マリオ カート スーファミ。 スーパーマリオカート

【スーパーマリオカート (SFC)】様々なテクニックに関して【ミニターボ等】 : ゲーム攻略R&D 【るく氏の館 本館】

マリオ カート スーファミ

みんな大好き「マリオカート」。 スーパーファミコン版の初代『スーパーマリオカート』が発売された当時は、友達や家族と暇があれば対戦していた記憶があります。 1992年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された『スーパーマリオカート』は、売上本数がなんと「382万本」でスーパーファミコン用ソフトとして発売されたタイトルの中では「歴代1位」の売上を誇る超人気タイトルです。 そして先日発売された『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』にも、ありがたいことにその『スーパーマリオカート』が収録されています。 小学生の頃に飽きるほどプレイした『スーパーマリオカート』ですが、今回はその記憶を頼りに一気に全レース制覇を目指してプレイを開始してみました。 この記事はその挑戦における苦難と葛藤の記録です。 (汗) 目次• 初め感覚を完璧に忘れていたのでフラフラと蛇行運転になってしまいましたが、2周を過ぎた辺りから勘を取り戻し猛追します。 気がつけば特に詰まるところもなく「キノコカップレース」「フラワーカップレース」「スターカップレース」と、「50cc」の3レースを制覇出来ていました。 「やっぱりあれだけ遊べば忘れないよね。 うんうん。 」とか言いながら、「100cc」攻略へ進みます。 『攻略法』 特にありません。 「フラワーカップレース」 『印象』 地味に難所と言えるレース。 『攻略法』 妙にクセのあるコースが多いので注意が必要です。 「スターカップレース」 『印象』 非常に自由なレース。 『攻略法』 プレイヤーそれぞれで自由なライン取りが出来る面白いコースが多いです。 スタート序盤の接触にだけは注意しましょう。 あ、あれっ!? 結構速いぞ!!「100cc」編 「こりゃ150ccも余裕かな」とか思いながら早速「100cc」のレースに参戦です。 そして「フラワーカップ」に挑んだ時、異変に気がつきました。 「あ、あれっ!? 結構速いぞ!!」 1度ミスったら平気で4位くらいまで順位が落っこちてしまいます。 まあミスしなければ問題はないので「丁寧な運転」にシフトチェンジして攻略を続けます。 「フラワーカップ」を制した後は基本的に得意なコースが多かったので、その後は「スペシャルカップ」を含めた「100cc」全4レースを問題なく制覇出来ました。 すっごく嫌な予感をひしひしと感じながら、そぉ~~~と「150cc」攻略へ進みます。 『攻略法』 特にありません。 「フラワーカップレース」 『印象』 相変わらず難所と言えるレース。 『攻略法』 妙にクセのあるコースによってミスったら順位を取り戻すのが大変です。 「丁寧な運転」を心がけて1位を死守しましょう。 「スターカップレース」 『印象』 みなさん自由なレース。 『攻略法』 みなさん自由なライン取りで序盤のコース内がめちゃくちゃです。 出来るだけライバルが通らないライン取りで走った方が無難に走行出来ます。 上手く走れば大幅にリードを奪えるコースも多いので活用しましょう。 「スペシャルカップレース」 『印象』 落ちる!! 『攻略法』 全コース落ちる要素を含んでいて、ライバルとの接触には十分に注意が必要です。 出来るだけライバルとは離れたもしくは違うルートで走ることが攻略の鍵です。 ちょっと待って速すぎるー!!「150cc」編 いよいよファイナルラウンドです。 『スーパーマリオカート』最高難易度の「150cc」に挑戦します。 「50cc」を制覇した時は全然余裕だと感じていた全レース制覇が、この頃にはとてつもなく嫌な予感しか感じられませんでした。 超気合いを入れて攻略再開! しかし案の定、予感は的中しました。 「ちょっと待って速すぎるー!!」 『今までのレースはなんだったの!?』と言いたくなるほどの難易度アップ。 今までは僅かに残っていた昔の感覚でクリアしてこられましたが、ここからは完全に勘を取り戻さないと太刀打ち出来ない難易度だと本能的に感じました。 そもそもこの時点までクリアしてきた操作キャラの『マリオ』にすら違和感を感じる始末...。 でも確かに昔使ってた操作キャラは絶対『マリオ』じゃなかったです。 笑 それでも「子供用のゲーム」と割り切って『マリオ』でプレイしてきましたが、もう無理でした。 操作キャラは確か『クッパ』だったと思い、『クッパ』に変えて再度チャレンジします。 しかしこいつがまた新たな問題を引き起こしました。 操作キャラが『クッパ』だった場合、上位2名のCPUキャラが『マリオ』と『ルイージ』になります。 これがとにかく曲者で、この2キャラを抜かそうとするととんでもない高確率でスター状態(接触でこちらがクラッシュスピン)になりやがります。 1キャラならまだしも2キャラ連続となるともう嫌がらせ以外の何ものでもありません。 難易度の急上昇に伴い、1回クラッシュしたりミスったりするだけで、1周では取り返し不可能なほどにリードを奪われてしまいます。 「キノコカップレース」は気合いでなんとか制しましたが、苦手な「フラワーカップレース」で心が折れてしまいました。 さすがにこのゲームで『リプレイ機能』を使ってしまっては『ゲーマーの風上にも置けない』と感じたので、現在はちょこちょこ挑戦しつつ攻略を目指し精進しています。 他のCPUキャラが全員死ぬ気で走っています。 『攻略法』 接触するとクラッシュスピンしてしまうような『バナナ』や『緑こうら(設置)』はCPUに効果がありません。 「CPU専用の無限羽根ジャンプ」で回避してきます。 なので自分の通る可能性のあるライン上には絶対にトラップをセットしてはいけません。 無意味な上に逆効果です。 慎重に走り過ぎても1位になれませんし、強引に行ってミスってしまっても勝てず『ミスせず出来るだけ攻める』という無茶苦茶な要求を叶えなくては勝ちが見えてきません。 未攻略でもアドバイス出来ることがあるとすれば、軽量級の操作キャラではCPUキャラに接触した際に思いっきり吹っ飛ばされてしまうので、あくまで慣れればですが重量級の操作キャラの方が接触による影響は少ないかと思います。 接触した際の挙動もひとつの情報として参考までに覚えておいて頂けるとどこかでお役に立てるかと思います。 あとはきっと練習あるのみですね。 笑 まとめ やっぱり面白かった『スーパーマリオカート』。 しかしながら少しばかり難易度を侮っていた感は否めません。 汗 小学生の頃にクリア出来た(記憶では... )からと言って簡単なゲームとは限らないと改めて思い知らされました。 きっと継続してプレイすることで操作感覚や挙動を自然と学び勝ちに近づいていけるのだと思います。 上手く調整された難易度に驚かされました。 今後もコツコツと練習を続けて、なんとか全レース制覇を達成したいと思います。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

【レビュー】ミニスーファミ版「スーパーマリオカート」全レース制覇に挑戦!

マリオ カート スーファミ

思っていたのとは違う方向に行ったけど結果オーライだったな、というのが今日で6回目を迎えるの感想である。 流れている音楽のメロディーを検索し、それが何の曲か調べてくれるアプリ、シャザム先生。 相変わらず絶好調であります。 先日、をシャザムしたらなかなか面白いことになったので、今回は我々スーパーファミコン世代にとっての超神ゲー 『スーパーマリオカート』のオープニング曲をシャザムしてみたのだが……。 まさか イギリスのラップ曲に辿り着くことになるとは思わなかったぞ。 ・マリカー最高 1992年に発売された『スーパーマリオカート』は、後のマリカーシリーズの原点とも言えるスーファミの名作ソフトだ。 スイッチを入れると表示される任天堂のロゴ、そして流れる オープニングテーマは、いつでも脳内再生が可能である。 ・どうなる? 今回シャザム先生には、かの有名なオープニングテーマを聞いていただく。 うおおおおおお! なんかキターーーーーーッ! ・まさかの本人登場 え、待って。 マリオのイラストが出てんすけど。 ちょっと先生何コレ。 「アンバサダーズ・オブ・ファンク」というアーティストで、曲名は…… 『スーパーマリオカート』!? いやいや、そのまんまじゃないか! 一体どういうことだ!? ・聞いてみた とりあえず YouTube で検索してみると、オフィシャルではないが音源が存在した。 こちらもやはり マリオ感が尋常ではないが、さっそく再生してみる。 すると……。 似ているというか音源そのものだーーーーー! 助けて任天堂さーーーーーん!! と思ったら、次の瞬間いきなり曲調が変わってダンスミュージック化。 でも……この曲はたしかにマリオカートだ。 ていうか ラップまで入ってきたし! やだ、カオス!! ・イギリスのアーティスト でもなんかいい感じじゃん。 で、 結局これ何なんだろう。 調べてみたところ、これはイギリスのトラックメイカー、サイモン・ハリスによる別名義のプロジェクトの曲で、MCマリオなるラッパーも参加しているようだ。 めっちゃマリオ好きだな。 もちろん作品はこれだけではなく、ゲームボーイソフト『スーパーマリオランド』の BGMをサンプリングした曲、その名も 『スーパーマリオランド』は、本国イギリスでもかなりヒットしたらしい。 ・普通にいい こちらは YouTube にミュージックビデオがあったため見てみると、黒人ラッパー&ダンサーが 思いっきりマリオの着ぐるみと共演していてちょっと笑った。 しかしこの曲、なかなかどうして…… ゴキゲンじゃないか! いかにも90年代初頭な音だが、たしかにこれは売れそうだ。 ・実は有名なのかも だが、権利的な問題はどうなっているのか? まさか無許可? と思いきや、なんと日本でも1993年に 『スーパー・マリオ・コンパクト・ディスコ』という作品が発売されていたのだ。 任天堂の表記があるので、おそらくオフィシャルだろう。 というか、今も普通に アマゾンでダウンロード販売されているぞ! 先ほどの『スーパーマリオカート』もこの作品の中に収録されている。 やべぇ、アチーな……。 気になる人はチェキ! だ。 ・さすが先生 いやそれにしても、マリカーの曲を検索したのに、それが最終的にイギリスのラップ曲に辿り着くとは思わなかった。 やはりこれも、 シャザム先生のお導きか……。 シャザムの無限の可能性に身震いしつつ、今回の検証はここまでにしたいと思う。 ではまた次回! 参照元:、、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

マリオカートシリーズ

マリオ カート スーファミ

いまや定番のパーティーゲームとなった『マリオカート』シリーズ。 2019年9月25日からはされますし、シリーズもかなりの人気を得ています。 そんな本シリーズの原点は、スーパーファミコンの『スーパーマリオカート』です。 もともとはSFCの拡大縮小機能を使ったゲームだった 言うまでもありませんが、現在のシリーズ作品は3Dグラフィックで描かれています。 マリオやピーチ姫といったレーサーはもちろん、コースにカートにアイテムなどなど、すべて立体的に作られているわけですね。 最新作である『マリオカート8 デラックス』はグラフィックも非常に豪華になっており、水の中・鉱山・おもちゃの世界など見ているだけで楽しい世界を走れます。 さらに反重力で壁や天井も走れるうえ、リプレイでその様子をじっくり眺めることも可能です。 スーパーファミコンでは今のようなグラフィックは表現できませんでしたが、このゲーム機は拡大縮小、回転機能が搭載されていました。 遠くにあるものは縮小し、近くなってきたら拡大表示する。 そうすれば、ドット絵のゲームでも立体感のある表現ができたのです。 スカイダイビングなどを表現した『パイロットウイングス』、高速レースを表現する『F-ZERO』もそんなタイトル。 そしてもちろん『スーパーマリオカート』も拡大縮小、回転機能を使って、みんなで楽しく遊べるパーティーレースゲームを表現したのです。 改めて大画面で『スーパーマリオカート』を遊ぶとグラフィックの粗さや見づらさも感じますが、それでも1992年当時に(27年も前に)してこういったゲームをきちんと成立させていたすごさも感じられるのです。 初代は2人プレイのみ、最新作は最大12人プレイが可能 『スーパーマリオカート』は2人プレイにしか対応していません。 『マリオカート8 デラックス』はオフラインで4人、オンラインなら12人で遊べることを考えるとすごく少なく感じますよね。 それでも当時はものすごく盛り上がったもので、通常のレースはもちろんバトルモードでも白熱したものです。 ガチ勢はタイムアタックでどれだけ速いタイムを出せるか挑戦しましたし、TV番組でもタイムを競うコーナーがありました。 いまではオンラインで離れた人とも一緒にみんなで遊べます。 すっかり当たり前になったことですが、夢のように嬉しいことなんですよね。 初代は8キャラ、最新作は42キャラ! 『スーパーマリオカート』に登場したキャラクターは8名のみ。 マリオ、ルイージ、ピーチ姫、ヨッシー、クッパ、ドンキーコングJr. 、ノコノコ、キノピオとなっています。 ドンキーコングでなくドンキーコングJr. なあたりがミソですね。 『マリオカート8 デラックス』ではなんと42キャラまで増えています。 マリオなどのキャラクターはもちろん、『スプラトゥーン』や『どうぶつの森』からゲストも参戦。 ロゼッタやワルイージなどは昔はいなかったキャラクターですよね。 さらに昔のキャラクター性能は4種類のみでしたが、最新作は細かく性能が用意されています。 ついでにカートをカスタマイズできる要素も昔はなかったのです。 ロケットスタートが非常に難しい 『マリオカート8 デラックス』のロケットスタートは、練習すればたいていの人ができるであろうという難易度になっています。 さらにベストタイミングになるとダッシュする時間が長くなるという設定になっており、基本は誰でもできる、けれどもより上を目指せるテクニックとなっています。 しかし『スーパーマリオカート』のロケットスタートは非常に難しいのです。 押すタイミングも現在とは違いますし、成功タイミングが非常にシビア。 しかもゲーム中では説明がなく、裏技のような扱い。 確実にロケットスタートできる人は一目置かれていました。 初代はスリップストリームがない 他のカートの後ろにぴったりつくと発生するスリップストリームですが、これが登場したのは『マリオカート64』から。 つまり初代にはなかったのです。 昔はトップの後ろにくっつくと、バナナやコウラを置かれてしまうのでリスクが非常に大きかったのです。 ところがスリップストリームが追加され、相手の背後を取るリターンも生まれたというわけですね。 次のページ:ミニターボやライバルの妨害もかなり違うものだった! 《すしし》.

次の