ドコモ ペット 保険。 NTTドコモ、ペット保険サービス「ドコモのペット保険」の新規受付終了 :日本経済新聞

「ドコモのペット保険」口コミ評判まとめ

ドコモ ペット 保険

ペット保険と聞くと、入院費用や手術費用を負担してもらうことができる、ということを思い浮かべる方が多いと思います。 しかし、ペットを病院へ連れていく際の理由として、入院や手術は滅多にないことですよね。 だいたいの場合、通院や一度の診察で治療が済むことが多いのではないでしょうか? また、一度の通院では治らない病気の場合、何度も通院しなくてはならない場合もあります。 何度も通院し、その都度薬代を払い続けなくてはいけないような場合、薬代がペット保険の補償対象になるのかどうか気になる方もいるかと思います。 ペットの薬代はペット保険の補償対象になるのでしょうか?ここでは• ペットの薬代はペット保険の補償対象になるのか?• 高額なペットの薬にはどのようなものがあるのか?• 薬のみもらいに行く場合や薬浴は補償対象なのか? についてご紹介します。 この記事をご覧になれば、どのような種類のペットの薬が、ペット保険の補償対象になるのか、ということがお分かりいただけると思います。 ぜひ最後までご覧ください。 人の薬代は価格が決まっていて、薬の価格の他に手数料などが取られています。 ペットの薬代は価格が決まっている訳ではなく、いくらで売るかはそれぞれの動物病院で決められているそうです。 そのため、ある動物病院では安かった薬代が、他の動物病院へ行ったら高かった、なんてこともあるようです。 特に高いペットの薬として、クッシングロームの治療に使う薬があるようです。 100錠入りのもので13万円もするそうで、単純計算で1錠1,300円、ということになります。 1錠で犬の体重10キロ分に相当するそうですが、治療の最初は1日1回投与する必要があるようで、1週間分でも薬代が9,100円とかなり高額になってしまうようです。 皆さんは薬浴というのをご存じですか?ペットが皮膚病になってしまったときに行うシャンプー療法のことです。 ペットのシャンプーには 美容用シャンプーと 薬用シャンプーの2種類があり、一般的には美容用シャンプーを使用しています。 美容用シャンプーは被毛の艶を出したり、匂いを付けたりすることを目的として使用されるシャンプーです。 薬用シャンプーは皮膚病の改善を目的として使われるシャンプーで、被毛の艶を出すためではなく、皮膚に対して作用するような成分になっています。 皮膚病の原因ごとに適したシャンプーがあるのも特徴です。 この薬浴、一見シャンプーなので保険代が支払われない気がするかもしれませんが、 病院内での薬浴に限り、ペット保険の補償対象になります。 ただし、病院などで販売している薬用シャンプーを購入し、家でシャンプーをするような場合は、補償対象外になってしまいますので気をつけてください。 各社により対応が異なることもありますので、一度資料請求して確認してみることをオススメします。 以下のボタンから各社の資料を一気に請求できるので、ぜひご利用ください。 いかがでしたでしょうか?ここではペットの薬代はペット保険の補償対象なのか、についてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• ペットの薬が治療目的の場合、薬代がペット保険の補償対象になる• ペットの薬代は予想以上に高額なものもある• 飼い主さんだけで薬のみもらう場合は、補償対象かどうかは保険会社によって変わる• 薬浴は病院内で行う場合のみ補償対象になる です。 治療目的のペットの薬代は、ペット保険で補償されるので、ペットの医療費を抑えることができます。 薬浴は病院内で行う場合のみ補償対象になるので、シャンプーは無理だろう、と諦めずに請求するようにしましょう。 ほけんROOMでは他にも読んでおきたいペット保険についての記事がありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

次の

【2020年版】おすすめのペット保険比較ランキングを大発表!口コミ・評判も紹介

ドコモ ペット 保険

ペットの医療費は高額 ペットを所有している飼い主が動物病院を利用する頻度はなんと1年に1度以上らしいです。 人を扱う病院でただ診察してもらう場合と違って、動物病院でペットを診察してもらう場合は、福沢諭吉のお札(万)を10枚近く準備して行かねばなりません。 ご存知のように人間の「健康保険」のようなペット皆保険は存在しないからです。 常に10割負担の医療費が飼い主に重くのしかかります。 たとえばチワワなどの小型犬でさえ自動車にはねられて骨折してしまうと、治療費は10万円を下りません。 車を運転していた人つまり加害者から補償が得られない場合、すべて自腹です。 また異物の誤飲もペットにありがちなトラブルです。 最近は柴犬を室内で飼っている人が多く、家のなかの小物を誤飲してしまうケースが絶えないようですが、ただ吐き出させる治療薬を投与しただけで10万円近くします。 「そんなにするの?」と獣医に文句をいってもしかたありません。 ) そこで最近ではペット保険へ加入する飼い主が急増しており、気軽に動物病院に連れていける環境が整いつつあります。 ) ドコモのペット保険 特長 そこでドコモは2015年4月から「ドコモのペット保険」を開始しました。 (保険の引き受け会社はアイペット損保です。 )この保険のいいところはスマホだけで加入でき、支払いはドコモの利用料金と合算して引き落とされるという超お手軽なところ。 (もちろんガラケーなどから電話も対応)さらに、ドコモのようは保険料も少々安くなっているような気がします。 (見積りをとって確かめました。 ) プラン そんなドコモペット保険のプランは大きく分けて2つ。 「手術ケア」がダントツでおすすめで人気みたいです。 ) 猫の保険料はプランと年齢だけで決まりますが、犬の保険料はプランや年齢だけでなく犬種によっても違います。 (なお雑種は成犬になった時の予想体重であらかじめ決まります。

次の

ドコモペット保険の口コミを紹介!補償プランや特徴も徹底解説

ドコモ ペット 保険

ドコモのペット保険(NTTドコモ) 2015年4月1日に販売開始となった「ドコモのペット保険」。 発売当時は「ケータイ会社のペット保険?」と話題になりましたね。 ここでは、「ドコモのペット保険」の特徴や利用者の口コミ評判を紹介します。 ドコモとアイペットによる安心のペット保険 NTTドコモが提供する「 ドコモのペット保険」。 保険を引き受けているのはペット保険大手のアイペット損保です。 いずれも本業では実績のある大企業なので、保険料や補償内容以前に、まずは「 安心感」が最大の特徴とも言えます。 「ドコモのペット保険」の概要を確認してみましょう。 対象とするペット:犬、猫• 加入年齢上限:8歳11カ月まで• 終身継続:可能• 保険のプラン:1歳・小型犬2070円、1歳・猫2060円• 保険料 (「e-pet50」): 「トータルケア(50%補償)」:1歳・小型犬2070円、1歳・猫2060円 「トータルケア(70%補償)」:1歳・小型犬2570円、1歳・猫2550円 「手術ケア」:1歳・小型犬760円、1歳・猫640円• 保険金請求方法:窓口清算が可能• 保険金の支払限度額: 【トータルケア(50%補償)】 通院/1日あたり1万2000円まで(1年間に22日まで) 入院/1日あたり1万2000円まで(1年間に22日まで) 手術/1回あたり10万円まで(1年間に2回まで) 【トータルケア(70%補償)】 通院/1日あたり1万2000円まで(1年間に22日まで) 入院/1日あたり3万円まで(1年間に22日まで) 手術/1回あたり15万円まで(1年間に2回まで) 【手術ケア】 手術/1回あたり50万円まで(1年間に2回まで) アイペット損保に対応している動物病院であれば、窓口で保険金を差し引いた治療費を支払うだけで面倒な保険金請求の手続きはいりません。 しかし、アイペット損保未対応の動物病院では、アイペット損保へ書面での請求が必要になります。 利用料金の支払いは、クレジットカードでの引き落としが主な支払方法になります。 また、ドコモ回線のユーザーなら、 携帯電話料金に保険料を加算して一括引落にすることもできます。 アイペット損保と同じ補償内容なのに保険料は割安 「ドコモのペット保険」の引受会社はアイペット損保。 もちろんアイペット損保からもペット保険は直接発売されているのですが(「うちの子」)、両者は同じ補償内容でありながら、月々の保険料は「ドコモのペット保険」のほうが割安です。 たとえば、「うちの子50%プラン」は2270円で、ドコモの「トータルケア(50%補償)」は2070円となっています。 ただし加入年齢はアイペット12歳11ヶ月、ドコモ8歳11ヶ月と、ドコモのほうがかなり厳しめです。 両保険のすべての加入条件を満たし、かつドコモ回線ユーザーであるならば、「ドコモのペット保険」を選んだほうがメリットは大きいと言えます。 ドコモのペット保険の口コミ評判は? 口コミは見当たりませんでした。 その他のペット保険会社一覧•

次の