台風 15 号。 令和元年房総半島台風

総務省|災害関連情報|令和元年台風第15号関連情報

台風 15 号

気象庁は19日、日本に昨年上陸して大きな被害をもたらした台風15号を「令和元年房総半島台風」、19号を「令和元年東日本台風」と名称を定めた。 台風を名付けるのは1977年の「沖永良部台風」以来、43年ぶり。 台風は大きな災害につながった場合に名称が付く。 気象庁は2018年、名称を定める基準を「損壊家屋1000棟以上、浸水家屋1万棟以上」などと設定した。 台風15号は損壊家屋が、19号は両方が基準に達した。 台風15号は19年9月に千葉市付近に上陸し、暴風で長期間の停電が発生した。 総務省消防庁によると損壊家屋は全壊391棟、半壊4204棟。 台風19号では10月、関東甲信や東北地方で多くの河川が氾濫し、死者と行方不明者は計102人に上った。 損壊家屋は全壊3280棟、半壊2万9638棟。 浸水家屋は3万棟以上に達した。 気象庁の関田康雄長官は19日の記者会見で「名称が利用されることで、災害の経験や教訓が後世に効果的に伝承されてほしい」と話した。 【池田知広】.

次の

台風15号、関東直撃の恐れ 8日から警戒を :日本経済新聞

台風 15 号

台風15号による千葉県で起きている停電 台風15号が起きた2019年9月5日から約1週間が経った、9月13日現在千葉県では 約198,700軒が停電の被害に見舞われています。 特にひどいのは、千葉県の 館山市・南房総市です。 市内の約18,100軒が停電状態です。 なぜ、停電してから、4日間経っているのに電力が復旧しないのでしょうか? 参考ページ: 停電が復旧しない理由:倒木により電柱が折れる 停電が復旧しない理由は、 倒木により電柱が折れてしまったからだと考えられます。 画像引用先: 停電が起きると電力供給が停止されると各地域の電力会社が原因を追求し、テコ入れして、電力復旧という流れになります。 電線の切断や送電機のトラブルは電力会社の分野ですが、 今回の原因は倒木です。 倒木を除去するには電力会社ではなく、 建築会社など別の分野の会社が作業を行わなければいけません。 その電力会社と別分野の会社の連携が円滑に進まず、電力復旧に戸惑っているという状況です。 停電が復旧しない理由:SOSを発信できない 台風15号により、携帯電話回線(4G,5G)を司る 基地局が損壊したため、スマートフォンなど無線機器が使うことができません。 よって、千葉県の状況が他の地域に発信できず、支援物資の到着やインフラ整備が遅れたと考えられます。 停電が復旧しない理由:自治体、政府の対応の遅さ この対応が遅れた原因を現在行われている 第4次安倍再改造内閣に注力し過ぎて、対応が遅れたのではないか?と言及している方もいらっしゃいます。 環境省に元小泉純一郎の息子、滝川クリステルさんと結婚した小泉進次郎さんが初入閣したあれですね。 また、現に、千葉県の県長の方もテレビで対応に不適切な場面があったと謝罪しています。 参考ページ: 千葉県の停電の理由をまとめると? 現在、ある情報をまとめると、千葉県の停電復旧が長引いている理由は下記の3つです。 地震と津波で発電所などの電力設備が被害を受けたから• 福島第一原子力発電所事故後に日本国内の原子力発電所が安全審査のため停止したから 停電の範囲 東京電力管内では、 茨城県全域など405万世帯が停電しました。 東北電力管内は3月11日の地震が発生した2時間後である午後5時時点で 青森県・秋田県・岩手県全域、および山形県・宮城県のほぼ全域、福島県の一部地域が停電。 東北地方での停電は 全体で約440万世帯に上りました。 下記のコンテンツに東日本大震災による停電の状況、原因、再発防止の対策等が記載されているので、気になる方はご確認ください。 熊本地震 時期 2016年4月14日(前震) 2016年4月16日(本震) 原因• 地震の揺れや地盤沈下などによる発電所などの電力設備が被害を受けたから 停電の範囲 4月14日の前震の後、最大1万6700戸が停電しました。 翌々日の16日の本震後は最大47万6600戸が停電しました。 前震と本震により停電した軒数を合計すると約50万戸に上ります。 停電の影響により携帯電話各社は携帯電話充電のために電源車を派遣しました。 地盤が緩んでいたり、土砂崩れが激しかったなどにより 電源車が派遣出来なかった復旧が困難な場所を除いて4月20日に停電は解消しました。 熊本地震による停電に関しては、公益社団法人である土木学者や九州電力が公表している白書が分かりやすいです。 詳細はこちらを参考にしてください! 西日本豪雨 時期 2018年6月28日〜7月8日 原因• 強風により、電線が切れたり、電柱が倒れたりなどの電力設備が破損したから• 変電所が豪雨により浸水し、送電が不可能になったから 停電の範囲 中国電力管内では、 約19万3000戸が停電しました。 中国電力の管轄内で最も深刻な被害を受けたのが広島県広島市や呉市などです。 こちらの地域に送電している沼田西変電所が近くの河川の氾濫によって浸水し、送電出来なくなったからです。 こちらの変電所の動作検証などにより、停電期間が長引いたと考えられます。 四国電力管内では 約6万1000戸が停電しました。 土砂崩れが激しかった高知県の安芸市など約100戸にはヘリコプターで持ち運び式発電機を届けました。 西日本豪雨の被害を受けた約1週間後に全域で停電から復旧しました。 西日本豪雨による停電の詳細は下記の中国電力が公表しているホワイトペーパーを参考にしてください。

次の

台風15号、関東を縦断 停電一時93万軒 :日本経済新聞

台風 15 号

現在の位置 日本の東 中心気圧 992hPa 進路 東 時速45km 台風第15号は、9日21時には三陸沖の北緯38度20分、東経144度20分にあって、1時間におよそ30kmの速さで東北東へ進んでいます。 中心の気圧は980hPa中心付近の最大風速は30m、最大瞬間風速は45mで中心の南東側90km以内と北西側60km以内では風速25m以上の暴風となっています。 また、中心の南東側280km以内と北西側170km以内では風速15m以上の強い風が吹いています。 台風の中心は、12時間後の10日9時には日本の東の北緯39度50分、東経148度30分を中心とする半径60kmの円内に達する見込みです。 中心の気圧は990hPa中心付近の最大風速は25m、最大瞬間風速は35mが予想されます。 台風はこの後、温帯低気圧に変わり、24時間後の10日21時には日本のはるか東の北緯41度35分、東経154度00分を中心とする半径90kmの円内に達する見込みです。 中心の気圧は996hPa最大風速は20m、最大瞬間風速は30mが予想されます。 なお、台風や温帯低気圧の中心が予報円に入る確率は70%です。 これをもって台風第15号に関する情報(位置)は終了します。 引き続き、海上警報により台風位置等を発表します。

次の