上田 市 浸水。 千曲川決壊氾濫で上田市は?台風19号の影響にツイッターの声

長野県が管理する河川の浸水想定区域図について/長野県

上田 市 浸水

2019年10月13日現在 台風19号の影響で、全国各地で被害がでています。 それはここ長野県上田市も例外ではありません。 過去からのデータを見て、調子に乗ってこのような記事を書いたことを深く反省しております。 被災されている皆様のご無事と、これ以上被害が拡大しないことを切に祈っております。 9月、10月の台風シーズンは、各地での台風被害が連日テレビで放送されているところをよく見る。 しかしながら長野県、特段私が今住んでいる上田市においては、テレビで放映されているような河川の氾濫や床下浸水があったというニュースはさっぱり聞かない。 それもそのはず、 上田市は本州ではトップクラスの雨の降らない地域なのである。 いつも馬鹿にしている上田市だが、たまには良いところも紹介してバランスを取ろうと思うので、いかに雨が少ないかを統計や思い出とともに 語ろう。 実際どれだけ雨が少ないか 長野気象台の情報によると長野県は ・海から離れている ・高い山に囲まれている ことから台風や前線の影響を受けにくい気候である。 7つの県に囲まれている立地を考えれば、そりゃそうだろうと納得である。 さて、そんな長野県の中でも上田市はとくに雨の少ない地域である。 1981~2010年の上田の観測地点平年降水量は となっている。 この数値は、ネットではたびたび「試される大地」と揶揄される北海道地域を除くと、 堂々の1位である(つまり本州では1番雨が少ない)。 同じ統計期間での東京都千代田区周辺の平年降水量は なので、 東京の中心地と比べると半分ちょっとの雨しか降らないことになる。 なお北海道を除いたランキングでは、2位は長野県長野の 932. 7mm、3位が長野県佐久の 960. 9mm、4位が長野県東御の 979. 6mmと長野県勢が 独占している。 まさに長野県は圧倒的少雨地域であり、その中でも上田市はエリート中のエリート、スーパー少雨市町村なのだ! え? そんなこと言って北海道には負けてるじゃないかって? 「 過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざを知らんのか! ほどよく圧倒的少雨地域である上田市こそが、ちょうどよく最強なのだ! 意味がわからん 出典: 参考: 水が少ないからため池がたくさんある さて、そんな雨が少ない土地であるため田園が広がる上田市の塩田平にはたくさんの ため池がある。 農林水産省の「ため池百選」に「」 として選ばれており、あちこちに大きなため池が存在している。 少雨地域でも穀倉地帯として米が作られるのは、先人たちがこのため池を築いてくれたおかげなのだ。 冬になると氷がはるので、子供の頃はよく柵を乗り越えて氷の上に乗って遊んだものだ。 思いのほか氷が薄く 、突き破ってびしょぬれになったのは良い思い出。 危険なので良い子は絶対にマネしないように。 数十年前は今より気温が低く厚い氷が張ったのでみんなでスケートをした、なんて話も祖母から聞いた。 雨の少ないこの土地では昔から色んな側面で欠かせないものだったのだ。 子供のころ雨ごいをした思い出 イラストがほしい ため池の話をしていて思い出したが、 小さいころ 雨ごいをしたことがある。 その年はよっぽど雨が降らなかったのか、すっかり水が干上がったため池の中で火を焚いて その周囲をみんなで練り歩いたような記憶がある。 中世か!! と思わず突っ込みたくなるが、ほんの30年ほど前の出来事だ。 おぼろげな記憶ではあるが、私の中ではこの土地がいかに少雨地域であるかを物語る鉄板エピソードとなっている。 そんなわけで気候が安定している 雨が少ないというのは、農業の面から見るとやっかいかもしれないが、 普通にサラリーマンしている分には暮らしやすいと思っている。 洗濯ものは外に干せるし、お出かけしやすいし(出かけないけど)、行事もつぶれにくい(つぶれてほしい場合が大抵だが)。 何より晴れていると心まで晴れやかになるではないか! 台風シーズンは全国各地で暴風・豪雨の被害がテレビで放送され、 被災者の苦労を思うと胸が痛むばかりである。 一方でこの土地に住んでいるとイマイチ台風被害というものにピンとこないのも事実だ。 「 神(山)に守られてるから!」というセリフをおっさん達はよく口にするが、これだけ雨が降らないと そう豪語する気持ちもわかる。 昨今のゲリラ豪雨や台風被害のニュースを見ていると、 気候が安定しているというのは、その土地で暮らしていくうえで重要なファクターだなあと実感する。 老後の移住地候補の一つとして長野県が人気なのも、こういった要素があるからかもしれない。 つまらない土地だから積極的に移住は推奨しないけど、 住みやすさを考えるうえで気候が安定しているっていうのは重要だと思うね。

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 上田市

上田 市 浸水

上田市の人口・世帯数について公表します。 住民基本台帳人口 現在の数値 令和2年6月1日現在の数値です。 平成24年7月9日から住民基本台帳法の改正により外国人も含んだ数値となります。 地 域 世 帯 数 人 口 総 数 男 女 上田地域 53,574世帯 121,149人 59,237人 61,912人 丸子地域 9,121世帯 21,575人 10,565人 11,010人 真田地域 4,039世帯 10,043人 4,990人 5,053人 武石地域 1,393世帯 3,331人 1,637人 1,694人 合 計 68,127世帯 156,098人 76,429人 79,669人 (うち外国人数)世帯 (3,910)人 (1,889)人 (2,021)人 詳細及び過去のデータ 大字別 人口、世帯数 自治会別 人口、世帯数 年齢別 人口 地域別、年齢別 人口 推計人口(出生・死亡・転入・転出・その他)(毎月人口異動調査) 現在の数値 令和2年6月1日現在の数値です。 (ただし、「自然動態」「社会動態」「その他」の数値は、前月中の異動数です。 ) 平成27年国勢調査の確報値に基づき遡及改定しています。 世帯数 人口 総数 男 女 対前月 人口 増減 自然動態 (前月) 社会動態 (前月) その他 (前月) 出生 (前月) 死亡 (前月) 転入 (前月) 転出 (前月) 64,558世帯 153,156人 74,987人 78,169人 -40人 74人 134人 241人 214人 -7人 詳細及び過去のデータ 人口、世帯数 (推計人口) (出生・ 死亡・転入・転出・その他) 住民基本台帳人口と推計人口の違い 住民基本台帳人口とは 「住民基本台帳人口」は、各市町村にある住民基本台帳(住民票を編成したもの)に、届出により記録されている住民の数です。 推計人口とは 「推計人口」は、直近の国勢調査によって得られた人口を基に、その後の毎月の人口異動(出生・死亡・転入・転出・職権記載・職権消除)を住民基本台帳から得て加減することにより算出する人口です。 国勢調査とは、住民票の届出によらず、調査員が実地を周って実際に居住している人口を調査するものです。 5年ごとに実施されます。 住民基本台帳人口と推計人口の差異について 「住民基本台帳人口」と「推計人口」とでは、算出方法が全く異なるため、差異が生じます。 要因は様々ですが、一例としては次のようなことが挙げられます。 通勤・通学等のため、実際は上田市外に居住しているが、住民票を上田市から異動していない人の場合•

次の

上田 千曲川支流の被害 徐々に明らかに|台風19号 長野県内 豪雨災害|信濃毎日新聞

上田 市 浸水

佐久市中込地域から撮影した千曲川の様子です。 野沢橋から少し南側から先ほど撮影したものです。 住民は避難していて無事らしいが、まだ被害の全体像が見えてこない信州。 警戒レベル4。 避難勧告・内山地区(道路はかんすいしてます)。 滑津川流域の皆さんは直ちに避難して下さい。 現在、城山小学校97名。 中込小学校0名。 中込中学校1名。 中込会館50名の皆さんが避難されています。 — 佐久市議会議員 清水秀三郎 fpG2zWWMLHnnFma 滑津川氾濫により郵便局前の橋通行止め。 道路が流されている。 水道管大丈夫だろうか? 佐久穂町大日向方面も酷い被害、ドローン出動します。 — shiro ki460 佐久市入澤の道路が濁流で破壊されました。 みんなで協力して、優先準備を考えながら、安全に復旧していきましょう。 — シンガイ shinumi 佐久市入沢。 主要となる橋が流れました。 写真は佐久市入沢地区の現在の画像を友達が送ってくれました。 入沢地区の方々は小学校の体育館に避難されてるそうです。 橋が流され、道路が削れて上の方まで辿り着けません。 身体の不自由な方や高齢者の方も多いです。 全域で断水、一部で電気も通っていません。 早急な対応が必要な状態です。 4枚目中央、ブルーシートっぽく見えるのが水道本管の埋設表示シートです。 水道管を埋めた30cm上の目印で、これが見えてるということは本管流されました。 建設事務所情報連携済み。 — shiro ki460 大沢上町の居川で氾濫 佐久市常和地区 田子川の氾濫による被害。 この他にも道路の陥没箇所が複数あり車での移動困難です 2019. 川に沿った集落メインの道路がこの状況。 至るところで道路の崩落、陥没が発生。 床下浸水家屋も多数。 今朝の様子。 道路の復旧は業者、浸水した家の片付けは地域の人とボランティアでやるほかない。 水が早く引くと良いが、近くに山もあり、川なのか道なのかわからない状態。 てか実際孤立してる家もあるし氾濫した川の水で浸水してるお家も。 思ってたよりもひどい。。 近所でも土砂崩れが発生し、対応にあたりました。 今まで経験したことの無いレベルの大雨。 佐久市内の全小中学校が避難場所として開放されています。 建設事務所からの要請に基づき緊急対応手配中ですぐ工事に入りますが、撮影で近づく方が多いです。 新町橋は通行可能ですが、それより踏切側は入らないで下さい。 — shiro ki460 小諸市 小諸市山浦の千曲川にかかる大杭橋の一部が崩落 NHK長野、東御市の田中橋が崩れ、車が落ちたとの情報。 画像はグーグルより。 — まんば manba36 の です。 一部が陥没している状況が確認されました。 身近な道路や橋も台風の影響を受けています。 不要不急の外出を控え、災害情報の収集に努めてください。 大型車は、国道18号へ迂回願います。 白鳥神社前。 海野橋ありません。 皆々様の無事を祈ります。 — 林泰一 884tai1 東御市本海野近くの崩落地点。 幼なじみの家が床上浸水。 停電断水続いています。 ほんの一部分です。 台風19号により、ここは道路が完全に無くなってしまいました。 違う道路では大きな泥のかたまりや木があり、片側通行のような状態も多くありました。 佐久穂町だけでも床上、床下浸水の住宅が多数で、停電と断水が続いていました。 危険なので近づかないようにお願いします。 氾濫したすぐ上流の こんなに危険なところに学校があることを県民に知って欲しいです。 土日だから今日は生徒はいないはず。 だけど、この学校には寄宿舎があって 平日には毎日、子どもたちがいるんです。 避難や移動が大変な子もいる特別支援学校です。 場所は神川と千曲川の合流点とハープ橋との間。 夜10時頃越水する形で氾濫。 泥水が小道や玄関先まで到達し、今は水は引き泥を集めて片付けていました。 高齢住民の方の話では過去2度氾濫し今回で3度目ということです。 一枚目が合流点です。 — 葉風そよこ ezoengo 上田市国分の千曲川右岸、氾濫の後の風景。 地域の人たち(推定)の努力で、今夕にはこの道も開通するに至りました。 ニュースの表現で誤解があるかも知れないがこの地区は堤防の決壊ではなく越水だったようです(水が増えていくところを映すライブカメラ映像があったので有名になってしまったのかも)。 雲渓荘から下で道路が崩落しています。 土砂の流入で被災をされたお宅に。 言葉も出ない大変な被災状況です。 上田市ではボランティアセンターが立ち上がるとの事です。 皆さんにお伝えしながら歩きました。 一日も早い復旧のために明日も活動します。

次の