頭 が 良く なる 画像。 【超・東大方式】簡単に頭が良くなる方法→頭が悪い中学生はいない!|やる気の中学生!

頭が良くなる方法※誰でもできる意外な7つの方法とは?

頭 が 良く なる 画像

1日10分自然のものを見よ 「どうすれば頭が良くなるのでしょうか」 こんな素朴すぎる問いに、どう答えればいいのか。 「とにかく勉強しろ」「遺伝だから諦めろ」等々、色々な回答が想定されるが、『』でお馴染みの養老孟司先生は、講演先などでよくこう答えている。 ちょっと込み入った理屈だけれども、同書より抜粋・引用しながら解説してみよう。 この本の中で、養老先生は「感覚所与」と「意識」に関する問題を論じている。 「感覚所与」とは哲学用語で、ものすごく簡単にいえば、人の感覚器(目や耳や口など)に入ってくる第1次印象のことだ。 代表的な例として目に入る光、耳に入る音のことだと思っておいてもいい。 一方、「意識」はこういう感覚器から入って来た情報を、脳内で「意味」に変える。 たとえば「焦げ臭い」と鼻で感じた場合、「火事じゃないの」と判断するのが「意識」の役割である。 往々にしてヒトの「意識」は、このような「意味」が感じられない情報を無視する癖を持つ。 それどころか、現代生活はなるべく感覚が働かないように努める傾向が強い。 養老先生は、ここに問題があると指摘する。 「たとえば丸の内のオフィスにいたとする。 風は吹かない。 雨が降らない。 エアコンがあるから、温度は一定。 床は平坦で、堅さはどこも同じ。 代わりにオフィスではなく、山の中を歩いてごらんなさい。 地面はデコボコ、木の根や草がある。 雨が降ったらぬかるむ。 風が吹き、いつの間にか日が傾き、明るさが変化する。 小鳥がさえずり、小川が流れ、それが森に反響して、じつにさまざまな音がする」 ネット書店で購入する• 世界を意味で満たす意識 都市の生活は、このような感覚からの情報をできるだけ遮断するつくりになっている 「感覚所与を意味のあるものに限定し、いわば最小限にして、世界を意味で満たす。 それがヒトの世界、文明世界、都市社会である。 すべてのものに意味がある。 都会人が暗黙にそう思うのは当然である。 なぜなら周囲に意味のあるものしか置かないからである。 しかもそれを日がな一日、見続けているのだから。 世界は意味で満たされてしまう」 「意味がない」と勝手に思うな この状態に慣れ切った人たちは、意味がない(と自分が思う)ものの存在を許さないようになってくる。 これが極端な形であらわれたのが、相模原市で生じた19人殺害事件だ。 問題は、自分にとって「意味がわからない」ものに接したときの姿勢だ、と養老先生は指摘する。 「私にはそういうものの存在意義はわかりません」と思うのが当然なのに、自分がわからないことを「意味がない」と勝手に結論づけてしまう。 ここに現代人の大きな勘違い、問題があるというのだ。 「なぜそうなるかというと、すべてのものに意味があるという、都市と呼ばれる世界を作ってしまい、その中で暮らすようにしたからである。 意味のあるものしか経験したことがない。 そういってもいい。 山に行って、虫でも見ていれば、世界は意味に満ちているなんて誤解をするわけがない」 そう、実のところ世界にあるもののほとんどの「意味」をヒトはわかっていない。 すべての「意味」を理解できると勘違いすれば、好奇心なんか生まれるはずもない。 だからこそ普段から自然に接するべきだ、というのである。 「それができなければ、せめてオフィスに意味のないものを置いてみる。 それだけでも随分違いますよ」 養老先生は、最近、取材ではしきりにこんなアドバイスも口にしている。 もちろん、「そんなことでどうなるというのか」と疑うのも、「自然を見たらどうなるのか、もっと具体的に説明しろ」と「意味」を求めるのも自由。 ただし、常に自然と接している養老先生が今年80歳になってなお知的好奇心を持ち続け、新著を一気に書き下ろせるだけの丈夫な脳を持っているのは事実である。 デイリー新潮編集部• あわせて読みたい関連本•

次の

「頭が良くなるツボ」で集中力アップ!?成績があがる効果のツボとは!

頭 が 良く なる 画像

私は当時は意識的にこれをしてきたわけではありませんが、今となって断言できることは「誰に憧れるか」で人生が決まるということです。 考えてみれば当然のことですが、不良の先輩を見てかっこいいと憧れる少年は近い将来その先輩のように不良になっていきます。 EXILEに憧れる人は、EXILEのように外見にこだわったり、歌やダンスにこだわったりということに人生の時間を使っていきます。 これとは逆に頭が良い人や成功者に憧れを持った人生ならばどうなるでしょうか。 憧れのその人のように自分もなりたいと思い、頭が良くなるために人生の時間を使ったり、成功を目指すことに人生の時間を使うようになります。 つまりは「頭が良くなりたい」「成功したい」と望むのならば、現実に頭が良い人や成功している人に憧れを持たなければなりません。 私は幸いにも小学生の時、裕福な家庭に生まれたクラスメイトがいました。 当時はバブルの最中ということもあり、その子の家に遊びに行くたびに普段は絶対に知ることもないような贅沢とも言える光景を目の当たりにしてきました。 「なぜ僕の家は貧乏なのに、彼の家はこんなにお金持ちなのか」 こんな疑問と同時に私は子どもながらに「彼のような人生がいい」「お金持ちになりたい」という強い憧れを持つようになりました。 そしてそのためにするべきこととなれば勉強しか考えられませんでした。 私が「頭が良い人」とされる人生を歩みだしたのはこれがきっかけです。 「頭が良くなりたい」「成功したい」「お金持ちになりたい」のであれば、まずは「頭が良い人」「成功している人」「お金持ちの人」に憧れを持つことが大切になります。 あなたが憧れを持った人のとおりにあなた自身もなっていきます。 私は先述の経験があったおかげで、学問を収めることで豊かな人生を送ることを目標にしました。 そして本当にその目標どおりに人生がなってゆきました。 このような自分の経験も含めて常に目標を持って人生を生きることはつくづく大切だと思います。 イチロー選手は小学校の卒業文集に「プロ野球選手になる」と目標を書き、本当にそうなりました。 松坂大輔選手も「100億円プレイヤーになる」と小学校の卒業文集に目標を書き、本当にボストン・レッドソックスと総額100億円で契約をしました。 サッカーの本田圭佑選手についてもこれと同じエピソードがあります。 頭が良くなりたいのなら、頭が良くなるための目標を持つことが本当に大切です。 あの大学に進学したい あの会社で働きたい 自分で会社を経営したい などなど目標を持つことからすべてが始まります。 「目標のない人生は行く宛のない船と同じだ」という言葉を聞いたことがありますが、私は本当にそのとおりだと思っています。 目標がなければ自分が進むべき方向が分かりません。 そのせいで毎日意味のないことに時間を使ってしまいます。 しかし、目標があれば進むべき方向は明確となり、その目標に向かう行動をするようになります。 だからこそ目標を持つことが大切です。 頭が良くなりたいのであれば、「頭が良い人になる」という目標を持つべきです。 ただし、ただ目標を持つだけではダメで、目標に対する強い思いと、行動の伴った目標でなければなりません。 「あなたと仲の良い友達5人の平均年収があなたの年収です」という説を耳にしたことがあるかと思います。 私はこの説が本当に正しいと感じています。 小学生にして頭が良くなりたいという目標があった私は中学生になったとき、意識的に自分と同じような目標を持っている人たちと仲良くなりました。 正しくは同じような目標を持っていたから仲良くなったのかもしれません。 当然のことながら、彼らは「遊び > 勉強」という価値観であったため、みなが真面目に勉強をするタイプでした。 同じクラスの人たちはテレビやゲームのことを話題にしていましたし、もちろん私たちもテレビやゲームのことも話題にもしました。 しかし、話題の中心はやはり勉強についてだったことを覚えています。 勉強について分からないことがあれば友達に聞くことができました。 周りのみんなが勉強をする習慣があったので私も当たり前かのように勉強をしていました。 中学2年生のころにはどの高校に進学するか周りのみんなが興味関心を持っていました。 この環境にいたことが大きな理由で、私は県内1位の進学校に合格することができました。 そして、県内1位の進学校には当然のことながらそれぞれの中学で優秀だった生徒が集まってきます。 私はこの環境で高校3年間を過ごしたため、学校から帰った自宅でも長時間勉強することが当たり前になっていました。 結果として、ほぼ自動的に東京の私立の一流大学に現役で合格することができました。 周りに頭の良い人がたくさんいれば彼らから影響を受け、あなたも頭が良くなります。 逆に周りに勉強に興味がない人ばかりいれば、あなたも彼らから影響を受けて勉強とは無縁な人生になってしまいます。 だからこそ意識的に自分がなりたいと思う人と付き合うことが大切です。 あなたが誰と時間を共有するかにはあなたの人生に大きな影響を与えます。 人はみな1日24時間平等に与えられています。 しかし、その24時間をどう使うかで人生に大きな差が生まれます。 まさに「人はみな平等に生まれた」、だけど「平等に生まれただけでその後は平等ではない」ということです。 何に人生の時間を使ったかだけで人生は大きく変わります。 1日1時間ゲームを習慣として30歳まで生きた人と、1日1時間学びを習慣として30歳まで生きた人のどちらが頭が良くなり、より豊かな人生を送っているでしょうか。 誰もが後者だと思うでしょう。 だからこそ、頭がよくなりたいのであれば、学びを習慣化する必要があります。 日々の学びの積み重ねがやがて大きな果実となります。 それではどうすれば学びを習慣化することができるのでしょうか。 方法としては2つあります。 1つめは、自分の目標の明確化です。 目標が明確であればそうなりたいと強く思えるようになります。 そうすると、その目標を達成するための行動を取るようになります。 それでも行動できないのであれば、目標に対する思いが弱い、もしくは目標があなたが真に望むものでない可能性が高いです。 2つめは、「少しずつ」を意識することです。 習慣は急に作られるわけではありません。 日々の積み重ねが少しずつ習慣になるものです。 そのためには、まずは小さな一歩から、そしてその一歩を確実に習慣にしていきます。 そして、その一歩が習慣になったのなら次は二歩にします。 このように一歩ずつ無理のない範囲で行動していくことで挫折せず習慣を作ることができます。 自分がどうなりたいのか、人生で何を望んでいるのか、それを意識しながら日々学びを積み重ね、習慣を形成していくことが大切です。 ここまでの4つは心理的な面について頭が良くなる方法を紹介してきました。 それとは対照的に学問的な話をすれば、私が大切だと思うのは「英語」と「読書」です。 私はTOEIC900点、英検準1級を取得しているのですが、私は理系出身でありながら高校からこれまで継続的に英語の勉強をしてきています。 現在では誰もが英語の重要性を知っていますが、そのとおり英語は重要です。 いかなる大学の入試試験でも英語はあります。 就職や転職に際しても英語力が求められます。 企業内での出世や昇進にも英語は必要です。 そして、会社を経営するにも英語は武器になります。 私はこのような英語の価値に早くから気がついていたからこそ英語を勉強の軸にしてきました。 しかし、結果として私は英語の勉強に時間を多く投資することで頭が良くなったと感じています。 英語の基礎となるのは英単語と文法です。 これらはもちろん理解して覚えるということもできますが、そのほとんどは暗記です。 この暗記が脳を強く活性化してくれます。 これまでの人生、常に英単語を覚えるということを繰り返し行ってきた私の脳は鍛えに鍛え上げられていると感じています。 基本的に聞いた物事を忘れません もちろん重要でないことは忘れますが。 これは長年のトレーニングで脳が鍛え上げられているからできることです。 私と同じように多くの人も様々な情報なり学びなりを耳にしてはいるのですが、そのほとんどを忘れてしまっている、脳に吸収されていないと思います。 そして、それが人生で差になっているとも感じます。 このように私は英単語の暗記を人生で長期間行ってきたため脳が鍛え上げられ、多くのことを記憶することができるようになりました。 頭が良くなるために英語と同じく私が大切だと思うのは「読書」です。 とある雑誌に30代で年収300万円の人は1ヶ月に平均して本を0. 3冊しか読まない、それに対して30代で年収3,000万円を超える人は1ヶ月に平均して本を9. 8冊読んでいるというデータがありました。 多読家の著名人として、マイクロソフトのビル・ゲイツ、投資家のウォーレン・バフェット、ソフトバンクの孫正義などがいます。 こう考えるといかに読書量が頭の良さや成功と強い因果関係があるかが分かります。 私も高校生のときから読書をするようになりました。 社会人になってからはだいたい2〜3日に1冊は本を読む生活をしています。 読書は確実に頭を良くしてくれます。 書籍から情報や知識を得ているので、当然ですが人よりも持っている情報量や知識量が多くなります。 だからこそ、物事を的確に理解したり判断したり処理したりとできるわけです。 しかし、読書による効果はこれだけではありません。 読書をすることで右脳と左脳の両方が同時に鍛えられ、論理思考も創造力も豊かになるという説を書籍で見たことがあるのですが、私はこれが正しいと思っています。 読書をすることで脳の回転がしだいに早くなり、思考力が高まります。 こう考えると、やはり頭が良くなるためには読書は必須でしょう。 これは私がこれまでの人生で、そしてこれからの人生でも大切にしていくことです。 アメリカ合衆国第16代大統領リンカーンの有名な名言を紹介します。 木を一本切るのに8時間ももらえるのなら、私は最初の6時間を斧を研ぐのに費やす 普通の人は「木を切れ」と言われたら8時間かけてその木を切ろうとするはずです。 それに対してリンカーンは、6時間は木を切るための準備に時間を費やし、残った2時間で木を切ると言っています。 私もこの言葉から大きなヒントを得ました。 例えば、あなたが英語を身につけたいとします。 それならば無知のままいきなり英語と向き合うのではなく、まずは英語の勉強法について学び、具体的な方法論を知った上で勉強を開始した方が結果は早く得られるという意味です。 つまりは頭が良くなりたいのであれば、勉強をするのではく、まずは頭が良くなる方法や勉強の仕方についての知識を仕入れることが大切になります。 実際のところ、このアプローチができている人は多くはいません。 だからこそ、このアプローチをするだけで周りとは違った結果を手にできるはずです。 人類は道具の進化とともに進化をしてきました。 少し前の話ではパソコンという道具の登場、現代に話をおけばスマートフォンという道具の登場がこの例としては顕著です。 人間の脳自体は今も昔も大きな変わりはないはずですが、現代に生きる人は、道具の進化によって、より効率的により効果的に生活することができています。 ここで恐ろしいことは、最新の便利な道具は毎日のように世の中に登場しているのにも関わらず、それを知らない人は、それを知っている人とどんどん差がついてしまっているということです。 そして、学力・勉強についてはこれが特に顕著になります。 仮に自分の脳力が人より劣っているとしても、人よりも効果的・効率的な学習をしていれば勝つことができてしまいます。 だからこそ、頭が良くなる方法として、最先端の学習アイテムを使用することが重要だと私は考えています。 そのために私がおすすめするのは、「スタディサプリ」という学習アイテムです。 スタディサプリはリクルートが提供するサービスで、パソコンやスマートフォンを使って、好きなときに好きなだけ、予備校の人気講師の講義を受けることができます。 東京の有名な予備校の人気講師の講義を受講できるのは、地方に住む人にとっては本当にありがたいことです。 さらには、100万人以上の利用者がいて、動画での講義となるため、驚くような低価格を実現しているのもありがたいことです。 スタディサプリは中学受験、高校受験、大学受験のすべてに対応していて、日本で最先端の講義を自宅にいながら低料金でお子様に受けさせられます。 このような学習環境を用意してあげることも、頭が良くなるためには重要です。 地方による学力格差をなくすためにも、周りと差をつけるためにも、良い教育をしながら教育コストを落とすためにも、スタディサプリは役に立ってくれます。 この差を自分にとって有利なものにするためにも、スタディサプリのような最先端の学習アイテムを積極的に取り入れることは重要です。 そうしないと、この時代、どんどん周りから遅れをとることになってしまうと思います。

次の

「どうしたら頭が良くなるのか」――養老先生はこう答えた

頭 が 良く なる 画像

頭が良くなる画像という物があるのをご存知でしょうか。 見るだけで頭が良くなるという驚きの画像なのですが、いくらなんでも胡散臭く感じてしまいますよね。 しかし、きちんと科学的根拠があることが証明されているのです。 頭が良くなる画像とされているのは、 風景を写した写真です。 晴れ渡ったきれいな青空に、緑豊かな高原が広がっているといった物です。 他にも、山脈に花畑の写真などもあります。 これらの頭が良くなる画像を公開したのは、イギリスのある報道メディアです。 メルボルン大学の研究によって、緑がメインの自然を表現した画像が脳に効果的とわかったらからです。 花畑や草原といった画像を見ることによって、人間の脳が癒されるということが大きな理由のようです。 効果的な見方は? これらの頭が良くなる画像は、 40秒間眺めるのが効果的とされているいます。 また、イギリスの報道メディアが公開した画像でなければ効果がないというわけではありません。 例えば、風景を描いた絵画を見るのも効果があります。 仕事の合間にリフレッシュしたいと思ったら、緑豊かな自然風景の写真や絵画を眺めるようにするといいかもしれませんね。 癒し効果があるだけでなく脳が活性化され、仕事に集中して効率よく業務をこなせるようになるかもしれません。 風景の写真なんて持っていない、という人もいるでしょうが、インターネットで検索すればたくさんの風景画がヒットするでしょうから、それらを眺めてみてはいかがでしょうか。

次の