重要書類 郵送 封筒 書き方。 エアメールの書き方》手紙/国際/海外郵便/宛名封筒/日数/料金/小包/郵便局

「朱書き」の意味とは?封筒や訂正の書き方と注意点を解説

重要書類 郵送 封筒 書き方

企業への書類の正しい郵送方法を知っておこう 自分のことを企業に知ってもらうための第一歩として送付するのが履歴書やES エントリーシート)です。 ここで送付する書類による審査を通過することで、面接の機会をいただくことができるので緊張する方も多いでしょう。 WEBでのやり取りも多くなってきている時代だからこそ、自分の手で準備をしなくてはいけない郵送では、気を付けるべきポイントも多くあります。 郵送するというのは、この場合ただ送る、ということだけが目的ではありません。 自分という商品を最初に企業に売り込む、そのための一歩が始まっているのだということを意識しておく必要があります。 ここでは、皆さんが企業への最初の自己アピールに成功していただくため、郵送時のコツやポイントをご紹介していきたいと思います。 ESや履歴書を送る際に使用する封筒と同封するもの ES、履歴書を送付するといったとき、どうしても肝心の中身である書面の内容ばかりに気がとられてしまいがちです。 ですが重要なのはそこだけではありません。 ここでは大事な書類を封入するための封筒の選び方、そして送付する際に同封するべき送付状(送り状)、書面を郵送する際に必須のポイントなどご紹介します。 きちんとした郵送スタイルで書類選考をクリアしましょう。 A4の白封筒が鉄則 封筒は一番最初に企業の担当者の目に留まるものです。 印象の悪い封筒にならないようにしっかりと準備しましょう。 書類送付に用いる封筒は白いものと茶色いものが主流ですが、茶封筒は業務用ですからここでは白封筒を使用するようにします。 また履歴書に付属されている封筒は使用しないようにしましょう。 ビジネスとして書類を送付する場合にはまず、「折り曲げて送付する」ということはありません。 ですから折り曲げて送付することになってしまうサイズの封筒は使わなべきです。 必ず折らずに入れられるA4サイズの白封筒を準備してください。 文房具店、100円ショップでも購入できます。 書類はクリアファイルに入れる 雨の日の郵便物が雨に濡れていてよく見えない、開けようとしたら破けてしまった、などという経験を持つ人もいるでしょう。 郵送で書類を送付する場合には、雨が降ったりすることも警戒しておくのがおすすめです。 雨などで濡れないように、そして郵送される間に折れ曲がったりしないために、書類はクリアファイルに入れてから封筒に入れて送付するのがベストです。 実際にビジネス文書のやり取りをする際には、企業ではクリアファイルに入れてから封筒に入れるのが鉄則になっています。 使用するクリアファイルは特別良いものを使用する必要はありません。 100円ショップなどで販売されているものでもよいので、シンプルなクリアファイルを準備しましょう。 送付状を添付する 履歴書やES、経歴書などと一緒に送付するものとして送付状も忘れないようにしてください。 その際、送付状もその他の書類と一緒にクリアファイルに入れることも忘れないようにしましょう。 きちんとした送付状を添付することで第一印象は格段によくなることも多く、ビジネスで書類送付をする際には必須になっています。 送付状についてはどのようなものを作成するのか例文を含めて後の「送付状の書き方」でご紹介しております。 郵送料の一覧表 「書類3枚程度を入れただけなら最低料金の郵便料金で十分」、などと思ってはいませんでしょうか。 思い込みで残念な印象を与えかねないことにならないためにも、しっかりチェックしておきましょう。 よくわかっているつもりでも、意外ときちんと知らないことが多いのが郵送に関することです。 知識を持っておかないとせっかくの就活のチャンスを棒に振ってしまうことにもなりかねません。 定形外郵便の郵送料 重量 料金 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 A4サイズは定形外郵便として送付することになります。 実際の料金は上記の表のような料金体系になっていますから、基本的な資料の送付の際には、定形外郵便として50g以内、120円の料金で済むことが大半でしょう。 レターパックライトとして送付する場合には360円となっています。 「重さがわからない」というときには無理になんとかしようとしなくても、郵便局に持ち込めば重さをはかる秤があります。 また窓口で郵送を依頼すれば封筒の重さをはかり料金を教えてもらうこともできるでしょう。 速達の場合の郵送料 重量 速達料金 50g以内 400円 100g以内 500円 150g以内 570円 「なんとかして早く送らなくてはいけない!」、そんな時に頼りになるのが速達郵便です。 速達にする場合にはポスト投函ではできませんので郵便局の窓口で依頼することになります。 そのため料金は窓口で重さもはかり教えてもらうこともできますが、たいていの場合は400円で済むでしょう。 「速達にしても間に合うのだろうか?」と不安になってしまったときには、日本郵便のホームページから届け先などを入力して調べることもできます。 料金不足は悪い印象になる 料金が不足しても、受取先が拒否をしない限りはきちんと送付先に郵送してもらうことはできます。 ですがきちんと料金を確認せずに郵便料金が不足してしまっている場合には、最悪企業側が受け取りの際に不足分の料金を支払うということになってしまいます。 そんなことになってしまっては「適当な人物」など印象が悪くなってしまうのは言うまでもありません。 書類を受け取る時点から企業に迷惑をかけてしまっては、スタート時点から大きなマイナスです。 また再度発送し直すなどということになると、期限に間に合わなくなってしまうこともあります。 きちんと確認して送るようにしましょう。 36個の質問に答えて自己分析をしよう 就活は、あなた自身を企業に売り込む場。 だから、自己分析を通じて、自分の強みを理解する必要があります。 ただ、そんな時間がない方も多いはず。 そんな時は、自己分析ツールのを活用してみましょう。 My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。 送付状の書き方 送付状を一緒に送る必要があるということは分かったけれども、内容はどうしたらいいのだろうかと悩んでしまう方も多いと思われます。 ここでは、実際に送付状の例をご紹介します。 参考にしながら、好印象を持たれる送付状を作成してください。 送付状とは? 応募書類の送付について 拝啓 時下ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます。 この度、貴社求人に応募させていただきたく、応募書類を送付させていただきました。 ご検討の上、面接のご機会をいただけましたら幸いです。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 エントリーシート 1通 以上 内容について説明すると、「拝啓 敬具」といった頭語・結語を入れることがまず必要です。 時候の挨拶、そして自分がどこに所属するどんな人物であるのかをまず記載しましょう。 シンプルな内容になりますが、上記が基本的な例文です。 さらに「ぜひこの人物についてもっと知りたい」と思ってもらえるきっかけとなる挨拶文を記載できれば、より好印象でしょう。 封筒表紙と裏面の書き方 次に封筒の書き方をご紹介していきます。 企業に最初に目にとまるのは封筒です。 記載する内容ももちろん重要ですが、しっかりと読みやすい文字で、曲がったりしないようにまっすぐ縦書きで記載するということもとても重要です。 「きれいな字でなければ」というわけではありませんが、極力自分の書ける最大限きれいな字で書かなければ、ということを意識して書くとよいでしょう。 封筒(表)の書き方 必要な項目 ・企業の郵便番号 ・企業の住所 ・企業名 ・宛名 ・封筒左下に「履歴書在中」 封筒の表紙には相手先企業の情報を記載します。 すべて縦書きで、住所なども略式にはせず記載するようにしましょう。 一般的に郵便番号があれば、住所は略式でも届きますがきちんと記載しておくのがベストです。 数字の部分は数字表記でも漢字表記でも特に問題はありません。 切手は封筒の右上部分に貼付しましょう。 企業の住所は都道府県から正式なものを記載します。 丁目から番地の部分は「一丁目二番地三十四号」のようにしっかりと表記しておきます。 人事部宛など、特定の担当者宛でない場合には「人事部 御中」のように「御中」を敬称として使うようにしてください。 封筒(裏)の書き方 必要な項目 ・郵便番号 ・住所 ・電話番号 ・氏名 裏面は自分の情報を 左半分の半分より下の部分を使い記載していきます。 郵便番号だけは封筒裏面の左側の真ん中より少し下の位置に横書きで記載します。 そのほかについては表紙と同じく縦書きで記載しましょう。 郵便番号は横書きで〒の記号も使用して記載するようにするのを忘れないようにしましょう。 マンション名、アパート名なども省略せずに記載します。 また、念のため縦書きで電話番号も記載しておきましょう。 氏名については住所の書き始め位置の半分くらいの高さから書き始め、下の位置を揃えるようにします。 最後に封筒を閉めたら、「〆」のマークを折り返しの部分と、封筒の胴体部分にまたがるように記載しておくようにしましょう。 これは書面を送付する場合に、開封されたりした場合に相手にわかるようにするためにも必要なものです。 書類郵送の際の注意点4つ 履歴書、ES、職務経歴書というのは個人情報が満載の正式な書類です。 大切な書類を送る際に気を付けておきたいポイント、特に気にされている方が少ないポイントをまとめて4つご紹介いたします。 郵送する場所、そして郵送する前に準備しておくべきこと、どんな方法で郵送するのが良いかといったことをご紹介いたします。 「コピーまでとって送付というとなんだか改ざんされるのを意識しているようで気が引ける」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。 コピーをとっておくことで、面接にすすめた際にも、書いた内容をしっかりと把握したうえで質問に答えることができます。 もし書類の内容と違う受け答えをしてしまうと、面接で信頼をなくしてしまうでしょう。 こうした方法は仕事についてからも有効なものですからぜひ覚えておきましょう。 そうなってしまってはどんなに立派な履歴書やESを送付していようともかなり印象が悪くなってしまうことはさけられません。 また、直接窓口から渡すことで郵便事故にあってしまう確率を下げることにもつながります。 郵便料金についてきちんとした知識を持っていないことに、ふとした時に気づかされてしまうことは多いものです。 ですが郵便局の窓口から送付すると、必ず重さをはかり、その場で適切な料金を支払い切手を購入することになりますから、安心です。 「書類を郵送すると時間もかかる」ということで、宅急便を使用しようと思うこともあるかもしれません。 しかし、履歴書などは実は郵送法で「一般信書」として定められています。 そのため、履歴書は「信書便事業者として総務省が定めている郵便局以外から送付してはいけない」ということになっているため気を付けましょう。 もしも間違って違う方法で送付してしまうと、企業への印象もさることながら、きちんと届けてもらうこともできない可能性もあります。 速達自体が悪いわけではありませんが、採用担当者によってはマイナスのイメージを与えることもあるのです。 速達は、相手に急いで届けるために使用するものなので、期限ギリギリになって郵送したというイメージを持たれてしまいます。 期限を守っていないわけではありませんが、余裕を持って提出するのと急いで提出するのでは与える印象が異なるのです。 エントリーシートや履歴書などは、余裕を持って普通郵便で送るようにしましょう。 コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか? そんな時は、を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。 コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。 書類の郵送もマナーを守ってちきんと送ろう 履歴書こそ、企業にたいして最初に自己アピールを行うためのものと考えられていた方も多いと思います。 ですが重要なのは履歴書、ES、経歴書の内容だけではありません。 封筒や送り方など、細かい部分まで気を抜かずきちんとしたものを準備しておくことで、「ビジネスで顧客とのやり取りをするときにも安心して任せられる人物」として認識してもらうことにもつながっていくのです。 きちんと丁寧な字で書くということはもちろんですが、定型的な文章で書くということもとても大切なことです。 こうした知識は、就活の時だけ必要なものではありません。 実際に就業した際にもビジネスの作法として必要な基本的な知識となります。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

始末書の封筒の書き方と入れ方・サイズ・色|郵便番号/必要

重要書類 郵送 封筒 書き方

郵送をする際、封筒には宛先や宛名、差出人の住所や差出人の氏名を記入するのが一般的です。 基本的には、上記の内容を封筒に記載して必要な送料分の切手を貼って郵便物を投函すれば、相手の元に郵便物を郵送することができます。 しかし、より重要な書類や履歴書などを郵送する際は、上記で挙げた内容だけでは物足りないと言われています。 書類をより早く相手の元へ届けたり、中身が重要書類や履歴書であることを受け取った相手に知らせたりしたい場合、「朱書き」を記入する必要があるのです。 今回は、「封筒の朱書きの書き方」をテーマにして、朱書きを書く意味や必要性、朱書きの正しい書き方、朱書きに関するマナーなどをご紹介していきます。 それでは早速、「朱書き」の意味についてご紹介していきます。 「コトバンク」によると、「朱書き」とは、「朱で書くこと。 しゅしょ。 読み方は、「しゅがき」です。 また、上記で紹介されていた「しゅしょ」は、「朱書」と書き、意味については、「赤い字で書くこと。 また、書いたもの。 朱書き。 上記の解説や意味から、「朱書き」とは、言葉本来の意味としては、朱で書いたものを指す言葉だと考えられます。 実際に、朱書きと呼ばれるものは数多く存在しており、年賀状に記入する「年賀」や郵便物を速達で郵送したい際に記入する「速達」、更には重要書類などを訂正する際に入れる文字なども、朱書きに含まれると言われています。 朱書きの役割・必要性 上記で、朱書きという言葉の意味についてご紹介しましたが、朱書きの具体的な役割や必要性について、よく分からないという方も、少なくないでしょう。 そこで続いては、朱書きの具体的な役割や必要性について考察していきます。 上記でもご紹介したように、朱書きは幅広いシチュエーションや目的で使われます。 しかし、どのような場合も、目立たせることを目的として朱書きを記入すると言われています。 つまり、朱書きとは、受け取った相手に知ってほしいことを、目立たせる為に記入するものなのです。 例えば、就職活動などでよく使われる「履歴書在中」や、郵便物の速達での郵送を希望する際に記入する「速達」などは、それぞれ封書の中身が履歴書であることや、急いで配達してほしいことを受け取り手や郵便物の配達員に知ってもらう為に、朱書きとして記入しているのです。 封筒に朱書きを記入する場合、封筒のどこに記入すれば良いのか、朱書きを記入する位置について、正確に覚えておきたいものです。 まずは、朱書きを書く位置について見ていきましょう。 朱書きを封筒に書く際、どこでも良いから書けば良いというわけではありません。 朱書きを書く場所は決まっており、封筒の表面の左下に記入するのが一般的と言われています。 封筒の大きさは、郵送する書類などに合わせてさまざまですが、どのようなサイズの封筒であっても、朱書きを記入する位置は変わりません。 宛先・宛名とのバランスに気を付けて、表面の左下に書くようにしましょう。 また、封筒の宛名が横書きの場合は、朱書きも宛名に合わせるのが一般的だと言われています。 ですから、横書きで宛名を記入した場合は、朱書きも横書きで記入することをおすすめします。 封筒の朱書きの書き方【2】:赤色のボールペン・サインペンなどを使って書く 続いて、朱書きを記入する際に使用する筆記用具について、確認していきます。 「朱書き」は、赤いインクで書くからこそ、「朱書き」になります。 ですから、朱書きを書く際、基本的には赤い色の文字が書ける筆記用具を使用します。 一般的によく使われるのは、赤色のインクのボールペンです。 その際、ボールペンのインクの種類には、細心の注意を払いましょう。 朱書きは封筒の表面に記入する為、郵送中に濡れたり擦れたりする可能性があります。 ですから、水に濡れても滲みにくい、油性のものを選ぶことをおすすめします。 また、ボールペン以外にも、赤色のインクのサインペンやマジックペンを使う場合もあります。 文字が細くなりがちなボールペンと比較すると、サインペンやマジックペンの方が太く書けて目立ちやすい為、サインペン・マジックペンを勧める声もあります。 しかし、サインペンやマジックペンは、裏側にインクが滲んでしまう可能性がある為、封筒の中に履歴書を入れたまま朱書きを書くと、インクが履歴書にまで滲んでしまう危険性もあります。 サインペンやマジックペンで朱書きを書く場合は、裏側にインクがにじまないよう、注意しましょう。 上記のような背景から、朱書きを書く際の筆記用具は、赤色の油性インクのボールペンやサインペン・マジックペンが適していると考えられます。 封筒の朱書きの書き方【3】:持参する際も朱書きが必要な場合がある 朱書きを書く目的は、書類の内容や状況によってさまざまですが、「速達」などの朱書きは、急いで郵送したいことを伝える為に記入するので、速達を希望する際に書くものです。 しかし、朱書きの中には、郵送でなく、書類を持参して直接相手に手渡しする際にも、書く必要があるものも存在します。 例えば、就職活動や転職活動などでよく使用される「履歴書在中」「応募書類在中」などは、履歴書や応募書類が封筒の中に入っていることを目立たせる目的で書かれるもの。 これらの朱書きを書いておくことで、相手に重要書類として扱ってもらえたり、急いで中を確認してもらえたりします。 上記のような背景から、封筒への朱書きの記入は、郵送の場合に限ったことではなく、書類の内容や状況に合わせて臨機応変に行った方が良いと言えます。 封筒の朱書きの書き方【3】:枠は定規を使って書く.

次の

ビジネスパーソンなら知っておきたい封筒の書き方のルールとマナー

重要書類 郵送 封筒 書き方

「始末書ってどうやって送るの」と言う方が非常に多いことでしょう。 とくに新卒生の方やこれから就職しようとされる方にとっては、重要書類そのものの扱い方が「わからない」という方も多いでしょう。 今回はこの重要書類の1つ、始末書の取り扱い方や、それを封筒に入れて提出するまでの運びについてご紹介します。 始末書とひと口に言っても多種多様な書き方や提出の仕方がありますので、ぜひこれを機会にその取り扱い方を覚えておいて下さい。 始末書を入れた封筒の郵便番号の書き方 始末書というのは提出者が仕事上でしてしまったミスについて、その反省とお詫びの内容、またそれへの改善案などを書くもので、その重要書類を入れる封筒にもそれなりの書き方というものがあります。 まず郵便番号についてですが、これは郵便番号のないものを使用して下さい。 一般的な郵送用の封筒には必ず右上に郵便番号欄がついていますが、これは飽くまで郵便用・郵送用のものですので、重要書類を提出する際の封筒には適していません。 これは辞職表などを提出するときでも同じですが、かならず無地の白色の封筒を用意するようにして下さい。 どうしても白色封筒が入手できない場合でもせめて郵便番号欄が記載されていないものを使用して下さい。 サイズはA4かB5サイズがよいです。 始末書を入れた封筒の表書きを書くときの注意点 まず始末書を入れた封筒の表書き(本来、郵便番号欄が記載されてある表面です)には、その中央部に「始末書・反省文」と黒色のボールペンで明記します。 この場合、ときどき面倒くささが祟ってか、始末書を入れたまま封筒に表書きをする人もいますが、やめましょう。 必ず始末書を封筒に入れる前に封筒に表書きをして下さい。 でないと、封筒に始末書を入れたままで表書きをすることで字がゆがんだり、中の始末書の紙面に汚いスレができてしまったりします。 何度も言いますが始末書は「反省文」を記した重要書類です。 その始末書や始末書を入れる封筒の取り扱いの全てに提出者の意識や認識のあり方が出るものですので、上司をはじめその始末書を渡される担当者にもその提出者への印象がそのまま伝わります。 始末書を入れた封筒は縦書きか横書きか これは一般的な予備知識となりますが、たいていの会社で始末書を書く・提出するとき、その始末書を入れる封筒の書式は決まっていません。 始末書を書かなければならなくなった場合、随時に上司か担当者へ直接そのことを尋ねてみるのがよいでしょう。 その際に「縦書きでお願いします」と言われたら縦書きで、「横書きで」と言われれば横書きで書いてけっこうです。 これも一般的な認識となりますが、反省文や辞表を提出するとき、基本的にその文面は手書きです。 またそうした文書を提出する際には書式を統一する必要があります。 ですのでその始末書を入れた封筒を書くときも「手書きで縦書き」となります。 始末書を封筒に入れるときの折り方の例(その1) 始末書を提出するときの流れとしては、始末書を書く、その始末書に書いた内容の見直し(表現の校正や誤字脱字の有無へのチェック)、その始末書を封筒に入れる、という3つの項目が主です。 そしてその始末書は当然、封筒に折りたたんで入れることになります。 そのときの始末書の折り方ですが、原則として3つ折りになります。 この3つ折りにしても1度覚えてしまえば簡単ですので、あまり身構える必要はありません。 まず、便せん用紙の下方3分の1の幅を見定め、その位置に軽く折り目がつく形でバランスよく折ります。 次に残った紙面の上方3分の1を、先に折った下方3分の1に重ねる形でまた軽く折ります。 そして双方の折った部分を重ねることで3つ折りになります。 始末書を封筒に入れるときの折り方の例(その2) 始末書を書くときの用紙は基本的にB5サイズとなりますが、会社や施設によってはA4でよい場合もあります。 この用紙サイズについても、始末書を提出しなければならなくなった際に上司や担当者へ直接尋ねるのがよいでしょう。 この始末書の用紙サイズによって当然封筒サイズも変わってきますので、用紙サイズをあらかじめ聞いておくことは肝心です。 ですが用紙サイズがB5でもA4でもそれらを入れる封筒は長形4号の封筒を使用すれば事足りるので問題はありません。 もちろんその封筒は(先述どおりに)白色のものを使用して下さい。 社用の重要書類を扱う際には必ず世間で通底のものを使う必要があり、そのルールから逸脱してしまうとそれだけで怠慢と見なされがちです。 反省文、始末書、嘆願書、辞表を書くときの用紙は、原則として白色のものを使用します。 間違ってもカラー用紙や、絵柄模様の入った用紙は使用しないようにして下さい。 これと同じくその書類を入れる封筒にしても無地の白色のものを使用します。 書類上の書式を統一することに同じく、その体裁や使用物の内容にも統一性がなければいけません。 ですので原則は「書類用紙と封筒は無地で白色のものを使用」と決まっていれば、その原則にしたがって書類作成をする必要があります。 必ずこのルールを守った上で書類作成をしなければ、提出者の常識が疑われ、その後の印象さえ悪くなってしまいます。 始末書と封筒の色が茶色はどうか 原則として始末書や辞表を含む社用の重要書類を提出する場合、その書類を入れる封筒は白色が原則です。 ですが、その白色封筒がどうしても入手できず、環境的にも「すぐに提出しなければならない」といった切羽詰まった状況になることもあります。 その場合は、あらかじめ「白色封筒を入手するためにできる限りの努力はしたが、どうしてもそれを手に入れることはできなかった」という旨を担当者・上司へ報告することが必要になります。 そのようにすることで許可を得られるか、あるいは白色封筒を入手できるまで猶予をもらえるかという二次的な配慮をされる場合がありますので、必ず「事前の連絡」を心がけて下さい。 そもそも始末書に封筒は必要なのか.

次の