あつ 森 メトロポリタン 美術館。 【あつ森】メトロポリタン美術館のやり方!アート画像をダウンロードする方法について!【あつまれどうぶつの森】

NYメトロポリタン美術館「あつまれ どうぶつの森」で使える美術品のQRコードを公開!

あつ 森 メトロポリタン 美術館

はじめに テレワーク中、仕事の合間に「あつ森」で遊んでました。 前回、3DSやDSでも「どうぶつ森」で遊んでたんですが、とうとうスイッチを買って、 「あつ森」にハマってしまいました。 皆さん、いろいろ表裏ワザの投稿がありますが、絵画好きな私は「メトロポリタン美術館」の絵画を 「あつ森」の部屋に飾ってみました。 一応、マスクしてますよ。 まず、任天堂スイッチオンラインのアプリをダウンロードする データダウンロード保存、オンラインゲームプレイをするには、 会員登録しないとダメみたいです。 無料では出来ません。 とりあえず7日間は無料ですから、その間にやってしまいましょう。 登録したら、スマホアプリをダウンロードして、ログインして下さい。 パソコンで、メトロポリタン美術館公式サイトに入り、検索する メトロポリタン美術館 公式サイト 最初の画面 下にスクロールすると、「あつ森」の記事があり、Decorate your virtual home をクリック、 やり方の説明が書いてますので、コレクションの検索画面に飛ぶので、下線Browse our collection onlineを クリックして下さい。 ダウンロード出来るコレクションの検索画面になります。 たくさんあるので、絞り込みたいですので、Department をクリックするとたくさんの項目が出ます。 その中の「Eurropean Paintings」のボックスにチェック入れて下さい。 そして、Searchをクリックして 検索。 絵画の一覧が出てきます。 ダウンロードしたい絵を選び、クリックします。 スーラの絵画を選びました。 右下にアイコンが出てますので、それを左クリック。 そうすると、たくさんのシェアアイコンが出てきます。 その中の「あつ森」用の葉っぱのアイコンを クリックして下さい。 葉っぱのアイコンが無い絵画もあるので、無い絵画はダウンロード出来ません。 QRコードが出てきますので、次はスマホのスイッチのアプリを開いて、「あつ森」のタヌポータル画面の マイデザイン をクリックして下さい。 スマホアプリを使って、読み取る 「QRコードを読み取る」をタップします。 QRコードを読むカメラが動作しますので、先ほどのパソコンのQRコードに向けて読み取って下さい。 読み取れたら、自動で画面が切り替わって、確認画面になります。 「保存する」をタップします。 読み取った絵画は保存されました。 最終、任天堂スイッチ本体のマイデザイン に書き込み 最後に、「あつ森」のゲーム内のスマホのマイデザイン を開いて下さい。 空欄のかたがみの所にダウンロードして保存します。 +ボタンを押してダウンロード します。 右、ダウンロード をタップ。 「オッケー」をタップ。 「上書きする」をタップします。 空欄に絵画の縮小版が書き込まれます。 ダウンロードした絵画を部屋(屋外でもオッケー)に飾る 同じ画面で、先ほど書き込んだ縮小版を選んでAボタン押すと、選択画面が出ます。 「この辺に飾る」を選んでAボタン押す。 そうすると、どのような形で置くのか?と選択画面が出ますので、壁に掛けたいのであれば「キャンバス」 床に置きたいのであれば「イーゼル」、立体でボディのように飾りたいなら「トルソー」 床のマットにしたいのであれば「タイルマット」壁にハンガー(洋服みたいな形)に掛けたいなら 「ハンガー」を選んで、Aボタンを押したら、飾れます。 「イーゼル」か「キャンバス」のどっちかで良いと思います。 まとめ 絵画好き、メトロポリタン美術館好き、の方はいかがでしょうか? マニアックですが、家に名画を飾って楽しめます。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。 出典 メトロポリタン美術館 あつ森ページより.

次の

【MET】メトロポリタン美術館の有名作品や見どころをご紹介!

あつ 森 メトロポリタン 美術館

Nintendo Switch「あつまれ どうぶつの森」(以下「あつ森」)の世界的なブームはどこまで広がっていくのだろうか。 5月2日、アメリカのニューヨークにあるメトロポリタン美術館がというニュースが駆け巡った。 この参入によって、同美術館収蔵の約40万点の作品を「あつ森」で公式に取り込めるようになった。 つまり、を待たずして、世界の名だたる美術品が「あつ森」で鑑賞できるというわけだ。 しかし、これらを最大限楽しむにはちょっとコツがいる。 スマホ連動機能「タヌポータル」を含めた「マイデザイン」を最大限駆使しないといけないし、メトロポリタン美術館のサイトから何をどのように検索し、どうやって「あつ森」用にセッティングするのかもある程度知識が必要だ。 そこで本稿では、このメトロポリタン美術館参入を記念した「メトロポリタン美術館作品を100%楽しむためのガイド」をお届けしたい。 「あつ森」を始めたばかりの人にもわかるよう、その手順をいちから解説していく。 ステップ1:「あつ森」と「タヌポータル」を連動させる メトロポリタン美術館のシェアボタンを使うためには、「あつ森」の「マイデザイン」機能が必要になる。 「マイデザイン」そのものはゲーム内の最序盤から利用できるが、ポイントは「タヌポータル」が利用できるかどうかだ。 「タヌポータル」は、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」内にあるゲーム連携サービスで、「あつ森」で手続きを完了させると使えるようになる()。 なお、機能を利用するためにはNintendo Switchのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」への加入(有料)が必要になる。 手続きを終え、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」に「あつ森」の項目が登場して「タヌポータル」が起動できるようになったら、ついに準備完了だ。 「タヌポータル」でゴッホの「自画像」を取り込んだところ。 しっかり作品名も表記される 「タヌポータル」からの手順はとても簡単だ。 「タヌポータル」内で「マイデザイン」を開き、スマホのカメラ機能を使ってQRコードを読み取る。 データを取り込めたことを確認したら、今度はNintendo Switchの「あつ森」を開く。 「あつ森」内でスマホメニューを開き、さらに「マイデザイン」を開く。 「タヌポータル」と連動できていれば、この画面から+ボタンで「ダウンロード」ができる。 すると、先ほど「タヌポータル」に登録したデータが「あつ森」の中に取り込めるというわけだ。 取り込んだデータは書き換えこそできないが、他のマイデザインと同じ扱い。 イーゼルに飾ったり、壁にかけたりすることで、ついにメトロポリタン美術館作品を「あつ森」で堪能できるようになった。 思い切って「MET部屋」を作ってみる せっかくなので、メトロポリタン美術館(略称はMET)の作品を最大限活かした「MET部屋」をマイホームに作ってみたい。 40万点ある作品群の中には、「メトロポリタン美術館を訪れたら必見」クラスの名画が多くランナップされている。 中でも個人的なおすすめ作家は以下の通りだ。 ・ラファエロ(raffaello) ・ルーベンス(rubens) ・ベラスケス(velazquez) ・ダヴィッド(david) ・ルノワール(renoir) ・クールベ(courbet) ・シスレー(sisley) ・マネ(manet) ・ゴッホ(gogh) ・ゴーギャン(gauguin) ・モロー(moreau) ・ミレー(millet) ・ドガ(degas) ・セザンヌ(cezanne) ・クリムト(klimt) ・葛飾北斎(hokusai) ・写楽(sharaku) ざっとこんな感じだ。 検索は当然英語なので、作家名も英語で入力する必要がある。 上には英語名も併記したので、大いに役立てていただきたい。 作品の色合いによってはジェネレーター上でほぼモノクロに近い状態になってしまう場合もあるが、陰影はしっかりと再現されるので、「あつ森」に持ってくると意外に悪くなかったりする。 ルノワールが描く女性をアップにしてみたり、セザンヌの静物画は全体を取り込んでみたり。 作品に合わせてトリミングに気を遣いながら、「ここ」と思うポイントでQRコードの読み込みを行なう。 そして、検索とトリミングをどんどん繰り返し、今度は作品をマイホームの壁に飾っていく。 海岸でセザンヌを眺める風景 今回、メトロポリタン美術館の収蔵作品に何があるかを調べるところから作業をスタートさせたが、オープン化されていない作品も含め、西洋絵画の知識をかなり得た実感がある。 「メトロポリタン美術館で見ておくべき作品は?」と聞かれたらすでにある程度答えられるし、筆者の「MET部屋」を見てもらえれば、ある程度の予習にもなってしまう。 この、文化的な充足感が心地いい。 新型コロナウイルスの影響で、メトロポリタン美術館自体は休館となっている。 だからこその今回の施策だと思われるが、無事警戒期間を終え、大手を振って世界を歩けるようになった際は、「ぜひメトロポリタン美術館を訪れて本物を鑑賞したい」と思っている自分がいる。 その点で、メトロポリタン美術館の取り組みは大成功と言えるだろう。

次の

【あつ森】メトロポリタン美術館とコラボ!マイデザで簡単に有名絵画をダウンロードしよう!【あつまれどうぶつの森】【マイデザイン】【実況】

あつ 森 メトロポリタン 美術館

まず、どんなコツがいるのかと言いますと・・・• スマホ連動機能「タヌポータル」を含めた「マイデザイン」を最大限駆使しないといけない• ステップ1:「あつ森」と「タヌポータル」を連動させる メトロポリタン美術館のサイトに設置されたボタンを使うために、まず必要となってくるのは「あつ森」の「マイデザイン」機能です。 「マイデザイン」そのものはゲームを始めたてでも利用できますが、「タヌポータル」は手続きを行わなければいけません。 「タヌポータル」は、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」内にあるゲーム連携サービスで「あつ森」で手続きを完了させると使えるようになります。 お子様や課金を考えていない方にとってはまずここが難関かと・・・ ただ、お金を払ってでも加入する価値はあるかと思います! より「あつ森」を楽しむことができます! 手続きを終えると「Nintendo Switch Online」に「あつ森」の項目がでてくるので、「タヌポータル」が起動できるようになります。 ステップ2:メトロポリタン美術館のサイトでデータを作る さて、実際にデータを作っていきましょう! メトロポリタン美術館のサイトでの作品検索は 「Open Access」から可能です。 切り抜き方については後程ご紹介します! ステップ3:「タヌポータル」と「あつ森」でデータを取り込む QRコードがあるので、それを 「タヌポータル」で取り込みます。 「タヌポータル」内で「マイデザイン」を開きましょう。 スマホのカメラ機能を使用し、QRコードを読み取りましょう。 Nintendo Switchの「あつ森」を開きます。 すると、「タヌポータル」に登録したデータが「あつ森」に取り込まれています。 書き換えることは不可能なので注意してください。 これがメトロポリタン美術館を「あつ森」で堪能する方法です! メトロポリタン美術館の絵画の作品ID(QRコード)と範囲指定方法 まだ、メトロポリタン美術館が「あつ森」に参入して間もないのですが、QRコードはこのようなかたちのようです! 例のメトロポリタン美術館の件、あんまりQRコード活用したことなかったのでここでつまってしまった。 ですので、作品によって全体を正方形に切り抜いたり、拡大して切り抜いたりするとより楽しむことができると思います! メトロポリタン美術館の絵画をすでに取り入れた作品紹介! あつ森、メトロポリタン美術館の力を使って二階の寝室をつぶしてルノワール展をオープン。

次の