ひぐらし 鬼隠し 真相。 ひぐらしのなく頃に・黒幕について : パラレル輪廻

「ひぐらしのなく頃に」あらすじ・ネタバレ・名言まとめ

ひぐらし 鬼隠し 真相

アニメや漫画で有名となった本作品ですが、原作は同人サークル『07th Expansion』によるコンピューターゲーム。 ジャンルはサウンドノベルで、監督・脚本は竜騎士07となっています。 ゲーム、漫画、アニメはすべて出題編と解答編に分けられており、両方をプレイ・読破しないと作品の全容が掴めないように構成されています。 正式タイトルは『ひぐらしのなく頃に』の「な」の文字が赤文字となっており、英語表記でも『When They Cry』の「C」は赤文字となっています。 可愛らしいキャラからは想像も出来ない、残酷でスリリングな内容で、ホラー作品としても秀逸な作品となっています。 今回は、物語の始まりでもある『鬼隠し編』について考察していきたいと思います。 ネタバレも含みますので、これから見ようと思っている方は、気を付けてくださいね。 第一期:『ひぐらしのなく頃に』2006年4月~9月まで、第二期:『ひぐらしのなく頃に解』2007年7月~12月まで 基本的な構成は一期が出題編、二期が解答編という感じになっています。 本当におかしくなったのは? 謎の男たちに襲われた圭一は、自宅で目を覚まします。 レナが横にいてお医者さんを呼んでくれていました。 その後、魅音が部屋に到着。 二人を疑っている圭一からしたら、その二人に拘束されている状況なので恐怖でしかありません。 レナは「監督」という謎の人物に連絡し、魅音はおはぎの中身を当てれなかった罰ゲームを済ませようとします。 レナは後ろから圭一を羽交い絞めにし、魅音は注射器を圭一に刺そうとします。 魅音はこの際に「富竹さんと同じ目にあってもらう」と言っています。 「薬物のようなものを疑いましたが、そういった類のものは検出されませんでした」という大石さんの言葉が脳裏を過りますね。 死を直感した圭一は、金属バットで二人を撲殺してしまいます。 圭一を心配していたレナと魅音 レナが「監督」と呼んでいた人物は入江先生=お医者さんのことでした。 入江先生は雛見沢ファイターズという野球チームの監督をやっていますが、『鬼隠し編』ではまだ明らかになっていません。 圭一は突然出てきた「監督」というワードに戸惑い、ダムの現場「監督」を連想してしまいます。 アニメではカットされていましたが、綿流しの夜、射的ゲームの罰ゲームで富竹さんのシャツに落書きをしています。 魅音の「富竹さんと同じ目にあってもらう」という言葉はここに掛かっているのです。 真相が分かると、圭一を心配している健気な二人を、疑心暗鬼に駆られた圭一が撲殺しているという恐ろしい事実が見えてきます。 ずっと付いてくるオヤシロさま 家から逃げ出した圭一は公衆電話から警察に電話をします。 雛見沢症候群を発症していた圭一は疑心暗鬼と、二人を殺してしまったパニックからL5まで発症までに至ります。 喉とかゆみに耐えれず、喉を引っ掻きまわした圭一はまともに喋ることすら出来ない状態になってしまいます。 大石刑事との電話もろくに出来ない中、「オヤシロさまがずっとくっついてくる。 やはりオヤシロさまはいる」と言い残し息絶えます。 オヤシロさま=羽入であり、通常は古手梨花にしか存在が感知できませんが、L5まで発症した人間は何かしら羽入を感じることができるそうです。 ぴったりとくっついてくる存在は、何も助けてやれなくて「ごめんなさい」と言う羽入なのでした。 アニメ版『鬼隠し編』をネタバレ解説!!まとめ 『鬼隠し編』は出題編の最初のパートとなっており、これを見ただけで内容を理解するのは不可能になっています。 この時点では完全にホラー作品であり、謎ばかりが残っていますね。 この記事内ではかなりネタバレ要素を含んだ解説をしていますが、ちゃんとした解答は『罪滅し編』を見ることで明らかになると思います。 また、ひぐらしは全部の作品を読むことで全てが明らかになる大作となっている為、全編見ることをお勧めします。

次の

【無料配布】SteamとGOGでサウンドノベルゲーム「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」が無料配布中

ひぐらし 鬼隠し 真相

まずレナが1時間以上圭一の電話の内容を聞いていた点ですが、あれは祟殺し編で分かるようにレナはオヤシロ様の祟りに強く反応してしまうので圭一の家に遊びに来た本当の理由を忘れてしまっていたのではないでしょうか? 後ろをずっと付いてくるものは羽入です、これは以降の編で分かります。 ちなみに雛見沢大災害が起こる前のひたひた、ぺたぺたはすべて羽入です。 雛見沢症候群が末期に近づくほど聞こえるようです。 レナ魅音の言動の豹変はすべて疑心暗鬼になった圭一の幻覚でしょう。 」というセリフも本当は魅音の好意がたっぷりと詰まった本来友達としてうれしい言葉でしたが疑心暗鬼のせいで捻じ曲げられてしまったのです。 おはぎの真相は食べた後のタバスコの刺激と口から出てきたタバスコの赤色を見て血だと思い込んだ圭一は、かつて見たマンガの中で見た食べ物の中に針が入っていたというシーンに結びつきそれが結果としておはぎの中に針が入っていると思わせたのです。 圭一がダム現場で襲われたと思っているのも幻想。 富竹さんと一緒の目に会ってもらうと言われて目の前で振りかざされたものが危険な薬物が入った注射器だと思ったのも幻想(本当は油性マジック)です。 要するに圭一の疑心暗鬼による思い込みがすべての原因です。 煌は期待度100%です!!! 絶対にかって見ようと思ってます!

次の

鬼隠し編 圭一メモ(遺書)

ひぐらし 鬼隠し 真相

もう怖い。 これでも充分ゾッとするけど、祟りにあったキャラには オヤシロ様が迫ってきている感が出てくるのが怖い。 割とハードなシーンなので画像は載せられませんwww それまでは 『オヤシロ様のタタリによって キャラがどんどん狂っていく』というのが大筋のストーリーでした。 『え!?え?? なんでここで梨花ちゃんが!?え?!』 という混乱は全読者の心を完全に鷲掴みにしましたね…。 しかもその直後には 雛見沢村全滅という、混乱に混乱を畳み掛ける展開! このあたりが最も釘付けになったという読者も多いです。 第2位 詩音の地下室 ひぐらしのなく頃に と検索すると 『ひぐらしのなく頃に 地下室』と関連ワードが出てきます。 多分、というか絶対そうなんですがあの地下シーンのせいです!www あのトラウマシーンやな!!覚えてるわ!! 目明かし編において、園崎詩音は雛見沢症候群にかかり、周りの友人を次々と手にかけていきます。 そんな段階でぶち込まれたのが魅音の鬼気迫る表情!!! 見たことあるかたは分かると思いますが… ものすごく怖かったです…!!!!!!! あれはホラー!純粋なホラーですよ!!! 雛見沢症候群は、発症すると本人の抑制した思想や概念がリミットなしで出てきます。 園崎魅音は元々がハイスペックということもあり、 発症時のヤバさは他のキャラの追随を許しません。 これをトラウマと呼ばずしてなんと呼ぶか… んでもこの辺のホラー感って、いうなればその後への大きな伏線だったりするんですよねえ… 最初はドキッとするんですが、最後までしっかり読むと 「名作」という印象に変わるからすごいww ひぐらしのなく頃に最新作は読みましたか? 以外に知らない方が多いんですが、『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』の後には最新作が発表されてるんですよ! その名も 『蛍火の灯る頃に』 今日発売の月刊アクションに『蛍火の灯る頃に』第9話描きました。 よろしくおねがい致します! — 小池ノクト koikenokuto ぶっちゃけむちゃくちゃ怖いですコレ笑 発売中の月刊アクションに『蛍火の灯る頃に』第13話描きました。 しんどい回でした。 10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。 ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…! 実際に使って感じた特徴は 下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

次の