ダノン ファラオ。 競走成績:全競走成績|ダノンファラオ|JBISサーチ(JBIS

【兵庫チャンピオンシップ予想】 有利な脚質は2パターン。注目はダノンファラオ/NARレース展望

ダノン ファラオ

ゴールデンウィークのダートグレードレース3連戦、トリを飾るのは5月6日、園田7Rで行われる 1870m。 3歳馬同士の戦いに5頭、大井1頭、地元馬6頭の12頭が揃った。 園田競馬場は1周1051mの小回りコースに加えて、コーナーはスパイラルカーブのため、3コーナーは緩やかに入れるが、4コーナーのカーブがキツく、直線の立ち上がりで外に大きく膨れやすい。 そのため有利なのは、先行できる馬か、向正面早めからロングスパートをかけられるようなタイプの馬。 中心に推すのは。 勝った2戦とも逃げや2番手から後続を突き放して強い内容だった。 父はアメリカ三冠馬アメリカンファラオとあって、期待はさらに高まる。 は初戦こそ5番手からの競馬となったが、勝った2戦はともに2、3番手からの押し切り勝ち。 外目の枠が当たったこともあり、ここは揉まれることなくポジションを取りに行くことができるだろう。 ちなみに同じ産駒としては、園田ではジンギが活躍している。 はデビューからしばらくは芝を走って2、3着もあったが、ダート替わりで初勝利。 スタートの一歩目でバランスを崩して最後方になりながらも、向正面から徐々にポジションを上げ、直線でも脚を伸ばして勝利という内容だった。 前走もゲート内で首を上下する仕草が見られたが、きちんとスタートを決めて3番手外からの勝利。 ダートは2戦2勝と底を見せていない一方、なので地方の深いダートがどうか。 ただ、園田でもがA2 上から2番目のクラス で勝利するなど、の勝利がまったくないわけではない。 好スタートからスッと先手を取れるは脚質的にとても魅力。 逃げても控えても勝っているが、2勝はともに左回りの中京。 右回りではまだ勝ち星がないだけに、園田コースを上手くこなせるかどうかだろう。 は初ダートとなるが、兄姉はダートでも勝ち星を挙げてきた。 外枠のため砂を被らずレースを進められる可能性が高く、その点はプラスだろう。 大井から参戦のはからの移籍初戦。 時代は1勝馬で、道中は後方追走タイプなだけに、どうか。 そして最後に地元馬だが、今年は正直なところ小粒感が否めない。 その理由の一つは、西の創立や、楠賞が秋の3歳地方全国交流戦として復活したこと、地元3歳重賞の賞金増額などによって地元有力馬のローテーションが変わってきたことがあるように思う。 ただ、昨年はがでの経験を糧に兵庫馬へと登り詰めただけに、などに心の中で声援を送りたい。 は5月6日園田7R、15時55分発走予定。 レース番号にご注意を。 文=大恵陽子.

次の

ジャパンダートダービーにカフェファラオが登録

ダノン ファラオ

4 36. 8 526 三浦皇 JRA 55. 2 36. 2 522 三浦皇 JRA 55. 8 37. 6 518 三浦皇 JRA 55. 7 38. 3 522 坂井瑠 JRA 56. 0 39. 6 522 坂井瑠 JRA 56. 1 38. 6 520 坂井瑠 JRA 56. 2 40. 2 520 坂井瑠 JRA 56. 0 矢作芳 0 ミヤジコクオウ.

次の

ジャパンダートダービーにカフェファラオが登録

ダノン ファラオ

4 36. 8 526 三浦皇 JRA 55. 2 36. 2 522 三浦皇 JRA 55. 8 37. 6 518 三浦皇 JRA 55. 7 38. 3 522 坂井瑠 JRA 56. 0 39. 6 522 坂井瑠 JRA 56. 1 38. 6 520 坂井瑠 JRA 56. 2 40. 2 520 坂井瑠 JRA 56. 0 矢作芳 0 ミヤジコクオウ.

次の