インテリアコーディネーター 過去問題。 インテリアコーディネーター1次試験を独学で進めるための勉強方法とは?

試験の内容・傾向を知ろう

インテリアコーディネーター 過去問題

「お金をかけずにインテリアコーディネーターの資格を取りたい!」と思っていらっしゃる方は多いです。 スクールに通ったり、通信講座を利用したりせずに試験に合格できるといいですよね。 インテリアコーディネーター試験は1次と2次があり、• 1次試験:マークシート式• 2次試験:論文、製図 となっています。 建築やインテリアを学んだこともなく、インテリア業界で働いているわけでもない人にとっては、1次も2次もそれなりに難関です。 ですが、独学でもやってやれないことはありません。 そんな事態だけは絶対に避けましょう。 まずは必要な書籍をひと通り揃えてくださいね。 通信講座を受講した方が割安感もありますし効率的だと思います。 検討される方はこちらもどうぞ。 ステップ1 教科書を一通り読みインプットする• ステップ2~4 7年分の過去問を3回繰り返す• 専門用語や人の名前、サイズなど、覚えづらい個所もたくさんありますが、インプットとアウトプットを繰り返しながら、必要な項目を徹底的に記憶していきましょう。 ステップ1 教科書をひと通り読みインプットする まずはどんなことが出題されるのかを把握するために、教科書をひと通り読み終えます。 1次試験の出題範囲は9つの章で構成されています。 インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること 2. インテリアコーディネーターの仕事に関すること 3. インテリアの歴史に関すること 4. インテリアコーディネーションの計画に関すること 5. インテリアエレメント・関連エレメントに関すること 6. インテリアの構造・構法と仕上げに関すること 7. 環境と設備に関すること 8. インテリアコーディネーションの表現に関すること 9. インテリア関連の法規、規格、制度に関すること それぞれの項目について、教科書の 太字、 赤字部分を覚えるつもりで教科書を読んでくださいね。 ひとつの章を読み終えたら、テキストの各章の最後にミニテストがついていますので、それを解きましょう。 たぶん、100点はとれないはずです。 自分が間違えた問題は教科書の該当箇所に戻って、次は間違えないぞ!と思いながら用語などをしっかり覚えていきます。 2-1 過去問を解いてアウトプット 過去7年分の過去問を解きます。 なぜ過去7年分かというと、分量的にちょうどいいからです。 もちろん、8年以上前の過去問にトライしてもよいですが、古過ぎる問題は現在の出題傾向に沿っていない可能性がありますのでご注意くださいね。 解答は別の紙(ノート)に書きます。 問題集は繰り返し使いますので、解答を書き込まないようにしましょう。 解答は別の紙(ノート)に書きます。 1回目のトライで自分がどのような解答をしたのか残しておきます。 答え合わせをします。 答え合わせをすると、あまりにたくさん間違えているので落ち込みます。 初めはそれでOKです。 2-2 間違えた問題をインプット 間違えたところは教科書できちんと確認します。 マーカーを引くなりしてしっかり覚えましょう。 ワンポイントアドバイス 過去問集を効率よく使うために、わたしは解答を冊子から切り離してバインダーに綴じていました。 問題と解答がひとつの冊子に綴じてあると、前後にページをめくりながら答え合わせをしなくちゃいけないのでとっても手間なんですよね。 その手間を解消するために、バインダーを買い、冊子から切り離した解答に穴をあけて綴じます。 それだけですが、答え合わせがずいぶん楽になりました。 1回目と同様に、問題集には書き込まず別の紙やノートに自分の解答を書きます。 あとで見返すことができるよう捨てないでくださいね。 3-2 間違えた問題をインプット 覚えたはずなのに……、再び間違える問題があるんですよね。 残念ながら。 2回目もまた間違えたところを教科書で振り返りながら復習します。 ステップ4 間違えてしまった問題を解く(過去問トライ3回目) ここまで来ればあと一息です。 過去問を解くことに飽きてきますが、一発合格を目指して頑張りましょう。 4-1 間違えてしまった問題を解いてアウトプット 2回目で間違えてしまった問題を解きます。 4-2 間違えた問題をインプット 答え合わせをします。 ここでも間違ってしまった問題があれば、自分の弱点が分かるはずです。 弱点部分を教科書で振り返りしっかり記憶しましょう。 ステップ5 語呂合わせで用語を覚えながら最終チェック 「どうしても暗記できない!」という用語や数字が出てきます。 そんなときにおすすめなのが「インテリアコーディネーター受験スーパー記憶術(出版社:彰国社)」です。 インテリアコーディネーター試験に出てくる用語を語呂合わせで覚えることができます。 ちょっと古い本なのですが、現在でも十分に使えるので、暗記が苦手……という方は1冊持っていても損はないと思います。 わたしはこの本を試験直前に使いました。 電車の中や空いた時間に開いて、呪文を唱えるようにブツブツ言いながら語呂合わせで用語を覚えました。 個人的にはすごく役に立ったのでおすすめです。 学習を進める上での注意点 ・教科書の内容をまとめるためのノートを作る必要はありません。 脳みそをノートだと思ってインプットしましょう。 ・テキストに書かれていない内容については、テキストの余白に書き込んでください。 オリジナルのテキストになるくらいに徹底的に使い込みましょう。 ・過去問のうち、時事問題はその年にしか出ないので飛ばしてもOKです。 ・過去問を解く際、時間を測る必要はありません。 まずはじっくり取り組んでみましょう。

次の

試験の内容・傾向を知ろう

インテリアコーディネーター 過去問題

まず インテリアコーディネーターの難易度を確認しておきます。 合格率は 25%前後。 正確にいうと、• なので合格の鍵は、学科を攻略することなんです。 学科の難しい点は、 範囲が広すぎることです。 範囲が広い中で、厳選して問題がでるので、実際ここだけ覚えておけば解ける! というタイプの試験ではありません。 実務経験者であれば、すでに覚えている知識も多いので有利。 ですが、受験者の多くが未経験者です。 未経験者には、 覚える知識が多すぎるので途方にくれてしまいますよね。 問題範囲が 広くて浅い。 こういったタイプの試験は、勉強するのに コツがいります。 では、順番に見ていきましょう。 インテリアコーディネーター勉強のコツ 1次試験のポイント【教科書派?過去問派?】 一般的な資格試験では、過去問を中心に勉強することをお薦めしています。 というのも、試験の半分以上はほぼ過去問からでるからです。 インテリアコーディネーター試験も過去問を勉強するのは当然ですが、 販売と 技術では勉強の仕方を変えるほうが良いです。 販売は 単純記憶が多いので、過去問の類似問題は出題されにくい。 逆に、技術は過去問の類似問題が出題されやすい傾向です。 これは出題者の立場にたてば、理解できる話です。 販売科目の家具の名前などは、過去問と同じ問題を出しにくいですよね。 一見、技術の問題のほうが難しく感じますが、 過去問をしっかりと勉強しておけば、技術のほうが対策しやすいです。 単純記憶が多い販売は、より長期記憶で覚えるように勉強し、 教科書を何度も読み込むスタイルが良いですね。 ただし、教科書を何度読んでも、無意識に読み飛ばしやすいです。 (というか飽きます) 途中で 挫折するのが一番最悪なので、色んなインテリア関連の本を読むのがいいですね。 お金はかかりますが、 大事なポイントが重複するので、自然と記憶されていきます。 興味ある本や雑誌、少しでも関連するならマンガも良いです。 他にも、ホームセンターに材料を身に行く。 歴史ある観光名所に行く、とかですね。 範囲が幅広いので、記憶が定着しやすいよう色んなアンテナをはってください。 私の場合は、こんな感じですね。 【映画】• 【漫画】• 【ショップ】• 【資材店】 教科書とにらめっこするのに疲れたら、気晴らししならが勉強ですね。 あと、教科書は公式販売のをお薦めします。 2次試験のポイント【一発合格を目指すのが正解か?】 最初に言っておきたいのが、資格は一発合格が全てではありません。 一発であろうが、二発であろうが、合格すれば勝ちです。 最初に言ったように、インテリアコーディネーターは1次(学科)が鍵です。 経験者であっても、1次に受からない人は沢山います。 それぐらいハードルが高いんですよね。 なので、• 「二発合格を計画したけど、結果的に一発合格いけた!」 っていうぐらいがストレスなく勉強できます。 では、そろそろ本題にいきますね。 2次試験は、過去問を中心に勉強すべき内容です。 論文と図面作成ですが、基本的に 過去問の類似問題です。 過去問をベースに出題される場合、どんな問題がでるかは予想ができます。 過去問の出題傾向を分析して、問題を反復しましょう。 論文も図面作成も、経験者が有利ですが、 未経験者でもそれほど難易度は高くありません。 事前の対策がしっかりできていれば、充分合格できる内容です。 ですが、多くの受験者が勉強時間を1次試験に比重しがちです。 最初に言ったように、一発合格狙いなら、2次の勉強は同時並行してくださいね。 長期戦でコツコツ勉強しよう【短期戦は無謀】 インテリアコーディネーターは、試験の性質上、 短期決戦は難しいです。 というのも範囲が幅広いため、参考書を一巡するだけで時間がかかります。 暗記問題が多いですが、一回読めば記憶できるということもありません。 そのため、長期記憶を有効に使えるよう、準備期間は長くもつべきです。 ただし、1日の勉強時間はそれほど長くはいりません。 30分ぐらいの勉強をコツコツ積み重ねるほうが良いです。 インテリアコーディネーターの勉強は合計200時間ほど必要(人によっては300時間) ですが、2時間ずつ100日やるより、 1時間ずつ200日やるほうがお薦めです。 気長にのんびりと勉強していくスタイルにしましょう。 学校に通うべきか?【継続する仕組みがあれば必要なし】 試験勉強する場合、この議論はよくでてきます。 当然ながら、学校に行くのが一番のお薦めです。 というのも、強制的に勉強できる、というのが理由です。 通信講座、独学の場合は、基本的に 自制心が強い人しか向きません。 私を含めて多くの人が面倒くさがりなので、強制的に勉強できる仕組みは大事です。 ただし、インテリアコーディネーター試験は、 学校に行くだけでは合格は無理です。 基本的に自習でどれだけやるかが、合格のカギをにぎります。 ということは、結局自分で勉強する仕組みが必要なんです。 逆にその仕組みがあれば、学校は必要ありません。 試験に慣れてる人であれば、勉強するリズムを作るのは簡単だと思います。 慣れてない人は、自分なりに勉強するリズムを作ってください。 夜寝る前に勉強するタイプか、朝早くに勉強するタイプ。 もしくは、電車移動の時など、隙間時間を使うタイプか・・ ポイントは、無理して勉強している感覚をなくすことです。 最初にいったように、インテリアコーディネーターは 長期戦向きです。 いかに毎日コツコツ継続できるか、ゲーム感覚で楽しく勉強できるか、です。 通信講座であれば、完全独学より楽しんで進めやすいです。 ステップ・バイ・ステップで階段をのぼっていく感じ。 ユーキャンのは、製図の解説動画もあるので良いですね。 【通信講座】.

次の

インテリアコーディネーター|通信講座|産業能率大学 個人受講申し込み受付専用Webサイト

インテリアコーディネーター 過去問題

まず インテリアコーディネーターの難易度を確認しておきます。 合格率は 25%前後。 正確にいうと、• なので合格の鍵は、学科を攻略することなんです。 学科の難しい点は、 範囲が広すぎることです。 範囲が広い中で、厳選して問題がでるので、実際ここだけ覚えておけば解ける! というタイプの試験ではありません。 実務経験者であれば、すでに覚えている知識も多いので有利。 ですが、受験者の多くが未経験者です。 未経験者には、 覚える知識が多すぎるので途方にくれてしまいますよね。 問題範囲が 広くて浅い。 こういったタイプの試験は、勉強するのに コツがいります。 では、順番に見ていきましょう。 インテリアコーディネーター勉強のコツ 1次試験のポイント【教科書派?過去問派?】 一般的な資格試験では、過去問を中心に勉強することをお薦めしています。 というのも、試験の半分以上はほぼ過去問からでるからです。 インテリアコーディネーター試験も過去問を勉強するのは当然ですが、 販売と 技術では勉強の仕方を変えるほうが良いです。 販売は 単純記憶が多いので、過去問の類似問題は出題されにくい。 逆に、技術は過去問の類似問題が出題されやすい傾向です。 これは出題者の立場にたてば、理解できる話です。 販売科目の家具の名前などは、過去問と同じ問題を出しにくいですよね。 一見、技術の問題のほうが難しく感じますが、 過去問をしっかりと勉強しておけば、技術のほうが対策しやすいです。 単純記憶が多い販売は、より長期記憶で覚えるように勉強し、 教科書を何度も読み込むスタイルが良いですね。 ただし、教科書を何度読んでも、無意識に読み飛ばしやすいです。 (というか飽きます) 途中で 挫折するのが一番最悪なので、色んなインテリア関連の本を読むのがいいですね。 お金はかかりますが、 大事なポイントが重複するので、自然と記憶されていきます。 興味ある本や雑誌、少しでも関連するならマンガも良いです。 他にも、ホームセンターに材料を身に行く。 歴史ある観光名所に行く、とかですね。 範囲が幅広いので、記憶が定着しやすいよう色んなアンテナをはってください。 私の場合は、こんな感じですね。 【映画】• 【漫画】• 【ショップ】• 【資材店】 教科書とにらめっこするのに疲れたら、気晴らししならが勉強ですね。 あと、教科書は公式販売のをお薦めします。 2次試験のポイント【一発合格を目指すのが正解か?】 最初に言っておきたいのが、資格は一発合格が全てではありません。 一発であろうが、二発であろうが、合格すれば勝ちです。 最初に言ったように、インテリアコーディネーターは1次(学科)が鍵です。 経験者であっても、1次に受からない人は沢山います。 それぐらいハードルが高いんですよね。 なので、• 「二発合格を計画したけど、結果的に一発合格いけた!」 っていうぐらいがストレスなく勉強できます。 では、そろそろ本題にいきますね。 2次試験は、過去問を中心に勉強すべき内容です。 論文と図面作成ですが、基本的に 過去問の類似問題です。 過去問をベースに出題される場合、どんな問題がでるかは予想ができます。 過去問の出題傾向を分析して、問題を反復しましょう。 論文も図面作成も、経験者が有利ですが、 未経験者でもそれほど難易度は高くありません。 事前の対策がしっかりできていれば、充分合格できる内容です。 ですが、多くの受験者が勉強時間を1次試験に比重しがちです。 最初に言ったように、一発合格狙いなら、2次の勉強は同時並行してくださいね。 長期戦でコツコツ勉強しよう【短期戦は無謀】 インテリアコーディネーターは、試験の性質上、 短期決戦は難しいです。 というのも範囲が幅広いため、参考書を一巡するだけで時間がかかります。 暗記問題が多いですが、一回読めば記憶できるということもありません。 そのため、長期記憶を有効に使えるよう、準備期間は長くもつべきです。 ただし、1日の勉強時間はそれほど長くはいりません。 30分ぐらいの勉強をコツコツ積み重ねるほうが良いです。 インテリアコーディネーターの勉強は合計200時間ほど必要(人によっては300時間) ですが、2時間ずつ100日やるより、 1時間ずつ200日やるほうがお薦めです。 気長にのんびりと勉強していくスタイルにしましょう。 学校に通うべきか?【継続する仕組みがあれば必要なし】 試験勉強する場合、この議論はよくでてきます。 当然ながら、学校に行くのが一番のお薦めです。 というのも、強制的に勉強できる、というのが理由です。 通信講座、独学の場合は、基本的に 自制心が強い人しか向きません。 私を含めて多くの人が面倒くさがりなので、強制的に勉強できる仕組みは大事です。 ただし、インテリアコーディネーター試験は、 学校に行くだけでは合格は無理です。 基本的に自習でどれだけやるかが、合格のカギをにぎります。 ということは、結局自分で勉強する仕組みが必要なんです。 逆にその仕組みがあれば、学校は必要ありません。 試験に慣れてる人であれば、勉強するリズムを作るのは簡単だと思います。 慣れてない人は、自分なりに勉強するリズムを作ってください。 夜寝る前に勉強するタイプか、朝早くに勉強するタイプ。 もしくは、電車移動の時など、隙間時間を使うタイプか・・ ポイントは、無理して勉強している感覚をなくすことです。 最初にいったように、インテリアコーディネーターは 長期戦向きです。 いかに毎日コツコツ継続できるか、ゲーム感覚で楽しく勉強できるか、です。 通信講座であれば、完全独学より楽しんで進めやすいです。 ステップ・バイ・ステップで階段をのぼっていく感じ。 ユーキャンのは、製図の解説動画もあるので良いですね。 【通信講座】.

次の