トリコロール デレステ。 【デレステ】トリコロール・シンフォニーの評価と考察

【デレステ】センター効果一覧

トリコロール デレステ

Contents• ユニット編成のやり方 それでは、ユニット編成のやり方を紹介します。 まずはセンターを決める まずはユニット編成の肝である、「センター」を決めるところから始めよう。 基本的にセンター効果により、どのユニットを編成するかが決まってくると言っても過言ではない。 センター効果は様々あり、ライフ上昇や特技発動率アップなどがありますが、ボーカルアピール値アップなど、アピール値を上げるセンター効果を持つアイドルを基本的にはセンターにしよう。 タイプが合っていないと効果を発揮しないため、必ずユニットは全員同じタイプで揃えるようにしましょう。 仮に、別のタイプのSSRを持っていたとしても、効果は対象外なので覚えておこう。 なお、アイドルを選びやすくするために、右上の「ソート機能」を使ってみるのもおすすめ。 ただ、例外としてトリコロール持ちはまた別なので、下の方で詳しく説明します。 おすすめ編成 おすすめ編成は、自動でユニットを組んでくれる便利な機能ですが、ただステータスの高い順にユニットが組まれるだけなので、慣れてきてからはおすすめできません。 特にアイドルが多くなってきたら センター効果や、センターとの相性を考慮して編成する必要があるため、自分でアイドルを選んで編成することをオススメします。 同キャラの編成について デレステでは、同じ名前のアイドル(同じエピソードのアイドル)でも、特訓前後ならユニットに入れることが可能です。 なので、アイドルが少ないうちはSSRなどステータスが高いアイドルは、特訓させずに同じユニットに入れることで、合計アピール値が多くなります。 ちなみに、同じアイドルでもエピソードが違えば、同じユニットに入れることが出来るのですが、ライブ中に出てくるアイドルはランダムで選出されたアイドルに変更されるため、残念ながら5人全員同じアイドルの映像を見ることは不可能。 なので、スクフェスなどではよく使われる「 艦隊編成」はあまり意味が無いことだけは覚えておこう。 特技効果の重複について デレステでは特技と言うものが存在し、発動すると一定の効果時間スコアアップやライフ回復などが期待できる。 しかし、この特技なのですが、 同時に発動した特技は片方しか反映されません。 スポンサードリンク おすすめのユニット編成 では、以上を踏まえて、おすすめのユニット編成はどのようなものがあるのか?このユニット編成次第で、スコアが大きく変わってくるのですが、特に楽曲ランキング上位狙いたい場合は、慎重に編成する必要があります。 メドレー形式のイベントでは、例えばボーカルバーストならボーカルアピール値にボーナスが付くため、ボーカルアピール値に特化したユニット編成するとより有利になるので覚えておこう。 なお、各アイドルのアピール値はこちら ボーカル特化ユニット をセンターに、ボーカルアピール値が高いキュートアイドルで編成。 ダンス特化ユニット をセンターに、クールユニットを編成 ビジュアル特化ユニット をセンターにビジュアルアピール値が高いクールアイドルで編成 トリコロール編成 デレステでは現状最強のセンター効果である「トリコロール」。 3タイプ全てのアイドルで編成時、全員のダンスアピール値が2倍になるという特技であり、キュート・クール・パッションからそれぞれ最低1名入れたユニットで編成すると、絶大な威力を発揮する。 今回はをセンターに、各属性からダンスアピール値が高い順で編成してみた。 サポートメンバーについて サポートメンバーは、総アピール値が最大になるように自動で10人選ばれます。 選ばれる基準は、曲のボーナスを含めた総アピール値が高い順。 違うタイプでも、総アピール値が高ければサポートメンバーに選ばれます。 なので、ユニットに入れる予定がないアイドルでも育てておく必要があります。 ちなみにですが、ユニットとは異なり、単純にアピール値が高い順番で選ばれるため、サポートメンバーには同名のアイドルが複数入ることもあります。 まだSR以上のアイドルの所持数が少ない場合はキャラバンイベント・その他イベントなどで獲得したSRをあえてスターレッスンせず、サポートメンバー用に育成するというのもありです。 スポンサードリンク.

次の

【デレステ】机上の空論で理想編成を考える

トリコロール デレステ

が、三色の配色なら何でも「トリコロール」と呼ばれるかどうかというと、そうではありません。 配色技法としてのトリコロール配色は、 高彩度の色や明度差の大きい無彩色を組み合わせた、明快な三色配色を指します。 代表的なのは、フランス国旗のような青・白・赤の配色です。 フランス国旗 イタリア国旗の緑・白・赤、ドイツ国旗の黒・赤・黄などの三色旗の配色も、トリコロール配色の一種と言えます。 イタリア国旗 ドイツ国旗 繰り返しますが、単なる三色配色ではなく、コントラスト感のある三色配色であるというのがポイント。 ビビッドトーンなどの高彩度色だけでもよいのですが、三色のうち一色を、その他の色と明度差が大きい無彩色にすると、よりコントラスト感が高い配色となります。 ところで、狭い意味では、「トリコロール」はフランス国旗のような配色のみを指します。 ファッションにおけるトリコロールは、青・白・赤の三色の配色です(色彩検定2級公式テキスト2版 73ページ参照)。 ただその場合、フランス国旗と同じような彩度の高い赤や青を使わなければならないわけではありません。 例えば青がネイビーに置き変わったり、赤が黄みによったりと、類似色相・類似トーンまでは許容範囲であるようです。 トリコロール配色の軍服 photo credit: via なお、「トリコロール」に似た言葉には、「ビコロール」があります。 ビコロール(bicolore)は、「二つの色」。 「ビコロール配色」で二色配色という意味になります。 ポイントは、ビコロール配色も、トリコロール配色同様、コントラスト感を必要とすること。 例えば、赤と白のボーダー模様などがあてはまるのですが、詳しくは「」の項目で説明します。

次の

【デレステ】ワイPが考える理想編成・トリコロール編

トリコロール デレステ

が、三色の配色なら何でも「トリコロール」と呼ばれるかどうかというと、そうではありません。 配色技法としてのトリコロール配色は、 高彩度の色や明度差の大きい無彩色を組み合わせた、明快な三色配色を指します。 代表的なのは、フランス国旗のような青・白・赤の配色です。 フランス国旗 イタリア国旗の緑・白・赤、ドイツ国旗の黒・赤・黄などの三色旗の配色も、トリコロール配色の一種と言えます。 イタリア国旗 ドイツ国旗 繰り返しますが、単なる三色配色ではなく、コントラスト感のある三色配色であるというのがポイント。 ビビッドトーンなどの高彩度色だけでもよいのですが、三色のうち一色を、その他の色と明度差が大きい無彩色にすると、よりコントラスト感が高い配色となります。 ところで、狭い意味では、「トリコロール」はフランス国旗のような配色のみを指します。 ファッションにおけるトリコロールは、青・白・赤の三色の配色です(色彩検定2級公式テキスト2版 73ページ参照)。 ただその場合、フランス国旗と同じような彩度の高い赤や青を使わなければならないわけではありません。 例えば青がネイビーに置き変わったり、赤が黄みによったりと、類似色相・類似トーンまでは許容範囲であるようです。 トリコロール配色の軍服 photo credit: via なお、「トリコロール」に似た言葉には、「ビコロール」があります。 ビコロール(bicolore)は、「二つの色」。 「ビコロール配色」で二色配色という意味になります。 ポイントは、ビコロール配色も、トリコロール配色同様、コントラスト感を必要とすること。 例えば、赤と白のボーダー模様などがあてはまるのですが、詳しくは「」の項目で説明します。

次の