桐生 競艇 場。 桐生ボートレース場

桐生 競艇場

桐生 競艇 場

桐生競艇場は 1956年に 開場。 全国の 24競艇場の中では最も遅い開場だった。 1997年に日本の競艇場で初めてのナイター競走「 アクアンナイト」を開始。 当時桐生市が運営していたが、 経営不振状態になり、 2003年度限りでの閉鎖を検討していた。 その時 第2施行者だった阿左美水園競艇組合が 桐生市主催分の全日程を引き継いだことで存続が決まった。 2005年には 新スタンドである 南ウィングが完成。 その時あったスタンドが北ウィングとなった。 新スタンドの中には斬新な畳が敷いてあるグループ席が設けられていたり、全国の競艇場で初めて周回展示において通常の 展示タイムと、 直線タイム、 周り脚タイム、 半周ラップタイムを公表。 経営の黒字化に奔走した。 2014年には、公営競技で初となる全面LED証明に切り替えた。

次の

桐生競艇場

桐生 競艇 場

1.季節ごと出目データ 引用元:BOAT RACE桐生HP これを見る限り、第1レースは4号艇にA級選手、それ以外がB級選手。 第6レースはA級選手が1号艇、それ以外がB級選手。 というレースが組み込まれている一攫千金レースも大きな波乱は少なく、順当に第1レースは4号艇、第6レースは1号艇が勝っているなという印象を受けます。 その他では夏場に高配当の舟券が出ている印象を受けます。 これはやはりボートレース桐生(桐生競艇場)独特の気候が多少なりとも関係しているように感じます。 夏場は冬場に比べて水面状況は穏やかになりやすいのでダッシュ勢やスピードレースを得意としている選手の出番も多くなってくるので一概に「インコース有利」とは言えない状況が増えるのではないでしょうか。 2.2連単、3連単出目データ 引用元:BOAT RACE桐生HP 2連単と3連単の出目のデータを見ても当然と言えば当然ですが、1コースの勝率が全国平均よりも若干低いボートレース桐生(桐生競艇場)であっても1号艇が連に絡んでいる出目のパーセンテージが高いのが良くわかります。 競艇において1-2-4の3連単の買い方をされる方は多いかと思いますが、ボートレース桐生(桐生競艇場)においても第2位にランクインされていますので信用度はかなり高い(?)かもしれませんね。 3.3連単高額配当ランキング 引用元:BOAT RACE桐生HP こちらも当然と言えば当然ですが、高配当は6号艇がほとんど絡んだ舟券になっています。 先ほどの季節ごとの出目データでも気になったのですが、第3レースが比較的高配当になりやすくなっているように感じます。 もしも、高配当狙いで行こうと思われているのであればボートレース桐生(桐生競艇場)の場合は第3レースは狙い目かもしれませんね。 *参考 4.まとめ ボートレース桐生(桐生競艇場)は公式HP上でかなり役立つデータを提供してくれていて、予想する側としては非常に参考になるようなデータばかり掲載されています。 ボートレース桐生(桐生競艇場)は他の競艇場に比べれば万舟券も出やすい競艇場ではないかと個人的には感じていますのでこちらの出目データが参考になるかはわかりませんが、参考にされたい方は是非参考にしてみてください。

次の

桐生競艇場が変わった!?

桐生 競艇 場

桐生競艇場の特徴 ピットから2マークまでの長さが長く、ピット離れが良ければインコースを取ることが可能となる。 インコースが強い水面なので、ピット離れがよければ勝利できる可能性が高くなる。 そして、全国24ヶ所の競艇場で最も北にあり、少々空気が薄くなっている。 選手同士では、モーターのパワーが大きく影響するコースになると言われています。 なので、機力差と体重差が結果に大きく影響すると言えるでしょう。 コース別勝率 1コース:33.0% 2コース:20.8% 3コース:17.6% 4コース:14.8% 5コース:13.0% 6コース:0.8% ピット離れによって侵入コースが変わってくるので1号艇が勝率が高いコースになっていません。 それだけ、スタートでインコースの入れ替わりがあるコースと言えます。 最終的なポイント 今回の競艇場は本命狙いで勝負する人はやめておいたほうが良い。 高額配当狙いの穴狙い好きの人はここで勝負しましょう。 それだけ的中は難しくなりますが、的中時の配当は他の競艇場と比べると高めになっていますので、大勝負ができそうです。 機力次第でランクの低い選手でも十分に活躍ができるので、人気薄やアウトコースの機力が良いモーターを使用しているレースがあれば穴舟券を的中できるかもしれません。

次の