アルバム ピンク。 書籍『ピンク・フロイド 全スタジオ・アルバム徹底検証』発売

ことりっぷ×かける〜の台紙アルバム ピンク

アルバム ピンク

来歴・概略 [ ] 幼少時代 [ ] 、に生まれる。 父は、。 幼い頃から、彼女になどの曲をギターで弾いて聴かせてくれていた。 その影響でP! NKは歌手を志すようになる。 音楽好きな父親から色々と音楽を教えてもらったようで、ボブ・ディランや、などの古いなどを好むようになる。 しかし、7歳の頃に両親が。 尊敬していた父親が家を出て行ってしまった。 母親は彼女の夢を全く理解してくれなかったようで、彼女が高校をした際に、家から追い出したという。 デビューまでの過程 [ ] ティーンの頃にへ顔を出すようになり、ほとんどの時間をやで費やすようになっていく。 彼女はそのクラブで、と言う名のダンサー(後ののメンバー、スクラッチ)に出会い、彼の所属するグループでバッキング・ボーカルをやらせてもらうようになる。 その後、毎週金曜日にはでレギュラータイムをもらい、の曲などを歌うようになる。 本格的にを始めたのは14歳の頃で、スタジオに入っての制作も始めていた。 ある日、グループのシンガーを探していたあるレコード会社のがクラブを訪れ、彼女を気に入り、「BASIC INSTINCT ベーシック インスティンクト 」というグループのを受けるよう彼女に勧める。 オーディションに合格したものの、グループはすぐに空中分解、その後、当時LA. リードが社長を務める、LA Faceレコードがした「チョイス Choice 」というグループに抜擢されたが、このグループもデビュー直前まで漕ぎ付けながらあえなく解散してしまった。 しかし、これがきっかけでLA. リードと知り合ったP! NKは、彼に自分の作ったを聴かせたところ気に入られ、することになった。 デビュー以後 [ ] 初頭、P! デビュー・シングル「ゼァー・ユー・ゴー」は全米で7位を獲得、続けてリリースしたセカンド・シングル「モスト・ガールズ」は、全米4位を記録した。 アルバム『キャント・テイク・ミー・ホーム』は、でビルボードアルバムチャートに連続59週間チャートインし、、でダブル・プラチナム、でもプラチナ・ディスクを記録。 に入り、、、と歌ったのプロデュース映画、『』の主題歌「レディ・マーマレード」(のカヴァー)が全米シングルチャートで5週連続1位、を獲得。 なおこの曲は2001年のMTVのVIDEO MUSIC AWARDにおいて、VIDEO OF THE YEARとBEST VIDEO FROM A FILMの2部門を受賞した。 同年の11月20日、2ndアルバム『ミスアンダストゥッド』をリリース。 このアルバムに収録されているほとんどの曲を、元4NonBlondsのと共同制作。 これまでのテイストに変わって、先行シングル「」に象徴されるような、ファンキーなテイストのが中心となっている。 Billboard誌初回登場8位、世界中で1,200万枚をセールスし、発売日から数日でプラチナアルバムという偉業を成し遂げた。 11月には、3rdアルバム『トライ・ディス』をリリース。 前作に引き続き、そして新たにのも参加。 前作以上に色濃い作品となった。 この作品からの「トラブル」は、「レディ・マーマレード」以来、ソロとしては初のを獲得。 、3年振りの4thアルバム『アイム・ノット・デッド』をリリース。 とがプロデューサーとして参加し、サウンドが更に重厚になった。 ボーナストラックに、実父とのデュエット曲も収録されている。 、映画『』に、アリシア・ムーア(P! nk)名義で主人公の姉キャロリン役として出演。 、5thアルバム『ファンハウス』をリリース。 1stシングル「」は、自身のソロとして初の全米1位となった。 9月に、約4年ぶりとなる6thアルバム『トゥルース・アバウト・ラヴ』をリリースした(日本でのリリースは10月)。 世界中で700万枚以上を売り上げるヒットとなる。 このアルバムからのファースト・シングルは『ブロウ・ミー(ワン・ラスト・キス)』。 Billboardはこのシングルを「4文字ワードを連発するP! NKお得意のリリック・スタイルや、彼女の歌唱力があるからこそ実現できる急激な音程チェンジ満載の楽曲に仕上がっている」と評価。 2月にリリースされた『ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン』は世界中で1位を記録する大ヒットとなり(アメリカでは3週連続)、にもノミネート。 キャリア13年目にして彼女の新たな代表曲となった。 9月には約3年ぶりの新曲で、・第13シーズンのテーマソングにもなった『トゥデイズ・ザ・デイ』をリリース。 オーストラリアでゴールド認定を受けるヒットとなる。 4月に映画『』の主題歌『ジャスト・ライク・ファイア』をリリース。 オーストラリアでは『ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン』以来3年ぶりの1位に輝き、アメリカでも10位を記録するなどの世界的大ヒット作となる。 10月には7thアルバム『ビューティフル・トラウマ』をリリース。 自身初の英米両国での1位を記録するとともに、アメリカでは初週で約408,000枚相当を売り上げ、2017年に発売された女性アーティストによる作品としては1位となる(純セールスでは男女含め1位)。 2月にはハリウッドで殿堂入りを果たし、にその名が刻まれた。 さらに同月、イギリス最大級の音楽賞であるにイングランド・アイルランド以外のインターナショナルアーティストとして初の功労賞を受賞する。 この賞を女性が受賞するのも初のことである。 4月には8thアルバムをリリース。 全世界のituneランキングで1位を獲得する。 さらに米国のでは自身3作目となる1位を獲得。 エピソード [ ] 元々の髪色はである。 の由来は、髪色をピンクに染めていたから。 他に、子供の頃ズボンを下げられて顔が真っ赤(ピンク)になったため、あだ名がピンクになった、という話もある。 しかしこれらは建前で、ピンク自身がテレビで、「親友のの男の子に、『女の子のを見たことがないから見せて』とせがまれて仕方なく見せたら、『女の子のはピンクなんだ』と言われたのが始まり」と語っている。 2009年5月にであることを公表したとされたが、 本人はこれをtwitter上で否定した。 の中毒者だった過去がある。 『アイム・ノット・デッド』収録曲の『フー・ニュー』は薬物ので亡くなった友人のことを歌った曲である。 私生活では、レーサーのと出会う。 きっかけは、P! NKがモトクロスを観戦しに行った時にケアリーが16もの骨折をしたこと。 当初は、「(怪我ばかりする様な不安な職種の)レーサーとは結婚しない」と思っていたと言う。 しかしその後再会した2人はすぐに意気投合し、交際する。 が、直後に2年間の世界ツアーの予定が入り、淋しくてバスルームで泣くこともしばしばで、会えないことにより喧嘩別れに。 そうする間に、またケアリーがレース中の事故を起こす。 一方P! NKは様々な男性とパパラッチされる。 彼女はケアリーを思い、コッソリしていたつもりだったと言う。 ケアリーはその行為を腹が立ったと後に語っていたが、その後ケアリーの復帰レースをP! NKは観戦に行き、ボードに「私と結婚してくれない? 」と書きレース中でもある中OKをし抱き合う2人。 しかし再度P! NKの忙しさから逢えなくなり、仲違い。 その後PiNKは「ソー・ホワット」のミュージック・ビデオで彼を出演させる。 彼女はネタとして「旦那が居なくなったのよ~って歌うとウケるでしょ」と言っていたが、実は「PVに出演してもらえれば私の気持ちも分かるだろうし、逢えるから嬉しかった。 私達は10年逢わなくても同じ気持ちで居られるはずだから」と語っていた。 今では仲が戻ったようで、ピンクのライブでサプライズとして、ケアリーは、突然ステージに上がり、ストリップを始めた。 それを見て、ピンクは大笑いしたようである。 世間の過剰なまでの崇拝を批判している。 「Stupid Girls」のPVでは、具体的な名前は挙げていないが、明らかに、、と踊る、のセックスビデオなどをパロディにしているのが分かり、この皮肉たっぷりのミュージック・ビデオは話題を集めた。 を支援しており、以前、女王にを出し、近衛兵のをのからフェイク・ファーに変えるよう懇願したこともある。 そのため、に非難されながらも、本物の毛皮を着続けるを「セレブリティは、自分が毛皮を着ていることでどんなメッセージを発しているのか責任を持つべきだわ。 (毛皮を着ることを)問題ないとか、かっこいいって思っているかもしれないけど、大間違いよ。 何の毛皮を着ているのか知らないけど、ビヨンセがその動物から襲われればいいのにって思うわ」と非難した。 一方で、スキャンダルが絶えないブリトニーに声援を送ったこともある。 ちなみに、ととは、ので共演した。 2011年、系列ドラマ「」の劇中使用曲として、一部の楽曲が『Greatest Hits... So Far!!! 』から使用されている。 2011年6月2日、夫のケアリー・ハートとの間に女児を出産した(ツイッターで告白)。 3月後半、3歳の息子ジェイムソンと共にの感染症状が現れたため病院で検査を行っている。 検査の結果ピンクは陽性であった。 このため医師の助言に従い自宅療養を行い、に行った再検査の結果陰性であることが自身の上で公表された。 同時に全員がコロナウイルス検査を受けることが出来ない現状に対し政府を批判しており、医療従事者であった母ジュディが18年勤務していた病院基金とが設立したコロナウイルス緊急基金に関し50万ドル(約5420万円)の寄付を行っている。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ] スタジオアルバム [ ] 年 タイトル アルバム詳細 チャート最高位 CAN IRE NLD 2000 Can't Take Me Home• 発売日: 2000年4月4日• レーベル: LaFace,• フォーマット: , ,• 全米売上: 200万枚 26 10 — 20 — 85 23 58 12 13• nk: The Album Collection• 発売日: 2011年1月7日• レーベル: Sony Music• フォーマット: CD, digital download - - - - - - - - - - 2015 The Albums... So Far! 発売日: 2015年10月23日• レーベル: Sony Music• フォーマット: CD - - - - - - - - - - "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 シングル [ ] 年 タイトル チャート最高位 収録アルバム AUT FRA GER IRE NLD NZ 2000 "" 7 2 26 6 — 65 19 8 6 6• UK: ゴールド Beautiful Trauma "Revenge" — 21 52 63 95 84 55 — 30 33 "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 DVD [ ]• nk: Live in Europe 2006 3rdアルバム『Try This』のヨーロッパ・ツアーを収録。 Live from Wembley Arena, London, England 2007 イギリスのウェンブリー・アリーナでのライブ映像を収録。 Funhouse Tour: Live In Australia 2009 『Funhouse』ライブツアーのシドニーでの公演を収録。 日本盤未発売。 Greatest Hits... So Far!!! 2011 ファーストシングル『There You Go』から『Fuckin' Perfect』までのシングルのミュージックビデオを収録。 The Truth About Love Tour: Live from Melbourne 2013 『The Truth About Love』ライブツアーのメルボルンでのライブ映像を収録。 その他 [ ]• Lady Marmalade 2001 映画『』のサウンドトラックにも収録されているシングル。 詳しくは参照。 nk Box 2007 アルバム『M! ssundaztood』、『Try This』、『I'm Not Dead』とDVD『Live in Europe』を収録したボックス。 Pink 4 CD Boxset 2009 1stアルバム『Can't Take Me Home』から4thアルバム『I'm Not Dead』までのアルバムを収録。 Funhouse Tour Live in Australia 自身初のライブアルバム。 ライブDVD『Live in Australia』とは収録曲が異なる。 ツアー [ ]• Party Tour 2002 全54公演。 日本では、、(当時)の3公演を行った。 Try This Tour 2004 全69公演。 I'm Not Dead Tour 2006-2007 全160公演。 Funhouse Tour 2009 全156公演。 Funhouse Summer Carnival Tour 2010 全34公演。 The Truth About Love Tour 2013-2014 全142公演。 自己最高となる211億円の興業収入を記録。 映画 [ ] に、映画『』のサントラに、主題歌「フィール・グッド・タイム」を提供した際、モトクロス・チェイスのアクションシーンに黒髪、黒い衣装で特別出演した。 には、映画『』に、主人公の姉、キャロリン役で出演。 他にも、の伝記映画、『The Gospel According To Jani』のに参加し、主役の最有力候補として世間を賑わせたが、自ら「スケジュールが合わない」という理由で、主演獲得レースから身を引いた。 の映画『』(原題: Happy Feet)の続編、『』(2011年)では、前作の に代わって、グロリアの歌声を担当した。 脚注 [ ]• Sputnik 日本語版 2020年4月4日. 2020年4月7日閲覧。 HUUFPOST 日本語版 2020年4月4日. 2020年4月7日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 australian-charts. com. Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 austriancharts. Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 lescharts. com Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 GfK Entertainment. Charts. 2014年7月9日閲覧。 irish-charts. com Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 dutchcharts. nl Hung Medien. 2015年1月3日閲覧。 charts. org. nz Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 Official Charts Company. 2016年4月22日閲覧。 Dickey, Josh 2001年12月8日. The Charlotte Observer. 2012年7月9日閲覧。 2012年4月25日時点のよりアーカイブ。 2009年9月18日閲覧。 2013年5月31日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 British Phonographic Industry. 2009年8月27日閲覧。 Grein, Paul 2014年7月8日. Yahoo! Music Canada. 2014年7月21日閲覧。 IFPI Austria. 2010年9月21日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2010年3月28日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Billboard. Prometheus Global Media. 2012年9月9日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2016年4月21日閲覧。 2013年5月31日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Disque en France. 2012年6月5日時点のよりアーカイブ。 2010年3月28日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Caulfield, Keith 2012年6月19日. Billboard Prometheus Global Media. 2012年7月9日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Disque en France. 2010年3月28日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Paul Grein 2013年12月27日. Yahoo Music. 2013年12月28日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2014年3月1日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年9月7日閲覧。 Caulfield, Keith 2017年10月22日. Billboard. 2017年10月22日閲覧。 2017年10月23日. 2017年10月21日閲覧。 2017年10月20日閲覧。 Australian Recording Industry Association 2019年5月20日. 2019年5月18日閲覧。 2019年6月16日閲覧。 2013年7月10日 -• Mansfield, Brian 2013年5月15日. USA Today. 2013年5月31日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Bundesverband Musikindustrie 2011年3月28日. 2012年7月12日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 AllMusic. 2012年9月22日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 Peak positions for Australia:• australian-charts. com Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 Pandora. nla. gov. au 2009年6月29日. 2013年10月28日閲覧。 Pandora. nla. gov. au 2013年10月21日. 2013年10月28日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 ' '. 2015年9月10日時点のよりアーカイブ。 2017年10月13日閲覧。 ' '. 2015年12月26日時点のよりアーカイブ。 2017年10月13日閲覧。 For Irish positions:• irish-charts. com Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。 GfK. GfK Chart-Track. 2013年7月19日閲覧。 Dutch Top 40. 2015年1月3日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2012年6月11日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Music Canada. 2009年2月19日時点のよりアーカイブ。 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2013年8月10日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 2013年3月1日閲覧。 2012年3月3日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2010年5月7日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2014年3月5日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年6月11日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年8月23日閲覧。 Ryan, Gavin 2016年5月21日. Noise11. 2016年5月21日閲覧。 2016年5月21日閲覧。 2016年8月11日閲覧。 2016年8月11日閲覧。 Australian Recording Industry Association. 2017年6月9日閲覧。 2017年9月11日. 2017年9月9日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 [ ]• Pink -.

次の

ピンク・レディー アルバム(LP)・ディスコグラフィー

アルバム ピンク

チャート最高順位• 2位(英国・オフィシャルチャート)• 1位(米国・)• 2位(日本・)• 411. 4万枚(英国・オフィシャルチャート)• 1,500万枚(米国・)• 5,000万枚(全世界) アルバム 年表 1972年 狂気 1973年 1975年 ミュージックビデオ - 『 狂気』(きょうき、The Dark Side of the Moon)は、に発表されたの8作目の。 このアルバムは売り上げ5. 000万枚以上を記録し、世界で最も売れたアルバムの一つとなった。 概要 [ ] 1973年に発表されるや全世界で大ヒットを記録し、においてもで最高2位まで上昇した。 ピンク・フロイドの作品の中でも、『』()や『』()と並ぶ代表作である。 また、本作(とりわけ、シングルカットされた「」のヒット)をきっかけにアメリカでの人気が決定的となった。 の代表作としても名高い作品である。 このアルバム以降、が全作詞を手掛けるようになり、バンド内でのバランスに大きな変化が生まれたという点でも、重大な意味を持つ作品となった。 人間の内面に潜む「狂気」(The Dark Side of the Moon)を描き出すというコンセプトを考案したのもウォーターズである。 に発表された「」では第43位にランクインしている。 構成 [ ] ウォーターズによる哲学的な歌詞に加え、それを際立たせる立体的な音作りで、完成度の高い作品に仕上がっている。 特に、が編集したSE(効果音)の巧みな使い方によって、うまくストーリーを演出している。 笑い声、会話、爆発音、振り子時計の音、飛行機のSEやレジスター、心臓の鼓動(実際はの)などが随所で使われている。 当時はが無かったため、録音した音をひとつひとつテープに貼り付けるという原始的な手法で組み立てられた。 パーソンズによれば、「マネー」の冒頭で聴かれるレジスターの音は編集に30日を要したという。 なお、再発盤にはミックスが異なるものが存在するが「走り回って」の笑い声などは違いがわかりやすい一例である。 アルバムの最初から最後まで曲と曲がつながっており、複数の曲があたかもひとつの作品のようになっているという点が本作の特色のひとつである。 レコード時代のA面・B面の区切りである「虚空のスキャット」と「マネー」の間だけは、いったん音が途切れている。 その中で主人公の誕生から苦悩、葛藤などを描き出している。 この主人公には、「狂気」の人となってしまったの姿も重ねられていると言われている。 エンディングでは、Gerry O'Driscollによる「 There is no dark side of the moon really. Matter of fact it's all dark(本当は月の暗い側なんて存在しない。 実のところ、すべてが闇そのものだから)」という台詞 が入っている。 セールスと記録 [ ] 本作は・のにおいて付けで1位を獲得 、ピンク・フロイドにとっては初の全米チャートでの1位獲得となった。 また、Billboard 200に15年間(741週連続)にわたってランクインし続け、さらにカタログチャート では30年以上(1,630週以上)に渡ってランクインするという ロングセラーのを打ち立てた歴史的なアルバムである。 では233週、でも354週にわたってランクインしている。 なお、付より試験的に開始され、付よりレギュラー化された「Billboard Comprehensive Albums Chart」(カタログに載った作品もチャートインさせる総合アルバムチャート)でもランクインしている。 付のビルボード・チャートより、「カタログに載った作品はBillboard 200にチャートインさせない」という制限が撤廃された(同時に「Billboard Comprehensive Albums Chart」は廃止された)。 その翌週には早速189位で再ランクインしており、それまで741週とされていた記録が更新され、現在も記録を更新中である 2014年12月27日付現在890週ランクイン。 本国では、オフィシャル・チャート(OCC)で最高2位(付)だったが、(NME)では最高1位(付)となっている。 OCCのデータでは、までに410万枚以上を売り上げており、イギリスにおけるアルバム売上枚数では歴代8位の記録となっている。 アメリカではが1973年度最大の売上があったアルバムに認定しており 、通算1,500万枚の出荷が認定されている。 全世界での売上枚数は5,000万枚とされている。 ただし、まだ売上枚数計測のシステムが整っていない時期に発売されたため、それを上回っている可能性がある。 客演 [ ] メンバー4人以外にも、ゲスト・ミュージシャンが起用された。 「マネー」と「アス・アンド・ゼム」でを演奏したのは。 「虚空のスキャット」他でスキャットを担当したのは。 「タイム」他で女性を担当したのは 、 、 Liza Strike、 Barry St Johnの4人。 随所で聴かれる声の主は、関係者やメンバーの友人。 例えば、の Roger Manifoldやドアマンの Gerry O'Driscoll等。 スタッフ [ ]• はが務めていたが、最終段階に入っても招かれた。 半年というあまりに長期にわたったレコーディング作業で、メンバーとパーソンズが正常に音を判断できない状態に陥っており、外部の人間の意見を仰ぎたいと招かれた。 トーマスによると「ほんの少し意見を言っただけだよ。 『狂気』に僕の名前がクレジットされているのは、僕の勲章のひとつだね。 」と述べている。 アルバム・ジャケットはお馴染みの。 デザイナーのが幾つかのアイディアをメンバーに提示し、満場一致で光のプリズムを表現したデザインに決定した。 このジャケットもまたロック史に残る名作とされている。 アメリカで商業上の大成功に寄与したのはの。 「」のシングル・カットを決断するなど、様々な営業戦略を駆使して『狂気』を売り込んだ。 収録曲 [ ] 全作詞:• スピーク・トゥ・ミー - Mason によるテープ・コラージュの作品。 アルバムの導入部分となる。 生命の息吹き - Gilmour, Waters, Wright 主人公がこの世に生を受けてから、成長していくまでの過程をかなり悲観的に描いた楽曲。 走り回って - Gilmour, Waters を全面的に取り入れたインスト・ナンバー。 笑い声や飛行機の爆発音などのSEが巧みに使われている。 タイム〜 ブリーズ(リプライズ) - 〜 Gilmour, Waters, Wright, Mason 「時間」をテーマにしたメッセージ性の強い楽曲。 そのまま続けて「ブリーズ(リプライズ)」へと流れていく。 虚空のスキャット - Wright 作のインスト・ナンバー。 ジャズ・テイストに仕上がっている。 - Waters シングル・ヒットを記録したキャッチーなナンバー。 タイトル通り「金」をテーマにしており、ライブでの人気も高かった。 アス・アンド・ゼム - Wright, Waters 言葉の対比を用いた浮遊感のある楽曲で、人生に対するメッセージが込められている。 望みの色を - Gilmour, Wright, Mason 再びインスト・ナンバー。 曲名のフレーズはの自伝から引用したものである。 狂人は心に - Waters 主人公の心の内面に潜む狂気を取り上げた楽曲。 狂気日食 - Waters 後のウォーターズの作詞スタイルに見られるような、言葉の羅列を繰り返す手法がすでに確立されている。 ツアー [ ] バンドはにアメリカ・ツアーを終了後、早くも翌にイギリス・ツアーを開始している。 この1月20日のコンサートでは早速『狂気』がとして披露されており、約2ヶ月の間に『狂気』を纏め上げたことになる。 これ以後のコンサートでも引き続き演奏し続けた。 2度目の来日となる、1972年3月の8公演の全てでも『狂気』が披露された。 この来日公演では『 月の裏側-もろもろの狂人達の為への作品-』と題された歌詞カードが観客に配布された。 この発売前のライブ演奏とスタジオテイクでは、一部の曲で大幅にアレンジが異なる。 まず「走り回って」は「インストゥルメンタル・ジャム」という即興演奏が披露されている。 「虚空のスキャット」ではの一節を朗読したSEを流し、スタジオ盤と異なるライトのキーボード・メロディを奏でていた。 また、当初のライブ演奏では「狂気日食」が無く、「狂人は心に」で終わっていたが、ウォーターズがアルバムのクライマックスを再考し「狂気日食」を新たに書き下ろした。 のギルモア率いる新生フロイドのツアーでは、7月15日に19年ぶりに『狂気』が完全演奏され、その後も同ツアーの数公演で披露された。 10月の公演での模様は、映像ではDVD『』、音源では『』としてリリースされている。 からにかけて行われたウォーターズのソロ・ツアーの第2部にて『狂気』が完全演奏された。 再発盤 [ ] 4ch版 [ ] には4chミックスのLPが発売された。 英・米版LPはSQ方式、日本版LPはCD-4方式での発売。 後に米キャピトル主導で発売された編集盤『』に収録された『狂気』からの楽曲はこの4chミックス版が収録され、再発CDも同様だった(CDでもSQデコーダーを通すと4ch再生が可能)。 1ch版 [ ] 発売30年後のに、ジェームス・ガスリーによってリマスターが施されて5. 1chのサラウンド・オーディオ・システムに対応したマルチ・チャンネル版が、でリリースされた。 こちらも再チャートインして売上を伸ばしている。 コレクターズ・エディション [ ] には最新リマスターを施したピンク・フロイドの全タイトルが再発された。 そのうち『狂気』に関しては、6枚組のコレクターズ・エディション、2枚組のデラックス・エディションの特殊仕様で発売された。 イギリスで11位、アメリカで12位、日本で17位にチャートインするなど、再発盤ながらヒットを記録した。 自身がギター・ワークを再現したり、「走り回って」に於けるの操作を実演したり、が自らピアノ・コードの分析を行ったりするなど、メンバー自身が作成に大きく寄与している。 ちなみにのMOJO誌に掲載されたギルモアのインタビューによると、ギルモアとウォーターズはこのメイキングDVD作成時にも両者の意見が対立し、電話で口論となったと語っている。 「走り回って」は、アルバムのクレジット等ではのシンセサイザーが使われたと記述されているが、ギルモア及びウォーターズはこのDVDで、VCS 3のコンパクト・バージョンである"Synthi A"(字幕では「Synth EA」と誤記されている) を使ったと解説している。 しかし、ギルモアによる再現演奏では、Synthi AKSの鍵盤を用いてシーケンスの音程を指定するシーンがある。 なお、同ソフトに収録された製作当時の写真では、ウォーターズがVCS 3を操作し、その横でギルモアがSynthi Aを操作している。 しかしながら、これらの3機種の音源部分はほぼ同一であり、本質的な違いはない。 関連事項 [ ]• 脚注 [ ] []• つまり、実際は何もかもただ「明るい」のは「ただ太陽の光が当たっているだけ」で「暗い側」も「明るい側」もないということである。 なお、この台詞はレベルを下げて録音されているため、音量をかなり上げないと聴き取れない。 さらにボリュームを上げると、フェードアウトする間にジョージ・マーティン・オーケストラによるのカバー曲「」が聞こえる• を参照。 発売2年を経過したアルバムのみのチャート• 共同通信社刊「ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014」 p232• シンコーミュージック刊「ピンク・フロイド 吹けよ風・呼べよ嵐」(立川直樹著)より。 ただし、このシングル・カットはバンドに無断で決定されていたらしく、メンバーは怒りを露にしていた。 「」を使用。 ただし当該製品には電子キーボードが装備されていないので、ギルモアが実演した演奏を再現する為には電子キーボードを追加するか、EMS Synthi Aにキーボードが標準装備された「」の使用が必要となる.

次の

ことりっぷ×かける〜の台紙アルバム ピンク

アルバム ピンク

来歴・概略 [ ] 幼少時代 [ ] 、に生まれる。 父は、。 幼い頃から、彼女になどの曲をギターで弾いて聴かせてくれていた。 その影響でP! NKは歌手を志すようになる。 音楽好きな父親から色々と音楽を教えてもらったようで、ボブ・ディランや、などの古いなどを好むようになる。 しかし、7歳の頃に両親が。 尊敬していた父親が家を出て行ってしまった。 母親は彼女の夢を全く理解してくれなかったようで、彼女が高校をした際に、家から追い出したという。 デビューまでの過程 [ ] ティーンの頃にへ顔を出すようになり、ほとんどの時間をやで費やすようになっていく。 彼女はそのクラブで、と言う名のダンサー(後ののメンバー、スクラッチ)に出会い、彼の所属するグループでバッキング・ボーカルをやらせてもらうようになる。 その後、毎週金曜日にはでレギュラータイムをもらい、の曲などを歌うようになる。 本格的にを始めたのは14歳の頃で、スタジオに入っての制作も始めていた。 ある日、グループのシンガーを探していたあるレコード会社のがクラブを訪れ、彼女を気に入り、「BASIC INSTINCT ベーシック インスティンクト 」というグループのを受けるよう彼女に勧める。 オーディションに合格したものの、グループはすぐに空中分解、その後、当時LA. リードが社長を務める、LA Faceレコードがした「チョイス Choice 」というグループに抜擢されたが、このグループもデビュー直前まで漕ぎ付けながらあえなく解散してしまった。 しかし、これがきっかけでLA. リードと知り合ったP! NKは、彼に自分の作ったを聴かせたところ気に入られ、することになった。 デビュー以後 [ ] 初頭、P! デビュー・シングル「ゼァー・ユー・ゴー」は全米で7位を獲得、続けてリリースしたセカンド・シングル「モスト・ガールズ」は、全米4位を記録した。 アルバム『キャント・テイク・ミー・ホーム』は、でビルボードアルバムチャートに連続59週間チャートインし、、でダブル・プラチナム、でもプラチナ・ディスクを記録。 に入り、、、と歌ったのプロデュース映画、『』の主題歌「レディ・マーマレード」(のカヴァー)が全米シングルチャートで5週連続1位、を獲得。 なおこの曲は2001年のMTVのVIDEO MUSIC AWARDにおいて、VIDEO OF THE YEARとBEST VIDEO FROM A FILMの2部門を受賞した。 同年の11月20日、2ndアルバム『ミスアンダストゥッド』をリリース。 このアルバムに収録されているほとんどの曲を、元4NonBlondsのと共同制作。 これまでのテイストに変わって、先行シングル「」に象徴されるような、ファンキーなテイストのが中心となっている。 Billboard誌初回登場8位、世界中で1,200万枚をセールスし、発売日から数日でプラチナアルバムという偉業を成し遂げた。 11月には、3rdアルバム『トライ・ディス』をリリース。 前作に引き続き、そして新たにのも参加。 前作以上に色濃い作品となった。 この作品からの「トラブル」は、「レディ・マーマレード」以来、ソロとしては初のを獲得。 、3年振りの4thアルバム『アイム・ノット・デッド』をリリース。 とがプロデューサーとして参加し、サウンドが更に重厚になった。 ボーナストラックに、実父とのデュエット曲も収録されている。 、映画『』に、アリシア・ムーア(P! nk)名義で主人公の姉キャロリン役として出演。 、5thアルバム『ファンハウス』をリリース。 1stシングル「」は、自身のソロとして初の全米1位となった。 9月に、約4年ぶりとなる6thアルバム『トゥルース・アバウト・ラヴ』をリリースした(日本でのリリースは10月)。 世界中で700万枚以上を売り上げるヒットとなる。 このアルバムからのファースト・シングルは『ブロウ・ミー(ワン・ラスト・キス)』。 Billboardはこのシングルを「4文字ワードを連発するP! NKお得意のリリック・スタイルや、彼女の歌唱力があるからこそ実現できる急激な音程チェンジ満載の楽曲に仕上がっている」と評価。 2月にリリースされた『ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン』は世界中で1位を記録する大ヒットとなり(アメリカでは3週連続)、にもノミネート。 キャリア13年目にして彼女の新たな代表曲となった。 9月には約3年ぶりの新曲で、・第13シーズンのテーマソングにもなった『トゥデイズ・ザ・デイ』をリリース。 オーストラリアでゴールド認定を受けるヒットとなる。 4月に映画『』の主題歌『ジャスト・ライク・ファイア』をリリース。 オーストラリアでは『ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン』以来3年ぶりの1位に輝き、アメリカでも10位を記録するなどの世界的大ヒット作となる。 10月には7thアルバム『ビューティフル・トラウマ』をリリース。 自身初の英米両国での1位を記録するとともに、アメリカでは初週で約408,000枚相当を売り上げ、2017年に発売された女性アーティストによる作品としては1位となる(純セールスでは男女含め1位)。 2月にはハリウッドで殿堂入りを果たし、にその名が刻まれた。 さらに同月、イギリス最大級の音楽賞であるにイングランド・アイルランド以外のインターナショナルアーティストとして初の功労賞を受賞する。 この賞を女性が受賞するのも初のことである。 4月には8thアルバムをリリース。 全世界のituneランキングで1位を獲得する。 さらに米国のでは自身3作目となる1位を獲得。 エピソード [ ] 元々の髪色はである。 の由来は、髪色をピンクに染めていたから。 他に、子供の頃ズボンを下げられて顔が真っ赤(ピンク)になったため、あだ名がピンクになった、という話もある。 しかしこれらは建前で、ピンク自身がテレビで、「親友のの男の子に、『女の子のを見たことがないから見せて』とせがまれて仕方なく見せたら、『女の子のはピンクなんだ』と言われたのが始まり」と語っている。 2009年5月にであることを公表したとされたが、 本人はこれをtwitter上で否定した。 の中毒者だった過去がある。 『アイム・ノット・デッド』収録曲の『フー・ニュー』は薬物ので亡くなった友人のことを歌った曲である。 私生活では、レーサーのと出会う。 きっかけは、P! NKがモトクロスを観戦しに行った時にケアリーが16もの骨折をしたこと。 当初は、「(怪我ばかりする様な不安な職種の)レーサーとは結婚しない」と思っていたと言う。 しかしその後再会した2人はすぐに意気投合し、交際する。 が、直後に2年間の世界ツアーの予定が入り、淋しくてバスルームで泣くこともしばしばで、会えないことにより喧嘩別れに。 そうする間に、またケアリーがレース中の事故を起こす。 一方P! NKは様々な男性とパパラッチされる。 彼女はケアリーを思い、コッソリしていたつもりだったと言う。 ケアリーはその行為を腹が立ったと後に語っていたが、その後ケアリーの復帰レースをP! NKは観戦に行き、ボードに「私と結婚してくれない? 」と書きレース中でもある中OKをし抱き合う2人。 しかし再度P! NKの忙しさから逢えなくなり、仲違い。 その後PiNKは「ソー・ホワット」のミュージック・ビデオで彼を出演させる。 彼女はネタとして「旦那が居なくなったのよ~って歌うとウケるでしょ」と言っていたが、実は「PVに出演してもらえれば私の気持ちも分かるだろうし、逢えるから嬉しかった。 私達は10年逢わなくても同じ気持ちで居られるはずだから」と語っていた。 今では仲が戻ったようで、ピンクのライブでサプライズとして、ケアリーは、突然ステージに上がり、ストリップを始めた。 それを見て、ピンクは大笑いしたようである。 世間の過剰なまでの崇拝を批判している。 「Stupid Girls」のPVでは、具体的な名前は挙げていないが、明らかに、、と踊る、のセックスビデオなどをパロディにしているのが分かり、この皮肉たっぷりのミュージック・ビデオは話題を集めた。 を支援しており、以前、女王にを出し、近衛兵のをのからフェイク・ファーに変えるよう懇願したこともある。 そのため、に非難されながらも、本物の毛皮を着続けるを「セレブリティは、自分が毛皮を着ていることでどんなメッセージを発しているのか責任を持つべきだわ。 (毛皮を着ることを)問題ないとか、かっこいいって思っているかもしれないけど、大間違いよ。 何の毛皮を着ているのか知らないけど、ビヨンセがその動物から襲われればいいのにって思うわ」と非難した。 一方で、スキャンダルが絶えないブリトニーに声援を送ったこともある。 ちなみに、ととは、ので共演した。 2011年、系列ドラマ「」の劇中使用曲として、一部の楽曲が『Greatest Hits... So Far!!! 』から使用されている。 2011年6月2日、夫のケアリー・ハートとの間に女児を出産した(ツイッターで告白)。 3月後半、3歳の息子ジェイムソンと共にの感染症状が現れたため病院で検査を行っている。 検査の結果ピンクは陽性であった。 このため医師の助言に従い自宅療養を行い、に行った再検査の結果陰性であることが自身の上で公表された。 同時に全員がコロナウイルス検査を受けることが出来ない現状に対し政府を批判しており、医療従事者であった母ジュディが18年勤務していた病院基金とが設立したコロナウイルス緊急基金に関し50万ドル(約5420万円)の寄付を行っている。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ] スタジオアルバム [ ] 年 タイトル アルバム詳細 チャート最高位 CAN IRE NLD 2000 Can't Take Me Home• 発売日: 2000年4月4日• レーベル: LaFace,• フォーマット: , ,• 全米売上: 200万枚 26 10 — 20 — 85 23 58 12 13• nk: The Album Collection• 発売日: 2011年1月7日• レーベル: Sony Music• フォーマット: CD, digital download - - - - - - - - - - 2015 The Albums... So Far! 発売日: 2015年10月23日• レーベル: Sony Music• フォーマット: CD - - - - - - - - - - "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 シングル [ ] 年 タイトル チャート最高位 収録アルバム AUT FRA GER IRE NLD NZ 2000 "" 7 2 26 6 — 65 19 8 6 6• UK: ゴールド Beautiful Trauma "Revenge" — 21 52 63 95 84 55 — 30 33 "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 DVD [ ]• nk: Live in Europe 2006 3rdアルバム『Try This』のヨーロッパ・ツアーを収録。 Live from Wembley Arena, London, England 2007 イギリスのウェンブリー・アリーナでのライブ映像を収録。 Funhouse Tour: Live In Australia 2009 『Funhouse』ライブツアーのシドニーでの公演を収録。 日本盤未発売。 Greatest Hits... So Far!!! 2011 ファーストシングル『There You Go』から『Fuckin' Perfect』までのシングルのミュージックビデオを収録。 The Truth About Love Tour: Live from Melbourne 2013 『The Truth About Love』ライブツアーのメルボルンでのライブ映像を収録。 その他 [ ]• Lady Marmalade 2001 映画『』のサウンドトラックにも収録されているシングル。 詳しくは参照。 nk Box 2007 アルバム『M! ssundaztood』、『Try This』、『I'm Not Dead』とDVD『Live in Europe』を収録したボックス。 Pink 4 CD Boxset 2009 1stアルバム『Can't Take Me Home』から4thアルバム『I'm Not Dead』までのアルバムを収録。 Funhouse Tour Live in Australia 自身初のライブアルバム。 ライブDVD『Live in Australia』とは収録曲が異なる。 ツアー [ ]• Party Tour 2002 全54公演。 日本では、、(当時)の3公演を行った。 Try This Tour 2004 全69公演。 I'm Not Dead Tour 2006-2007 全160公演。 Funhouse Tour 2009 全156公演。 Funhouse Summer Carnival Tour 2010 全34公演。 The Truth About Love Tour 2013-2014 全142公演。 自己最高となる211億円の興業収入を記録。 映画 [ ] に、映画『』のサントラに、主題歌「フィール・グッド・タイム」を提供した際、モトクロス・チェイスのアクションシーンに黒髪、黒い衣装で特別出演した。 には、映画『』に、主人公の姉、キャロリン役で出演。 他にも、の伝記映画、『The Gospel According To Jani』のに参加し、主役の最有力候補として世間を賑わせたが、自ら「スケジュールが合わない」という理由で、主演獲得レースから身を引いた。 の映画『』(原題: Happy Feet)の続編、『』(2011年)では、前作の に代わって、グロリアの歌声を担当した。 脚注 [ ]• Sputnik 日本語版 2020年4月4日. 2020年4月7日閲覧。 HUUFPOST 日本語版 2020年4月4日. 2020年4月7日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 australian-charts. com. Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 austriancharts. Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 lescharts. com Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 GfK Entertainment. Charts. 2014年7月9日閲覧。 irish-charts. com Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 dutchcharts. nl Hung Medien. 2015年1月3日閲覧。 charts. org. nz Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 Official Charts Company. 2016年4月22日閲覧。 Dickey, Josh 2001年12月8日. The Charlotte Observer. 2012年7月9日閲覧。 2012年4月25日時点のよりアーカイブ。 2009年9月18日閲覧。 2013年5月31日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 British Phonographic Industry. 2009年8月27日閲覧。 Grein, Paul 2014年7月8日. Yahoo! Music Canada. 2014年7月21日閲覧。 IFPI Austria. 2010年9月21日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2010年3月28日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Billboard. Prometheus Global Media. 2012年9月9日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2016年4月21日閲覧。 2013年5月31日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Disque en France. 2012年6月5日時点のよりアーカイブ。 2010年3月28日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Caulfield, Keith 2012年6月19日. Billboard Prometheus Global Media. 2012年7月9日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Disque en France. 2010年3月28日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Paul Grein 2013年12月27日. Yahoo Music. 2013年12月28日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2014年3月1日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年9月7日閲覧。 Caulfield, Keith 2017年10月22日. Billboard. 2017年10月22日閲覧。 2017年10月23日. 2017年10月21日閲覧。 2017年10月20日閲覧。 Australian Recording Industry Association 2019年5月20日. 2019年5月18日閲覧。 2019年6月16日閲覧。 2013年7月10日 -• Mansfield, Brian 2013年5月15日. USA Today. 2013年5月31日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Bundesverband Musikindustrie 2011年3月28日. 2012年7月12日閲覧。 Irish Recorded Music Association. 2010年11月27日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 AllMusic. 2012年9月22日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 Peak positions for Australia:• australian-charts. com Hung Medien. 2009年9月18日閲覧。 Pandora. nla. gov. au 2009年6月29日. 2013年10月28日閲覧。 Pandora. nla. gov. au 2013年10月21日. 2013年10月28日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 ' '. 2015年9月10日時点のよりアーカイブ。 2017年10月13日閲覧。 ' '. 2015年12月26日時点のよりアーカイブ。 2017年10月13日閲覧。 For Irish positions:• irish-charts. com Hung Medien. 2013年5月31日閲覧。 GfK. GfK Chart-Track. 2013年7月19日閲覧。 Dutch Top 40. 2015年1月3日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2012年6月11日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Music Canada. 2009年2月19日時点のよりアーカイブ。 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 2013年8月10日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2009年9月18日閲覧。 2013年3月1日閲覧。 2012年3月3日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2010年5月7日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Music Canada. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年3月1日閲覧。 2014年3月5日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年6月11日閲覧。 Recording Industry Association of New Zealand. 2013年8月23日閲覧。 Ryan, Gavin 2016年5月21日. Noise11. 2016年5月21日閲覧。 2016年5月21日閲覧。 2016年8月11日閲覧。 2016年8月11日閲覧。 Australian Recording Industry Association. 2017年6月9日閲覧。 2017年9月11日. 2017年9月9日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 [ ]• Pink -.

次の