中央 道 通行止め 解除 見込み。 中央道「八王子〜大月」あす通行止め解除見込み 台風19号で被害 国道20号も復旧(乗りものニュース)

ドライバーズサイト

中央 道 通行止め 解除 見込み

高速道路に関する道路情報板は各種ありますが、その操作はすべて道路管制センター(交通管制室及び施設制御室)にて24時間体制で行っています。 弊社管内では、関西(吹田)、中国(広島)、四国(高松)、九州(太宰府)の4箇所に配置されています。 ここでは、道路巡回や高速道路をご利用のお客さまからの通報、高速道路に設置された情報収集機器(車両検知器・気象観測装置等)により情報を収集したうえで、情報板の位置や発生している事象の優先度を考慮して情報提供しています。 高速道路には、交通集中渋滞や事故の詳細をお知らせするための様々な情報板が設置されています。 情報板を有効に活用していただくことで、より快適・安全に高速道路をご利用いただけます。 (平成30年4月1日現在) 支社 道路名 放送局 読み方 設置IC間 設置KP 関西 名神 八日市局 ようかいち 八日市IC~竜王IC 435. 6~438. 9 関西 名神 菩提寺局 ぼだいじ 竜王IC~栗東IC 448. 0~453. 0 関西 名神 栗東局 りっとう 栗東IC~草津JCT 459. 1~462. 4 関西 名神 草津局 くさつ 草津JCT~瀬田西IC 463. 6~467. 8 関西 名神 瀬田局 せた 瀬田西IC~大津IC 470. 1~473. 4 関西 名神 京都局 きょうと 京都東IC~京都南IC 482. 4~486. 4 関西 名神 向日局 むこう 京都南IC~大山崎JCT・IC 489. 2~492. 5 関西 名神 梶原局 かじわら (下)大山崎JCT~高槻JCT 右ルート) 498. 8~501. 6 関西 名神 梶原局 かじわら (下)大山崎JCT~高槻JCT 左ルート 498. 6~501. 6 関西 名神 高槻局 たかつき (上)大山崎JCT~高槻JCT 506. 7~509. 9 関西 名神 茨木局 いばらき 茨木IC~吹田IC 511. 9~515. 1 関西 名神 吹田局 すいた 吹田IC~豊中IC 518. 2~520. 8 関西 名神 尼崎局 あまがさき 豊中IC~尼崎IC 525. 2~528. 9 関西 新名神 甲賀局 こうか 甲賀土山IC~甲南IC 42. 2~45. 7 関西 新名神 甲南TN上り局 こうなん (上)甲南IC~信楽IC 53. 6~56. 2 関西 新名神 甲南TN下り局 こうなん (下)甲南IC~信楽IC 53. 6~56. 1 関西 新名神 金勝山TN上り局 こんぜやま (上)信楽IC~草津田上IC 63. 6~67. 4 関西 新名神 金勝山TN下り局 こんぜやま (下)信楽IC~草津田上IC 63. 6~67. 4 関西 新名神 原萩谷 はらはぎたに 高槻JCT~茨木千提IC 115~111. 9 関西 新名神 箕面 みのお 茨木千提寺IC~箕面とどろみIC 121. 1~126. 1 関西 新名神 止々呂美 とどろみ 箕面とどろみIC~川西IC 127. 6~131. 3 関西 新名神 切畑 きりはた 川西IC~宝塚SIC 136. 3~139. 7 関西 新名神 道場 どうじょう 宝塚SIC~神戸JCT 144. 6~148. 0 関西 近畿道 近畿茨木局 きんきいばらき 吹田JCT~摂津北IC 1. 9~4. 2 関西 近畿道 東大阪局 ひがしおおさか 門真JCT~東大阪JCT 13. 1~15. 8 関西 近畿道 八尾局 やお 八尾TB~八尾IC 19. 5~22. 2 関西 西名阪道 香芝局 かしば 柏原IC~香芝IC 9. 9~12. 6 関西 阪和道 松原局 まつばら 松原JCT~美原北IC 28. 9~31. 8 関西 阪和道 紀ノ川局 きのかわ 阪南IC~和歌山北IC 83. 8~86. 3 関西 阪和道 藤白TN上り局 ふじしろ (上)海南IC~下津IC 101. 1~104. 4 関西 阪和道 藤白TN下り局 ふじしろ (下)海南IC~下津IC 100. 8~104. 4 関西 阪和道 長峰TN上り局 ながみね (上)下津IC~有田IC 104. 5~108. 6 関西 阪和道 長峰TN上り局 ながみね (下)下津IC~有田IC 104. 5~108. 6 関西 中国道 中国豊中局 ちゅうごくとよなか 中国吹田IC~中国豊中IC 4. 7~8. 2 関西 中国道 西宮局 にしのみや 宝塚IC~西宮山口JCT 24. 0~27. 0 関西 中国道 加西局 かさい 加西IC~福崎IC 71. 4~75. 0 関西 山陽道 淡河局 おうご 神戸北IC~三木JCT 4. 8~9. 3 関西 山陽道 三木局 みき 三木東IC~三木小野IC 22. 1~27. 0 関西 山陽道 相生局 あいおい 播磨JCT~赤穂IC 79. 0~81. 9 関西 舞鶴若狭道 西紀局 にしき 丹南篠山口IC~春日IC 23. 9~26. 6 関西 京滋バイパス 石山局 いしやま 石山IC~南郷IC 483. 6~486. 8 関西 京滋バイパス 宇治TN上り局 うじ (上)笠取IC~宇治東IC 489. 5~493. 7 関西 京滋バイパス 宇治TN下り局 うじ (下)笠取IC~宇治東IC 489. 6~493. 8 関西 第二京阪 八幡局 やわた 八幡東IC~京田辺TB 5. 9~8. 6 関西 第二京阪 交野局 かたの 交野北IC~寝屋川北IC 16. 3~19. 3 関西 第二京阪 寝屋川局 ねやがわ 寝屋川北IC~寝屋川南IC 20. 0~23. 2 関西 京都縦貫道 西山局 にしやま 大原野IC~長岡京IC 87. 2~89. 9 関西 第二神明 須磨局 すま 須磨TB~名谷JCT 1. 9~4. 2 関西 第二神明 大久保局 おおくぼ 大久保IC~玉津IC 16. 8~19. 1 中国 中国道 勝央局 しょうおう 美作IC~津山IC 141. 4~144. 1 中国 中国道 新見局 にいみ 北房IC~新見IC 211. 5~213. 5 中国 中国道 高田局 たかた 高田IC~千代田IC 315. 8~318. 5 中国 中国道 吉和局 よしわ 吉和IC~六日市IC 379. 2~382. 0 中国 中国道 小郡局 おごおり 小郡IC~美祢IC 490. 9~493. 6 中国 中国道 王司局 おうじ 小月IC~下関IC 527. 3~530. 1 中国 山陽道 山陽局 さんよう 和気IC~山陽IC 119. 3~122. 0 中国 山陽道 鴨方局 かもがた 鴨方IC~笠岡IC 172. 8~176. 1 中国 山陽道 志和局 しわ 西条IC~志和IC 266. 2~268. 9 中国 山陽道 廿日市局 はつかいち 五日市IC~廿日市JCT 306. 0~309. 3 中国 米子道 蒜山局 ひるぜん 湯原IC~蒜山IC 30. 6~33. 2 中国 浜田道 大朝局 おおあさ 大朝IC~瑞穂IC 15. 8~18. 2 四国 高松道 国分寺局 こくぶんじ 高松西IC~坂出JCT 3. 4~6. 7 四国 高松道 観音寺局 かんおんじ さぬき豊中IC~大野原IC 41. 0~44. 3 四国 松山道 入野局 いりの 土居IC~新居浜IC 76. 2~79. 5 四国 高知道 立川局第一第二 たじかわだいいちだいに 新宮IC~大豊IC 77. 5~80. 5 四国 徳島道 太刀野局 たちの 美馬IC~井川池田IC 60. 5~62. 8 九州 九州道 古賀局 こが 若宮IC~古賀IC 52. 8~56. 1 九州 九州道 基山局 きやま 筑紫野IC~鳥栖IC 89. 2~92. 6 九州 九州道 北熊本局 きたくまもと 植木IC~熊本IC 160. 4~163. 8 九州 九州道 桜島局 さくらじま 加治木JCT~姶良IC 322. 9~325. 7 九州 長崎道 金立局 きんりゅう 東脊振IC~佐賀大和IC 21. 8~25. 1 九州 大分道 山田局 やまだ 朝倉IC~杷木IC 20. 5~23. 8 九州 東九州道 今川局 いまがわ 行橋IC~豊津IC 19. 9~22. 3 九州 大分道 大分挟間局 おおいたはさま 別府IC~大分IC 121. 8~124. VICSによる情報提供は、 に集められた情報が、FM多重放送や高速道路に約5~10km間隔に設置されたビーコン(電波発信信号塔)から、ドライバーのカーナビ等に提供されます。 提供される道路交通情報は、(1)文字表示型、(2)簡易図形表示型、(3)地図表示型の3種類のスタイルで提供されます。 なお、VICS情報が受信できるエリアは、全国の高速道路及び主要一般道路で利用できます。 高速道路のご利用を判断していただくために、インターチェンジ(IC)料金所手前の一般道路上に情報板を設置して、あらかじめ高速道路の通行止めなどの道路交通状況を提供しております。 しかしながら、ご提供できる情報量は視認性や板面の関係上、限られたものとなり、また、お客さまの行き先は千差万別で、全てのお客さまの行き先を網羅するような情報をご提供することは、不可能でございます。 よって、そのICでの優先順位の高い情報をご提供させていただいております。 大変恐れ入りますが、遠くにお越しの際は、お客さまご自身で、お出かけ前に電話やインターネットなどで情報を入手していただければと思います。 なお、NEXCO西日本グループが運営する交通情報ケータイサイト「 」をご利用いただくと、お客さまが指定したルートで通行止めが発生したことをメールで教えてくれる「マイルート」機能もございます。 詳しくは、をご覧ください。 通行止めや渋滞情報は遠方の情報でも提供するようにしておりますが、お客さまが安全に走行するために必要な「事故」「落下物」等といった事象については、遠方の通行止めや渋滞情報よりも優先して提供させていただくことがございます。 なお、こういったことを補完するために、要所には「広域情報板」や「ハイウェイラジオ」を設置して、遠方からでも重大事象の状況等をお知らせするようにしています。 (情報板については、をご覧ください。 ) また、NEXCO西日本グループが運営する交通情報ケータイサイト「 」をご利用いただくと、お客さまが指定したルートで通行止めが発生したことをメールで教えてくれる「マイルート」機能もございます。 詳しくは、をご覧ください。 通行止めが発生した場合には、できるだけ早期に通行止めを解除し、お客さまへのご迷惑を最小限に留めるため、関係機関全力で取り組んでいるところであり、ご理解の程、よろしくお願いいたします。 通行止めが事故によるものである場合は、消防機関による負傷者の救助作業・警察機関による事故見分・弊社や協力企業による事故車両の排除に向けたレッカー作業・散乱物の除去・路面清掃といった作業や、事故によっては仮復旧のための工事も発生いたします。 関係機関が協力し早期解除を目指しているところですが、作業完了時点で通行止め解除となるものでございます。 解除にあっては、警察機関と弊社双方で安全確認を行う必要があり、弊社だけの判断でできるものではございませんので、あらかじめ、解除予定時間といったものをお知らせすることはできません。 (もちろん弊社内部においても明確な解除予定時間といったものは、解除直前までわかりません。 ) 地震・雨・強風・雪・霧等の異常気象に伴う通行止めの場合は、天候が安定した後においても倒風木の除去作業や除雪作業に加え、道路が安全に走行できる状態になっているかといった確認を、警察機関と弊社双方で行う必要があり、弊社だけの判断で解除できるものではございませんので、あらかじめ、解除予定時間といったものをお知らせすることはできません。 通行止めの解除予定について、正確な情報が無い状況で誤った解除予定情報をお知らせしますと、お客さまに多大なご迷惑をおかけすることになりますので、ご理解の程、お願いいたします。 なお、弊社管内の高速道路については、通行止め解除までの目安として、必要な作業内容や作業項目ごとの進捗状況を、下記により確認することができますので、ご利用ください。 アイハイウェイ(ハイウェイ交通情報) 高速道路とは、高速自動車国道と自動車専用道路をいいます。 交通ルールについては、道路交通法で規定されています。 そのうち、高速道路の特別な交通ルールは、主に次のとおりです。 最低速度の厳守 高速自動車国道の本線車道では、道路標識等で最低速度が指定されていない場合において、危険を防止するためやむを得ない場合等を除き、時速50km以上で走行しなければなりません。 (高速自動車国道の本線車道であっても対面通行区間や登坂車線には最低速度の定めはありませんが、著しい低速走行は後続車両が追突するおそれがあるなど危険な場合もありますので、制限速度を遵守のうえ、安全な速度での走行をお願いします。 ) なお、自動車専用道路の最低速度規制については、警察にお問い合わせ願います。 転回(Uターン)、後退、横断の禁止 高速道路の本線車道では、Uターンしたり、後退したり、中央分離帯を横切ったりしてはいけません。 駐停車の禁止 高速道路では、• 警察官の命令や危険防止のため、一時停止するとき• サービスエリア、パーキングエリアの駐車マスに駐停車するとき• 故障などのため、十分な幅のある路肩にやむを得ず駐停車するとき• 料金の支払いなどのために停車するとき 以外の場合は、駐車や停車をしてはいけません。 トレーラのキープレフト トレーラは高速自動車国道の本線車道を通行する場合、本線車道の左から数えて一番目の車両通行帯(第一通行帯)を通行しなければなりません。 ただし、次の場合には、第一通行帯のすぐ右側の車両通行帯(第二通行帯)を通行することができます。 最低速度に達しない速度で走行している自動車を追い越すとき• 道路標示により進路の変更が禁止されている場合において、通行している車両通行帯をそのまま通行するとき• 接近してきた緊急自動車(警察車両や救急車など)に一時進路を譲るとき• 道路の状況その他の事情により、やむを得ないとき 道路交通法第27条第1項(最高速度)【抜粋】 (施行日:平成19年6月2日) 最高速度のうち、自動車が高速自動車国道の本線車道(次条に規定する本線車道を除く。 次項において同じ。 )を通行する場合の最高速度は、次の各号に掲げる自動車の区分に従い、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。 一 次に掲げる自動車 百キロメートル毎時 イ 大型自動車(三輪のもの並びに牽引するための構造及び装置を有し、かつ、牽引されるための構造及び装置を有する車両を牽引するものを除く。 )のうち専ら人を運搬する構造のもの ロ 中型自動車(三輪のもの並びに牽引するための構造及び装置を有し、かつ、牽引されるための構造及び装置を有する車両を牽引するものを除く。 )のうち、専ら人を運搬する構造のもの又は車両総重量が八千キログラム未満、最大積載重量が五千キログラム未満及び乗車定員が十人以下のもの ハ 普通自動車(三輪のもの並びに牽引するための構造及び装置を有し、かつ、牽引されるための構造及び装置を有する車両を牽引するものを除く。 ) ニ 大型自動二輪車 ホ 普通自動二輪車 二 前号イからホまでに掲げる自動車以外の自動車 八十キロメートル毎時 上記より、• 弊社では、全てのお客さまに安心してご利用いただくため、交通安全啓発の一環として、警察とも連携しながら、ウェブサイト、ポスターやリーフレットなどによって「安全速度の遵守」「車間距離の確保」「全席シートベルトの着用」などの啓発を行っております。 しかしながら、一部のお客さまには、ルールをしっかりと守っていただけていないのが実情です。 弊社では危険な運転行為に対して、法律上、直接的には取り締まることはできませんが、管轄する高速道路交通警察隊に情報提供を行い、取り締まりの要請や、また警察とも連携しながら啓発活動を進め、お客さまが安心してご利用いただける道路空間としていきたいと考えております。 (なお、改正道路交通法の施行に伴い、平成21年10月1日から、高速道路での車間距離を詰めたいわゆる「あおり行為」の罰則が強化されています。 ゆとりをもった旅行計画を 行楽や帰省等で交通が集中するため混雑が予想されます。 お出かけ前に道路交通情報を お出かけ前に、携帯電話やインターネットなどで情報を入手することができます。 詳しくは、をご覧ください。 適度な休憩を取って安全運転を 交通の集中するこの時期は、夜間運転や長時間運転により、疲労がたまりがちになります。 最寄りのサービスエリア等を利用して適度な休憩をとり、安全運転に心がけてください。 給油やトイレはお早目に 高速道路のサービスエリア等も大変混雑します。 給油やトイレは余裕をもって、なるべく早目にお済ませください。 渋滞時の追突事故に注意 渋滞発生時には、渋滞の車列の中や渋滞の後尾での追突事故が発生しやすくなります。 渋滞にあったらハザードランプで後続車に合図するなど、追突事故の防止に心がけてくさい。 高速道路で事故や故障の場合 高速道路上での事故や故障により停止した場合は、道路上にとどまるのは非常に危険です。 ハザードランプや三角停止表示板、発炎筒などで後続車に危険を知らせたら、すぐにガードレールの外など安全な場所に避難してください。 また、非常電話による通報(道路管制センターにつながります)もお願いします。 交通管理隊を出動させるとともに、情報板を点灯し、二次事故防止のための後続車両への注意喚起を行います。 警察と連携して円滑に事後処理を進めていくうえでも、ぜひともお願いいたします。 また、非常電話またはで道路管制センターに通報をお願いします。 情報板を点灯し、二次事故防止のための後続車両への注意喚起を行いますので、ぜひともお願いいたします。 道路法では、一定の大きさや重さを超える車両を通行させることは、道路構造の保全と交通の危険防止の理由から、原則として禁止していますが、道路管理者がやむを得ないと認めたときに限り、その通行を許可することとしています。 高速自動車国道における寸法や重量の限度は、幅2. 5m、高さ4. (一般有料道路については、道路に応じて限度値が異なります。 ) よって、特殊車両を通行させる場合は許可申請が必要となり、また、許可が下りたとしても、許可書に記載された条件に従って走行していただくこととなります。 関門トンネル内の最高速度は、時速40kmです。 歩行者、自転車、軽車両、50㏄以下の原動機付自転車は、車道を通行することはできませんので、人道を手押しにてご利用ください。 車道については、対面通行のため、追い越しのために右側をはみだしての走行は禁止されております。 その他、実際のご走行にあたっては、道路標識に従っていただきますよう、お願いいたします。 関門トンネルは、危険物を積載した車両の通行が禁止又は制限されております。 詳細は、こちら()をご覧ください。 関門トンネルを通行する車両の諸元のうち、車両制限令に規定された一般的制限値を超える諸元が1つでもある場合は、特殊車両の通行許可が必要です。 詳細は、国土交通省山口河川国道事務所、もしくは北九州国道事務所へお問い合わせください。 危険物を積載する車両は、道路法第46条第3項の規定等に基づき、水底トンネルまたは長大トンネルの通行を禁止または制限されています。 NEXCO西日本管内では、第二阪奈道路 阪奈トンネル(西石切IC~壱分IC)・関門トンネル・九州自動車道 肥後トンネル(八代IC~人吉IC)・九州自動車道 加久藤トンネル(人吉IC~えびのIC)の4箇所となっておりますが、全国の危険物積載車両の通行の禁止または制限を実施しているトンネル、通行禁止の対象となっている危険物、通行制限の対象となっている危険物並びに当該危険物を積載することができる車両の種類、当該危険物の容器包装、積載数量及び積載方法に関する要件は、こちら()をご覧ください。 NEXCO西日本では、時々刻々と変化する道路交通状況を提供する手段として、「情報板」「所要時間情報板」や「ハイウェイラジオ」等の装置を設置しています。 現在の道路交通情報提供の考え方は、渋滞等が発生している区間の「その時点の道路交通状況」をご利用される皆さまにお知らせすることを目的に、表示内容は5分毎に更新して提供しています。 事故や故障車等の交通障害が発生すると、5分の間に渋滞長や所要時間が急激に変化することがありますし、提供装置の位置から渋滞の後尾までの移動距離による時間差によっても、道路交通情報は変化します。 このように、お客さまが提供装置を見る位置と事象が発生している区間との関係や、5分間周期による表示内容の更新によって、実際と異なる場合があります。 高速道路の渋滞は、大きく分けて以下の3つに分類されます。 (1) 道路の交通容量以上に交通が集中することに起因するもの。 (2) 交通事故に起因するもの。 (3) 高速道路における維持改良工事に起因するもの。 (1) は「交通集中渋滞」と呼んでおり、道路の交通容量の増加を図る各種対策を実施してきております。 特に、お客さまが渋滞を避けて快適にドライブしていただけるように、最新の道路交通情報の提供や渋滞予測情報の事前提供など、渋滞情報の提供の充実に努めております。 (2) は「事故渋滞」と呼んでおり、警察と協力し、迅速な事故処理による早期交通確保に努めております。 (3) は「工事渋滞」と呼んでおり、交通量の少ない曜日、時間帯を厳選した工事計画を検討実施し、渋滞発生の抑制に努めております。 なお、工事等規制の予定については、「」にてお知らせしていますので、ご活用ください。 交通集中渋滞は、ある特定の場所と時間に車両が集中し、車線数の不足等で交通容量を超えてしまうことにより発生します。 また、下り坂から上り坂に変わる場所など、ドライバーが気付かないうちに車両の速度が低下することでも発生する場所もあります。 渋滞対策として、ハード面では付加車線設置や四車線化といった拡幅事業や、名神改築事業、京滋バイパス、新名神、第二京阪などのネットワーク路線の整備を実施してきているところです。 また、料金所についてもETCの普及により、渋滞が緩和されてきたところです。 ソフト面でも「」やゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの混雑時期に「渋滞予測ガイド」を発行するなど、渋滞予測情報の事前提供を実施している他、ETC時間帯割引の導入や速度低下注意喚起等の対策を講じています。 弊社としましても引き続き、渋滞予測情報の広報を推進して参りますので、よろしくお願いします。 渋滞については、ある特定の場所と時間にお客さまが集中してしまうため、車線数などに不足が生じるなどの原因により、発生してしまいます。 入口閉鎖は弊社の場合、一定の地域内を通行する都市高速と違ってIC間隔が長く、閉鎖した場合の影響が広範囲にわたってしまいます。 また、料金所に入ってから上下線を選択して通行していただく構造の箇所が多いため、お客さまに進まれる方向をお尋ねする必要もあります。 結果として、多くのお客さまにご迷惑をお掛けすることにもなりますので、弊社管内の道路において入口閉鎖を実施することは好ましいとは考えておらず、実施するとしても慎重に行うべきものと考えております。 弊社としては、部分的な拡幅や速度低下に対して注意を促す看板を設置しているほか、ETC時間帯割引を導入しているところですが、引き続き渋滞解消に関する具体策を模索して参りますので、よろしくお願いします。 目標地の条件(「案内標識の表示地名に関する基準(案)について」より) 区分 目標候補地 基準地 (1) 重要地の中から特に主要な都市(おおむね1県1都市) 重要地 (1) 県庁所在地 (2) 政令指定都市 (3) 地方生活圏の中心都市(1地方生活圏で1つ) (4) 主要幹線道路が相互に交差する結節点を有する市 (5) 地方生活圏の設定されていない地域にあっては、(3)に準ずる都市 (6) 市町村合併後の新市の名称として使用されていない旧市名のうち、(1)から(5)に準ずるもので、かつ、字名等として残っているもの 主要地 (1) 二次生活圏の中心市、町 (2) 主要幹線道路が相互に交差する結節点を有する町 (3) 主要幹線道路と幹線道路、幹線道路と幹線道路が相互に交差する結節点を有する市、町、村 (4) 高速自動車道のインターチェンジ、空港、主要な港湾、鉄道の主要駅などを有する市、町、村 (5) 大規模な工業基地、流通団地等を有する市、町、村又は施設名 (6) 市町村合併後の新市町村の名称として使用されていない旧市町村名のうち、(1)から(5)に準ずるもので、かつ、字名等として残っているもの (7) その他、著名な史跡、名勝地等 一般地 (1) 重要地、主要地以外の市、町、村 (2) その他、沿道の著名な地名 案内標識の目標地は、高速走行中であっても瞬時に進路の判断ができる内容であること、かつ視認性にも優れている必要があることから、道路の性格、周辺の道路網、目標候補地の間隔などを考慮して総合的に判断して決められています。 またこの他、インターチェンジ(IC)出口やジャンクション(JCT)において案内すべきものと考えられるものは、補助標識や案内看板を設置して案内するようにしています。 案内標識の設置位置は、基本的には分岐部直前に1箇所と、分岐予告として2km手前、1km手前、500m手前の3箇所の合計4箇所に設置しております。 また、複雑な形状のJCTやIC出口の案内標識については、基本的にはどの車線を走っていてもご希望の車線に移動できるように、行先案内だけでなく分岐部の形状などをあわせて提供できる1枚の大型標識板を設置しています。 ただし、交通安全上、車線ごとに表示しておくことも必要と考えられる箇所では、補助標識として車線ごとの行先標識を設置しているところもあります。 しかしながら、ご提供できる情報量は視認性や板面の関係上、限られたものとなり、また、お客さまの行き先は千差万別で、全てのお客さまの行き先を網羅するような情報をご提供することは、不可能でございます。 あまり多くの案内標識を設置しますと、情報が多すぎて、短い通過時間でそのすべてを認識できず、ドライバーの視線が不安定になることも考えられ、かえって混乱を引き起こすことになるなど、交通安全上、好ましいとは考えておりません。 そうならないためには、基本的にはお客さまが出発前に地図でルートをご確認いただくか、目的の施設にお問い合わせいただくことをお勧めします。 今後も、皆さまの意見を参考にして、なるべく多くのお客さまにお分かりいただける表示内容について工夫を行い、より安全性を高めるよう、努めて参ります。 冬用タイヤ規制ですが、積雪又は凍結している道路においては、道路交通法第71条(運転者の遵守事項)第6号に基づき、公安委員会が道路における危険防止、交通安全の観点から、各都道府県道路交通法実施細則で滑り止め措置(スノータイヤ、タイヤチェーン等)の取扱いを定めており、全国的には「冬用タイヤ規制」も含めて「チェーン規制」と呼ばれることもあり、チェーン規制時においてもスタッドレスタイヤ等で通行できるところもあるようです。 冬季の降雪・積雪に伴う交通の規制については、以下のように段階的に行われるのが一般的です。 最高速度規制 通常、道路標識により指定されている「指定最高速度」につきましては、道路の構造や線形などに応じてお客さまの安全を確保する観点から、各都道府県の公安委員会(警察本部)で決めております。 これは、気象状況に応じて高速道路交通警察隊長の判断により臨時に行われるもので、最高速度が時速50kmまたは80kmに制限されます。 (一部例外として、各都道府県公安委員会の指定する最高速度が時速60kmに制限されている区間については、高速道路交通警察隊長の判断により、最高速度が時速40kmに制限されます。 ) 一般的には最高速度50km/h規制という状況が多いのですが、積雪していない状態で雪の降り始めのときなどは、まず、最高速度80km/hの規制が行われるところもあります。 この臨時の最高速度規制については、(可変式)速度規制標識により表示されますので、道路上の標識にご注意ください。 なお、一般的には、この「冬用タイヤ規制」も含めて「チェーン規制」と呼ばれることもあります。 全車通行止め 冬用タイヤ装着車、チェーン装着車も含め、全車通行止めとなるものです。 しかしながら、これらの交通の規制は、地域や降雪・積雪の状況により、必ずしもこのとおりにならない場合もあります。 例えば、冬用タイヤの装着率・チェーンの携行率の比較的低い、関西や九州などの地域では、降雪・積雪がある場合には、「最高速度規制」の後、「冬用タイヤ規制」や「チェーン規制」の段階を経ずに、「全車通行止め」となることがありますし、また、その他の地域においても「最高速度規制」、「冬用タイヤ規制」の後、「チェーン規制」を経ずに「全車通行止め」となることもあります。 降雪・積雪に伴う交通の規制に関しては、基本的に、道路交通法に基づく高速道路交通警察隊長の権限により行われるものですので、さらに詳細についてお知りになりたい場合には、お手数ですが、最寄りの警察機関までお問い合わせいただきますよう、お願いします。 また、お出かけになられる前には、道路交通情報や気象情報に十分ご注意いただきますことを併せてお願いいたします。 この運転者の遵守事項は、高速道路に限らず、一般道路においても同様ですが、こと高速道路においては、• 交通事故が発生した場合、一般道路と比較して被害が甚大となりがちであること。 凍結または積雪した道路で制御不能となった車が交通流を阻害することを、道路管理者として未然に防止する必要があること。 一般的にインターチェンジ(IC)間距離が長く、IC入口等で積雪や凍結がなくても、途中で積雪や凍結が発生することがあること。 気象条件の異なる地域を連続して高速で走行する高速道路では、規則を守るだけでは十分とは言えません。 いざという時のために、「全車輪とも冬用タイヤ」にすることにより安全性が高まり、高速道路での事故防止につながることとなります。 高速道路ではほとんどの場合、冬用タイヤで通行することができますが、特に一般道の山間部では積雪量や凍結状況によっては、全車輪が冬用タイヤでもチェーンを装着しないと走行できない緊急措置(「全車両チェーン装着規制」)が行われることもあります。 冬のドライブでは、冬用タイヤの装備はもちろん、必ずチェーンを携行してください。 製品の誕生した背景が、緊急時の滑りやすい路面からの脱出・安全な場所までの帰路を目的として開発された商品です。 耐久性等に問題があると聞いておりますし、乾燥した路面の走行では特に劣化しますので、長い区間をご利用いただく高速道路では、通行時に破損してしまった場合などに備えてチェーン等をお持ちいただきますよう、お願いいたします。 高速道路でのご利用については各都道府県警察の判断となりますが、長距離走行に適していないことから、冬用タイヤかチェーンを装着していただきますよう、よろしくお願いいたします。 時間にゆとりのあるドライブ計画を! 降雪状況によっては、速度規制や通行止めが実施されることもあります。 安全な速度での走行を!休憩もしっかり! 雪道は通常の路面よりも大変滑りやすくなっています。 また、休憩をしっかり取って、安全運転でお願いします。 早めの燃料の補給を! 交通規制や事故で渋滞・ストップしても、暖房のためエンジンを切ることは出来ず、予想以上に燃料を消費する可能性があります。 キャリアがゆるまないように! スキー、スノーボードのキャリアはしっかりと取付けてください。 また、スキー板の取り付けは、テールを必ず前方に。 最近、スキーやスノーボードの落下が非常に多くなっています。 途中のエリアで、ゆるみがないかチェックしましょう。 車の屋根やタイヤハウス(車体とタイヤの間)の雪落しは、こまめに実施を! 屋根に雪が積もったまま走行した場合には、雪が塊となって落下する場合もあり、後続車両には大変危険です。 また、タイヤハウスに溜まった雪は氷の塊になることがあり、ハンドル操作を妨げ、事故の原因にもなりかねません。 路面パトロールを行い、必要に応じて凍結防止剤の散布及び除雪をし、通行車両の交通安全の確保に努めています。 除雪や凍結防止剤散布作業中は、作業車の追い越し禁止です。 最高速度も時速50kmに制限されます。 (一部例外として、各都道府県公安委員会の指定する最高速度が時速60kmに制限されている区間については、最高速度が時速40kmに制限されます。 ) 「凍結防止剤」は「塩」を含んでおり、作業車に接近し過ぎるとお車の塗装面に当たることがありますので、車間距離を十分にとって走行してください。 また、雪が降ると一編成2~3台で除雪作業を低速走行で行い、安全で走りやすい路面を保っています。 除雪車の追い越しはできませんので、車間距離を十分にとり、後ろをゆっくり走ってください。 散布された凍結防止剤は大量の雪によって希釈されますので、一般的には、特に環境に影響を及ぼしているとは考えられていません。 ただ、凍結防止剤の主な成分である塩化ナトリウムや塩化カルシウムが、自動車などの金属を腐食させるかどうかは、その濃度に依存しますので、一概に判断することができません。 平成2年にスパイクタイヤの使用が禁止されてから、降雪地・寒冷地では、機械による除雪やロードヒーティングによる消雪のほか、凍結防止剤の散布による凍結防止も、路面凍結によるスリップ事故などを防ぐために欠かせないものとなっています。 したがいまして、道路管理者としては、冬期も安全で円滑な道路交通が確保され、かつ環境が守られるように、凍結防止剤の散布については、適切なタイミングと量を考慮して実施することに努めています。 また、現状の塩化物系に代わる非塩化物系の成分で、かつ凍結防止効果が高く、コストも適正な凍結防止剤の製品化についても、現在研究が進められているところです。 九州の冬用タイヤ規制につきましては、九州の高速道路の気候・利用の特性、(1)降雪期間が短い、(2)降雪量が少ないため、積雪・無積雪区間が混在する、(3)無積雪区間をチェーン装着車が走行するとチェーン切れを起こし、後続車がパンクするなどの危険性がある、(4)金属チェーン装着車(低速)と冬用タイヤ装着車(高速)が混在することによる安全走行上の問題などから、冬用タイヤ規制の実施権限者である各県警との協議により、九州のほとんどの高速道路(大分地区を除く)で他の地域が実施しているような冬用タイヤ規制を実施していないところです。 冬用タイヤ規制については、各県警と引き続き協議していきたいと思います。 お客さまにはご不便をお掛けしますが、ご理解のほど、よろしくお願いします。

次の

事務所からのお知らせ 熊本河川国道事務所|国土交通省 九州地方整備局

中央 道 通行止め 解除 見込み

中央自動車道が台風19号の影響のため、八王子インターと大月インターチェンジの間で通行止めとなっています。 14日(月)に山梨県のゴルフ場でラウンドの予約を入れていたので、13日(日曜日)の朝の段階から道路状況の確認をしていました。 当初は13日いっぱいで復旧するのではないかと楽観的に考えていたのですが、時間が経つにつれて大きな被害が出ていることが次々にNEXCO中日本から発表されました。 夕方のNHKの報道によれば、復旧の見通しは立っておらず、復旧まで数日かかる可能性もあるということです。 何箇所かで道路沿いの土砂が道路に流れ込んでいて、災害現場の写真を見ると相当量の土砂が流れ出してきたことが分かります。 さらには料金所の機械が故障する被害も発生しているとのことです。 中央道以外でも圏央道のあきる野インターチェンジと相模原インターチェンジの区間もあわせて通行止めの復旧の見通しが立っていないとのことです。 また、神奈川県西部を通る西湘バイパスは、道路上や関連の施設に台風による高波の被害が相次いでいる影響で通行止めが続いていて、解除の見通しはたっていないということです。 また、本来は中央道の迂回路となってほしい国道20号線や津久井湖から相模湖に接続する道も含め何ヶ所かで通行止めの箇所があります。 相模湖方面から山梨に入ることはかなり難しそうな様子です。 東名道で御殿場を回り、そこから山中湖方面に抜ける道も考えられますが、かなりの遠回りになりますので、事実上はこちらも厳しいです。 今回は山梨でのプレーはキャンセルすることとして、先ほど、ゴルフ場に連絡を入れました。 そのゴルフ場は本日は復旧のためにクローズとなっていたのですが、OUTコースで深刻な被害があり、14日はINコースを2周でラウンドする形になるとのことでした。 ただ、ゴルフ場まで行くことができませんので、前日のキャンセルということでゴルフ場の方でも快く受け入れてくれました。 それまでは、御殿場方面に迂回して東名道を使うルートが相模湖から津久井湖方面へと抜けるルートを選択するかになります。 ただ、どちらの道もかなり混雑しているようなので、利用にあたってはかなり時間に余裕を持つ必要がありそうです。 応急措置とはいえ、大変な災害であったにもかかわらず、これだけ短期間で復旧した工事関係者の皆さんには敬意を表します。 金曜日夜からの雨の量によっては、開通時期が遅れる可能性もありますので、中央道を利用する場合は公式サイトの情報をご確認ください。 暫定的な工事しかできていないので、雨などの気象により通行止めになる可能性が高くなっています。 引き続き、山梨方面へのお出かけには各社公式サイトの確認をお願いします。

次の

中央道「八王子〜大月」あす通行止め解除見込み 台風19号で被害 国道20号も復旧(乗りものニュース)

中央 道 通行止め 解除 見込み

台風19号により、中日本高速道路管内(10月14日20時発表)では、中央自動車道の八王子JCT~大月IC間上下線と西湘バイパス全線で 通行止めとなっている。 <中央道の土砂流入の様子(中日本高速道路)> <西湘バイパスの橋脚基礎下の様子( 中日本高速道路)> <圏央道八王子西IC(外回り入口)の土砂(中日本高速道路)> <圏央道高尾山ICが冠水(中日本高速道路)> 圏央道の高尾山ICと八王子西IC外回り(入口)で、閉鎖が続いている。 中央自動車道(上下線)八王子JCT~大月ICと国道20号通行止めに伴い、迂回経路として、中央自動車道河口湖(富士吉田)IC~宮御坂IC、一般道、東名高速、御殿場IC~御殿場東ICを案内している。 なお、中央自動車道は災害規模が大きいため、復旧作業に1週間程度要する見込み。 <水戸北SIC(東日本高速道路)> 東日本高速道路管内(10月14日21時30分発表)では、上信越自動車道の松井田妙義IC~佐久IC間を閉鎖しており、東北自動車道白河中央SIC上り線、常磐自動車道水戸北SIC、首都圏中央連絡自動車道の坂戸IC、上信越自動車道の小布施SICを閉鎖している。 <水戸北SIC下り線 流出ランプ(東日本高速道路)> <小布施 SIC(上り線)(東日本高速道路)> <小布施 SICの冠水状況(東日本高速道路)> なお、常磐道の水戸北SIC、上信越道の小布施SICは、周辺の河川の氾濫により、水没被害が大きく、利用再開まで相当の期間を要するとしている。 最新ニュース• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日).

次の