えい と 香水。 人形町店

香水16選【女性】おすすめの香水からモテる香水・安くて優秀なプチプラ香水まで【保存版】

えい と 香水

実際はPG-12 結構刺激が強いというか、中学生でもどうかなって内容でしたので。 あと、一人で見に行ったほうがいい映画かも。 ラストに行くにしたがって気まずいものが… 笑。 レイトショーとかをこっそり一人で行くと間違いないかと思います。 何が間違いないのかは私にも わかりませんが。 物語はなんか暗闇の中匂いをかいでるらしい、ヘンタイちっくな男のシーンから始まります。 つかどう見てもヘンタイだよね!? それがなんか慌てた様子で引きずり出されていきました。 様子を見るにこの男は死刑囚で、早く死刑にしろと暴動がおきかけている模様。 …ここフランス? なんか判決文を読み上げてて、その判決の内容のたびに歓声が上がるということは、 えげつない犯行をやらかしてきたんでしょうねぇ。 シーンは変わりましてパリ。 ナレーターでこの頃のパリは悪臭に包まれていた、と言っています。 この時代はアルコールは発見されていて香水自体は作ることが出来ましたが、今の ように当然量産などできずまた、調合があったりあれやこれやで高価なものでした。 当然、貴族のみが身につけられるものだったんですね。 香水というと、入浴の習慣がない、不衛生な状態から発生する悪臭を隠すためのみで 発明されたと思いがちですが、この映画の中でも出てくるエピソードのように、当時革製品 というと独特の臭いがありまして、これを消すためにも使われていました。 つーかまあ魚とかの市場なら臭くて当たり前だと思うんですけどね。 ま、そんな中でこの物語の主人公である、えーなんだっけ、やたら長い名前だったな。 ジャンは生まれたんですよ! 後の名前は忘れました ちなみに母親は生んだはいいけど、放置して逃げたため、殺すつもりだったとみなされ 死刑に。 なんともまああっさり死刑になるもんですな。 そしてジャンは施設に送られたのですが、これが、子供の養育費が支給されるの目当て で子供を引き取っているというようなごうつくババアのところでして。 そんな中を生き延びてきたわけなのでした。 ジャンは成長し、なめし皮の工場?かな、就職します。 ひとつ彼が他の人間と違っていたのは、あらゆる臭いをかぎ分けられたということで しょうか。 水の中まで臭いをかぎ分けられるのはすごいな!犬でも水の中はお手上げ ですもんね。 つかカエルの卵をスクリーンいっぱいに映してんじゃねーよ。 あとネズミの 死骸の中のウジとか。 このあたりが、年齢指定が生ぬるいなと思った理由なんですけども。 容赦なしにいろいろ映し出されてますからね…。 そうしてある時ジャンは、親方に連れられて街中へ繰り出します。 様々なにおいに フラフラしまくり。 いやあのね…目つぶってあるいたら危ないから…。 コケる前に親方にどやしつけられたけど。 でもいろんなにおいかげるのはいいけど、ムサい人のわきの下のにおいとかはかぎたく ないよね! で、香水の店かな、行って貴族が香水つけてるの見るんですね。 つーか香水って確か3種類くらいありませんでしたっけ。 いや種類じゃなくて…。 確か効き目の持続する時間とかて使い分けるんだったはず。 と思って調べたら4種類でした。 そうか、1種類あまり目にしないと思ったら、かなり高価な ものなのであまり取り扱いがないというか、売ることがないのかも。 赤い髪の毛の果物を売っている女性に引かれて後ろをついていくのですが。 いやあんたさ…。 何も言わずにいきなり腕とってにおいかがれたら立派なヘンタイだよ。 何がしたいんだこの男。 もう少しなんかフォローしようがあったろうに。 例えば「香水か何かつけておられますか」とでも聞けば存分ににおい嗅げたと思いますが…。 ともあれ付きまとっていたジャン、勢いあまってなんとこの女性を殺してしまうんですな。 いやいやいや、あんたしょっぱなからいきなり殺人犯デビューすんなや! 一応アジトに戻ったジャン。 彼は香りを保存する方法を知りたいと強く思うようになります。 …その相手の近くに住むとかすればいいんじゃね?結婚が無理なら。 ちょっと先にネタばらしみたいになってしまいますが、殺さないとにおいを取れないのなら、 その香水がなくなった時どうするのかと。 それよりは生かしておいて好きな時ににおい嗅げる 方がいいと思うんですけどねー。 頭悪いな。 場面は変わりまして、ある閑古鳥のなく香水屋。 彼、ジュゼッペは今人気の香水師に すっかり客をとられてしまい、お客がこなくっていたのでした。 で、その人気の香水師が編み出した「愛と精霊」だったかな、この香水を自分でも作ろうと するのですが、成分などがわからない。 そこへたまたま革を届けにやってきたジャンが、ひょいひょいのひょーいと香水を作って しまうわけですよ。 香水師の立場形無し。 ちなみにここでジャンはアルコールをまず容器に入れ、それから成分を混ぜ合わせている のですが、本物の調合師さんによるとやはり現代でもあの作り方はナンセンスだそうです。 そしてジャンはこの香水を「ひどいにおい」といい、本当に良い香りの香水を作って去って いくんですね。 その才能に驚いたジュゼッペは彼を自分のもとに買い受けるわけです。 ただこのシーンで思ったのですが、この物語はフィクションにしても、万人に合う香水なんて あるわけがなく、香水というものは身につけて使うものである関係上、その人との体臭と どう交じり合うかが一番重要なポイントになってきます。 よく、交じり合ってものすごい悪臭を発しているねーちゃんとか、香水をそもそもつけすぎて 歩く犬撃退機みたいになってる女の人とかいますが、あれは一番やっちゃいけない香水の 使い方ですね。 自分は鼻がバカになってるから気がつかなくていいでしょうが、レストランとか お寿司屋さんで一緒に食事をしなければならない彼氏さんが気の毒です 大笑。 ま、女性に 限った話でもないですけどね。 皮肉はこれくらいにして、においの好き嫌いで選ぶのではなくて、ひじの内側につけて かいでみたり、専門家にアドバイスをもらうなりして、自分に合う香水をみつけるのが一番 いいかと思います。 こうしてジャンを雇ったジュゼッペの店は大繁盛。 そりゃそうだ。 その人にピッタリ合う香水を 作れる天才がいるわけですから。 一方で香水に関する知識も教えてもらったりとか。 トップノート、ミドルノート、ラストノートは 勉強になりました。 それはえもいわれぬにおいで、様々な人間がこのにおいを再現しようと分析し、13種類の うち12種類までは分かったけれども、最後の1種類がどうしてもわからないと。 で、ジャンは「どうしてわからないのか」と質問します。 彼にとってはわからないにおいがない からなのでしょうが、ジュゼッペはその質問の意味自体がわかってないので、わからないものは わからない、みたいに答えるんですね。 言葉をあまり多く知らない子供に大人が質問しても、理解できる答えが得られないのと同じ ことではないでしょうかね? 大人は知識があるからいくらでも推理とか出来るけど、子供はもともと言葉の引き出しが少ないから 教えることも理解も出来ない、みたいなの。 で、バラの花びらから精油を抽出するわけですが。 おいおいそのどぶ川の水使っていいのが出来るのか…? そんでジャンはこの方法を使って、店のネコから体臭を分離しようとするのですな。 お前ひどいな、 生きてる猫を…。 銅や鉄とかからもしようとしたのですが無理でした。 ジュゼッペから無機物は無理だし、ましてや体臭を分離することなど出来ないといわれて絶望 するジャン。 絶望のあまりかんしゃく起こして失神した人を見たのは、ハウルに続いて二人目だよ! この方法以外で香りを抽出する方法が一つだけある、と教えられ、ジャンは代わりに香水の 調合方法を100ほど教えて香りの首都グラースへと旅立ったのでした。 ジュゼッペはそれからも処方箋を使って大もうけ…しようとしたのですが、その日のうちに家が 崩れて死んじゃった。 いいのかこのオチ。 旅の途中ジャンはある洞窟にたどり着きます。 そこにはにおいがなかったって言うけどそれはおかしいやろ。 空気がある以上においはある はずなんだから。 においがなかったって言っておきながら「冷たい岩のにおい」ってわけわからん。 誰だこの日本語訳したのは。 つーかおいおいおい。 ジャンどんだけ寝てたんだこの男。 ヒゲぼうぼう、髪の毛バサバサですやん。 でもってジャンはあることを発見します。 即ち、自分にはにおいがないということを。 いやそれおかしいから。 普通体内で細菌活動とかある以上においあるから。 つーても映画だし なぁ…。 必死になって臭わなくても、鼻に綿つめといて、それからしばらくしてにおえばわかるかもよ。 そうして彼は決意も新たに旅立つわけです。 彼に贈りたい。 「決意の朝に」 歌:Aqua Timez そんな中彼はあの果物売りの女に見出したような、運命のにおいを見つけ出すのです。 馬車にゆられていったその女性を追いかけ、たどり着いたのはある屋敷。 アランんんんんんんんん!出ました、アラン・リックマン!…いやこの女性が、じゃない ですよ。 当たり前 父親役でアランが出てました。 かっちょぇぇ! 女性の名前はローラというみたいです。 っていうかまた忍び込んじゃったよこの人。 ほんっっっとうに後先考えないな、ジャン。 さてジャンはその街に就職しておりました。 なんか香水?か何かを作るとこみたいですね。 で、同じ職場の女を一人殺して、花を煮詰めるやり方でにおいを抽出しようとしたが 失敗。 次に、これは…なんだろ、動物の脂?を体に塗りたくり、それをそいでにおいを抽出する という方法を試してるみたいです。 これはうまくいったようですね。 これが冷浸法なのかな。 一方ローラちゃん。 誕生日ぱーちーですよ! 食べられるバラを豪快に食べるアランが素敵ー。 で、ローラにモーションかけてる侯爵がいて、アランはまあこの男を好きっていうわけでも ないけども、娘を結婚させて落ち着かせたい様子なんですかね。 ところが、ぱーちーの余興で鬼ごっこやったら双子の娘が行方不明になってしまった という…。 いやその前にこのセットハリーポッターだよね? 炎のゴブレットに出てきた植物の迷路そのものなんですが。 よしprof. スネイプ、 アクシオで双子を引き寄せるんだ! 無理言うな というかその前に芝生を片っ端から切って行けばいいんじゃねぇ? 双子はジャンがお持ち帰りしていました。 なんかお持ち帰りって言うとやらしいな。 死体としてお持ち帰りなんですけど。 ちなみにジャンはこの迷路の中で侯爵に迫られて困っていたローラを、灯りを割って 気がそれた隙に逃がしてあげるということもしています。 お前は何がしたいねん。 さて、ジャンがまるで生ごみを捨てるかのように死体をポイポイしたため、街では 次々と女の丸坊主にされた死体が見つかり、大パニック。 しかもその死体には乱暴された形跡がないことから、犯人の意図がわからず更なる 不安を煽る形に。 貴族たちは外出禁止令を出せだのあーだのこーだの言ってますけど。 集団で行動 するようにすればいいんじゃないの? で、アランは鋭い推理でもって、犯人は何かを集めており、それが収集しおわるまで この犯行はやまないたろうな、みたいなことを言うんですね。 さすがだ。 でもジャンが襲ってる女性ってなんかのべつまくなしに見えるんですが?それでも 最高の香水を作るためにそれぞれのにおい成分を持った女性を襲ってるのかな? ここはちょっとわかりづらかったです。 で、連続殺人はやまず、アランのヅラが乱れまくっております。 教会はこれは許せないと、見も知らない犯人をキリスト教から破門する、と宣言。 いやそれって犯人がキリスト教だった場合ですよね?ってか何言ってんの? その最中になんと犯人が逮捕されたという知らせが。 実はこれは、事態収拾を狙った人達の計画で、アランはその供述の矛盾から、 拷問によって引き出されたものであると見抜くわけですね。 つい先日日本でも、選挙法違反で逮捕した人達に対し、脅しを遣って自白を引き出し 供述をでっちあげたということで、全員無罪判決が出ておりましたが。 また魔女狩り裁判でもありましたけど、拷問すればどんな自白でも引き出せるわけです。 そしてそれは鼻紙ほどの価値もない。 事態の収拾をはかるにしてもこんなやり方じゃ、次に殺人が起きたときにさらなる パニックを引き起こすだけじゃないのかと。 そうして街が浮かれる中、危惧を抱いたアランは、娘を連れて田舎へ避難します。 何故なら妻をなくしたあと彼の生きがいはこの美しい娘だけであり、何者かが侵入 した形跡があった以上、屋敷にはいられないからです。 つーかどんだけ警備ザル やねん、この屋敷。 避難して僧院に入れた後あの侯爵と結婚させるつもりなのです。 避難をにおいで悟ったジャン。 街を飛び出していきます。 すげーなおい。 ところがあるきっかけによって、ジャンの殺害の証拠が見つかるわけです。 ここは 「おーなるほど」といった伏線でした。 なかなか面白かったです。 っていうかいちいち証拠を全部並べとらんで早くジャン追いかけろや。 しかし娘にだけはちゃんと事実を知らせた方がいいのでは、アラン。 そうすれば 異様なまでのアランの怯えように理解も示してくれるだろうし「パパなんて嫌い!」 って言って薄暗い通りに走っていったりしないだろうし。 これを追いかけるアランは 大変そうでした…老体に無理させんなや。 あと悪夢を見て慌てて娘の寝室にかけつけるアラン。 心労のあまり髪の毛が! ヅラ外してるだけです で。 においで嗅ぎ分けるジャンの前には偽装も無駄。 あっという間にアランらがいる 宿にたどり着いたジャンはこれまたあっさりと侵入し…。 翌朝アランが見たのは、愛する娘、ローラの無残な死体でした。 つかさ。 このシーンモロCMに使われてんですけど。 最近の映画ってCMであっさりネタバレ しすぎと思うのは私だけでしょうか? そういうわけで究極の香水を完成させると同時に逮捕されたジャン。 もちろん判決は死刑ですが、その死刑実行の日。 彼は香水を身につけ、衆人の前に出ましたが…。 ここらあたりはなんつーか、正視に堪えないのでカット 笑。 で、あのアランさえも「わが息子よ」とかわけわからんこと言いましたよ。 そうしてジャンは自分自身が生まれた故郷に戻ってきました。 その中で香水を頭からふりかけ、群がってきた人間たちにたかられてこの世から 消え去ったと。 こう書くとわけわかりませんが、見ててもわけわかりませんでした。 うーん、私としては、ローラが死んでからの後がかなりグダグダになったと思います。 究極の香水の完成というのをああいう形で表したのはよくわかりますけど、なんか いまいち腑に落ちないというか。 あっさり完成しちゃったなと。 私は、究極のにおいを完成させるために人を殺してにおいを探し続ける話かと 思ってたので。 だってにおいがわかるということと、それと同じにおいもしくは成分を簡単に探し あてられるということはまた別問題だと思いますから。 でも、映像で唯一伝えることの出来ない「香り」をテーマにした映画としてはなかなか 良かったと思います。 究極の香水を手に入れたとしたら。 まー一滴ずつハンカチに落として、そのハンカチを高い値で売り、一財産築きたいですね。

次の

線香・お香・丹花3種類セット :s141219:仏壇・仏具の専門店ぶつえいどう

えい と 香水

【目次】 ・ ・ ・ 香水おすすめ・女性 【1】大定番・クロエ オードパルファム みんな大好きなクロエの香り。 10周年を記念して作られたオリジナルの香りをグッと濃密にした「アブソリュ ドゥ パルファム」も要注目です。 爽やかにさりげなく、確かなエレガントな女性の雰囲気を感じさせる香水です。 ダウンパフューム 日本人のために作られたボタニカルフレグランス。 可能な限り天然香料を使ったオードパルファムは軽やかで優しいのに、香水の持つ奥行きさも表現した一品。 どこかスパイシーな香りは人とは違った魅力を放つ。 インドのタージ・マハル宮殿に広がる香りをイメージした芳醇な香りのよう。 【4】春夏にもぴったりな爽やかな香りを楽しめる。 花畑とベリー畑の香水 フランスを代表するフレグランスメゾン ラルチザン パフュームから、新しいふたつの香りが誕生。 (左)CHAMP DE FLEURS シャン ド フルール オーデコロン100mL 17,000円+税 「シャン ド フルール オーデコロン」(お花畑)は、キラキラと輝く朝露に濡れるホワイトブーケを香りへと解釈したオーデコロンです。 弾けるように陽気な香りをもたらすトップノートでは、ビターなグレープフルーツとジューシーなペアーのきらめくような香りが思わずはっとしてしまうこと間違いなしです。 (右)CHAMP DE BAIES シャン ド ベ オーデコロン 100mL 17,000円+税 「シャン ド ベ オーデコロン」(ベリー畑)は、熱風が吹き始める前のひんやりとした早朝にブラックベリーの樹々が放つ、軽やかな香りを表現しています。 その香りは、野生的なブラックベリーとフレッシュなラズベリーが水の中で溶け合い、爽やかで心地よい感覚をもたらします。 爽やかなシャーベットを思わせる日本のナシの香りと、大きなグラスに入ったアイスティーをイメージさせるベルガモットの果皮とピンクルバーブが生み出すアコードが香水のもつ奥ゆかしさと爽やかさを感じさせてくれます。 【5】ゴールドな輝きを纏う。 【6】フローラルブーケをムスクが包み込む洗練された新作。 ミュウミュウのミュウミュウ ロー ロゼ オードトワレ 「ミュウミュウ ロー ロゼ オードトワレ」は、リリー・オブ・ザ・バレーやカシスのつぼみが生み出すフローラルの優しい香りを、ムスクの洗練された香りが包み込んで爽やかな香りをもたらします。 名前からイメージするように。 みずみずしくいきいきとした、これまでにない全く新しい香りです。 【7】マーク ジェイコブスの人気のフレグランス「デイジー」 左から:マーク ジェイコブス デイジー オードトワレ トゥインクル エディション 50mL ¥9,200+税 マーク ジェイコブス デイジー オー ソー フレッシュ トゥインクル エディション 75mL ¥9,400+税 マーク ジェイコブス デイジー ドリーム オードトワレ トゥインクル エディション 50mL ¥9,200+税 オリジナルのデイジーの香りをきらびやかに仕上げた陽気で快活な香りが、デイジーガールを果てしなく続く青い空、キラキラと輝く水面を表現し、永遠に続く夏を表現。 容器のデザインだけでも思わずうっとりしてしまうこと間違いなし。 明るい気分にさせてくれるこの香水は今季注目の一つです。 モテるおすすめ香水 【1】待望の新フレグランス・クロエから発売・ノマド 新たな自分に向かって突き進むエネルギーに満ちあふれている、そんなクロエウーマンをイメージしたこの新フレグランス。 明るい輝きを放つキャップにはピンクのリボンが結ばれており、キュートな雰囲気も同居しています。 【2】大人の女性のために。 ブランド初のフレグランスがついに登場。 貴重なアイリスにヴァイオレットやジャスミンを重ねたフェミニンな香り。 どこかくラリックな雰囲気もある香りは大人の高貴な女性のイメージを与え凛とした美しい魅力的な印象を与えます。 【3】彼も周囲も魅了する。 ラルチザン パフュームの5種セット 2018年2月に人気の香りをセットした「ディスカバリー セット」が発売。 気分やシーンに合わせて使い分けられコンパクトなスプレータイプだから、バッグに忍ばせてその日の気分に合わせられる。 香りの職人によって作られた独創的で美しい香りを選んで。 【4】女性らしい魅力を引き出す・プロディジュー ル オード パルファム 女性らしい魅力を目覚めさせるパワー、五感を刺激するパワー、官能性を高めるパワー、男性を一瞬で魅了するパワーなど、吹きかけるだで自分に自信が持てるような魅力的な香水。 高級感のあるエレガントな香りを楽しんで。 【5】ダイヤモンドのような容器に思わずうっとりしてしまう、ティファニー オード パルファム 15年ぶりに発売された、新作のオード パルファム。 アイリスの花をメインにムスクやパチュリを加えた、だれからも愛される爽やかなフローラルムスクの香り。 ガラスのボトルにはティファニーならではのダイヤモンドカットに。 お部屋に飾るだけでも幸せな気分になり、モテ部屋に変身できる。 【6】女子力を高める、ロクシタンの香水 プロヴァンスの美しい風景を表現した香り「テール ド ルミエール」。 サリービューティズムの【キャプティベイト・パフューム】各10ml ¥3,694 心身をケアしてくれる新しい型のパフューム。 香りの力で緊張をほぐしたり前向きな気持ちになれたり…全7種類の香りはそれぞれに意味や目的があるそう。 その日の気分に合わせてお気に入りの一本をチョイスして。 (右から)ジャーナリスト、ラブ、ボヘミアン 【2】ライフスタイルに合わせて香りを楽しむ・バナナ・リパブリックの香水 バナナ・リパブリック アイコン・コレクション 各¥5,900(税込) 78 Vintage Green(78ビンテージ グリーン) 83 Leather Reserve(83レザー リザーブ) 90 Pure White(90ピュア ホワイト) 06 Black Platinum(06ブラック プラチナ) 17 Oud Mosaic(17 ウード モザイク) それぞれの年代イメージに相応しい香りを調合したユニセックスなフレグランス5種にて構成。 自由で冒険的なこの香りは手に取る度に楽しい気分にさせてくれる。 【3】オフィスでも活躍してくれる。 ロクシタンのトラスヴァーベナオードトワレ オフィスや目上の人と会う時にも丁度良いトーンの香りで活躍してくれるロクシタンの上品なヴァーベナシリーズ。 そんなトワレシリーズから「シトラスヴァーベナオードトワレ」が発売。 ヴァーベナには、昔魔女が恋薬に入れたと言われていて恋を呼ぶハーブという言い伝えがあるとか。 香りで恋愛運UPも期待して。

次の

「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

えい と 香水

18世紀のを舞台にしたの『』の映画化。 日本では3月3日から公開された。 映倫規定では指定になった。 ストーリー [ ] の・。 悪臭漂う魚市場で、一人の赤子が産み落とされた。 やがて孤児院で育てられたその男児の名はジャン=バティスト・グルヌイユといい、生まれながらにして数キロ先の匂いをも感じ取れるほどの超人的なを持っていた。 成長したグルヌイユはある日、街ですばらしい香りに出合う。 その香りを辿っていくとそこには1人の赤毛の少女がいた。 少女の体臭にこの上ない心地よさを覚えるグルヌイユであったが、誤ってその少女を殺害してしまう。 少女の香りは永遠に失われてしまった。 しかしその香りを忘れられないグルヌイユは、少女の香りを再現しようと考え、橋の上に店を構えるイタリア人のかつて売れっ子だったバルディーニに弟子入りし、の製法を学ぶ。 同時にその天才的な嗅覚を生かして新たな香水を考え、バルディーニの店に客を呼び戻す。 さらなる調香技術を学ぶため、香水の街・へ旅に出るグルヌイユはその道中、なぜか自分だけ体臭が一切ないことに気づく。 グラースで彼は、裕福な商人・リシの娘・ローラを見つける。 以前街角で殺してしまった赤毛の少女にそっくりなローラから漂う体臭は、まさにあの運命的な香りそのものだった。 これを香水にしたい、という究極の欲望に駆られたグルヌイユは、脂に匂いを移す高度な調香法である「冷浸法」を習得する。 そして時同じくして、若い美少女が次々と殺される事件が起こり、グラースの街を恐怖に陥れる。 髪を短く刈り上げられ、全裸で見つかる美少女たち。 グルヌイユは既に禁断の香水作りに着手していたのだった……。 ジャン=バティスト・グルヌイユ - () あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚を持つ。 ジュゼッペ・バルディーニ - ()• リシ - ()• ローラ - ()• ナレーション - () 製作 [ ] 企画 [ ] プロデューサーのは1985年に映画化権を取得しようとしていたが、断られた 『パフューム ある人殺しの物語』は世界中で1500万部を売り上げているの1985年の小説に基づいている。 報道によると、ジュースキントはとのみが正しく映画化できると考えており、他の者による製作を拒否していた。 小説が発売されるとすぐに、ジュースキントの友人で映画プロデューサーのが映画化権を獲得しようとしたが、やはり断られた。 2000年にジュースキントは承諾し、権利をアイヒンガーに売却した。 の重役が売値の承認を拒否したため、アイヒンガーは個人でローンを組まねばならなかった。 彼は映画化権獲得のために1000万を支払ったと噂されている。 ジュースキントは本プロジェクトには関与しなかった アイヒンガーと脚本家のにより、脚本草案の執筆が開始された。 アイヒンガーは最大の問題は「主人公は自分自身を表現していない。 小説家はこれを補うために物語を使用することができる。 それは映画ではできない。 登場人物が話せば観客はキャラクターの感覚だけを得ることができる」と語った。 またアイヒンガーは「このような素材を使えば、脚本に関与する監督のために特に重要である」と述べた。 アイヒンガーは幾人もの映画監督と会い、がこの素材と調和していると感じた。 2003年、ティクヴァはアイヒンガーとバーキンとともに小説の翻案作業に参加した。 脚本は最終的な撮影台本となるまでに20以上の段階を経た。 3人の脚本家が、ストーリーやキャラクター面で具体的かつ個々の視点を持たせ、小説の雰囲気を忠実に映画化するために懸命に働いた。 製作費は5000万ユーロ(約6370万ドル)であり 、最も高額なドイツ映画のひとつとなっている。 アイヒンガーがかつてCEOを務めていたコンスタンティン・フィルムと億万長者の ()とVIPメディアファンズにより融資された。 『パフューム』はオエリが初めて投資した映画であり、彼女は共同プロデューサーとしてクレジットされている。 映画はドイツ連邦映画委員会(FFA)のドイツ=フランス・アグリーメント・ファンドからの20万ユーロの資金を受けた。 からは60万ユーロが共同資金として提供された。 ドイツ連邦映画委員会からは資金40万ユーロを受け取った。 制作資金として、FilmFernsehFonds Bayernから160万ユーロ、ドイツ連邦映画委員会から100万ユーロ、Filmstiftung NRWから75万ユーロを提供された。 配給費用としては、FilmFernsehFonds Bayernから20万5000ユーロ 、ドイツ連邦映画委員会から18万ユーロ 、バイエルン・バンク・ファンドからは15万ユーロを受けた。 2005年10月、VIPメディアファンドのCEOで本作の製作総指揮の一人であるアンドレアス・シュミットが詐欺と脱税の容疑で逮捕された。 調査の結果、『パフューム』への融資にいくつかの問題があることが判明した。 シュミットが税務当局に提出した書類によると、VIPは映画に2500万ユーロを投資していた。 しかしコンスタンティン・フィルムの台帳によると、VIPも投資はわずか410万ユーロとなっていた。 2500万ユーロに足りない金額は銀行保証や投資者への支払いに使われていた。 2007年11月、シュミットは有罪判決を受けた。 キャスティング [ ] 当初、2004年第3四半期に撮影を開始する予定だったが、映画制作者たちは主人公のグルヌイユを演じきれる俳優を見つけるのに苦労していた。 グルヌイユ役の俳優の発見には約1年を要した。 キャスティング・エージェントのミシェル・グイッシュのアドバイスを受け、ティクヴァは ()製作の舞台でを演じるを鑑賞した。 ティクヴァはすぐにグルヌイユ役にふさわしい俳優が見つかったと感じた。 続いてオーディションでアイヒンガーもウィショーがふさわしいと確信した。 アイヒンガーはウィショーを「無邪気な天使と殺人者の両方を表現できる」と説明した。 グルヌイユに香水の調合法を教えるバルディーニ役にはティクヴァはすぐにのことを考えた。 ホフマンは『』を見て以来、ティクヴァとの仕事を望んでいた。 ホフマンとウィショーは、主要撮影の前に1週間リハーサルを行い、香水作りの講座を受けた。 2人の俳優のシーンはキャラクター関係の自然な進行を追えるように順撮りで行われた。 合計で5200名のエキストラが起用され、多い時には同時に1000人が使われた。 映画のクライマックスの乱交シーンでは750名のエキストラが必要とされた。 ダンス劇団の50名とベテランのタレント100名が群衆の中核を成し、残り600人のエキストラがその周りに配置された。 デザイン [ ] 映画の外観を定義するためにスタッフは、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『レ・ミゼラブル』などの時代劇を鑑賞した。 ティクヴァは、撮影中の適切な照明の不足およびその物語の性質の両方により「明確に暗い美学」を持っていると評している。 映画制作者たちは、、などの画家からインスピレーションを得ている。 撮影 [ ] 映画制作者たちはもとの設定と同じく18世紀のフランスを求めたが、実際に撮影されたは19世紀にされた。 その素朴な風景と自然のままの旧世界の町の代替として、が当初考えられていたが 、その価値は正しかったものの、ロケーションの距離に問題があったことが判明した。 最終的に映画制作者たちは、クロアチアよりも割高になるものの互いに近い場所であるスペインで映画のほとんどを撮影することにした。 は2005年7月12日に始まり、10月16日に完了した。 最初の15日間はの ()の最大劇場にて仕事場でのグルヌイユのバルディーユの場面の撮影に費やされた。 ホフマンのシーンは最初の11日間ですべて完了した。 残りのシーンの大半は、スペインの、、などで撮られた。 バルセロナの通りはパリの代わりとして撮られた。 バルセロナのの歴史的な街の中心部は、パリの魚市場として使われた。 バルセロナの ()は最後の乱交シーンのロケに使われた。 本物のような街の汚れを作成するため、約60名の「泥班」と呼ばれる映画スタッフたちが街に残骸を散布した。 2トン半の魚と1トンの肉がゴシックに分散された。 いくつかの山と森のシーンは、ジローナで撮影された。 街はまた、マダム・アルニュフィの自宅やスタジオのロケ地を提供した。 フィゲラスの ()は皮なめし工場、パリの門、グルヌイユが捕まるダンジョンに使われた。 グラースのラベンダー畑として使用されているものを含むいくつかの風景は主要撮影開始前の2005年6月にので撮影された。 『パフューム』の撮影監督はティクヴァの作品をすべて手掛けているが務めた。 映画はのカメラとレンズを使って撮られた。 ポストプロダクション [ ] ポストプロダクションはミュンヘンで行われ、2006年第3四半期に締結し、9ヶ月で完了する必要があった。 編集者の ()は、すべてのロケ地とセットでティクヴァと共に居た。 ティクヴァによると多くの時間を節約しつつ撮影を進行していたので、バーナーも細かく編集した。 ティクヴァは、映画がタイトなスケジュール(欧州での公開日が既に確定していた)のためにこのように動いたと述べた。 映画にはが使われた。 約3カ月がに費やされた。 映画のスタッフが早く到着して花が満開になっていなかったため、デジタル・グレーディング・ツールでラベンダー畑の色が改善された。 約250ショットに及ぶ作業はのユニバーサル・ロダクション・パートナーズによって行われた。 視覚効果作業の多くは、などの細かい修正、群衆の調整とセットの拡張に費やされた。 はの橋とその上の橋のショットの作成に使われた。 音楽 [ ] 1997年の『』以降から引き続いて、ティクヴァ自身と友人の、の3人が音楽を手掛けた。 音楽はがの指揮の下で演奏した。 ティクヴァは脚本作業に取り組み始めると同日にクリメクとハイルと共に作曲を始めた。 その他 [ ] 2007年2月ごろより日本で放映された本作のテレビCMにおいて、CMの最後に一瞬だけ映る、本作のクライマックスの750人もの全裸の男女のラブシーンが話題となった。 CM放送開始直後から本作の配給会社には問い合わせが殺到し、一部のテレビ局ではこのシーンが入っていない別バージョンに差し替えられたり、CM放送そのものを拒否した局もある。 参考文献 [ ]• の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 2012年4月25日閲覧。 , 2009年12月11日閲覧。 ロンドン. の2009年12月11日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Beier, Lars-Olav 2010年5月2日. の2010年12月24日時点におけるアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 Jenny, Urs 2006年8月9日. の2009年12月11日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Altman, Randi. Post COP Communications 2007年1月. 2009年12月11日閲覧。. [ ]• の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 German Federal Film Board FFA 2005年. 2010年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 2006年4月10日. 2010年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 German Federal Film Board FFA 2006年. 2010年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 , 2010年12月24日閲覧。 , 2010年12月24日閲覧。 Meza, Ed 2005年10月6日. 289. 4 : 1. Roxborough, Scott 2005年10月6日. 391. 13 : 1. の2007年9月13日時点におけるアーカイブ。 2010年6月29日閲覧。. Roxborough, Scott 2006年10月20日. 396. 33 : 14. Meza, Ed 2009年10月26日. 416. 11 : 53. 402. 12 : 2. 2007年11月14日. ドイツ語. の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 の2009年12月15日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Holben, Jay 2007年2月. の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Altman, Randi. Post COP Communications 2007年1月. 2009年12月11日閲覧。. [ ]• Holben, Jay 2007年2月. の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Jarrett, George. Altman, Randi. Post COP Communications 2007年1月. 2009年12月11日閲覧。. [ ] 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の