生 芋 こんにゃく レシピ。 旬の食材・健康レシピ

こんにゃくの作り方(生芋)【動画】|こんにゃくと下仁田ネギのせいたく庵

生 芋 こんにゃく レシピ

生芋を原料としたものが生芋こんにゃく、精粉(こんにゃく粉)を原料としたものが通常のこんにゃくです。 従来、業者はこんにゃく粉からこんにゃくを作るのが一般的で、生芋こんにゃくは産地で冬期間しか食べれない特産品的なモノでした。 こんにゃくの主成分はグルコマンナンという多糖類です。 こんにゃくを固めるのに必要なのはグルコマンナンだけですので、生芋を切断・乾燥・粉砕・搗精してこんにゃく粉にする過程でグルコマンナン以外のタンパク質や糖類などは除去されます。 こんにゃく粉は長期間保存でき、いつでも同じ品質のものができるというメリットがあり、工業生産には向いています。 一方、手作りの生芋こんにゃくは非常に美味しいのです(タンパク質や糖類が実は旨みの元になるから)が、安定した品質のものを周年生産するのはとても難しいのです。 こんにゃく市場が消費量の減少、輸入製品の増加、大手スーパーでの安売りなどによってジリ貧になってきた時、業者は差別化を図る意味で生芋こんにゃくに目をつけました。 ただし、生芋こんにゃくを謳うのであれば生芋100%で作るべきなのですが、手間とコストの問題、品質安定の必要性、同業者との価格競争の中でこんにゃく粉を混ぜるようになったようです。 生芋100%で生芋こんにゃくを作り続けている業者もあり、個人的には「生いもこんにゃく」という名称はこちらに限定すべきだと思っています。 「国産こんにゃく粉使用の生芋こんにゃく」というのは本来矛盾する表記なのですから。 ちなみに産地で食べる手作りの生芋こんにゃくは、市販の生芋こんにゃくよりはるかに美味しいです。 産地の直売所などを訪れる機会があれば、是非食べてみてください。

次の

【エコカナレシピ番外編】生の蒟蒻芋から作る「手作りこんにゃく」

生 芋 こんにゃく レシピ

乾燥肌を予防する生芋こんにゃくレシピ こんにゃくは昔から「お腹の砂払い」と呼ばれ、腸内をキレイにする働きで知られています。 グルコマンナンという水溶性の食物繊維を豊富に含んでいるためで、グルコマンナンは腸の働きを活発にして便秘を解消し、血中コレステロールを低下させる働きに優れています。 成分の約97%が水分で、ノンカロリー。 ダイエット食としても人気があります。 さらに生芋のこんにゃくには、「セラミド」という皮膚の角質層に存在する脂質を豊富に含んでいることが知られています。 セラミドは角質層のバリア機能と角質層に存在する水分を守るという、肌の乾燥を予防する重要な働きをする成分です。 乾燥肌を予防すると同時に、便秘や糖尿病などの予防にも有効なこんにゃくを、日常の食卓に登場させ、大気の乾燥した季節を乗り切りましょう。 味噌もセラミド成分を含有しており、水分保持に有効に働きます。 肌のかさつきを予防する優れた食べ合わせです。 にんにくの抗酸化力が細胞の酸化を防ぎ、若さ維持にも有効です。 食物繊維も豊富で、腸内の働きが整えられ、血中コレステロール低下が糖尿病の予防に有効に働きます。

次の

生芋こんにゃく と そうでないものと何が違うのですか?値段は違います...

生 芋 こんにゃく レシピ

乾燥肌を予防する生芋こんにゃくレシピ こんにゃくは昔から「お腹の砂払い」と呼ばれ、腸内をキレイにする働きで知られています。 グルコマンナンという水溶性の食物繊維を豊富に含んでいるためで、グルコマンナンは腸の働きを活発にして便秘を解消し、血中コレステロールを低下させる働きに優れています。 成分の約97%が水分で、ノンカロリー。 ダイエット食としても人気があります。 さらに生芋のこんにゃくには、「セラミド」という皮膚の角質層に存在する脂質を豊富に含んでいることが知られています。 セラミドは角質層のバリア機能と角質層に存在する水分を守るという、肌の乾燥を予防する重要な働きをする成分です。 乾燥肌を予防すると同時に、便秘や糖尿病などの予防にも有効なこんにゃくを、日常の食卓に登場させ、大気の乾燥した季節を乗り切りましょう。 味噌もセラミド成分を含有しており、水分保持に有効に働きます。 肌のかさつきを予防する優れた食べ合わせです。 にんにくの抗酸化力が細胞の酸化を防ぎ、若さ維持にも有効です。 食物繊維も豊富で、腸内の働きが整えられ、血中コレステロール低下が糖尿病の予防に有効に働きます。

次の