ラジオ 組み立てキット。 ラジオキット「AM/FM DSPラジオ TK

ラジオ 組み立て キットの販売特集【通販モノタロウ】

ラジオ 組み立てキット

真空管ラジオキット 真空管ラジオキット > 真空管ラジオキット と、僕のページは上位に表示される事から、真空管ラジオキットを捜して僕のページにたどり着く方々が多い様です。 (アクセス解析では、訪問者の12.7%の方が、真空管ラジオキットという検索ワードでアクセス頂いております) そこで現在でも入手できる真空管ラジオキットをご紹介します。 貴重な部品が安く、 も販売開始! 僕が組み立てた2球再生ラジオキットの詳細は。 無線関係やなど、 僕が修理したST管7球スーパーラジオキットの詳細は。 現在は売ってませんが、過去にはこんなラジオのキットが販売されていました。 僕が組み立てたこのラジオキットの詳細は。 他にも真空管ラジオキットが販売されている所をご存じの方がおられましたら、是非ともお知らせください! その他、キットだけではなくのもおもしろいと思います。 僕が一部原稿を執筆した、発行の「」には、たくさんの真空管ラジオの製作記事が掲載されています。 自作、すべて新品で作ったST管並四ラジオ 僕が組み立てたこのラジオの詳細は。 自作、mT管5+1球スーパーラジオ 僕が組み立てたこのラジオの詳細は。 木製キャビネットまで自作した、ST管5球スーパーラジオ 僕が組み立てたこのラジオの詳細は。 ナス管を使って作った、自作戦前型並四ラジオ 僕が組み立てたこのラジオの詳細は。 古いラジオを購入して、直すのもおもしろいと思います。 秋葉原でラジオを捜すのなら、へ!新たに真空管ラジオキットも入荷した様です! これらのキットだけでなく、ご自分で部品を集めてラジオを組み立てては如何でしょうか? 僕が一部原稿を執筆した、発行の「」には、たくさんの真空管ラジオの製作記事が掲載されています。 是非とも1冊ご購入よろしくお願いします!.

次の

電子キット【公式】− 電子工作 初心者の専門店!

ラジオ 組み立てキット

A ベストアンサー アマチュア無線をやっています。 数年前まで鉄筋コンクリートの住宅 7階建ての2階 に住んでいました。 どうしても短波 電信 で交信したくてベランダに物干し竿と平行に逆L型アンテナを張っていました。 ビニール線を水平に張って片端を送受信機につなぐ格好です。 受信はそれでもいいのですが送信ではマッチングが不十分です。 実際には逆Lアンテナとカウンターポイズをカプラーにつなぎ同軸ケーブルをクーラーの穴から部屋に 引き込んでいました。 もちろん効率は良くないですが電信と言うこともあってある程度交信できていました。 他に釣竿アンテナという手もあります。 釣竿にビニール線を沿わせ先端をたらしてアンテナにするのです。 外観上クレームが付くかも知れませんが夜だけ忍者のように設置するという人もいます。 参考) カウンターポイズ・・・アースの代わりです。 地中にアースが埋めれませんし水道管や手すりにアースすると 感電の恐れがあります。 そこでベランダの四周にわたって何十メートルものビニール線を張りベランダの鉄筋との 静電容量 コンデンサー効果 で高周波アースを取るのです。 カプラー・・・アンテナのインピーダンスと同軸ケーブルのインピーダンスの不一致を調整しマッチングを取る装置です。 バンドを変えると自動的にマッチングを取ってくれますし、バンド毎に前回の設定を記憶していて短時間で マッチングが終了します。 短波受信の場合はここまで必要ないですが逆Lアンテナで短波の交信もできると言うご紹介です。 アマチュア無線をやっています。 数年前まで鉄筋コンクリートの住宅 7階建ての2階 に住んでいました。 どうしても短波 電信 で交信したくてベランダに物干し竿と平行に逆L型アンテナを張っていました。 ビニール線を水平に張って片端を送受信機につなぐ格好です。 受信はそれでもいいのですが送信ではマッチングが不十分です。 実際には逆Lアンテナとカウンターポイズをカプラーにつなぎ同軸ケーブルをクーラーの穴から部屋に 引き込んでいました。 もちろん効率は良くないですが電信と言うこともあ... oyakudachi. htm)の「高性能ラジオ性能比較・価格情報」に出ている5機種の中から選ぶといいでしょう。 私は ICF-EX5 を持ってますが、これは最も感度の高いラジオの1つです。 さきほど(朝9時)、ICF-EX5 で確認したところ、神奈川で受信できたのは愛知、静岡、山梨、茨城の放送局まででした。 夕方から夜明けまでの時間帯なら、混信さえなければ全国の放送が聞けます。 ただし、鉄筋の家屋内では電波は弱くなるので聞こえにくくなります。 FM 放送は通常、見通し距離(数十km)の範囲しか受信できません。 電離層の伝播異常が起こりやすい夏の昼に、遠方の放送が聞こえることがたまありますが。 A ベストアンサー No2です。 No2の回答の方法は近年発刊された書籍にも掲載されている方法です。 >455kHzの信号はラジオの受信周波数 530kHz~1600kHz の範囲外なので信号音は聞こえないのではないかと思うのですが。 ここが一番悩んでいるところです。 たいがいのラジオは455kHzの信号が通ります、これはSGの出力は電波より強い信号なのでラジオのダイアルの位置に関係なく通りますが心配でしたら 1 周波数変換回路の局部発振を止めます(局部発振側のバリコンをアースします) 2 SGからの455kHz信号を周波数変換回路の入り口に接ぎます。 これでokです。 一度お試しを。 なお調整の際もっとも注意する点はSGの出力をできるだけ下げないと調整ミスします。 窓の近くにラジオを持って行けば、受信できる場合が多いようです。 たまに窓の方角によって受信し辛い場合も有るそうですので、一度ご確認ください。 運良く窓辺で受信がオーケーならば 前出ご回答のアンテナがとても有効と思いますよ。 具体的には、窓辺にループアンテナを置いて、ラジオの定位置まで電線で電波を引き込みます。 (電線は電気が通れば良いので 針金でも大丈夫) ラジオに外部アンテナ端子(例:ANT EX等)が有れば接続し、もし端子が無くても ラジオの近くに電線が有るだけでも効果があります。 この方法での注意点があります。 電線に触れても感電等の心配は有りませんが、電線自体もアンテナとなり、屋内の雑音を拾いやすい事です。 つまり 電線を這わせる場所は電気製品から遠ざける必要がある事です。 実際のところ 電子レンジやコンピューター、テレビやテレビアンテナから できるだけ逃げる様にする事ですね。 (配線して、雑音が出た場合は、ご検討ください。 窓の近くにラジオを持って行けば、受信できる場合が多いようです。 たまに窓の方角によって受信し辛い場合も有るそうですので、一度ご確認ください。 運良く窓辺で受信がオーケーならば 前出ご回答のアンテナがとても有効と思いますよ。 具体的には、窓辺にループアンテナを置いて、ラジオの定位置まで電線で電波を引き込みます。 (電線は電気が通れば良いので 針金でも大丈夫... A ベストアンサー 結論からいうと、「使えません」 ロッドアンテナ、バーアンテナというのは周波数や変調方式の違いで両者が違うのではなく、アンテナの形状を指す言葉です。 理屈から言えば逆のアンテナをも作ることは出来ます。 でも現実的じゃないので、無いだけです。 検索も「共振」とかの語句をつければ、更に絞れるのではないでしょうか。 基本的にアンテナの長さは波長の長さと同じに設計するのです。 厳密にはこれらに素材の短縮率などを加えて算出します。 カッコ内のメガは100万倍ということです。 周波数が高くなると波長は短くなります。 AMの場合の単位はキロHzですから1000倍です。 例えばAMラジオの1000KHzでは波長が300mにもなってしまいます。 そこで擬似的に300mもの波長を捉える(波長に共振させる)機構が、ループアンテナや内蔵ロッドアンテナだったり、スパイダーアンテナなんです。 結論からいうと、「使えません」 ロッドアンテナ、バーアンテナというのは周波数や変調方式の違いで両者が違うのではなく、アンテナの形状を指す言葉です。 理屈から言えば逆のアンテナをも作ることは出来ます。 でも現実的じゃないので、無いだけです。 検索も「共振」とかの語句をつければ、更に絞れるのではないでしょうか。 基本的にアンテナの長さは波長の長さと同じに設計するのです。 厳密にはこれらに素材の短縮率などを加... A ベストアンサー 私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。 スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。 かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。 インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。 交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ.... このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。 もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。 なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。 つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。 最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります 蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。 この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。 私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。 スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。 かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。 インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。 交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ.... A ベストアンサー 市販の汎用品に変えてもラジオは聞くことが出来ます。 あの手の商品は本体が小さいのでアンテナを内蔵することができません、しかしラジオ等の聴視には電波の受信が必要であることからアンテナに変わるものとしてヘッドフォンのコードを代用しているわけです。 アンテナは通電が可能ななる程度の長さが必要です、そこで設計上そのコードに白羽の矢が立ったのではないでしょうか! しかし厳密に結うと受信する電波には波長と言うものがありアンテナの長さはその波長によって変わります。 よって汎用品を購入するに当たって出来ればはじめから付いていたヘッドフォンのコードの長さと同じくらいのものの方がいいのかもしれません。 ここまで書いておいて何なんですが私はその辺のことは気にせず他のメーカーのヘッドフォンを使っています、コードの長さは少し短いのですが問題なく受信できています。 自分の好みのヘッドフォンをご購入ください。

次の

電子キット【公式】− 電子工作 初心者の専門店!

ラジオ 組み立てキット

高音質デジタル処理IC採用のステレオスピーカ搭載のFMラジオ ラジオの機能のすべてをワンチップに収めた、Silicon Labs社製の高性能FMラジオレシーバチップ「Si4831」を使用しています。 少ない部品で、FM放送を高音質でステレオ受信できるラジオキットです。 受信信号処理はデジタルですが、選局は、ボリウムによるアナログ方式なので自動スキャン式のラジオのように弱い電波の局を飛ばさずに受信することができます。 受信帯域が広く、90〜108MHzの周波数にもチューニングできるので、ワイドFMや市販のFMトランスミッターなどの電波も受信できます。 スピーカ一体型の基板で表面のスペースは写真立てとして使用することができます。 ラジオは受信に関する課題を解決するべく進化してきました。 ラジオ進化の歴史を振り返れば,検波のしくみが見えてきます。 ・その他、記載されている製品名、社名は一般的に各社の登録商標、商標です。 ・改良のため、予告なく仕様変更をすることがあります。 予めご了承下さい。 調整には最低限、周波数カウンターが必要です。 また本格的な調整にはテスト用信号発生器、オシロスコープが必要です。 第1弾「ゲルマニウム・ラジオ キット」(2017年1月27日発売)からスタートし今回は第4弾として「スーパーヘテロダイン・ラジオ キット」が誕生しました。 本キットにはケースも付属しており(お客様ご自身による穴あけ加工が必要です)、記事と連動する形でスーパーヘテロダイン・ラジオの回路構成を学びながら、実際にラジオを製作することができます。

次の