沢村栄純 ナンバーズ。 ダイヤのA(エース)沢村栄純が投げてるナンバーズの正体とは?球種についても

[不動]沢村栄純

沢村栄純 ナンバーズ

その時、 当時の4番でドラフト3位に指名された超高校級スラッガーの東清国と対決することになりました。 ターニングポイント ここで御幸と出会い、自分の投球を引き出してもらったことに沢村は感動を覚えました! そして、東からなんと三振を奪うんですよね。 弱小中学の野球小僧が、プロ内定の選手から三振奪うこの時点で才能の塊ですね。 ここから 沢村伝説が始まります!!! 入学初期 大遅刻とライバル 青道野球部に入ることを決めた沢村は増子(3年)と倉持(2年)と同室になります。 そして前日のゲーム大会の夜更かしによって、初日の練習に遅刻してしまいます。 ただこの遅刻は、今考えると目をつけてもらいやすくなったので良かったのではないか?と考えています(笑) そして、市大三高戦での居残り時に降谷と出会います。 キャッチボール時に剛速球を投げられ唖然とし、その後もライバルとして立ち塞がっていきます。 2軍生活~夏大会ベンチ入り 師弟関係でのベンチ争い 2軍生活 クリス先輩との出会い 紅白戦で投手を試し切り、仕方なく沢村を登板させるとなんと3年生を三者凡退にしました。 増子には1発を浴びましたが実戦練習復帰に成功しました。 そこで沢村は2軍で クリスとバッテリーを組むことになります。 最初は御幸と組むことができず、苛立っていました。 しかし御幸にクリス先輩の過去を明かされ師匠として慕うようになりました。 ここから野球の基礎、投手の軸であるフォームを教わっていきます。 1軍2枠をかけた黒士館戦 夏大会エントリー直前にベンチ入り2枠を兼ねた2軍戦が行われました。 相手は黒士館高校。 この試合の途中で澤村が登板するも、小野が沢村のクセ球を取ることができずピンチになります。 そこで急遽クリスがマスクをかぶり、師弟バッテリーが実現します。 天才的な野球センスによるゲームメイクでピンチを切り抜け試合を作ります。 次の回、沢村が中学時代の強打者でクリスと同じくケガに泣いた財前を打席に迎えます。 ここで沢村は粘る財前に対し、 旧フォームから繰りだした渾身のストレートで三振を奪います。 ここでクリスは初めて沢村のボールを誉めました。 この試合でしっかりアピールすることに成功しました。 ターニングポイント この試合後、室内練習場にて残り2枠のメンバーが発表されました。 ここで選ばれたのは、沢村と小湊でした。 しかし、沢村は納得できませんでした。 それは、自分のピッチングを引き出してくれたのはクリスだったからです。 圧倒的実力を持つクリスを選ぶべきと自分で思っていたのです。 この経験から沢村は、背番号を背負うとはどういうことなのかをより感じることができました。 選ばれなかった奴らの代表として、勝ち進んでいくことを決意します。 主にりりーフとして登板しました。 様々な強打者と対面し、コントロールの大切さや、ランナーを背負ってのピッチングなど実戦経験を積むことによって成長していきます。 決勝 vs稲城実業 ここ数年の王者、成宮率いる稲城実業との対戦。 沢村は丹波に代わって3番手としてマウンドに上がります。 ランナーを背負っての場面で5番成宮との対戦。 ここで沢村は、 インコースストレートで3球三振を奪います。 正確にインコースを突き気持ちのこもった球でリリーフに成功します。 次の回以降も続投し、ランナーは出すも要所でインコースを突き、詰まらさせて抑えます。 ムービング、カットボール、フォーシームを使いこなし9回まで無失点出投げぬきます。 リードして迎えた9回2アウト、あと1人の状況。 しかし、ここで稲実2番白河に 頭部死球を与えてしまいます。 沢村は相手の気迫に押され放心状態になり、そのまま川上に交代されてしまいました。 その後逆転され、甲子園への切符を逃してしまいました。 ターニングポイント その後沢村は、自分の支給のせいで負けたと思うようになります。 そして、緊迫した場面で頭部死球を当てたトラウマからインコースに投げられなくなりました。 いわば イップスです。 しかし、そのイップスが今後沢村の投球の幅を広げるようになり、 更なる成長へとつながっていきます。 まともに投げることができず、投手人生をあきらめてもおかしくない状況でした。 そんな中また手を差し伸べてくれたのはクリスでした。 クリスがこの時伝えたアドバイスは、 アウトコースに投げ込むことでした。 これまで沢村はインコース1本で勝負してきました。 ですのでアウトコースに投げ込むことによって、イップスの症状を緩和することをクリスは考えていました。 そのアドバイス通り取り組み、秋大会を迎えます。 そして1回戦の帝東高校戦でアウトコース中心のピッチングでリリーフに成功します。 続く2回戦の七森戦では精神的な安定面と気持ちの強さを取り戻し、インコースにも投げ込めるようになりました。 これにより大きな壁を乗り越えた沢村は、やっと エース争いのスタートラインに立つことになります。 変化球 コーナーに投げ分けるストレートが武器となった沢村は、変化球が欲しいと欲張ります。 そこで今度は落合コーチが緩球として チェンジアップを教えます。 様々な持ち方、腕の振り方を試しました。 ターニングポイント 一夜漬けで覚えたチェンジアップを披露した試合が、ベスト4をかけた王谷高校との試合でした。 沢村はこの試合先発として起用されます。 初回に相手に揺さぶられ崩れるも、その後は内と外を突くピッチングで抑えていきます。 そして、7回に王谷の4番に対してチェンジアップを解禁しました。 その球は、見事低めに決まり三振を奪います。 この試合は 見事沢村1人で9回を投げぬきました。 許したヒットはたったの3本で、球数は109球で1失点と完璧なピッチングでした。 この変化球習得により、またエースに大きく近づきました。 甲子園リベンジへ ストレート原点回帰 準決勝の成孔を何とか破り決勝へコマを進めました。 その後降谷は怪我をし、決勝の薬師戦は川上と沢村の2人で投げることに。 沢村はある日の自主練、ムービングやツーシームなどの精度を確かめていた時に御幸から、 変化球を生かすも殺すもストレート次第と告げられました。 そこでスピンを利かすことを意識するとチェンジアップとは対照的なノビる真っ直ぐを習得します。 ターニングポイント 変化球を覚え、その後は原点であるストレートに魅力を感じ始めた沢村は、このあと 轟を詰まらせるまでのストレートに進化させます。 夏大会と秋前の練習試合で、2本もホームランを打たれている天敵に、ストレートで勝負できるようになりました。 まだまだ細かい課題はありますが、降谷と競り合うレベルにまで成長することができました。 そして沢村の成長により投手陣が安定し、厚みが増した青道は見事薬師高校を下し、秋大会優勝を果たします。

次の

【パワプロアプリ】[不動]沢村栄純の評価とイベント

沢村栄純 ナンバーズ

田舎の中学ではエースとして、キャプテンとして、弱小校でプレーしていました。 中学時代、ピッチング指導をしてくれる指導者もいなく、独自の努力で生まれた産物が変則的フォームとムービングボール。 高校入学後、この二つが大きな武器となり、相手バッターを翻弄していきます。 柔軟な肩関節や手首のおかげで打者から見るとリリースポイントが見づらく、球速よりも速く感じるピッチングができるのが特徴です。 2年生でこれだけの球速があれば十分速い方ですよね。 コントロールも抜群で内外投げ分けられ、入部当初に取り組んでいたタイヤ引きもあってなのかスタミナも心配もありません。 弱小校で負け続けた経験もあるため、ピンチでも落ち着いたピッチングができるのも持ち味の一つです。 変化球については、入学当初はストレート一本と豪語していた沢村でしたが、実は球が揺れる ムービングボールを投げていました。 本人も気づいておらず、その武器を活かせない期間が続いていましたが1年夏までには、試合で使えるくらいにはなりベンチ入りも果たしています。 観客席からは平凡なピッチングにしか見えないのですが、打席に立ってみると非常に打ちづらい球を放ります。 秋季大会からはチェンジアップを習得し、握りを変えることによっていろんな変化があることを認識します。 元々、ちゃんとしたピッチング指導を受けていなかったため、鷲掴みで投げることに対しても何の抵抗もなく投げれていました。 中でも『 ナンバーズ』と呼ばれている球種が沢村の決め球になることが多いです。 その『ナンバーズ』とはどんな球種なのでしょうか? 沢村が投げているナンバーズの正体 沢村が投げているナンバーズとは、元々投げていた ムービングボールの進化版です。 沢村は自分の意識していないところでムービングを投げていましたが、ムービングの正体に気づいてからは投球フォームや握り方の改善によって、自在に扱えるようになりました。 1年生の冬練習の時にはボールの握りを試行錯誤して、七色の変化球を制御できるようになったのです。 ナンバーズはキャッチャーの御幸一也と共に作り上げ、数字と握り方を紐づけて投球を組み立ていくようになります。 厳密にどの数字がどの球種なのかは明確になっていないものもありますが、ナンバーズの正体を解剖していきたいと思います。 ナンバーズの球種は12種類 ナンバー0:ゼロシーム 指から縫い目を外したゼロシーム。 一部では ナックルではないかという声もあります。 というのもナックルボールがゼロシームと名付けられるようになったこともあります。 ナンバー2:ツーシーム 指を縫い目に2か所かけて投げる球種で、メジャーリーグでも多用されているボールですね。 ストレートとほぼ変わらない球速でありながら、 少しシュート回転しながら曲がっていきます。 ナンバー3:チェンジアップ 沢村が秋季大会で良く使っていた球種ですね。 コーチからチェンジアップを提案されて投げて見たら思いのほかハマり、ナンバーズを覚えるきっかけにもなりました。 ナンバー4:フォーシーム いわば、 ストレートのこと。 1回転する時に縫い目が4本見えることから名づけられています。 普通のピッチャーはこのフォーシームを基本にしてピッチング指導を受けますが、沢村は中学時代まで指導者に恵まれていなかったため、普通のストレートすらも投げることができませんでした。 そのおかげでナンバーズが生まれたと言っても過言ではありませんが。 ナンバー5:カットボール ストレートと同じ軌道できたと思ったら打者の手元で微妙にスライダー気味に曲がります。 速さもフォーシームとほぼ変わらないので、芯を外すピッチングをするときによく使います。 ナンバー6:スプリット まだコントロールが安定していませんが、一応投げれます。 ライバルの降谷も多用している球種ですが、沢村も投げれるようになれば重宝されていくでしょう。 ナンバー7:カットボール改 キレの良さと曲がり幅が格段に上がったカットボール。 後輩キャッチャーが捕球できないほどの球質です。 試合で使ったら確実にバッターを打ち取れるボールだと思います。 ナンバー11:高速チェンジアップ 普通のチェンジアップよりは速いチェンジアップです。 同じフォームで緩急の段階を3段階に分けられるということですね。 ナンバー11がスプリットとする説もありましtあ。 まだナンバーズは完成していない 0から11まであるとされるナンバーズ。 結局、たくさんの変化球を投げているにすぎないのですが、ナンバーズと言ったほうがかっこいいですよね。 しかし、 1,8,9,10はまだ何の変化球か明らかにされていません。 それに明らかにされているナンバーズの中でもコントロールが安定していない球種もあるので、ナンバーズは未完成と言えます。 沢村は御幸とナンバーズを作り上げることを一つの目標にもしています。 と結論付けては面白くないので、現実世界でこれだけの球種を投げられるようなピッチャーがいないかと思い、探してみました。 僕が探してみたところ、一番ナンバーズを投げれそうなピッチャーは 田中将大選手ではないかと思っています。 田中選手は日本人選手では珍しいナックル(ゼロシーム)も投げれるようになり、日々進化を遂げている選手です。 現時点で確認されている変化球は、• ストレート(フォーシーム)• カーブ• チェンジアップ• スライダー• カットボール• スプリット• ツーシーム• フロントドア(シュート?)• ナックル と、多彩の球種を持っています。 器用なタイプのピッチャーでありながら球速もあるので、無双状態ですよね(笑) 元々多くの変化球を投げ分けていたのですが、さらにナックルも新しく覚えてしまうのですから驚きです。 30歳も超えて、球速がどんどん遅くなっていくことは避けられませんが、これだけの球種を使い分けて配球を組み立てていけば、かなり長い間、メジャーで活躍できそうですね。 将来、12個の球種を投げられる日も近いかもしれません。 まとめ.

次の

ダイヤのA act2で沢村栄純が覚醒した球種と球速は?アニメでナンバーズ習得で無双? | マジマジ情報局

沢村栄純 ナンバーズ

Contents• ダイヤのA降谷が沢村を【栄純】呼びしている件について ダイヤのA降谷が、沢村を【栄純】呼びしている件についてですが・・・あなたはこれ、どう思いますか? 個人的には仲が深まったのかな、良いライバル関係を続けているな、という印象だったのですが…アニメ化に際して、より一層この栄純呼びが盛り上がっているんです! 今回は、 【栄純呼び】に対する考察を詳しく考察していきます。 いつからこの呼び方を始めたの? まずは、いつから呼び始めたのかについて。 実は、降谷が沢村を栄純呼びし始めたのは、結構最近です。 この時、沢村は同地区ベスト8前後の力とみられる中堅校【 火野高校】との試合で先発していました。 結果は7回を無失点、エースと呼ぶにふさわしい結果を残しています。 確実に成長を続ける沢村に、降谷は思いをつのらせます。 そして、自分自身もっと上を目指す気持ちを新たにするとともに、 沢村をライバルとして改めて認識したのです。 その時に出たのが、この「栄純」という呼び方。 実際、初期~この話以前は• 名前:降谷暁 一人称:僕 作品名:ダイヤのA ジャンル:少年漫画、アニメ、舞台等 属性:野球部エース、主人公のライバル CPキャラ:沢村、御幸、他 一言:まさかの「栄純」呼びに喜びと興奮を隠しきれませんでした。 またアニメ化にて、遂に降谷の口から「栄純」という呼び方を消えるということもあり、それを アニメ放送前から楽しみにしている方の声がかなり多かったのも驚きでした。 まあ、この2人のこれまでの関係性を考えれば、降谷の沢村呼びは本当に大きな意味を持っているとも言えますしね。 関係性が出来つつあり、下の存在ではないにしろ、自分の相手とは考えていなかったような態度を見せていた降谷が、一人のライバルとして、チームメイトとして認めた瞬間でもあったのです。 これを喜ばないファンはいませんね! 【栄純呼び】がここまで話題になった理由とは さて、ここで一つ気になるのは、何故話題に事欠かないダイヤのA act2において、この 栄純呼びがここまで大きく話題を呼んだのかという点です。 確かに珍しいことではありますが、 「チームメイトじゃん」 と言えばそれまで(笑) しかし、普段無口な降谷で、正直しゃべるのも下手、チームメイトとのコミュニケーションもまだまだな降谷です。 そんな彼が、 「ねえ」「キミ」としか呼ばなかった沢村を、まさかの栄純呼び!! これには、ずっとダイヤのAを追いかけてきたファンたちが喜んで当然です。 この一件の後、沢村が初エースとしての登板で緊張している際にもマウンドに行き、栄純呼びすることで緊張をほぐすシーンがあった降谷。 沢村が成長しているように、降谷もまた、仲間の状態を見て声を掛けると言ったエースらしい振る舞いが出来つつあります。 二人の関係は本当に良いですね。 ライバル関係であり 、お互いがお互いを高めあう、まさに理想のような関係性です。 今後も、降谷と沢村が更にお互い切磋琢磨し、強くなっていけば・・・今年の夏こそ、青道高校は甲子園優勝もあり得るのかもしれません! まとめ 今回は、 ダイヤのA act2において降谷が沢村を「栄純」呼びしたことについて考察しました。 というか、これだけ話題になる時点で、もう本当にみんなダイヤのAが、そして降谷と沢村の関係が大好きなんだろうなと思います! ライバルだけでなく、チームメイトでもあり、友人でもある彼らだからこその呼び方であり、この言葉が 1年間の野球部生活で培われた2人の関係性を表しているようです。 名前でわかる、降谷の沢村への友情。 言葉で多くは語りませんが、お互いに認めあっている2人、今後もエースを争い、さらなる飛躍をしてもらえればなと思います!.

次の