ドメサカ。 Samurai GOAL

ビクトル・イバルボ

ドメサカ

国内リーグ戦に限る。 2019年12月16日現在。 2015年6月26日現在。 ・所属。 ポジションは。 経歴 [ ] キャリア初期 [ ] 2008年2月20日、17歳の時に戦でデビュー。 2009年1月に移籍金400万ドルでのへ6月から移籍することで契約をしたと報告された ものの、最終的に交渉は失敗したため、そのままに残留することになった。 カリアリ [ ] アトレティコ・ナシオナルで2011前期リーグを制覇後にイタリア1部のウディネーゼとが獲得競争を繰り広げ 、2011年7月4日に移籍金230万ドル でカリアリと契約 し、9月7日の戦で初出場を飾り、12月4日の戦でゴールライン際でボールを受け、ドリブルでとのディフェンダー2人を交わして中央部に侵入すると、さらにゴールキーパーのを交わして無人のゴールにボールを流し込み、移籍後初得点を記録した。 その後、戦 と再度カターニア戦 で得点を挙げ、移籍初年度のはリーグ戦全38試合3得点を記録した。 2年目は、2013年2月10日の戦 1-1 で前半終了間際にのを体をひねりながら頭でが守るゴールに突き刺し先制点を挙げた。 は初得点を挙げるまで時間がかかったものの、3月10日の戦ではキャリア初のを達成 (セリエAでハットトリックを達成した選手としては、1993年9月19日の対戦での以来で2人目だった )。 さらに、4月21日の戦でセリエA通算8得点目を挙げたことでコロンビア人選手通算得点数でアスプリージャ、、に次ぐ4番目となった。 5月11日の戦では、ペナルティエリアの角でボールを受けると、一気に加速してとの間をすり抜け、が守るゴールにボールを押し込み、9連勝中の王者からの勝ち点獲得に貢献した。 この単独突破からの得点は、ののようだと複数メディアに評された (1996年のミラン対戦の得点を参照された )。 ローマ [ ] 2015年2月1日、へレンタル移籍。 買い取りオプション付きだったが、ローマはシーズン終了後に買い取りオプションを行使せず再び買い取りオプション付きでレンタルした。 ワトフォード、アトレティコ・ナシオナル [ ] 夏の移籍期限満了ぎりぎりの2015年9月1日、ローマとのレンタル契約を解除し、・へレンタル移籍。 しかしわずか4試合の出場にとどまり、2016年6月末のレンタル満了を待たずに退団となった。 2016年01月18日、古巣でもあるアトレティコ・ナシオナルにレンタル移籍。 6月末まで在籍した。 パナシナイコス [ ] 2016年6月30日、・にレンタルで加入するが、2017年1月末でレンタル移籍を満了し退団。 一時的にカリアリに復帰した。 サガン鳥栖 [ ] 2017年3月15日、・へのレンタル移籍が発表された。 期間は同年12月31日までの約8ヶ月半。 リーグ戦10試合に出場したが得点を挙げることが出来ず(カップ戦で1得点)、同年6月30日付けで登録抹消となった。 鳥栖との契約解除等についてのリリースは出されず、契約についてはレンタル元のカリアリと交渉が行われていると報じられ 、7月28日に正式に鳥栖への完全移籍が発表された。 シーズン後半は15試合で5得点を挙げた。 翌2018年も鳥栖との契約を更新し、公式戦9試合で4得点をマークしていたが、6月29日のトレーニングで負傷。 全治7ヶ月の左膝前十字靭帯断裂と診断され 、7月23日に選手登録を抹消された。 翌2020年、長崎に完全移籍した。 代表歴 [ ] 2007年からU-20代表に選出され、に出場。 2010年5月20日に監督の下で、との親善試合に向けてに初招集され 、5月27日にのでの南アフリカ戦で初出場を飾った。 2013年11月15日のとの親善試合で代表初得点を挙げた。 人物・プレースタイル [ ] スプリント能力に定評がある。 フォワードが本職だが、瞬発力を活かすために攻撃的としてプレーすることも多く 、その場合は縦に抜けてのクロスかカットインしてのシュートが持ち味である。 また、体格、スピード、ボールコントロール能力、身体能力は同国の英雄であると比較される。 所属クラブ [ ]• 2008年 - 2011年• 2011年 - 2017年7月• 2015年• 2015年 - 2016年 期限付き移籍• 2016年 アトレティコ・ナシオナル 期限付き移籍• 2016年 - 2017年 期限付き移籍• 2017年 - 同年6月 期限付き移籍• 2017年7月 - 2019年 サガン鳥栖• 2019年7月 - 12月 期限付き移籍• 2020年 - V・ファーレン長崎 個人成績 [ ] クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算 シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 コロンビア リーグ カップ リーグ杯 通算 2008 16 0 0 0 - - 16 0 2009 30 1 0 0 - - 30 1 2010 40 3 0 0 - - 40 3 2011 16 2 5 1 - - 21 3 イタリア リーグ リーグ杯 通算 38 3 1 0 - - 39 3 34 6 3 0 - - 37 6 30 4 1 0 - - 31 4 13 2 1 0 - - 14 2 10 0 1 0 - 0 0 11 0 2 0 0 0 - 0 0 2 0 イングランド リーグ 通算 4 0 0 0 0 0 - 4 0 コロンビア リーグ カップ リーグ杯 通算 2016 A・ナシオナル プリメーラA 11 1 0 0 - 8 2 13 2 ギリシャ リーグ カップ リーグ杯 通算 2016-17 6 0 2 0 - 9 3 15 3 イタリア リーグ リーグ杯 通算 カリアリ セリエA 3 0 - - - 3 0 日本 リーグ 通算 25 5 1 0 3 1 - 29 6 7 2 1 2 1 0 - 9 4 3 0 1 1 2 0 - 6 1 16 2 - - - 16 2 - - 通算 コロンビア 113 7 5 1 - 8 2 126 10 イタリア 130 15 7 0 - 0 0 137 15 イングランド 4 0 0 0 0 0 - 4 0 ギリシャ 6 0 2 0 - 9 3 17 3 日本 51 9 3 3 6 1 - 60 13 総通算 304 31 18 3 6 1 17 5 344 41 タイトル [ ]• Jリーグ・優秀選手賞:1回(2017年) 脚注 [ ]• corriere. UEFA. com 2013年5月11日. 2013年6月12日閲覧。 Goal. com 2013年5月12日. 2013年6月12日閲覧。 サッカーキング. 2015年2月2日. 2017年3月15日閲覧。 2015年7月4日. 2017年3月5日閲覧。 サッカーキング. 2015年9月2日. 2017年3月15日閲覧。 the WORLD. 2016年1月20日. 2017年3月15日閲覧。 サッカーキング. 2017年3月15日. 2017年3月15日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2017年6月30日 , 2017年6月30日閲覧。 西日本スポーツ. 2017年6月30日. 2017年7月1日閲覧。 サガン鳥栖、2017年7月28日• プレスリリース , サガン鳥栖, 2018年7月23日 , 2018年7月23日閲覧。 プレスリリース , サガン鳥栖, 2018年7月23日 , 2018年7月23日閲覧。 2019年12月9日、への完全移籍が発表された。 V・ファーレン長崎 2019年7月16日• プレスリリース , V・ファーレン長崎, 2019年12月9日 , 2020年2月1日閲覧。 外部リンク [ ]• Colombia. com (スペイン語)• Colombia. com (スペイン語)• - Soccerwayによる個人成績• - による選手データ (日本語).

次の

ビクトル・イバルボ

ドメサカ

ドメサカ板というのは、国内(ドメスティック)サッカー板の略で、(いまは2. 5倍になってしまった)にある国内サッカーの専門板のことをさす言葉である。 気のいい(悪いやつもいたが)国内サッカーファンたちがたむろしていて、ひいきクラブの成績に一喜一憂したりたがいを煽りあったりしていた。 お行儀のいい場所ではなく、そんなに僕も長い期間見ていたわけではなかったのだけど、そこで流行っていたがけっこう面白くて好きで、いまだに思い出すとちょっと笑ってしまう。 今日はそんなしょうもないを思い出しては、すこし懐かしみながらくすっと笑おうと思うので、皆さんはそんな僕を遠くから見ていてください。 1:浦期僕馬 2010年、の降格がかかった最終節の相手は最下位の。 それに加え、裏の試合でがに勝てばたとえ京都に負けても残留が決まる、というシチュエーションだった。 しかし、長友をイタリアに失っていたは京都に敗北、頼みの綱の浦和も神戸に惨敗し、はJ2に降格することになってしまう。 そんな試合後に、の守護神、が「浦和に期待した僕が馬鹿でした…」と呟いたことから生まれたである。 うらきぼくば。 「浦」「僕」とふつうに読んでも意味が通りそうな字と「期」「馬」というちょっと通らない字が並んでいて、音声だとなかなか伝わらない感じのこてこての語呂が良い。 サッカー界屈指の声に出して読みたい日本語になっている。 2: だれも人がいないところにぽーんと飛んでいくような、どう考えてもゴールに結びつかない悪いクロスのことを揶揄して言う言葉。 もともとのの「」とサッカー用語の「クロス」が字面の上で結びついて、きれいなマリをなしている。 もうめっきり聞かなくなってしまった言葉だが、シンプルで使いどころも多いので復活してほしい。 とはいえ、サッカーがみんなひと昔前より上手になってしまっているので、もうこれぞというようなはJ1だとめっきり見なくなったのだけれど。 3:ここですCAR クラブがちょっと笑えるような負けかた(大量失点敗北、最下位のチームに負ける、で下のカテゴリのクラブに負けるなど)をしたときなどに、そのクラブの本スレに他クラブのサポーターがわざわざ乗り込んできて貼るのがこのAAだった。 貼られた負けクラブのサポーターは「ここですよ…」「笑ってくれ」などといった力ない返しをするのが様式美となっている。 まあ、あるときもあっただろうけど、基本的には主要選手がケガをしちゃったときとか、決で死力を尽くして負けたときとか、下のカテゴリに降格してしまったときとか、やや深刻で笑えない敗北のときには使われない傾向があって、その自重する感じもとても良かった。 いまみるとなんかかわいらしいキャターである。 kageboushi99m2.

次の

ビクトル・イバルボ

ドメサカ

国内リーグ戦に限る。 2019年12月16日現在。 2015年6月26日現在。 ・所属。 ポジションは。 経歴 [ ] キャリア初期 [ ] 2008年2月20日、17歳の時に戦でデビュー。 2009年1月に移籍金400万ドルでのへ6月から移籍することで契約をしたと報告された ものの、最終的に交渉は失敗したため、そのままに残留することになった。 カリアリ [ ] アトレティコ・ナシオナルで2011前期リーグを制覇後にイタリア1部のウディネーゼとが獲得競争を繰り広げ 、2011年7月4日に移籍金230万ドル でカリアリと契約 し、9月7日の戦で初出場を飾り、12月4日の戦でゴールライン際でボールを受け、ドリブルでとのディフェンダー2人を交わして中央部に侵入すると、さらにゴールキーパーのを交わして無人のゴールにボールを流し込み、移籍後初得点を記録した。 その後、戦 と再度カターニア戦 で得点を挙げ、移籍初年度のはリーグ戦全38試合3得点を記録した。 2年目は、2013年2月10日の戦 1-1 で前半終了間際にのを体をひねりながら頭でが守るゴールに突き刺し先制点を挙げた。 は初得点を挙げるまで時間がかかったものの、3月10日の戦ではキャリア初のを達成 (セリエAでハットトリックを達成した選手としては、1993年9月19日の対戦での以来で2人目だった )。 さらに、4月21日の戦でセリエA通算8得点目を挙げたことでコロンビア人選手通算得点数でアスプリージャ、、に次ぐ4番目となった。 5月11日の戦では、ペナルティエリアの角でボールを受けると、一気に加速してとの間をすり抜け、が守るゴールにボールを押し込み、9連勝中の王者からの勝ち点獲得に貢献した。 この単独突破からの得点は、ののようだと複数メディアに評された (1996年のミラン対戦の得点を参照された )。 ローマ [ ] 2015年2月1日、へレンタル移籍。 買い取りオプション付きだったが、ローマはシーズン終了後に買い取りオプションを行使せず再び買い取りオプション付きでレンタルした。 ワトフォード、アトレティコ・ナシオナル [ ] 夏の移籍期限満了ぎりぎりの2015年9月1日、ローマとのレンタル契約を解除し、・へレンタル移籍。 しかしわずか4試合の出場にとどまり、2016年6月末のレンタル満了を待たずに退団となった。 2016年01月18日、古巣でもあるアトレティコ・ナシオナルにレンタル移籍。 6月末まで在籍した。 パナシナイコス [ ] 2016年6月30日、・にレンタルで加入するが、2017年1月末でレンタル移籍を満了し退団。 一時的にカリアリに復帰した。 サガン鳥栖 [ ] 2017年3月15日、・へのレンタル移籍が発表された。 期間は同年12月31日までの約8ヶ月半。 リーグ戦10試合に出場したが得点を挙げることが出来ず(カップ戦で1得点)、同年6月30日付けで登録抹消となった。 鳥栖との契約解除等についてのリリースは出されず、契約についてはレンタル元のカリアリと交渉が行われていると報じられ 、7月28日に正式に鳥栖への完全移籍が発表された。 シーズン後半は15試合で5得点を挙げた。 翌2018年も鳥栖との契約を更新し、公式戦9試合で4得点をマークしていたが、6月29日のトレーニングで負傷。 全治7ヶ月の左膝前十字靭帯断裂と診断され 、7月23日に選手登録を抹消された。 翌2020年、長崎に完全移籍した。 代表歴 [ ] 2007年からU-20代表に選出され、に出場。 2010年5月20日に監督の下で、との親善試合に向けてに初招集され 、5月27日にのでの南アフリカ戦で初出場を飾った。 2013年11月15日のとの親善試合で代表初得点を挙げた。 人物・プレースタイル [ ] スプリント能力に定評がある。 フォワードが本職だが、瞬発力を活かすために攻撃的としてプレーすることも多く 、その場合は縦に抜けてのクロスかカットインしてのシュートが持ち味である。 また、体格、スピード、ボールコントロール能力、身体能力は同国の英雄であると比較される。 所属クラブ [ ]• 2008年 - 2011年• 2011年 - 2017年7月• 2015年• 2015年 - 2016年 期限付き移籍• 2016年 アトレティコ・ナシオナル 期限付き移籍• 2016年 - 2017年 期限付き移籍• 2017年 - 同年6月 期限付き移籍• 2017年7月 - 2019年 サガン鳥栖• 2019年7月 - 12月 期限付き移籍• 2020年 - V・ファーレン長崎 個人成績 [ ] クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算 シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 コロンビア リーグ カップ リーグ杯 通算 2008 16 0 0 0 - - 16 0 2009 30 1 0 0 - - 30 1 2010 40 3 0 0 - - 40 3 2011 16 2 5 1 - - 21 3 イタリア リーグ リーグ杯 通算 38 3 1 0 - - 39 3 34 6 3 0 - - 37 6 30 4 1 0 - - 31 4 13 2 1 0 - - 14 2 10 0 1 0 - 0 0 11 0 2 0 0 0 - 0 0 2 0 イングランド リーグ 通算 4 0 0 0 0 0 - 4 0 コロンビア リーグ カップ リーグ杯 通算 2016 A・ナシオナル プリメーラA 11 1 0 0 - 8 2 13 2 ギリシャ リーグ カップ リーグ杯 通算 2016-17 6 0 2 0 - 9 3 15 3 イタリア リーグ リーグ杯 通算 カリアリ セリエA 3 0 - - - 3 0 日本 リーグ 通算 25 5 1 0 3 1 - 29 6 7 2 1 2 1 0 - 9 4 3 0 1 1 2 0 - 6 1 16 2 - - - 16 2 - - 通算 コロンビア 113 7 5 1 - 8 2 126 10 イタリア 130 15 7 0 - 0 0 137 15 イングランド 4 0 0 0 0 0 - 4 0 ギリシャ 6 0 2 0 - 9 3 17 3 日本 51 9 3 3 6 1 - 60 13 総通算 304 31 18 3 6 1 17 5 344 41 タイトル [ ]• Jリーグ・優秀選手賞:1回(2017年) 脚注 [ ]• corriere. UEFA. com 2013年5月11日. 2013年6月12日閲覧。 Goal. com 2013年5月12日. 2013年6月12日閲覧。 サッカーキング. 2015年2月2日. 2017年3月15日閲覧。 2015年7月4日. 2017年3月5日閲覧。 サッカーキング. 2015年9月2日. 2017年3月15日閲覧。 the WORLD. 2016年1月20日. 2017年3月15日閲覧。 サッカーキング. 2017年3月15日. 2017年3月15日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2017年6月30日 , 2017年6月30日閲覧。 西日本スポーツ. 2017年6月30日. 2017年7月1日閲覧。 サガン鳥栖、2017年7月28日• プレスリリース , サガン鳥栖, 2018年7月23日 , 2018年7月23日閲覧。 プレスリリース , サガン鳥栖, 2018年7月23日 , 2018年7月23日閲覧。 2019年12月9日、への完全移籍が発表された。 V・ファーレン長崎 2019年7月16日• プレスリリース , V・ファーレン長崎, 2019年12月9日 , 2020年2月1日閲覧。 外部リンク [ ]• Colombia. com (スペイン語)• Colombia. com (スペイン語)• - Soccerwayによる個人成績• - による選手データ (日本語).

次の