モーモー チャーチ ゃ ー ヤマザキ。 成城石井のスイーツ!モーモーチャーチャーの消費期限と食べた感想を紹介します。

月3万個以上売上げる、成城石井「モーモーチャーチャー」の開発秘話。|gma.amritasingh.com

モーモー チャーチ ゃ ー ヤマザキ

モーモーチャーチャーとは、マレーシア版のお汁粉だ。 お汁粉と言えば、赤茶色の小豆と白玉団子や栗や餅をイメージするが、このモーモーチャーチャーは、白っぽいお汁粉だ。 お汁粉のベースは、ココナッツミルクで作った「ブラン・マンジェ」で、簡単に言うとココナッツミルクで作ったプリンだね。 その上に白玉団子や、甘納豆や塩豆みたいなのが乗っている。 サツマイモの甘露煮や、羽二重餅を乗せているタイプもある。 さらに練乳をかけて食べるタイプもあって、メーカーによって様々な味が楽しめる。 モーと言うのが「よく」と言う意味で、チャーというのが「混ぜる」という意味で、「よくよく混ぜ混ぜ」っていうことらしい。 なので食べる前に、しっかり混ぜてから食べるスイーツだ。 日本では、 ローソン、カルディ、成城石井などから、モーモーチャーチャーが発売されているね。 今売れてます!.

次の

モーモーチャーチャー風味オムレット【ヤマザキ】の感想

モーモー チャーチ ゃ ー ヤマザキ

多くの飲食店が集まる「ゲートシティプラザ」の地下1階にあります。 お店でひと際目を引くのが、入口近くにあるカート風のスタンド! スイーツや温かいデリご飯などが販売されていて、気軽にテイクアウトできるのが便利です。 注文を受けてから出来立てを用意する、バイオーダー式。 成城石井初の試みです。 成城石井の自家製の惣菜を作っている「セントラルキッチン」をフル活用することで、こちらのスタンドでは最終的な調理や盛り付けを行うだけでの提供が可能に。 注文を受けてから1~2分での提供を目指しているのだそう。 中にいる店員さんに注文して、その場で商品を受け取ったら、専用レジで会計します。 店内にイートインスペースはありませんが、店の前はテーブルやベンチが置かれたアトリウムになっています。 本格的なエスニックメニューもあり、世界各国の食材を自社輸入している成城石井ならではのラインナップです。 今回は、そんな「成城石井 ゲートシティ大崎店」で販売されている限定メニューや注目メニューの中から、人気の3品をピックアップしました! 一度食べたら忘れられない!数量限定の「バインミーサンド」 色々と食べてみた中でも感動的に美味しかったのが、数量限定の「成城石井自家製ローストビーフとパクチーのバインミーサンド」(647円)。 ベトナムのサンドイッチ「バインミー」をアレンジしたメニューで、同店舗だけの限定メニューです。 バターと国産豚のレバーパテをたっぷりと塗ったパンに、薄切りにしたローストビーフと新鮮なタマネギ、パクチーがこぼれそうなほど挟んであります。 セントラルキッチンのパン職人がこだわりぬいて作ったというパンは、モチモチと弾力があって風味豊か。 かぶりつくと小麦の香りがふわっと広がります。 低糖質なのにこの満足感!ロカボな「ローストビーフ丼」 日頃、糖質の摂り過ぎが気になっている人には「ロカボ生活!成城石井自家製ローストビーフ丼 ~キャロットラペとアーリーレッドのトマトサラダ~」(863円)がオススメ。 こちらも同店舗だけの限定メニューです。 このローストビーフ丼は、糖質量を40g以下に抑えてあるんです。 主役のローストビーフは、店内でスライスされているもの。 半熟卵とネギのトッピング、最後に醤油ベースのタレがかけられています。 食感も良く食べ応えも十分で、ヘルシーさがうれしいですよね。 副菜のニンジンやトマトも、見た目がキレイなだけでなく、おいしくてヘルシー。 満足度の高い一品です。 成城石井の大ヒットスイーツ「自家製モーモーチャーチャー」と「成城石井牛乳ソフトクリーム」を合体させた、注目のスイーツです。 「モーモーチャーチャーソフトクリームのせ」は、ココナッツブランマンジェとアングレーズソースをベースにしたムースの上に、ソフトクリーム、さつまいもの甘露煮、ひよこ豆、赤えんどう豆で作られた鹿の子、羽二重餅をトッピングしています。 低温殺菌乳ならではの牛乳本来の味わいが楽しめるのが魅力。 それぞれの味を楽しんだ後は、ソフトクリームとムースを混ぜて召し上がれ。 3つのフレーバーが用意された「自家製ソフトクリーム」(ミルク271円/カカオ323円/ミックス292円)は、11時から20時までカート風スタンドで購入できます。 実は成城石井のソフトクリームは、都内ではゲートシティ大崎店を含めて3店舗でしか味わえないレア商品!「モーモーチャーチャーソフトクリームのせ」に使われていないカカオのソフトクリームは、こちらでお試しを。 そして、月に3万個売れたこともある「自家製モーモーチャーチャー」(431円)は、冷菓のコーナーで販売されています。 オーガニックコスメコーナーも新登場 もう一つ、ゲートシティ大崎店の注目ポイントといえば、美容や健康関連の商品が充実していること。 たとえば、初めて展開するというオーガニックコスメの棚には、ドイツ生まれのブランド「LAVERA(ラヴェーラ)」の洗顔料やリップクリーム、カリフォルニア発のブランド「AVALON ORGANICS(アバロンオーガニクス)」のシャンプーやローションなどがずらり。 自然派の食器用洗剤や洗濯用洗剤も並んでいます。 プロテインの品ぞろえが豊富なのも特徴。 クロスフィットトレーナーのAYAが監修するスムージー、スポーツ中や外出先で気軽に食べられるお菓子など、さまざまなプロテイン商品が並びます。 近くにはチアシードやクコの実といったスーパーフードも置かれています。 まとめ オープン以降、予想を上回る人が訪れているという「成城石井 ゲートシティ大崎店」。 今回ご紹介したメニュー以外にも、ここでしか味わえない限定メニューや注目メニューがメニューがそろっています。 これから暖かくなるにつれ、テイクアウトのデリご飯はますます人気を呼びそう。 ぜひ友達とおでかけして、ここでしか手に入れられない絶品グルメを一緒に味わってみて。

次の

ネットで話題のスイーツ 「モーモーチャーチャー」とは?|ウォーカープラス

モーモー チャーチ ゃ ー ヤマザキ

耳について離れない「モーモーチャーチャー」 「モーモーチャーチャー!」 「モーモーチャーチャー!」 「モーモーチャーチャー!」 それは、思わず声に出したくなる絶品スイーツだった。 なにしろ「モーモーチャーチャー」である。 一度聞いてしまったら耳について離れないこの響き。 今日一日だけでも何度口にしたことか。 というわけでこんにちは。 放送作家の長谷川大雲です。 モーモーチャーチャー。 その「癖になるネーミング」は、ヒットするためには欠かせない要因の一つでもある。 事実、「成城石井」では、月に3万個も売れる大ヒット商品であるという。 日曜の夕方。 近くの成城石井に行ったら、残りわずか一個しか売られていなかった。 確かに売れ筋のようだ。 ナタデココやタピオカに続く国民的スイーツと目される今年のヒット予測最有力候補でもある。 ちなみにお値段は399円(税抜)なり。 「モーモーチャーチャー」ってどんな意味!? さて。 そんな「モーモーチャーチャー」とは一体どんなスイーツなのか? 調べてみると、どうやらマレーシア生まれのスイーツで「ごちゃまぜ汁粉」という意味があるらしい。 ちなみにシンガポールでは「ボボチャチャ」と呼ぶらしいのだが、ちょっとそれはマズイのではないか。 私は鹿児島出身なのだが、九州で「ボボ」は放送禁止用語である。 話がそれてしまった。 そんなことより、この「モーモーチャーチャー」にはある問題が潜んでいる。 この先さらに人気が出たら、多分、略されることになるのではないだろうか。 気軽に呼ぶには「モーモーチャーチャー」はちょっと長すぎる。 するとここで問題が起こる。 たとえば50を過ぎたおっさんがニュースでそのスイーツの存在を知り、妻にこう頼んだりしたらどうしよう 「ねえねえ。 モーモー食べてみたい」 なんだか子供のようである。 50を過ぎたおっさんが「モーモー」はちょっとマズイのではないか。 だからといって「チャーチャー」ばどうか。 「ねえ。 チャーチャー買ってきてよ」 それをもし子供にでも聞かれたら大変なことになる。 大きな不安を与えてしまうに違いない。 「お父さんがチャーチゃー言ってる!?」 さて。 そんな不安をはらむ「モーモーチャーチャー」だが、お味の方はどうなのか。 果たしてそのお味は!? 2層になった器の上段には、さつまいもの甘露煮、黒豆、赤エンドウ豆のかのこ、さらに自家製羽二重餅が入っている。 一方、下段にはココナツブランマンジェ。 見た目はかなりヘルシーである。 食べ方としては、上段の具を下段に投入。 文字通り、ごちゃまぜにして食べるらしい。 最初は、混ぜずに食べてみよう。 おっと。 ココナッツの芳醇な甘さが口に広がり、文句なしの旨さ。 この濃厚な味わいは癖になります。 では、ここからごちゃ混ぜにして、いただきます。 するとあら不思議、ここで驚きの変化が!? なんとさっきまでと味がまるで違う。 かき混ぜることで濃厚だったココナツブランマンジェに、まろやかさが増し、旨さ爆発。 甘みの中にほど良い豆の塩気が絶妙のコントラストを与えてくれます! いやん。 これは癖になる。 男性でも食べやすいアジアンテイストの和スイーツ。 まじこれ旨いのでおススメです。 品薄が続いているようなので近くの成城石井で見かけたら即刻買うべき一品でございます。 AREA•

次の