荒野 行動 斜め 打ち 設定。 【荒野行動】偏差撃ちとは?コツを掴めば狙撃のプロになれる?

【荒野行動】リーン撃ち(斜め撃ち)のやり方・設定方法・コツを徹底解説!

荒野 行動 斜め 打ち 設定

アサルトライフル最強ランキング 順位 理由 威力が高く、連射スピードも速く、反動も小さいという3拍子揃った最強のアサルトライフル。 62mm弾特有の画面の揺れが唯一の欠点だが、水平反動はほとんどないので揺れに惑わされず、垂直反動の制御に専念したい。 目だった欠点がなく、連射もリロードも速いので、初心者から上級者まで苦なく使いこなすことができる。 通常ドロップ最強の武器と断言できる。 水平反動もアタッチメントで改善可能で、フルカスタム時はGrozaと同レベルの安定感となる。 AUGはすでに初期状態でフルカスタム状態のM416と同レベルと言っていいほど反動が小さい。 キルスピードもM416とまったく同じ。 ただAUGはリロードが遅いので、フルカスタム状態になるとM416に負けてしまう。 サノック限定の武器。 反動がM416よりもはるかに小さく扱いやすい。 連射がSCAR-Lよりは速いが、M416には負ける。 リロードが遅いのも欠点。 M416の下位互換という位置付けのアサルトライフル。 M416よりも連射が遅く、フルカスタム状態でも反動がそこそこ大きい。 ただ5. 56m弾は画面の揺れが小さいので、安定感のあるフルオートができるので扱いやすい。 M416とAKMを足して2で割ったようなアサルトライフル。 威力が大きいがキルスピードはM416と同レベル。 水平反動が少なく、垂直反動が大きいという特徴がある(他のARと真逆)。 62mm弾なので画面の揺れも大きい。 バースト撃ちは非常に強力で、弾速も速いのでキルスピードはアサルトライフルNo. フルオートと違い、手動での連射なので、慣れるまでは練習が必須ですが、使いこなせれば最強。 威力は大きいが、連射が遅いのでキルスピードがアサルトライフルで一番遅い。 そのため、近距離の撃ち合いではサブマシンガンにも負けるほど弱い。 反動も画面の揺れも大きいので、フルオートも当てづらい。 ただ敵の体力を削るのは得意なので、有利なポジションを確保してから戦おう。 その他、反動の検証やアサルトライフル同士の比較など、以下の記事でまとめています。 ショットガン最強ランキング 順位 理由 ショットガンで一番有効射程距離が長い。 60mまでなら一撃で倒せる。 ただ1度に2発しか撃てないので、外した時のリスクは大きい。 リロードを短縮する弾薬バックを装着してカバーしたい。 チョークを装着すると殺傷力がアップする。 S686と威力はまったく同じだが、射程距離がやや短い。 45mまでなら一撃で倒せる。 それより距離が遠くなると威力が減少するので、なるべくチョークをつけたいところ。 最悪ダックビルでもよい。 リロードは遅いが、実はリロードの最中にも発射ができる(裏技)。 S1897よりも威力が弱く、射程距離も短い。 35mまでなら一撃で倒せる。 その分、スコープの装着や拡張マガジンを装着できる。 コンペンセイターよりもダックビルを装着した方がはるかに強くなる。 ハンドガンに分類されるが、実際はショットガン。 ただし、威力はS12Kよりもさらに劣る。 一撃で倒せることは稀なので、2発当てないといけないが、弾倉は2発しかなく、リロードも遅い。 結果、他の武器で体力を削ったあと、最後のトドメに使うのがベスト。 その他、弾の拡散範囲の比較やショットガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 スナイパーライフル最強ランキング 順位 理由 レベル3ヘルメットを一撃で倒せる最強のスナイパーライフル。 胴体でも2発で倒せる。 弾速も速く、長距離でも弾道が落下しないので、非常に扱いやすい。 偏差撃ちができなくても動いている敵に当てやすいはず。 レベル2ヘルメットを一撃で倒せるスナイパーライフル。 胴体も2〜3発で倒せる。 ただ長距離では弾道が落下するため、動いてるの敵に当てるのはかなり難しい。 レベル2ヘルメットを一撃で倒せるスナイパーライフル。 胴体も2〜3発で倒せる。 M24との差はそれほどない。 Kar98Kも弾道が落下するため、動いてるの敵に当てるのは難しい。 レベル1ヘルメットを一撃で倒せるスナイパーライフル。 胴体は3発で倒せる。 Kar98Kよりもずっと威力が小さい。 弾速や射程距離はAWMに匹敵するのだが、スコープが装着できないので、宝の持ち腐れ感がある。 ただ連射は速いので、何発も撃って仕留めるのがベスト。 スナイパーライフルはリロードが遅いので、リロード時間を短縮する方法などを、以下の記事で丁寧にまとめています。 マークスマンライフル最強ランキング 順位 理由 胴体に当てれば3発で倒せるマークスマンライフル。 フルオートモード搭載だが、反動が大きいので近距離でしか使えない。 弾速はMini14に劣るので、弾道はそこそこ落下する。 胴体に当てれば3発で倒せるマークスマンライフル。 弾速はMini14に劣るので、弾道はそこそこ落下する。 威力はMk14にやや劣る。 リロードが遅いのが欠点。 胴体に当てれば3〜4発で倒せるマークスマンライフル。 弾速はMini14に劣るので、弾道はそこそこ落下する。 威力はSLRにやや劣る。 胴体に当てれば4発で倒せるマークスマンライフル。 Mini14と比べて弾速はやや劣るが、威力が少し高い。 弾道もあまり落下しないので扱いやすい。 胴体に当てれば4発で倒せるマークスマンライフル。 弾道がほとんど落下しないので、DMRの中で最も扱いやすく初心者向け。 威力は弱いが、射程距離が長いので、遠距離ではARに勝る。 弾数が多いが、リロードは遅い。 サプレッサーと4倍スコープを標準装備しているので、序盤で拾えばかなり強い。 ただ、射程距離が短いので、弾道の落下が激しく、遠くまで弾が届かない。 結果、中距離専用武器として使う以外の道は残されていない。 その他、マークスマンライフル同士の比較など、以下の記事でまとめています。 サブマシンガン最強ランキング 順位 理由 全武器No. 1のキルスピードを誇る最強サブマシンガン。 反動もARに比べて小さく、非常に扱いやすい。 ただ欠点は弾数が13発しかないことと、射程距離が短いこと。 近距離・中距離では最強レベルの武器。 威力はARに劣り、射程距離も短めだが、フルオートは安定感があり非常に扱いやすい。 Vectorよりもスポーン率が高いので、ARが見つからないときの代用武器にしやすい。 全武器No. 1の連射速度を誇るが、威力が小さいので、キルスピードは並以下。 スコープが装着できない上に、長距離では弾がばらけるので、近距離戦以外で使うことはできない。 垂直反動が小さいので、リコイルコントロールはしやすい。 Micro UZIの連射速度を下げ、威力を上げたような性能のサブマシンガン。 キルスピードはUZIとほぼ同レベル。 水平反動が小さいのでフルオートは扱いやすいが、スコープが装着できないので、近距離以外では使いづらい。 その他、反動の検証やサブマシンガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 ライトマシンガン最強ランキング 順位 理由 弾倉の100発を一気に連射できるライトマシンガン。 ただリロードに8. 1秒も必要なので、いつも弾切れ状態になってしまう。 射程距離は長いが、反動が激しいため、近距離以外ではほとんど使えない。 単発モードがなくフルオートしかできない。 弾倉の47発を一気に連射できるライトマシンガン。 ただリロードに5. 4秒も必要なので、弾切れ状態には注意したい。 射程距離が短いが、水平反動がかなり小さいので、近距離・中距離なら当てやすい。 ただし、連射が遅いのでキルスピードは遅め。 単発モードがなくフルオートしかできない。 その他、反動の検証やライトマシンガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 ハンドガン最強ランキング 順位 理由 連射が簡単で、威力も大きめなので最もキルスピードが速いハンドガン。 ピストル同士の撃ち合いでは負けない。 弾数は7発しかないので、拡張マガジンが欲しいところ。 レッドドットサイト、サプレッサーも装着可能。 フルオートモードを備えたハンドガン。 キルスピードはP1911に次ぐNo. ただ水平反動が大きいので、中距離では当てづらい。 フルオートで17発の弾数は頼りないので、拡張マガジンは必須。 レッドドットサイト、サプレッサーも装着可能。 連射は遅めだが、威力が強いのでキルスピードは真ん中レベル。 レッドドットサイトのみ装着できる。 弾数が6発しかないのがやや不安。 連射が簡単だが、威力が小さいのでキルスピードは下から数えた方が早い。 同じ9mm弾のP1911には撃ち負けやすいので注意。 リロードはやや遅い。 レッドドットサイト、サプレッサー、マガジンが装着できる。 威力が大きいが、連射がかなり遅いのでキルスピードはピストルで最低。 レッドドットサイトが装着できないので非常に当てづらい。 弾数は7発のみで、リロードが5. 4秒とこれもピストルで最も遅い。 サプレッサーのみ装着できる。 その他、P18Cの反動検証やハンドガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 強い武器の組み合わせは? さらに、武器は2本まで持つことができるので、重要なのは武器同士の組み合わせです。 強い武器をより強くする、あるいは弱い武器をできるだけ強くするような組み合わせが理想ですね。 以下の記事で解説しています。 強い 弱い 武器だけを知りたいなら? 強い武器だけをまとめた記事、弱い武器だけをまとめた記事も書いてみました。 最後に ここまでPUBGモバイルの全武器をランキングで見てきました。 実際にプレイして得た知識を詰め込んだ記事にできたかと思います。 武器選びはすごく重要ですので、参考になれば幸いです。 他のPUBGモバイルの記事は以下のページにまとめています。 コンプリについて コンプリは「制覇したい」「マスターしたい」と思うような知識を分かりやすく解説するWebマガジンです。 本気の記事、有益な情報を更新していきますので、ぜひシェアやブックマークをお願いいたします。

次の

【荒野行動】リーン撃ちでドン勝を量産していく方法! 【KNIVES OUT】

荒野 行動 斜め 打ち 設定

アサルトライフル最強ランキング 順位 理由 威力が高く、連射スピードも速く、反動も小さいという3拍子揃った最強のアサルトライフル。 62mm弾特有の画面の揺れが唯一の欠点だが、水平反動はほとんどないので揺れに惑わされず、垂直反動の制御に専念したい。 目だった欠点がなく、連射もリロードも速いので、初心者から上級者まで苦なく使いこなすことができる。 通常ドロップ最強の武器と断言できる。 水平反動もアタッチメントで改善可能で、フルカスタム時はGrozaと同レベルの安定感となる。 AUGはすでに初期状態でフルカスタム状態のM416と同レベルと言っていいほど反動が小さい。 キルスピードもM416とまったく同じ。 ただAUGはリロードが遅いので、フルカスタム状態になるとM416に負けてしまう。 サノック限定の武器。 反動がM416よりもはるかに小さく扱いやすい。 連射がSCAR-Lよりは速いが、M416には負ける。 リロードが遅いのも欠点。 M416の下位互換という位置付けのアサルトライフル。 M416よりも連射が遅く、フルカスタム状態でも反動がそこそこ大きい。 ただ5. 56m弾は画面の揺れが小さいので、安定感のあるフルオートができるので扱いやすい。 M416とAKMを足して2で割ったようなアサルトライフル。 威力が大きいがキルスピードはM416と同レベル。 水平反動が少なく、垂直反動が大きいという特徴がある(他のARと真逆)。 62mm弾なので画面の揺れも大きい。 バースト撃ちは非常に強力で、弾速も速いのでキルスピードはアサルトライフルNo. フルオートと違い、手動での連射なので、慣れるまでは練習が必須ですが、使いこなせれば最強。 威力は大きいが、連射が遅いのでキルスピードがアサルトライフルで一番遅い。 そのため、近距離の撃ち合いではサブマシンガンにも負けるほど弱い。 反動も画面の揺れも大きいので、フルオートも当てづらい。 ただ敵の体力を削るのは得意なので、有利なポジションを確保してから戦おう。 その他、反動の検証やアサルトライフル同士の比較など、以下の記事でまとめています。 ショットガン最強ランキング 順位 理由 ショットガンで一番有効射程距離が長い。 60mまでなら一撃で倒せる。 ただ1度に2発しか撃てないので、外した時のリスクは大きい。 リロードを短縮する弾薬バックを装着してカバーしたい。 チョークを装着すると殺傷力がアップする。 S686と威力はまったく同じだが、射程距離がやや短い。 45mまでなら一撃で倒せる。 それより距離が遠くなると威力が減少するので、なるべくチョークをつけたいところ。 最悪ダックビルでもよい。 リロードは遅いが、実はリロードの最中にも発射ができる(裏技)。 S1897よりも威力が弱く、射程距離も短い。 35mまでなら一撃で倒せる。 その分、スコープの装着や拡張マガジンを装着できる。 コンペンセイターよりもダックビルを装着した方がはるかに強くなる。 ハンドガンに分類されるが、実際はショットガン。 ただし、威力はS12Kよりもさらに劣る。 一撃で倒せることは稀なので、2発当てないといけないが、弾倉は2発しかなく、リロードも遅い。 結果、他の武器で体力を削ったあと、最後のトドメに使うのがベスト。 その他、弾の拡散範囲の比較やショットガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 スナイパーライフル最強ランキング 順位 理由 レベル3ヘルメットを一撃で倒せる最強のスナイパーライフル。 胴体でも2発で倒せる。 弾速も速く、長距離でも弾道が落下しないので、非常に扱いやすい。 偏差撃ちができなくても動いている敵に当てやすいはず。 レベル2ヘルメットを一撃で倒せるスナイパーライフル。 胴体も2〜3発で倒せる。 ただ長距離では弾道が落下するため、動いてるの敵に当てるのはかなり難しい。 レベル2ヘルメットを一撃で倒せるスナイパーライフル。 胴体も2〜3発で倒せる。 M24との差はそれほどない。 Kar98Kも弾道が落下するため、動いてるの敵に当てるのは難しい。 レベル1ヘルメットを一撃で倒せるスナイパーライフル。 胴体は3発で倒せる。 Kar98Kよりもずっと威力が小さい。 弾速や射程距離はAWMに匹敵するのだが、スコープが装着できないので、宝の持ち腐れ感がある。 ただ連射は速いので、何発も撃って仕留めるのがベスト。 スナイパーライフルはリロードが遅いので、リロード時間を短縮する方法などを、以下の記事で丁寧にまとめています。 マークスマンライフル最強ランキング 順位 理由 胴体に当てれば3発で倒せるマークスマンライフル。 フルオートモード搭載だが、反動が大きいので近距離でしか使えない。 弾速はMini14に劣るので、弾道はそこそこ落下する。 胴体に当てれば3発で倒せるマークスマンライフル。 弾速はMini14に劣るので、弾道はそこそこ落下する。 威力はMk14にやや劣る。 リロードが遅いのが欠点。 胴体に当てれば3〜4発で倒せるマークスマンライフル。 弾速はMini14に劣るので、弾道はそこそこ落下する。 威力はSLRにやや劣る。 胴体に当てれば4発で倒せるマークスマンライフル。 Mini14と比べて弾速はやや劣るが、威力が少し高い。 弾道もあまり落下しないので扱いやすい。 胴体に当てれば4発で倒せるマークスマンライフル。 弾道がほとんど落下しないので、DMRの中で最も扱いやすく初心者向け。 威力は弱いが、射程距離が長いので、遠距離ではARに勝る。 弾数が多いが、リロードは遅い。 サプレッサーと4倍スコープを標準装備しているので、序盤で拾えばかなり強い。 ただ、射程距離が短いので、弾道の落下が激しく、遠くまで弾が届かない。 結果、中距離専用武器として使う以外の道は残されていない。 その他、マークスマンライフル同士の比較など、以下の記事でまとめています。 サブマシンガン最強ランキング 順位 理由 全武器No. 1のキルスピードを誇る最強サブマシンガン。 反動もARに比べて小さく、非常に扱いやすい。 ただ欠点は弾数が13発しかないことと、射程距離が短いこと。 近距離・中距離では最強レベルの武器。 威力はARに劣り、射程距離も短めだが、フルオートは安定感があり非常に扱いやすい。 Vectorよりもスポーン率が高いので、ARが見つからないときの代用武器にしやすい。 全武器No. 1の連射速度を誇るが、威力が小さいので、キルスピードは並以下。 スコープが装着できない上に、長距離では弾がばらけるので、近距離戦以外で使うことはできない。 垂直反動が小さいので、リコイルコントロールはしやすい。 Micro UZIの連射速度を下げ、威力を上げたような性能のサブマシンガン。 キルスピードはUZIとほぼ同レベル。 水平反動が小さいのでフルオートは扱いやすいが、スコープが装着できないので、近距離以外では使いづらい。 その他、反動の検証やサブマシンガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 ライトマシンガン最強ランキング 順位 理由 弾倉の100発を一気に連射できるライトマシンガン。 ただリロードに8. 1秒も必要なので、いつも弾切れ状態になってしまう。 射程距離は長いが、反動が激しいため、近距離以外ではほとんど使えない。 単発モードがなくフルオートしかできない。 弾倉の47発を一気に連射できるライトマシンガン。 ただリロードに5. 4秒も必要なので、弾切れ状態には注意したい。 射程距離が短いが、水平反動がかなり小さいので、近距離・中距離なら当てやすい。 ただし、連射が遅いのでキルスピードは遅め。 単発モードがなくフルオートしかできない。 その他、反動の検証やライトマシンガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 ハンドガン最強ランキング 順位 理由 連射が簡単で、威力も大きめなので最もキルスピードが速いハンドガン。 ピストル同士の撃ち合いでは負けない。 弾数は7発しかないので、拡張マガジンが欲しいところ。 レッドドットサイト、サプレッサーも装着可能。 フルオートモードを備えたハンドガン。 キルスピードはP1911に次ぐNo. ただ水平反動が大きいので、中距離では当てづらい。 フルオートで17発の弾数は頼りないので、拡張マガジンは必須。 レッドドットサイト、サプレッサーも装着可能。 連射は遅めだが、威力が強いのでキルスピードは真ん中レベル。 レッドドットサイトのみ装着できる。 弾数が6発しかないのがやや不安。 連射が簡単だが、威力が小さいのでキルスピードは下から数えた方が早い。 同じ9mm弾のP1911には撃ち負けやすいので注意。 リロードはやや遅い。 レッドドットサイト、サプレッサー、マガジンが装着できる。 威力が大きいが、連射がかなり遅いのでキルスピードはピストルで最低。 レッドドットサイトが装着できないので非常に当てづらい。 弾数は7発のみで、リロードが5. 4秒とこれもピストルで最も遅い。 サプレッサーのみ装着できる。 その他、P18Cの反動検証やハンドガン同士の比較など、以下の記事でまとめています。 強い武器の組み合わせは? さらに、武器は2本まで持つことができるので、重要なのは武器同士の組み合わせです。 強い武器をより強くする、あるいは弱い武器をできるだけ強くするような組み合わせが理想ですね。 以下の記事で解説しています。 強い 弱い 武器だけを知りたいなら? 強い武器だけをまとめた記事、弱い武器だけをまとめた記事も書いてみました。 最後に ここまでPUBGモバイルの全武器をランキングで見てきました。 実際にプレイして得た知識を詰め込んだ記事にできたかと思います。 武器選びはすごく重要ですので、参考になれば幸いです。 他のPUBGモバイルの記事は以下のページにまとめています。 コンプリについて コンプリは「制覇したい」「マスターしたい」と思うような知識を分かりやすく解説するWebマガジンです。 本気の記事、有益な情報を更新していきますので、ぜひシェアやブックマークをお願いいたします。

次の

【荒野行動】『リーン撃ち』を解説!撃ち合いに強くなるテクニック!

荒野 行動 斜め 打ち 設定

グラフィックが大幅リニューアルされたことで、スマホへの負担が増えたという声が多い。 ただ設定画面では、より詳細に画質設定できるようになったので、設定を落とせば動作を軽くできるぞ! プレイ困難な人向けの設定方法 動作が重すぎてプレイが困難なプレイヤーは、まず画質に関する設定を全て「低」「OFF」にしよう。 そこから徐々に設定を上げていって、自身の端末に合った最高パフォーマンスを見つけよう。 サクサク動かせる動作設定 設定名 設定 画像レンダリングレベル バランス 画質カスタマイズ 全てチェックを外す フレームレート 最大限 60フレーム ドローディスタンス 最高 録画設定 全てOFF 優先したい設定項目 【最優先】フレームレート 優先したい設定項目としては「フレーム数設定」で、これはできるだけ高い設定 最高 にしておきたい。 フレーム数とは1秒間のコマ数のことで、上げると映像がより滑らかになる。 【優先】ドローディスタンス 描画距離 描画距離を低く設定すると遠くの敵を確認しづらくなり、索敵に影響が出る。 理想は「最高」設定で、重い場合でも、できるだけこの設定は高めに設定しておきたい。 Androidは省エネ設定をONに 画面タイプはお好みで設定すればOK。 画質カスタマイズ 基本的にはチェックを入れることで、高画質になったり細かい描写まで表現できるようになる。 こちらもチェックを外すことで、発熱や電池の消耗を抑えることが可能。 スマホスペックと要相談。 フレーム数設定 フレーム数は多いほうがヌルヌル高画質にゲームを楽しむことができる。 その分スマホへの負担は大きくなるので、スペックと相談して自身にあった数値を探そう。 フレーム数が高いほど、 エイムが合わやすくなる。 ドローディスタンス 描画距離 ドローディスタンスが高いほど、 遠くの敵を視認することができる。 ただスペックが足りないと動作が重くなる原因にもなるので、端末によって調整が必要。 オフにした場合、全て自分の手でアイテムを拾う必要がある。 勝手に収納しないようしたい場合はオン。 チェック推奨だが、武器変更時に不要な弾薬が残る場合があるので注意。 メリットしかないので、チェック推奨。 自動にしておき、後で個数の調整をしよう。 容量が気になる人は切っておこう。 多すぎて容量オーバーになった時に個数調整をしよう。 多すぎて容量オーバーになった時に個数調整をしよう。 多すぎて容量オーバーになった時に個数調整をしよう。 アタッチメントの収納設定 自身が所持している武器に、装備できるアタッチメントを自動で拾うかどうか。 基本的にアタッチメントにはデメリットが存在しないので、全てチェックしておくことをおすすめする。 おすすめ感度設定.

次の