検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます を 訴え た 反日 くん たち。 【朗報】小泉今日子さん 「私、更に勉強してみました。その上で今日も呟かずにはいられない #検察庁法改正に抗議します」

安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち…小泉今日子は「読んで、見て、考えた。その上で今日も呟く」(2020年5月14日)|BIGLOBEニュース

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます を 訴え た 反日 くん たち

」シアン)、 東地宏樹(ウィル・スミス吹替)、置鮎龍太郎(「地獄先生ぬ~べ~」鵺野鳴介)、 森田成一(「BLEACH」黒崎一護)、真田アサミ(「デ・ジ・キャラット」でじこ)、 犬山いぬこ(「ポケットモンスター」ニャース)、神田朱未(「魔法先生ネギま! ひばりくん! 』)、克亜樹(『ふたりエッチ』)、けらえいこ(『あたしンち』)、 末次由紀(『ちはやふる』)、大童澄瞳(『映像研には手を出すな! ひばりくん! 』)、克亜樹(『ふたりエッチ』)、 けらえいこ(『あたしンち』)、末次由紀(『ちはやふる』)、大童澄瞳(『映像研には手を出すな! 』)、所十三(『特攻の拓』)、 伊藤潤二(『富江』) 声優 緒方恵美(「エヴァ」碇シンジ)、稲川英里(「SHOW BY ROCK!! 」シアン)、 東地宏樹(ウィル・スミス吹替)、置鮎龍太郎(「地獄先生ぬ~べ~」鵺野鳴介)、 森田成一(「BLEACH」黒崎一護)、真田アサミ(「デ・ジ・キャラット」でじこ)、 犬山いぬこ(「ポケットモンスター」ニャース)、神田朱未(「魔法先生ネギま! だが、これに噛みついたのが、政治評論家の加藤清隆氏(67)だ。 過去に「安倍総理の手で憲法改正を」と訴えたことがあるなど、安倍政権に好意的なスタンスで知られている加藤氏は、きゃりーのツイートにこんなコメントをつけてリツイートした。 《歌手やってて、知らないかも知れないけど、検察庁法改正案は国家公務員の定年を65歳で揃えるため。 安倍政権の言いなりになるみたいな陰謀論が幅をきかせているけど、内閣が検察庁を直接指揮することなどできません。 デタラメな噂に騙されないようにね。 歌、頑張って下さい。 》 あたかも歌手という職業についている人間は無知であるかのような物言いにきゃりーは抗議。 《歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、、》とリプライで反論した。

次の

【女優】嘘だろ...!?裕木奈江、検察庁法改正の抗議著名人リストに「シンドラーのリスト?」「脅迫を受けている気持ち」「何のためにこれを」

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます を 訴え た 反日 くん たち

裕木奈江、抗議著名人リストに「何のためにこれを」 女優の裕木奈江(50)が、内閣が検察幹部の役職定年を延長できるようにする検察庁法改正案に抗議した著名人らの、名前が記載されたリストがネット上に出回っていることに 「言論の自由が保障されている国でこのようなリストが作られて配られていること自体が恐ろしいこと」と、懸念を示した。 ツイッター上では9日から、ハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」に賛同した一般の人々に加え、俳優、作家、映画監督、漫画家、ミュージシャンら各界著名人も、相次いで投稿した。 一方で、この行動を批判する声も出ている。 そうした中、抗議した著名人をまとめたリストがツイッター上で、出回り始めた。 裕木は同改正案に抗議をしていなかったが、話題となったハッシュタグについて質問していたツイートが勘違いされたらしく、自身の名前も記載されたとしている。 裕木は13日にツイッターを更新。 「なにこれ、シンドラーのリスト?脅迫を受けている気持ちになりますね。 何のためにこれを作っているのでしょう?」と嫌悪感をあらわにした。 拡散されているリストには「#検察庁法改正案に抗議しますを訴えた反日くんたち」などと記されており、「言論の自由が保障されている国でこのようなリストが作られて配られていること自体が恐ろしいことなんですよ、、」と指摘した。 ほぅ 【登場人物】 尹美香(ユン・ミヒャン)・・・慰安婦団体 正義記憶連帯 元代表。 先月の選挙戦で与党 共に民主党 の衛生党 共に市民党 から立候補して当選 李容洙 イ・ヨンス 婆さん92歳・・・自称慰安婦被害者。 慰安婦団体は寄付金を集めても何に使ってるのかよく分からない ・2015年の韓日慰安婦合意の10億円の話は尹美香氏だけが知っていた。 私たち慰安婦は何も聞かされぬまま彼女の判断で合意拒否が行なわれた ・水曜集会はもうやめたい。 慰安婦団体は若者の心に日本への憎悪しか育てていない ・ユン・ミヒャン氏は「わたし イ・ヨンス がユン・ミヒャン氏を支持してる」と話してるがそれはすべて作り話。 yahoo. yahoo. 「国際法という約束を守れ」。 私的な正義は国内で勝手にやればいい、国家間の約束を守れ、というのです。 すると、韓国はこう言います。 「条約や合意では解決できない」。 文在寅大統領は2020年1月14日の新年記者会見でも、 「被害者の同意なしに韓日政府がいくら合意しても、問題解決の役には立たないことを、慰安婦合意で、切実に経験した」 「日本政府が被害者たちが収容できる法案を用意すれば、両国間で解決策を用意することもさほど難しくない」と話しました。 合意をしても役に立たないというのです。 同じく、元朝鮮半島出身労働者(いわゆる元徴用工)問題においては、「請求権協定(基本条約)では解決されていない」と主張しています。 条約締結から五十年以上も経った時点で。 韓国の弁は、国家間の約束である国際法よりもっと重要な「正義」があるというのです。 日本と韓国は過去を克服して未来志向で共に発展しなければならない関係だから、日本が負けろ、日本が折れろ、そうしないと大事な両国関係が破壊されてしまう、というのです。 少し書き換えてみると、「韓国が国際法を守るのではなく、日本が韓国の正義を守れ」です。 どことなく、今の日韓関係は、「借りたお金を返さない」ことと非常に似ているようにも見えます。 いや、「今の」でもありません。 ずっと前からそうでした。 393 名無し募集中。。。 1960年代から1980年代の、韓国の経済成長を表わすフレーズですが、この時代を否定すれば、韓国の経済発展への歩みが理解できなくなりかねないのですが……」 こう危惧するのは、神戸大学の木村幹教授だ。 「漢江の奇跡」は長年、韓国人の誇りだった。 朴正煕政権で成立した「日韓請求権協定」によって日本から得た5億ドルの経済支援で、韓国経済は奇跡的な高度成長を成し遂げ、今日の繁栄の礎になった。 だが、文在寅大統領(66)や周囲の人間は、この時代を評価したくない。 日本の支援もあって経済成長した朴正煕政権を、最新の歴史教科書では「維新独裁」と否定的に決めつけ、 日本統治時代をモデルにしたともいわれる農村振興運動「セマウル運動」も、記述が削除された。 また、文政権の教科書改訂は、初代大統領の李承晩にも及ぶ。 1948年8月15日の「大韓民国樹立」を「大韓民国政府樹立」に変更したのは、この日に政府ができただけ、と初代大統領・李承晩の業績を矮小化するためだという。 さらに、「朝鮮半島における唯一の合法政府」という記述も削除。 これは文大統領が、1919年に上海に設立された「大韓民国臨時政府」を評価するからだ。 その反面、北朝鮮には融和的だ。 朝鮮戦争は、「北朝鮮の南侵から始まった」とする記述は、2018年から削除された。 極めつきは、2019年6月、「顕忠日(戦没者追悼のための国家記念日)」での文大統領の演説だ。 1919年に設立された、臨時政府の「光復軍」で副司令官を務めた金元鳳を「韓国軍のルーツ」と称えたのである。 彼が韓国軍のルーツという発言は、中国の国家主席が、『人民解放軍を作ったのは蒋介石』と発言するのと同じぐらいあり得ないことです」(前出・木村氏) これも朴正煕ら、旧日本軍や旧満州国軍出身者が多かった韓国軍の本来の創設者たちを、「親日残滓」として否定したいからだ。 「国内の保守派こそ、文政権がもっとも意識する敵。 彼らの否定こそ、文政権が重視する歴史観です。 韓国を発展させた保守派を無理に否定し、文政権の歴史観を上書きしようとするので、どこまでいってもフィクションめいてしまうのです」(同前) 以下では、文政権誕生以来の、韓国の教科書記述の変化をまとめた。 日韓の溝はさらに深まるばかりである。

次の

【朗報】小泉今日子さん 「私、更に勉強してみました。その上で今日も呟かずにはいられない #検察庁法改正に抗議します」

検察庁 法 改正 案 に 抗議 し ます を 訴え た 反日 くん たち

net 検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案について、ツイッター上では、9日夜から10日にかけて、俳優や演出家などの著名人による抗議の投稿が相次ぎ、同じハッシュタグをつけた投稿が10日午後の時点で380万件を超えるなど、広がりを見せています。 検察官の定年を段階的に65歳に引き上げ、内閣が認めれば定年延長を最長で3年まで可能にする、検察庁法の改正案は、今月8日から衆議院内閣委員会で審議されています。 これについて、ツイッター上では、9日夜から10日にかけて、俳優や演出家、漫画家などの著名人による抗議の投稿が相次ぎ、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけた投稿は10日午後3時半の時点で380万件を超えるなど、広がりを見せています。 このうち演出家の宮本亞門さんは「このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。 どうみても民主主義とはかけ離れた法案を強引に決めることは、日本にとって悲劇です」と投稿しているほか、俳優の井浦新さんは「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい」と訴えています。 検察官の定年延長をめぐっては、政府がことし1月、これまでの法解釈を変更して東京高等検察庁の黒川検事長の定年を延長し、野党側や日弁連=日本弁護士連合会などから批判が相次いでいて、今後の法案の審議の行方が注目されています。 ひばりくん! 』)、克亜樹(『ふたりエッチ』)、けらえいこ(『あたしンち』)、 末次由紀(『ちはやふる』)、大童澄瞳(『映像研には手を出すな! 』)、所十三(『特攻の拓』)、伊藤潤二(『富江』)、田辺イエロウ(『結界師』) さそうあきら(『神童』)、ますむらひろし(『アタゴオル』)、しりあがり寿(『ヒゲのOL薮内笹子』)、 いしいひさいち(『となりの山田くん』)、喜国雅彦(『傷だらけの天使たち』)、相原コージ(『サルまん』)、竹熊健太郎(『サルまん』)鈴木みそ(『あんたっちゃぶる』)、 星里もちる(『りびんぐゲーム』)、新井英樹(『宮本から君へ』)、小栗左多里(『ダーリンは外国人』)、松田奈緒子(『重版出来! 』)、ヤマザキマリ(『テルマエ・ロマエ』)、広江礼威 (『BLACK LAGOON』)、 瀧波ユカリ(『江古田ちゃん』)、山下和美(『天才柳沢教授の生活』)、吉田戦車(『伝染るんです。 』)、小玉ユキ(『坂道のアポロン』)、島崎譲(『THE STAR』)、 松田洋子(『赤い文化住宅の初子』)、ヤマシタトモコ(『さんかく窓の外側は夜』)、篠原千絵(『海の闇、月の影』) 続く.

次の