ドキュメンタル 面白い。 今回のドキュメンタル、今までで一番面白くないですか?

【大爆笑】ドキュメンタルのおすすめ回まとめ!面白い順ランキングを発表!

ドキュメンタル 面白い

基本ルール 1:開催前に芸人に招待状が送らる。 「参加費100万円を用意すること」「優勝者には1000万円が与えられること」などが記されており、辞退もOK(過去に辞退者いる) 2:ある程度のものなら持ち込みOK! 3:くすぐりなどで物理的に笑わせるのは NG。 4:制限時間は 6時間。 5: 笑ったら負け。 笑いの判定は主催者の独断 基本的に笑ったかどうかの判断はモニター室にいる主催者(日本なら松本さん)が独断で決めます。 主催者が笑ったと判断した場合、ストップボタンが押されいったん休止に。 その間は笑ってOKです。 3つのカード 笑ったと判断された場合は3つのカードのうちどれかが渡されます。 イエローカード 1度目に笑った場合に出されるカード。 オレンジカード イエローカードを受けた後に弱めの笑い判定が出た場合(微笑、にやけなど) 1度目でも結構笑った場合に出ます。 レッドカード これが出された時点で失格・退場(シーズン3以降はゾンビ化)となります。 オレンジの後や、イエローの後でも思いっきり笑っていると出ます。 オーストラリア版の特別ルール 100万円の参加費が無料! 3分間だけ全参加者の注目を集められる ジョーカーカードが追加! オレンジカードがない。 オーストラリア版ドキュメンタルは面白い? 意外と面白いです。 映画『オーシャンズ11』のようなスタイリッシュな感じで始まった割には、結構泥臭くて好きです笑 特にフランクさんがいち推しです。 大御所ぽいのに一番はしゃいでいるのがすごい! あの人なしでは成り立ってない気もします。 あと、これは好みが分かれますが、序盤から下ネタが異常に多いです。 かなりきつめの下ネタです笑 ここには文化の違いを感じましたね。 正直大笑いできるかというと何とも言えませんが、そこそこ面白いです。 参加者 レベル・ウィルソン 主催者。 映画『ナイトミュージアム3』に女性警備員役で出演されていましたね。 女優でありコメディアンでもあるようです。 アン・エドモンズ 赤い服を着た女性。 バンジョーが弾ける人。 オーストラリアでは知らない人がいないほどのコメディ界の大スターだそうです。 (アマプラの別番組の詳細にあった) ベッキー・ルーカス オレンジの服にジーンズを履いている女性。 作家でスタンダップコメディアン。 ディルク・ジャヤシンハ 俳優の加藤諒さんにちょっと似ている人。 スリランカ出身。 イギリスのドラマ『Utopia』に出演していたそうです。 (Ashan役) 『Utopia』は大好きなドラマなんですが、Ashanてどんな役でしたっけ笑 エド・カヴァリー 身長が高くてガタイのいいポロシャツの人。 コメディアン、俳優、作家、ラジオ、テレビの司会者。 子供が生まれたため、朝食ショーを辞めたそうです。 フランク・ウッドリー スーツを着たジェントルマン風な人。 大御所っぽいのにやたらふざける人笑 『Lano and Woodley』のコンビで知られる。 スケッチコメディーやコントショーなどを得意とする。 相方はコリンレーン。 コメディアン、作家、ミュージシャン。 子供向けの作家でもあり、子供向けの本を執筆しているそうです。 ジョエル・クリーシー 金髪の好青年風な人。 毒舌王子的な感じですかね? ナジーム・フセイン チェックシャツの人。 2016年の iTunes Best Comedy Podcastで優勝。 コメディアン、俳優、テレビ、ラジオの司会者。 ニック・コーディ シャツを着た人。 スタンドアップコメディアン兼ポッドキャスター。 サム・シモンズ とにかく奇抜な人。 この人とフランクがいないと見てられない。 メルボルン国際コメディフェスティバルで2015年のバリー賞受賞者。 普段の活動はいろいろ調べましたが、いまいちわかりませんでした笑 スージー・ユセフ 日本人にはわかりにくい宗教ネタをやっていた人。 (日本ならBPOものかな?) 作家兼女優。 おわりに たまには海外のコメディ番組も新鮮でおすすめです。

次の

【配信確定!】ドキュメンタル シーズン8の出演者を予想してみる

ドキュメンタル 面白い

招待状を手にした者は驚き、戸惑い、喜び、苦悩する。 このバトルに参加するのかしないのか、参加費100万円をどう工面するのか。 それぞれが葛藤する。 そして勇敢な10人の参加者が一堂に会し、いよいよドキュメンタルの火蓋が切って落とされる。 ジャンル:お笑い• 出演:ジミー大西、FUJIWARA 藤本敏史、宮川大輔、野性爆弾 くっきー、ダイノジ 大地洋輔、東京ダイナマイト ハチミツ二郎、とろサーモン 久保田和靖、天竺鼠 川原克己、トレンディエンジェル 斎藤司、マテンロウ アントニー• 監督:松本人志• 公開:2016年11月30日スタート• 時間:46分 (全4話) ドキュメンタル 動画の内容 HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタルは、ルールを元に行われるAmazon プライム動画 独占の放送番組です。 ドキュメンタルのルール• 参加者は100万円を持参• 笑ったら警告及び退場(イエローカード・オレンジカード・レッドカードあり)• 制限時間6時間• 松本人志が裏でモニタリングをして、判断をする。 松本人志の判断で時間を止めて忠告が可能。 最後まで笑わなければ賞金1000万獲得 お笑い芸人達が100万円を各々持ち寄り、1000万円をかけて笑わずにいれるか!というバトル! 最後まで残れば、1000万円獲得できるという簡単なルール。 これを、6時間やるそうです。 結構、このメンバーで6時間も笑うのを我慢するのってキツイですよね。 開始早々、1話目から腹筋崩壊しそうでした。 私には、コレはツボでした。 毎週水曜日が楽しみですね!! モニタリングしている松本人志の判断で、ストップを押して、各自に警告を促す。 まだ、始めなので甘い感じがしますが、これからどんどんエスカレートすると思われます。 ドキュメンタルとはどんな意味? そもそもドキュメンタルとは?と思ったりしますが、恐らく「ドキュメンタリー」と「メンタル」を掛け合わせた造語のようです。 なるほど!って思いましたね。 このゲームは、名の知れたお笑い芸人達が笑わして、自分は絶対に笑わないというお笑いバトルロワイヤル状態だからメンタルが大事ということなのでしょうね。 笑わないというのは、自分との戦いのようなものですからね。 どこまで笑わずにいられるかが勝負ですね。 ドキュメンタル シーズン1 配信内容 HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン1 一話 公開日:2016年12月14日水曜日 第三話(エピソード3) 毎週水曜の0時を迎えるのが楽しみになっています。 ww 今回は、メチャメチャ面白かったですね。 笑い過ぎて腹が痛かったです。 ティッシュの場面から、テンガエッグの辺りでツボに入ってしまいました。 その後は、笑いっぱなしで涙でてきました。 三話目で、ドキュメンタルを観ながら「自分もどこまで笑いを堪えられるか!」という楽しみまで覚えました。 笑いを我慢するのって、結構大変なんですね。 しかし、芸人が集まると色んな事を考えてするんですね。 面白すぎます! 【脱落者】4名残り6名 【動画】HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン1 四話 公開日:2016年12月21日水曜日 第四話(エピソード4) いよいよ最後!誰が賞金1000万円を獲得するか? そして、誰が一番笑わずにいられるか? 最終的に、3名になり最終戦! 意外と辛い戦いになりましたね。 笑わずにいるのも辛いですが、fdsf笑わすのも大変なんですね。 あるゾーンに入ると、いきなり笑ったり、いきなり笑わなくなったり。 その一線をどのように左右するか凄く面白い戦いになりました。 是非、シーズン2を観てみたいです。 HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン2 2017年に配信予定。 詳細が分かり次第、更新したいと思います。 Amazon独占配信 ドキュメンタル 動画 Amazonプライム・ビデオ・コンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレルは「松本人志さんと一緒に、この革命的なバラエティ・シリーズの製作を実現できて、大変うれしく思います。 日本で芸人として大活躍されている松本さんは、海外でも『大日本人』や『R100』などの映画監督としても有名です。 この新しいバラエティ・シリーズへのAmazonプライム会員の皆様からの反響を楽しみにしています。 本シリーズは芸人の皆さんによる本気のお笑いバトルと言えるでしょう」とコメントしています。 Amazonプライム ビデオでも「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」が過去最高の視聴率を記録したとも発表しています。 Amazonプライム会員は、Fireタブレット、Fire TV StickやAmazon Fire TVなどのAmazonの各デバイスやお手持ちのスマホ・タブレットの配信をダウンロード可能。 勿論、オンラインでも視聴が可能。 【公式サイト】 HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル動画の賭博罪疑惑? 公開当時から、この番組の賭博罪疑惑ですが、Amazon側は「賭博罪に当たらない」と公式発表をしています。 さて、皆さんはどう思いますか? これが、海外で行われていれば問題ないのでしょうが・・・そうでもなさそうですよね。 もしくは、このお金は番組側が用意して、あたかも皆で持ち寄ったかのように演出をした? そうなると、ヤラセ疑惑になるので、それは考えたくないですよね。 法律には詳しくないですが、恐らくグレーな線なのかもしれませんね。 集めた100万円は、掛け金としてではなく、参加料として集めてるのでその辺もきわどいのかもしれません。 何かのコンテストに参加するのに、エントリー料 参加料 を払うのは良くある事です。 それで、一位になれば賞金も貰えます。 これは、賭博にはならないですよね。 操作性のないランダムな物に、掛けて賞金をもらうギャンブルと違って、今回は、松本人志が監視してジャッジをするという企画です。 その辺りなども踏まえて、グレーなのかと思いました。 でも、そんな事を考えて観ていると、面白くなくなるので、とりあえず何もウソが無く問題ないと考えて観るほうが良いですよね。 とにかくテレビでは観れないネット動画の面白さもあると思うので、最後まで楽しみたいと思います。 Amazonプレイム ビデオは初回30日無料で観れます! 初回30日間は、無料体験が出来るので「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」を初回30日間の無料体験で見れちゃいます。 その後、Amazonプライムサービスを利用したくなければ、退会すれば良いだけです。 それでも、年会費3,900円 税込み なのでサービスを考えたら、お得だと思いますよ。 Amazonプライムに関しての記事は、以前に書きましたのでそちらもチェック! おすすめポイント• 4K対応!• 豊富なコンテツを一台で楽しめる!• 簡単音声認識。 新登場 — Fire TV Stick Amazon Fire TV 価格 ¥ 4,980 ¥ 11,980 プロセッサ クアッドコア クアッドコア メモリ 1GB 2GB ストレージ 8GB 8GB 音声認識リモコン あり あり 音声認識付きリモコンアプリ あり あり ゲーム カジュアルゲーム ハイパフォーマンスゲーム 解像度 最大 1080p 最大 4K Ultra HD Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ 802. 11ac MIMO デュアルバンド、デュアルアンテナ 802. 11ac MIMO イーサネット なし あり 外部ストレージ なし microSDスロット USBポート なし USB 2. 0 ドキュメンタル シリーズ 王者vs王者 再生時間:42分 初公開日:2019年4月26日• 進撃のダークホース 再生時間:54分 初公開日:2019年4月26日• 狙い撃ち 再生時間:53分 初公開日:2019年4月26日• 魔の時間 再生時間:1時間1分 初公開日:2019年4月26日• 王者包囲網 再生時間:39分 初公開日:2019年4月26日 ドキュメンタル シーズン7参加者 小籔千豊、加藤歩(ザブングル)、のみちお トム・ブラウン 、せいや 霜降り明星 、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、たむらけんじ、ハリウッドザコシショウ、後藤輝基 フットボールアワー 、ノブ 千鳥 ドキュメンタル シーズン5動画配信• 波乱の幕開け 再生時間:46分 初公開日:2018年4月20日• 会心の一撃 再生時間:39分 初公開日:2018年4月27日• 崖っぷちの戦い 再生時間:53分 初公開日:2018年5月4日• リーサルウェポン 再生時間:57分 初公開日:2018年5月11日• 想定外の挑戦者 再生時間:49分 初公開日:2017年12月1日• ペナルティカード続出 再生時間:51分 初公開日:2017年12月8日• 過酷な時間 再生時間:51分 初公開日:2017年12月15日• 全てをさらけ出す闘い 再生時間:54分 初公開日:2017年12月22日• 最後の攻防 再生時間:51分 初公開日:2017年12月29日 ドキュメンタル シーズン4参加者 宮迫博之(雨上がり決死隊)、藤本敏史(FUJIWARA)、飯尾和樹(ずん)、くっきー(野性爆弾)、井戸田潤(スピードワゴン)、黒沢かずこ(森三中)、西澤裕介(ダイアン)、ノブ・大悟(千鳥)、クロちゃん(安田大サーカス) ドキュメンタル シーズン3動画配信• 新たなる挑戦者たち 再生時間: 42 分 初公開日: 2017年8月2日• 技の応酬 再生時間: 1 時間, 4 分 初公開日: 2017年8月9日• メンタルの闘い 再生時間: 56 分 初公開日: 2017年8月16日• ゾンビタイム発動 再生時間: 39 分 初公開日: 2017年8月23日• 勝利の行方 再生時間: 39 分 初公開日: 2017年8月30日 ドキュメンタル シーズン3参加者 くっきー(野性爆弾)、山本圭壱(極楽とんぼ)、木下隆行(TKO)、ケンドーコバヤシ、レイザーラモンRG(レイザーラモン)、秋山竜次(ロバート)、伊達みきお(サンドウィッチマン)、後藤輝基(フットボールアワー)、春日俊彰(オードリー)、岩橋良昌(プラス・マイナス) ドキュメンタル シーズン2動画配信• 新たなる闘いのはじまり 再生時間: 41 分 初公開日: 2017年4月26日• 激しい攻防戦 再生時間: 59 分 初公開日: 2017年5月3日• 小窓 再生時間: 41 分 初公開日: 2017年5月10日• 迫り来る時間 再生時間: 52 分 初公開日: 2017年5月17日• 最後の勝者 再生時間: 22 分 初公開日: 2017年5月24日 ドキュメンタル シーズン2参加者 児嶋一哉(アンジャッシュ)、ジミー大西、斉藤慎二(ジャングルポケット)、津田篤宏(ダイアン)、小峠英二(バイきんぐ)、日村勇紀(バナナマン)、藤本敏史(FUJIWARA)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、宮川大輔、大島美幸(森三中) ドキュメンタル シーズン1動画配信• 勇敢な10人の参加者 再生時間: 49 分 初公開日: 2016年11月30日• 最初の脱落者は? 再生時間: 49 分 初公開日: 2016年12月7日• 脱落者続出 再生時間: 45 分 初公開日: 2016年12月14日• 死闘 再生時間: 39 分 初公開日: 2016年12月21日 ドキュメンタル シーズン1参加者 ジミー大西、大地洋輔(ダイノジ)、川原克己(天竺鼠)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、斎藤司(トレンディエンジェル)、久保田和靖(とろサーモン)、藤本敏史(FUJIWARA)、アントニー(マテンロウ)、宮川大輔、くっきー(野性爆弾).

次の

【配信確定!】ドキュメンタル シーズン8の出演者を予想してみる

ドキュメンタル 面白い

1番面白いシーズンから見たいのであれば、5から見るのが正解。 ただし、ドキュメンタルは圧倒的な破壊力と面白さがあるものの下ネタが多く、交際歴の浅いカップルや ファミリーでの視聴には向かない。 この記事では、ドキュメンタルの神回と、見逃せない芸人を紹介する。 ドキュメンタル以外の番組も含め「結局お笑いに1番強い動画サービスはどこよ?」という疑問は ドキュメンタル【ルール】 参加費100万。 10人の笑わせあいバトル、笑ったらOUT。 1人の勝者が1000万総取り。 (参加費で支払った100万円を松本人志が自腹負担するので、勝つと900万ではなく1000万の賞金が入る) ドキュメンタルの特徴と視聴の【ポイント】• モザイク多め• ハリウッドザコシショウが強すぎる• ジミー大西が不衛生• クッキーの笑いが芸術• 宮川大輔の「お尻早出し」が楽しい• 千鳥ノブがゲラ ドキュメンタルの神回(シーズン)は『シーズン5』 シーズン5が神回。 千原ジュニア参戦で程よい緊張感があるのも良い。 全員で会話しながら笑いを作っていくのでバランスも良い。 シーズン3までは「戦い」の要素が強く、協力して生み出す笑いが少なかった。 シーズン4以降は芸人同士が協力し、戦いながらも会話も盛り上がるようになる。 【芸人出演回早見表】シーズン別出場回数 お気に入りの芸人がどのシーズンで出ているか解る一覧表。 最多出場は、ジミー大西とフジモンが4回。 続いて野性爆弾くっきーが3回。 残りは2回出場が多数となっている。 ジミー大西 シーズン 1・ 2・ 5・ 6 藤本敏史 シーズン 1・ 2・ 4・ 6 宮川大輔 シーズン 1・ 2 くっきー シーズン 1・ 3・ 4 ダイノジ大地 シーズン 1 ハチミツ二郎 シーズン 1・ 7 久保田 とろサ シーズン 1 天竺鼠 川原 シーズン 1 トレエン 斎藤 シーズン 1 アントニー シーズン 1 バナナマン日村 シーズン 2 アンジャ児嶋 シーズン 2 小峠 シーズン 2 森三中 大島 シーズン 2 ノブコブ 吉村 シーズン 2 ダイアン 津田 シーズン 2 ジャンポケ 斎藤 シーズン 2 極楽 山本 シーズン 3 TKO 木本 シーズン 3 ケンコバ シーズン 3 ・ 5 フット 後藤 シーズン 3 ・ 7 サンド 伊達 シーズン 3 RG シーズン 3 ロバート秋山 シーズン 3 ・ 5 春日 シーズン 3 プラスマイナス岩橋 シーズン 3 宮迫 シーズン 4・ 7 ずん飯尾 シーズン 4 スピードワゴン井戸田 シーズン 4 森三中 黒沢 シーズン 4・ 6 千鳥 大悟 シーズン 4・ 6 千鳥 ノブ シーズン 4・ 7 ダイアン ユースケ シーズン 4 クロちゃん シーズン 4 千原ジュニア シーズン 5 陣内智則 シーズン 5・ 6 たむけん シーズン 5・ 7 ザコシショウ シーズン 5・ 7 サバンナ高橋 シーズン 5 狩野英孝 シーズン 5 かまいたち山内 シーズン 5 村上ジョージ シーズン 6 友近 シーズン 6 ハリセン春菜 シーズン 6 スリム真榮田 シーズン 6 ゆりやん シーズン 6 小藪千豊 シーズン 7 ザブングル加藤 シーズン 7 トムブラウンみちお シーズン 7 霜降り せいや シーズン 7 神回【3選】ドキュメンタル(個別の名場面) 全体の完成度としては、シーズン5が面白いが、個別の名場面として抑えて欲しい場面を紹介 サバイバルの性質上、なかなか常に面白い状態を続けるのは難しい。 ここでは爆発的に笑える名場面を紹介する。 ドキュメンタル立ち上げ時の功労者なので、是非また出場してほしい。 厳密には、肛門をいかに早く披露できるかという競技を宮川が持ちかけ、そのスピード感とフォームがスポーツ競技のようで楽しい。 イッテQの宮川探検隊を見た後に是非見て欲しい。 追い詰められすぎて、思考をフル回転したのちに生まれる奇跡と、その刹那に生まれる笑いを見る事が出来る。 松本人志が興奮している様子を見る事ができる。 個人のモノマネの爆発力から「いっちまいそうです」という謎の掛け声が他の芸人に伝染していく笑い。 偶然を引き寄せるハーモニカのくだりも強運を感じる。 ハリウッドザコシショウのミスチルが凄い が最終話だなんて… n. デフォルトが上半身裸なので、広義においての下ネタ感がある。 しかし、その笑いのスタイルは超正統派のストロング。 ただ面白く、ただただ強い。 松本仁志がその強さを 皇帝と表現したほど。 女性に反感をかってしまうのだが番組内でザコシショウが披露する誇張モノマネ 「どうも!Mr. Childrenの櫻井です」は是非チェックしてほしい。 こんなに似ていないモノマネは他にない。 ドキュメンタルのキーマンとなる芸人。 出演頻度も高く、熱い活躍をみせるので、クッキーファンには是非チェックしてもらいたい。 宮川大輔はあらゆる番組で面白い 【 名場面集Vol. 2】 まさかあんなカタチで決着がつくなんて!ついに優勝者が決まったシーズン2から、名場面集第2弾です。 宮川大輔は真顔のアップだけで笑えるが良い。 シーズン2で宮川大輔が披露する 「いかにお尻を素早く披露するか」というゲームが面白いので、お笑い偏差値が小学生レベルの人には是非見ていただきたい。 筆者は毎度ケタケタ笑ってしまう。 宮川大輔のネタは活字に起こすと全く面白くない。 ただ、イントネーション・動き・顔面でもっていかれる。 マテンロウのアントニーのお尻がすごい汚いという事もあり思い切り笑ってしまう。 とても低俗なので参考にしないでほしい。 ジミー大西は爆発または不衛生 年末のガキの使いでも、圧倒的面白さで笑わせてくれるジミー大西。 ドキュメンタルでは全体的に汚い。 時折爆発したように面白いが、 とにかく汚い。 シーズン6に女性芸人がたくさん出演する回があるが、そこにジミー大西を当てたのは失敗に感じる。 男性のみの空間で許容される下ネタと女性がいる空間で使い分けのできる芸人さんを揃えたら、女性が多いシーズン6は更に盛り上がったと感じる。 個人的に 宮川大輔との絡みが面白かったので、その組み合わせは是非また見たい。 ドキュメンタルで千鳥が見られるのはシーズン4. ギリギリで耐えていくノブのディフェンス顔にも注目 ドキュメンタルの笑いが好きなら、千鳥のローカル番組が相性抜群。 【見放題】ができる動画サービス アマゾンプライムで 全話見放題。 すでにシーズン7が完結し、トータル35話を超えている、1本だいたい50分程度。 【無料】で見られる動画サービス アマゾンプライムで最初の30日が無料。 【見逃し配信】が見られる動画サービス ドキュメンタルはアマゾンプライムのオリジナル作品なので、 見逃し配信はない。 まとめ• モザイク多め• ザコシショウのミスチルは男子必見• ジミー大西が不衛生• クッキーの笑いが芸術• 宮川大輔の「お尻早出し」が楽しい• 千鳥ノブがゲラ ドキュメンタルは、 モザイクのシーンも多いので、カップルで見るには注意が必要。 笑えるシーンと、そうでない場面にムラがあるが、深夜枠のお笑い番組が好きな人、下ネタに抵抗のない人にはお勧め。 出演者同士のボケに無条件に笑いあうバラエティに飽きてきている人は、相手のボケに一切の愛想笑いをしないドキュメンタルを見てほしい。 宵夜 よい蔵 1986年 東京都中央区在住 男性 職業 デザイナー・動画編集 趣味 お笑い・国内&海外ドラマの視聴 特技 DTM・3DCG・サイト運営 個人事業主3年目。 デザインパネルの制作、インフォグラフィックス制作、YouTube編集の外注業務とWEBサイトを複数運営中。 Hulu・FOD・Paravi・ネットフリックス・Amazonprimevideo・auビデオパス・U-NEXT・dTV・大阪チャンネルセレクト・NHKオンデマンドなどのVODを契約中。 『良いよ』はお笑い番組・お笑い芸人にまつわる記事と、動画サービスの情報を発信するWEBサイトです。 各社動画サービスで扱う、オリジナルのお笑い番組や見所、出演芸人や話題の神回などを紹介していきます。

次の