモンの形を作る」というものだったが、 界は興味なさげに、無表情のままでその場を去って行ってしまった。 すると それを追うように高嶺がその場を後にしたのだが、高嶺は 今日は昨日に続いて2人で界の家に泊まる予定であることを、界に向かって話している。 ちなみに 昨日も高嶺は界の家に泊まったようで、ただ その詳細は誰も知らず、皆は 「イケメンのツーショット」に目が幸せであることだけ話していたのだった。 界とクラスが近いことでの弊害 一方で、教室に残った羽花は、クラスの友人たちが 「最後の女子高生」である今年に、いろんなことをかけているという話を聞く。 だがそこで 皆に思い出されたのは、 青木先生の今朝の言葉で、皆それに少しだけ 感銘を受けたらしく、 「青木先生が苦手」でも「目を逸らしてはいけない」と言い、 羽花もそれに納得した。 その後、今度の話題は、 羽花のラインのホーム画面が、初期設定のままだと言うことに。 すると、 他の「恋人同士」の友人は「おそろい」であることを知り、羽花は 「おそろい」に憧れ、想像だけで楽しい反面、 皆が見える部分でのそれは無理だろうと高をくくったのだった。 そしてそれから、 体育の授業に入った羽花は、 界のクラスと合同であることに気付き、 「隣のクラス」である「すごさ」をかみしめる。 ただ同時に、 こちらから見えるということは、あちらからも見えるということで、 羽花は絶対に変なことをしないと心に誓った。 だがその瞬間に、 羽花は早速跳び箱に顔を強打し、鼻血を出してしまう。 すると、 界がすぐに駆け付けてくれて、 かかえ上げつつ保健室まで連れて行ってくれることになった。 するとそこで、羽花は 界が「彼女がいても告白されている」ことを知り、界は 「気にするな」と言っていたけれど、羽花は 「クラスが近い」からこそ、どうしても、そういう色んなことが気になってしまうようになった。 羽花と界の距離 そしてそんな時、羽花は 界のラインのホーム画面が、誰か知らない女性になっていることに気付く。 それを、最初は 「気にしない」ようにと思っていた羽花だったが、 「聞きに行ける距離」になったのだからと、 羽花は勇気を出して聞いてみることにした。 ただ素直に言えるわけもなく、羽花は 界のクラスの教室の前で、 「構って」の「レモンのポーズ」をとってみることに。 しかしすぐに恥ずかしくなり、 羽花は逃げ出してしまったのだが、 界はそんな羽花を追いかけてきてくれたので、 羽花は正直に画像について聞いてみることにした。 すると、なんと画像は 加工してもらった羽花だったことが発覚し、 恥ずかしくなる羽花。 そしてそんなやり取りをしていると、界はふと、 通りがかった青木先生と目が合ったようだった。 しかし界は、 その青木先生の「目」が、「悪い人ではない」けれど、「界を嫌っている目」であることに気付き、 羽花に何かあったらと心配してくれる。 だが それを受けた羽花は、 自分は大丈夫だと強い目で微笑んだので、 界は少し心動かされたようだ。 だからこそ、 二人を探しに来た友人たちに、返事をしようとした羽花を、 人目につかない場所に引き寄せ、隠れて口づけてくる界。 それに 困惑していた羽花だったが、界曰く 「まだ構っていないから」ということで、羽花は 何度も口づける界に、素直に応じた。 そして離れた時、羽花は笑顔で 「3年生が楽しい」ことを界に報告する。 その後、 羽花のラインのホーム画面は、界の画像に変わり、アイコンもおそろいに変わったのだった。 ハニーレモンソーダの最新巻をすぐに無料で読む 以上、ハニーレモンソーダ【第55話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新巻を1冊無料で読め、アニメも1800作品見放題になります! りぼんの漫画の 最新話を無料で読むことはできませんが、最新巻は無料で読むことができますのでオススメです! ハニーレモンソーダの 最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 ただ、青木先生のあれこれは、界の言う事が正しければ、界との何か因縁があって、羽花にちょっとキツく当たっているのでしょうか? さらに、久しぶりに高嶺も出てきて、これから高嶺が何か起こすんだろうか? そういえば、高嶺の深い所ってまだなんとも思わせぶりに終わってますもんね。 どうなるのか気になります!次回も楽しみですね! 次回のハニーレモンソーダ【第56話】 掲載のりぼん2020年8月号の発売日は7月3日になります! まとめ 以上、ハニーレモンソーダ【第55話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

ハニーレモンソーダ 52話(14巻収録予定)ネタバレ感想

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

海にて芹奈ちゃんの恋、終結へ・・・ みんなで海にやってきました。 芹奈ちゃんを守ろうとする石森ちゃんに三浦くんが言った言葉。 「余計なことするな オレがついてるから 石森は関係ない」 いやこれグサッってなるけど、実はこれ 芹奈ちゃんの為じゃなくて石森ちゃんを想っての言動だったのね。 石森ちゃんの世話を焼いて、芹奈ちゃんも守ろうとしてたように見えたけど、その答えは三浦くんの友人の言葉がしっくりきました。 「一貫してずっと 1人しか守ってない」 そう、石森ちゃんが芹奈ちゃんを守ることによって、 石森ちゃんに被害が及ばないようにする為だったんですね。 ふお~~芹奈ちゃん的には辛い現実;; 海で石森ちゃんが前にイジメられた人たちとバッタリ逢いました。 ここでは、強くなった石森ちゃんの様子がしっかりわかります。 一方、三浦くんに呼び出された芹奈ちゃん。 芹奈ちゃんは何を言われるか悟り、先に三浦くんに告白をします。 芹奈ちゃんも三浦くんが一貫して石森ちゃんを守っていることに気づいていたようです。 切ねえ・・・ そしてここめっちゃ切ない。 そして、 今気持ちがあるのは芹奈ちゃんだけなのが切ない。 残った三浦くんの この表情辛い。 (正確には石森ちゃんを見かけて三浦くんが入った) カフェでお茶をすることに。 去り際勇気を出して 三浦くんに連絡先を聞きます。 その時の三浦くんの反応素晴らしい。 C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ5巻」より 「やっと聞いた」 って待ってたんですか!!!! しかもこの 落ち着いた表情もたまらん。 ちょっとSっぽいと見せかけて、この後の 「あーよかった 聞きたいと思ってんオレだけじゃなかったわ」が最高に素直でよろし!!! 最高に素直でよろし!!!(二回目) そして石森ちゃんの携帯に三浦くんが自分の番号を入れようとすると、フライング登録で三浦くんの名前が入っています。 引かれると思いきやこの表情。 そして過保護な父親であることを悟った三浦くんのこのセリフ。 「帰ってライン入れていいかパパに聞いとけ」って;;; 優しすぎる;;;察しがよすぎる;;; 石森ちゃんと父親 石森ちゃんはどうやら 超過保護な父親に全て人生を決めてきてもらったようです。 父親の引いたレールの上を歩き続けてきた石森ちゃん。 石森ちゃんが大事すぎるが故に過保護になってしまってるってところが反発しようがないですよね。 けっこう闇深いです。 ある日石森ちゃんが三浦くんたちとカラオケにいきます。 初めてのカラオケに大興奮する石森ちゃん、しかし一方でどこかモヤっとした感情も。 それを三浦くんに打ち明けます。 石森ちゃん 「私は今 お父さんを裏切ってる?」 一人で歩けることを知ってしまった石森ちゃん。 父親の望まない場所で望まないことをしている。 何かわかるこの感じ。 かなりリアルでよくあるパティーンじゃないかね?? そして、石森ちゃんがカラオケにいるところを父親が見かけてしまいました。 チャラそうな連中とチャラい場所にいることにショックを受けた父親に、石森ちゃん むりやり編入させられそうになります。 編入したくないと訴える石森ちゃんに ものすごく切なそうな顔をする父親。 いやこれ現代風に言うと、毒親ですよね。 毒親って何パターンかあると思うけど、これは表面的には大事にしてるように見える 隠れ毒親ですよね。 しかもこのパターン根本にあるのが"愛情"ってところが非常にしんどい。 嫌いになれないやつ。 携帯を取り上げられ、学校を休んだ石森ちゃん。 夜、石森ちゃんの部屋のベランダに三浦くんが現れます。 三浦くんのこの言葉に私も救われました。 「娘を想う父親がいる 友達を想うクラスメイトがいる 誰も悪くない だったら どっちも守るしかない そうだろ?」 C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ5巻」より 名言すぎる。 超救われた。 三浦くん光ですわ。 しかもこんな素晴らしい言いこといいながら、世話を焼いてる自分に笑ってしまう三浦くんスーパー可愛いかった。 ここで5巻は終了です。 芹奈ちゃんの恋も終わってしまい、石森ちゃんとの距離もどんどん近づいてきましたね。 そして、新たな石森ちゃんの親子関係の問題。 何かいい方向に行ってくれる気がします! もうそれが解決と同時に二人は付き合えばいいんじゃない?(願望) 次巻も楽しみです!!.

次の

ハニーレモンソーダ【第52話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

〜もくじ〜• ハニーレモンソーダ52話のあらすじ 付き合って1年の記念日を迎えた三浦くんと羽花。 とは言っても2人は相変わらずです。 付き合って1年経ってもまだゲームセンターしか行ったことがなかった2人。 「撮るの初めて!」 ウキウキの羽花に対して冷ややかな三浦くん。 慣れた手つきで操作する三浦くんに世界の違いを感じてしまう羽花でしたが、それでも嬉しく思います。 でも、初めてのマックで恥ずかしい思いをしたり、恋愛ものの映画をみてちょっと気まずくなったり、 空回りしてばかり。 そんな言い方しなくても… 三浦くんを残してタピオカを買って戻ると、その場に三浦くんはいません。 価値観の違いなんてものは最初からわかっていたことです。 でも、 三浦くんは一緒に乗り越えてくれる。 「2年目も、らしさを大事に」 本当に真逆で合わなくて、付き合うなんて1ミリも思わなかった2人。 「だから、よっぽど惹かれたんだろ。 言い方に難はありだけど三浦くんは基本的に羽花のことしか考えてないから! そして、恋愛映画の後少し三浦くんに触りたかった羽花でしたが、それは三浦くんも同じ気持ちだったんです! 「 まじでキスしたい。 やっぱあいつら断りゃよかった」 「うちらにもお祝いさせてーー!!」 そこには ケーキを持ったあゆみ達がいました。 恋愛初心者の羽花たちを心配して来てくれたんですね! でも、あゆみ達の約束がなければ今頃キスできたのかもと思うとちょっと残念 笑 三浦くん達にはこれからもっともっと羽花にいろんな世界を見せてあげて欲しいです! まとめ せっかくの1年記念日なのに、羽花は拙い自分に落ち込んでいました。 でも、三浦くんは価値観の違いやすれ違いも一緒に乗り越えてくれる人です! 「よっぽど惹かれたんだろ」って言葉もとても良いですね…!! 空回りしてることも、きっと面白いと思ってるんじゃないでしょうか。

次の