京アニ事件。 京アニ事件、ガソリン販売厳格化の契機に 身元と使い道確認も実効性課題(産経新聞)

京アニ放火事件から1年 犯人の伯父「償いの気持ちを持ったまま死のうと」

京アニ事件

京都府警伏見署を出る青葉真司容疑者=5月27日、京都市伏見区 平成以降で最悪となる36人の犠牲者を出した京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件は、18日で発生から1年。 殺人容疑などで5月に京都府警に逮捕された青葉真司容疑者(42)は、事件当時の記憶が薄れつつあるといい、「京アニに恨みがあった」とする動機には不可解さも残っている。 青葉容疑者は、9月10日まで刑事責任能力を調べるための鑑定留置が続く。 弁護側は寝たきり状態にある容疑者の供述の任意性などについて捜査当局と対決姿勢を強めており、今後起訴されても、初公判までには時間がかかりそうだ。 事件は昨年7月18日午前10時半ごろ発生。 アニメーターら36人が死亡したほか、33人が重軽傷を負い、1人は今も入院生活を送る。 ガソリンをまいて放火したとされる青葉容疑者も全身にやけどを負い、約10カ月間入院した。 捜査関係者によると、青葉容疑者は逮捕時、捜査員から犠牲者全員の名前や死因などを読み上げられても取り乱した様子を見せなかった。 「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思い実行した」などと計画的な大量殺人だったことをうかがわせる供述をし、犠牲者らへの謝罪も口にしなかった。 取り調べには丁寧に応じたが、捜査員とのやりとりで思い出す場面もあるなど、事件の記憶が薄れている傾向があるという。 動機については「小説を盗まれたから火を付けた」との趣旨の供述を繰り返している。 同容疑者は過去に京アニの小説コンテストに複数の作品を応募したが、いずれも形式的な不備などを理由に落選。 京アニ側は「盗作」を全面否定しており、容疑者の供述とは食い違いを見せている。

次の

京アニ放火事件から1年 犯人の伯父「償いの気持ちを持ったまま死のうと」

京アニ事件

36人が死亡、33人が重軽傷を負った「」の事件から、18日で1年が経つ。 戦後最悪の犠牲者を出したは、遺族だけでなく、「犯人の親族」となった人々の生活をも一変させてしまった。 青葉真司容疑者(42)の伯父にあたる人物が語るのは、一生十字架を背負う、あまりに悲痛な覚悟だった。 *** 「あの日は、京都でひどい事件があったんだな、とニュースを見て思っていたんです。 その瞬間、頭が真っ白になって足に力が入らなくなってしまいました」 そう語るのは、青葉容疑者の実母の兄、つまり伯父にあたる人物である。 青葉容疑者の母親は、6人の子供を持つ男性と駆け落ちし、その後に青葉容疑者を含めて3人の兄妹を出産。 その後離婚して、子供たちは父親に引き取られている。 「聖地巡礼」中の青葉容疑者(松浩不動産提供) そうした複雑な家庭環境はもとより、青葉容疑者の存在自体、事件まで一切知らなかったと伯父は話す。 「妹が妻子ある男と駆け落ちしたと聞いたのは、私が30代の頃です。 「妹に子供がいたことさえ知りませんでしたから、青葉の顔はニュースで初めて見ました。 妹に似ているかなんて分からない。 ただただ恐ろしい殺人犯に見えました。 会ったこともない人間なので、彼のことは何も知らない。 かといって、血の繋がっている人間ですから関係がないとはいえない。 知ってしまった以上はなかったことにできませんが、こんな大きな荷物を抱えたままの老後になるとは、思ってもみませんでした」 「モヤがかかった感じ」 事件直後、伯父夫妻は共に体調を崩し、外出もままならなくなってしまった。 「定年で会社勤めを終えて、夫婦で何処か旅行に行こうかなんて話をしていましたが、今はとてもそんな気分になりません。 毎日、モヤがかかったような感じで生きた心地がしないのです。 頭に浮かぶのは亡くなった方々のこと。 何をしても、我々は心の底から楽しんではいけないんだと思ってしまう。 仕事をせずに時間がある分、いつも事件のことを考えてしまいます」 伯父の妻も、沈痛な面持ちでこう話を継ぐ。 「昔から、NHKの朝ドラを楽しみにしていたのですが、この前はアニメーターの物語だったでしょう。 被害者の方々はこんなふうに働いていたと思うと、観ていられなくなって……。 それでも、事件が報じられた新聞や雑誌の記事には、できるだけ目を通しています。 辛いですが事件に向き合うべきだと思っています。 でも犠牲者の方、遺族の方はもっと苦しんでいると思うと……」 本来は気乗りしないマスコミの取材を受けるのも、責任を取ることの一つの形だと、再び伯父が語る。 「亡くなった方には本当に申し訳がない。 突然大事な人を失ったご遺族はどれだけ辛いのか、想像するだけで涙が出てきます。 会ったことがないとはいえ、私は青葉と血の繋がった伯父です。 一生償いの気持ちを持ったまま死んでいこうと決めています」 面識のない親族にまで重荷を背負わせた青葉容疑者は、9月までの鑑定留置が認められ、起訴するかどうかの判断は秋以降になる見通し。 一刻も早い真相解明が待たれるが、未だに事件への反省や遺族への謝罪は、彼の口から何も語られていないのだ。 「週刊新潮」2020年7月23日号 掲載 外部サイト.

次の

動機に不可解な点も 青葉容疑者、謝罪の言葉なく―京アニ放火事件、18日で1年:時事ドットコム

京アニ事件

京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで1年前に起きた放火殺人事件は、国内トップクラスの消火器メーカーにも衝撃を与えた。 スタジオ内にまかれたガソリンは瞬時に燃え広がり、社員ら36人が死亡、34人が重軽傷を負う平成以降最悪の惨事となった。 火災はなぜ食い止められなかったのか。 今後、同様の事態を防げるのか。 事件を機に、新しい防災機器を開発した技術者らの挑戦を追った。 事件は2019年7月18日午前10時半ごろに起きた。 殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者(42)は、鉄骨3階建てのスタジオに侵入。 1階の入り口付近でガソリンをまき、簡易ライターで放火したとされる。 揮発性の高いガソリンが充満し、一気に燃え広がる「爆燃現象」が起きたとみられ、多くの社員らは逃げる間もなく犠牲になった。 青葉容疑者は「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」と供述。 現在は、心理状態などを調べる鑑定留置が行われている。 東証1部上場の消火器メーカー「日本ドライケミカル」(本社・東京都)の技術顧問、高橋宏幸さん(58)は「事件で、自分たちが手掛ける製品が否定されたように感じた」と打ち明ける。 同社は消火器や火災報知機から、石油コンビナートなどの防災設備まで幅広く手がけるが、これまで製品開発で重視してきたのは「発火後にどう対応するか」という視点だった。 しかし、ガソリンはひとたび火がつけば爆発的に燃え広がり、なすすべもな….

次の