バス運転手 転職 大阪。 夜行バス運転手の給料/平均年収/手取り/賞与はどれくらい?高速運転手の仕事内容と勤務時間

バス運転手の求人

バス運転手 転職 大阪

勤務時間が不規則 2つ目は勤務時間が不規則ということです。 シフト制で働くことがほとんどで、深夜から昼まで、朝早くから夜までなど、 日によって運転を担当する時間が変わるので、健康面でも良くありません。 また、バスは休日や祝日も稼働するため、休日も不規則になりがちです。 そして、友人と時間が合わず、なかなか気分転換する機会をつくりにくい、という問題もあります。 まとまった休みを取りづらい まとまった休みを取りづらいことも、理由のひとつと考えられます。 長期休暇を取得して旅行に行くといったことは、中々難しい状況です。 最小限の人数でローテンションを組んでいる会社の場合は、なかなか有給なども申請できません。 家族旅行など、一定の期間、仕事を忘れられることがないと、モチベーションを維持するのも難しくなってしまいます。• バス運転手の仕事の平均年収は約 360万円。 日本の平均年収と比較すると 低い傾向にあります。 月収に換算すると30万円となり、そこまで低くありませんが、割に合わないと感じる人は多くいます。 給与が上がれば、それをモチベーションに仕事を我慢することも可能ですが、実際はなかなか難しいのが現実です。 乗客からのクレーム対応に迫られる 5つ目は乗客からのクレーム対応に迫られることです。 乗客するお客さんの層は様々なので、運転手側では解決できない、理不尽なことでクレームを入れられることもあります。 例えば、通常通り、普通に運転をしているだけなのに「態度が悪い!」と注意されることもあるかもしれません。 運転で疲れている時にこういった対応に迫られると、より疲労度が増してしまいます。• 常にドライブレコーダーで監視され息苦しい 常にドライブレコーダーで監視されていることも、ストレスの原因のひとつです。 ちなみにドライブレコーダーは事故があった際などに、運転手の行動に問題がないか確認するものです。 運転に集中しているとはいえ、 自分の様子が記録されていると思うと、どうしてもストレスを感じてしまうという人も、少なくありません。 我慢することが多すぎると、ストレスがどんどん溜まっていき、悪循環に陥ってしまいます。 長時間座りっぱなしのため体に悪影響を与える 長時間座りっぱなしなので、体に悪影響を与えることも要因のひとつです。 体に疲労がたまると、内臓や神経などにも影響が出てくる可能性があります。 少しでも異常を感じた場合は、病院を受診するなど、注意して早めに対応しなければいけません。• 乗客や街の人々と親睦を深めることができる メリットの1つ目は乗客や街の人々と親睦を深められることです。 送迎を担当するバスの場合は、定期的にお客さんと会話することになります。 顔見知りの人だと、より親近感を持って接することができます。 しかし辞めるということは、せっかく仲良くなったお客さんたちと会えなくなることを意味します。 また 観光バスの場合も、休憩や食事の際など、お客さんと会話する機会が多くなります。 観光を兼ねて仕事ができる 観光を兼ねて仕事ができることもメリットのひとつです。 仕事なのでどうしても疲労はたまると思いますが、 観光バスの運転手の場合、サラリーマンと比べ、様々な場所に行くことができます。 宿泊アリの観光なら、旅館やホテルに泊まることもできるため、かなりの特権だといえます。 待機時間が多く体力的な負担が少ない 比較的、待機時間が多く用意されていることもメリットのひとつです。 特に、観光バスの運転手ではお客さんが観光している間、たっぷりと待機時間があります。 待機時間中に、バスの掃除をしたり仮眠をとったり自分の好きなように過ごすことができます。 途中、昼寝などをして休むことが難しい仕事も多いので、バス運転手は休憩を取りやすい職業です。 3.バス運転手を辞める前に考えるべきこと バスの運転手を続けるメリットについては、ご理解いただけたでしょう。 それでも「バスの運転手を辞めたい」と考えている人は、 辞める前に考えるべきことが、大きく分けて3つあります。 会社や業務形態を変えることで対応できないか検討する 1つ目は、 会社や業務形態を変えることで対応できないか検討することです。 市・町営バスから観光バスの運転手に変更するなど、乗るバスの種類を変えるのもひとつです。 観光の場合、毎回色々な場所に行けるので「飽きる」という問題はクリアできます。 一方で家族との時間が取れないなどの場合は、逆に時間が固定されている市バスや町バスなどを運営する会社に転職すると、勤務時間が不規則という問題をクリアできます。 会社負担で資格を取得した際の金銭的な負担 2つ目は、会社負担で資格を取得した際の金銭的な負担についてです。 バスを運転するには大型二輪免許が必要なケースがほとんどです。 ただし、普通免許さえ取得していれば、大型二輪免許は入社後に取得すれば足りるとする求人も少なくありません。 資格取得のための費用が会社負担で出ている場合、 辞める時に一括で返金しなくてはならない可能性があることも考えておく必要があります。 このため、金銭的に辞めることが難しいケースも想定されます。 やりたいことを明確にする 最後の3つ目は、次にやりたいことを明確にすることです。 仕事をやめて無職の状態で転職活動する場合、 次の目標がある程度決まってから辞めないと、貯金がない人はお金もなくなってしまう上に、空白期間が長くなり採用に不利に働く可能性があります。 辞めた後、具体的にどんな仕事がしたいのか、そして実際にそれは自分でも出来そうなのか、事前に確認することが重要です。 4.バス運転手からの転職活動は転職エージェントの利用がおすすめ バスの運転手から転職する際は、転職エージェントを利用するのもひとつです。 転職エージェントの仕組みや利用するメリットについて紹介していきます。 転職エージェントとは? 転職エージェントは、 転職希望者と採用したい企業をマッチングさせるサービスです。 転職希望者1人に、エージェントの担当者が1人付き、転職活動のサポートを行ってくれます。 ちなみにどのエージェントも無料で利用できます。 無料で利用できる理由は、企業に転職希望者を紹介することによって、企業から報酬を得ているためです。 転職エージェントを利用するメリット 転職エージェントを利用するメリットは大きく5つあります。 求職者の希望を考慮して複数の会社を探して提案してくれること まず1つ目は、 求職者の希望を考慮して、複数の会社を探して提案してくれることです。 通常は自分で会社を探して応募するのが基本ですが、エージェントを利用すると、求人検索の手間を少なくすることができます。 自分に合った会社を見つけられる確率が高まるでしょう。 一般的に公開されていない非公開の求人があること 2つ目は、 一般的に公開されていない非公開の求人に応募できることです。 同業他社に取り組んでいる内容が知られないようにするためなど、企業の都合上、公にはできない求人もあり、そういった案件は転職エージェントを通して募集が行われています。 非公開求人の中には、高年収など待遇の良い求人が多くあります。 応募書類の添削や面接対策をしてくれること 転職エージェントを利用すると 応募書類の添削や面接対策もしてもらえます。 自分1人だけでは難しいポイントに気付くことができるので、転職が初めての人には心強い存在となるでしょう。 選考を受ける企業にはどのような点をアピールすると効果的かなど、実践的なアドバイスも期待できます。 面接の日程を調整してくれること 4つ目は、面接の日程を調整してくれることです。 現在の仕事を続けながら転職活動を行う場合、日程や時間を会社側に合わせることが難しかったりしますが、転職エージェントでは企業側の担当者との日程調整を代行してくれます。 こういったコミュニケーションが苦手な人も安心して任せることができます。 給与の交渉をしてくれること 最後の5つ目は、給与交渉をしてくれることです。 内定した際、 これまでの経験や希望をもとに、もう少し年収をUPさせることができないか交渉してくれる場合もあります。 毎回成功するわけではありませんが、自分では言いにくいという人も多いと思うので、希望がある際は伝えるようにしましょう。 転職サイトとの違い 今回紹介した 「転職エージェント」と「転職サイト」は別物なので注意しましょう。 転職サイトは担当者がサポートをしてくれるわけではありません。 あくまで求人を探すことのみに特化したサービスです。 ちなみに転職サイトには「」や「」などがあります。 5.おすすめの転職エージェント3選 ここでは、 バスの運転手から転職する際におすすめのエージェントを紹介します。 選定の基準は以下の3つです。 あわせて読みたい タクシー運転手 2つ目はタクシー運転手です。 バスの時よりも、お客さんとコミュニケーションを取る機会が多くなり、長時間連続で運転することも少なくなります。 またバスよりも運転する車両がずっと小さくなるため、運転が楽になるでしょう。 接客 3つ目はアパレルや飲食店のホールスタッフなど接客の仕事です。 もっと多くのお客さんやスタッフと、コミュニケーションを取りながら仕事をしたいという人に向いています。 自分の希望と意志によっては、一度飲食店で経験を積み、その経験をもとにして自分のお店をオープンする、といったことも可能です。 営業 最後は営業の仕事です。 コミュニケーションスキルが重視される仕事なので、バスの運転手の時には感じなかった種類のストレスを感じる可能性があります。 しかし、営業という仕事は 成果に応じた給料設定にしている会社も多く、年収UPを期待できる可能性が高いです。 お金の部分に強い不満を感じている人は、求人内容をチェックしてみてください。

次の

【はたらいく】バス運転手の求人・転職情報

バス運転手 転職 大阪

バス運転手の給料・年収補足 20代の給料:29万円(推定) 30代の給料:31万円(推定) 40代の給料:34万円(推定) 年代別の給料は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査の「営業用バス運転者」の平均給料から算出。 初任給は求人情報より算出しています。 民間、公営によって給料は異なります。 上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい 240万円~544万円となると予測されます。 【各地域の求人情報】 札幌の求人調査結果:13万円~23万円(月収) 東京の求人調査結果:15万円~27万円(月収) 大阪の求人調査結果:17万円~23万円(月収) 福岡の求人調査結果:16万円~32万円(月収) バス運転手の手取り 上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい 12万円~27万円となりそうです。 バス運転手で高年収になるには? バスの運転手には、公営バスの運転手と、民間のバス会社の運転手がいます。 公営バスの場合、地方公務員として勤務するので平均年収は 約650万円。 一方、民間会社のバス運転手の平均年収は約430万円です。 200万円の差はかなりかなり大きいといえます。 バス運転手で高年収を狙うなら、民間ではなく 公営バスの運転手になるとよいでしょう。 公務員の安定性を求めて、民間のバス会社で経験を積んだバス運転手が公営バスの運転手に転職する例も多いといいます。 バス運転手の仕事内容 バス運転手は、バスに乗客を乗せ、目的地まで安全に運行するのが仕事です。 路線バス運転手と、観光バス運転手があります。 陸運局の統計によると、路線バス運転手は約8万人、観光バス運転手は約4万5000人が従事しています。 路線バスは地域住民の足となって定刻に決まったルートを走って乗客を運ぶ「乗合バス」と呼ばれます。 長距離を移動する高速バスでは、距離や時間帯によって2人以上の運転手が乗車することが決められています。 乗合バスは公益性が高いことから、市営バスなど自治体が経営しているものもありますが、民間のバス会社が路線バスを運営していることもあります。 私鉄系・タクシー系・運送会社系などの会社があります。 観光バスは旅行などで利用される「貸切バス」です。 バスガイドや添乗員などが一緒に乗車することもあります。 学校や病院、スイミングスクールや自動車教習所、介護施設、温泉旅館などの送迎バスもあります。 平成18年の改正道路運送法の施行後、コミュニティバスへの新規参入や分社化の影響などにより、バス会社は増加傾向にあります。 しかし、少子高齢化の進む地方では乗客数の減少に伴ってバス運転手も減っているといいます。 バス運転手になるには?【資格・試験難易度】 バスの運転手になるには、大型第二種自動車運転免許が必要です。 取得費用が約50万円と高額のため、バス会社に入社した後で会社が一部または全額費用を負担して免許を取得させる場合もあります。 普通自動車免許があることを最低条件にしている会社がほとんどです。 普通自動車免許(MT)取得後3年で、大型二種の免許を取ることができます。 バス業界の9割以上は中途採用だといわれていますが、新卒採用を行って若手を育てようとしている会社も出てきています。 地元の高校を卒業して新卒採用で入社し、順調に免許を取ってバスの運転手になる、という道もあります。 乗客の命を預かっていることから、バスの運転手は人柄など人物面の面接も厳しいといいます。 また、酒気帯び運転は厳禁なので、お酒が好きな人はバス運転手には向かないかもしれません。 都バスなど公営バスの運転手は安定性から非常に人気が高く、就職倍率も高いといわれています。 時には10倍以上の倍率となることもあるそうです。 深夜バス運転手(長距離)は給料は普通よりいいの?いくらぐらいなの? バス運転手の給料は、勤めているバス会社によって大きく異なります。 契約社員として勤務していたら年収300万円ということもありますが、公営バスなら公務員で約650万円です。 深夜バス(長距離)の運転手の場合、深夜乗務手当などがつくことがあるので、同じ会社の日勤よりも給料が高くなる可能性はあります。 年収400万円~500万円くらいがボリュームゾーンといわれています。 しかし、会社によって違うので、民間の長距離バスの運転手よりも公営の路線バスの運転手の方が給料がいい、ということは十分ありえます。 長距離バスの運転手は安定性はあるといいますが、拘束時間が長く、重大な事故の危険もあることから、割に合わないという話もあります。 最近ではなり手が少なく、人手不足となっています。 観光バス運転手はどのくらいの給料相場なの? 日帰りで気軽に行けるバスツアーが人気となっており、観光バスの需要は高いです。 しかし、運転手は慢性的に不足しています。 実は観光バスの運転手の仕事は路線バスや高速バスに比べて重労働だといわれています。 決まったルートや定刻があるわけではないので、ツアーが増えれば増えた分、観光バスの運行も増加します。 過重労働が常態化している会社もあり、運転手が離職することで更に現職の運転手が激務になるという悪循環。 正社員としてではなく契約社員として運転手を雇っている会社も多く、年収は200万円台~500万円と、かなり幅があるそうです。 バス運転手のかっこいい所・辛い所 バスという乗り物が格好良くて大好きで、そのまま運転手になった、という人が多いバス運転手。 かっこいいところは、ずばりその憧れの乗り物を運転できるというところです。 また、乗客から「ありがとう」と感謝されたり、人と触れ合うことができるのも魅力です。 バスの運転手の辛いところは、乗客の命を預かっているという大きな責任が伴うところです。 路上に一歩出たらバスは凶器にもなりえます。 乗客や通行人に怪我をさせないように、細心の注意を払って運転をしなければなりません。 長距離の高速バスなどは大きな事故につながる可能性もあり、大変な仕事です。 しっかりと睡眠を取って、食事にも気をつけて、万全に体調を整えておく必要があります。 また、日本ではバスも電車と同様に定刻運行が当たり前だと思われているので、渋滞などによる遅れでもクレームが入る可能性があり、そうした部分も辛いところだといえます。 体調管理をしっかり行ったり、定刻運行の努力をするのは大変ではありますが、その分、お客さんから感謝されるとてもやりがいのある仕事です。 バス運転手の給料年収の本音口コミ 30代 給料:30万円 公務員バス運転手です。 30歳になりこの職業に転職しました。 入社3年目 月収平均26万、手取り20万円前半 ボーナス1. 有給も取りやすく拒否されたと言うことは聞いたことないが、気を使うのは確かで給料と2連休を両立させようとすると最大13連勤をせざるを得ない。 運転士不足がクローズアップされる中、主力世代である50代が定年を迎える5〜10年後に労働環境は間違いなく悪化する。 入社できても半年後に辞めてるのが半数。 辞める理由は事故や労働環境が多いが、別の営業所では指導運転士によるパワハラが原因なのもあった。 このように指導する立場の人間や事務職には高圧的な人も多い。 また、客層も悪く見下されてる感が凄い。 事実、自分の営業所には1分の遅延で頭を下げろ。 放送を使って謝罪しろ。 と言うクレームが毎日同じ人から掛かってきている。 ただハンドルを握ってるだけの職業に見えなくも無いが精神や体力が求められる過酷な労働環境であるのは間違いない。

次の

【はたらいく】バス運転手の求人・転職情報

バス運転手 転職 大阪

車両の点検• アルコールチェック 点呼 などを済ませて出発します。 その目的地や距離によって日帰りや日がまたぐ場合がありますので、勤務形態はさまざまです。 夜行バスは基本的には夜中に走行するものですので、 朝方に目的地に着いたら、休憩となるのが普通です。 夜行バス運転手の勤務時間と休日 日帰り勤務 日帰りの勤務は基本的に夜行バス運転手の勤務体系ではありません。 これは 100km~200kmくらいの距離を一人で一往復するというもので、 片道2~4時間の路線で多くみられます。 運転手は出勤したら 車両点検や本人の点呼などを行い、出発します。 3時間ほどの路線であれば到着後に休憩を挟んで、また3時間かけて戻ってくるということになります。 戻ったら報告を済ませて勤務が終わります。 2日勤務 片道200~400kmくらい、5時間前後くらいの路線で多いのが2日勤務です。 大きく分けると 2つのパターンがあります。 泊まり仕業 運転手が 午後に出勤して、夕方からの便に乗務したのち終点で宿泊し、翌日の午前の便で戻ってきて昼に勤務終了となるというのがこれに当たります。 片夜行 往復のうちどちらかが夜行運行になるのがこちらです。 どちらの場合も運転手は目的地に着くと、そこでいったん勤務を終了して仮眠することになります。 「 退勤から翌日の勤務開始まで8時間以上空ける」という法令のために、現地でしっかりと休息をとることになるのです。 3日勤務 片道が400kmを超え、6時間を超えるような路線になるとほぼ夜行運行をすることになります。 この場合は運転していないドライバーは バスの床下仮眠室などで休憩をとることになります。 勤務は夜に出発して翌朝に目的地に到着、再び夜に出発して翌朝に元の地点に戻ってくるということになります。 3日かかることから3日勤務と呼ばれています。 夜行バス運転手の休日 夜行バスの運転手の休日は 勤務している会社によって違っています。 例えば 「5勤2休」というものがあり、これは5日勤務したら2日休みになるというもので、1週間を単位にして考えられているものです。 他には 「月間休日8日」というように決まっているところもあります。 夜行バス運転手の給料 バス運転手の給料 バスの運転手は民間のバス会社に雇われている場合か、公営のバスの運転手かによって大きく給料が違ってきます。 公営のバスの場合は地方公務員という扱いになりますので、 年収としてはその地域の公務員と同等になります。 民間の場合はたいてい 350~400万円前後が多くなっています。 基本給に無事故手当などが付きます。 夜行バス運転手の給料 公営のバスの場合は夜行バスはほとんどありませんので、民間のバス会社ということになります。 走行した距離によって手当がつくことがあります。 深夜手当なども含めて 年収400~500万円ほどが一般的です。 求人で見る夜行バス運転手の給料・待遇 高速バス・観光バス大手A社 高速バスや観光バスの募集要項を見てみると、• 給与 月給350,000円以上 (各種手当含む)• 固定手当(無事故、精勤、皆勤)• 変動手当(洗車等手当、深夜、時間外)• 通勤交通費(上限16,000円まで、マイカー・バイク通勤可、駐車場あり・駐車料金自己負担なし)• 勤務時間 20:00~翌9:00 コースにより変動あり• 休日 月8~9日(シフト制)• 有給休暇(入社半年後)、慶弔休暇(規程による)• 待遇 社会保険完備、制服貸与、賞与あり(年2回、規定による)• 昇給あり(入社2年経過後)• 社員食堂あり となっています。 鉄道系大手バス会社B社 鉄道系のバス会社の募集要項は以下のようになっています。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。

次の