親戚 英語 発音。 「親族関係」を英語で表現する単語(おじ、めい、いとこ等)

親戚って英語でなんて言うの?

親戚 英語 発音

あるある発音ミス aunt 意味:おば 発音: ェアント [ant] アリの ant と同じ発音。 アウントになってる人が。 イギリスでは アーント [ahnt]。 bury 意味:埋める 発音: ベりー [ ber-ee] ブリーとかバリーじゃなくて、 いちごの berry と同じ発音。 clothes 意味:衣類 発音: クロゥズ [klohz] いつも複数形で使う単語。 dawn 意味:夜明け 発音: ドーン [dawn] ダウンになるミス多し。 フォニックスの発音ルール通りなので、 aw は オーと読む。 determine 意味:決定する 発音:ディ ターミン [dih- tur-min] ディターマインになりがち。 diameter 意味:直径 発音:ダイ エァミタァ [dahy- am-i-ter] アクセントに注意。 done 意味:なされた( do の過去分詞) 発音: ダン(ヌ) [duhn] ダーンじゃなくて、ダン(ヌ)。 photograph 意味:写真 発音: フォゥタグらフ [ foh-tuh-graf] 問題は アクセント。 photographer: カメラマン と photography: 写真のアクセントがそれぞれ [fuh- tog-ruh-fer]、[fuh- tog-ruh-fee] と二番目のシラブルにくるのがミスの原因。 省略して photo にしても フォゥトゥ [ foh-toh]。 pronunciation 意味:発音 発音:プらナンシ エイション [pruh-nuhn-see- ey-shuh n] 『発音する』の pronounce の発音がプロナウンスなので、プロナウンシエイションになりがち!アメリカでは、プロナンシエイションが一番難しい発音ってジョークも。 relative 意味:親戚 発音: れラティヴ [ rel-uh-tiv] たまに動詞の relate (りレィト)と混じって りレィティヴ になってる人が。 son 意味:息子 発音: サン(ヌ) [suhn] サン。 よく ソン になってる。 My ソン だと何だか息子さんが損してるみたい?! 太陽の the sun と同じ発音。 warm 意味:暖かい 発音: ウォァム [wawrm] worm: ミミズみたいな手足のない虫 の ウァーム [wurm] になる人が多いので気をつけて!レッグウォーマーのウォームの中に R を挟んだ感じ。 間違えると恥ずかしい、超基本単語3つ says 意味:言う(3人称単数の時) 発音: セズ [sez] かなりの確率でセイズになっている人が。 y があるので、スペルはセイズっぽく見えるけど y は完全無視で セズ。 said 意味:言った(sayの過去形) 発音: セド [sed] これもかなりの確率でセイド。 だって i があるもんね。 これも i は完全に無視して セド。 発音が和製英語すぎっ comfortable 意味:心地よい 発音: カンフタバー [ kuhmf-tuh-buh l] コンフォータブルじゃないよ。 garage 意味:ガレージ 発音:ガ らージ [guh- rahzh] 語源がフレンチで、フランス語読み! image 意味:イメージ 発音: イミヂ [ im-ij] イメイジになる人が多い。 jacuzzi 意味:ジャグジー 発音:ヂャ クージ [juh- koo-zee] ジャグジーをイタリア語っぽく? ! laundry 意味:洗濯 発音: ローンジュり [ lawn-dree] ラウンドリーに気をつけて。 laundromat 意味:コインランドリー 発音: ローンデュラメァ(ト) [ lawn-druh-mat] ラウンドロマットにならないでね。 読まないのになぜ書くの? answer 意味:答え 発音: エァンスぁ [ an-ser] w は発音しない。 business 意味:ビジネス 発音: ビズネス [ biz-nis] i は読まない。 brewery 意味:お酒を作るところ 発音: ブるゥアり [ broo— uh-ree] w は発音しない。 calf 意味:子牛、ふくらはぎ 発音: ケァフ [ kaf] l は読まない。 half も同じ corps 意味:群れ、グループ 発音: かぁ [ kawr] ps は読まない。 バレエの群舞、コールドバレエは corps de ballet。 coup 意味:一撃、大当たり 発音: クゥ [ koo] p は発音しない。 cupboard 意味:食器棚 発音: カブァド[ kuhb-erd] b は発音しない。 heir 意味:相続人 発音: エぁ [ air] h は読まない。 honest 意味:正直な 発音: あネスト [ on-ist] h は読まない。 island 意味:島 発音: アィランド [ ahy-luh nd] s は発音しない。 jewelry 意味:宝石、ジュエリー 発音: ヂューアゥり [ joo-uh l-ree] w は発音しない。 mortgage 意味:住宅ローン、抵当 発音: モーぁギヂ [ mawr-gij] t は発音しない。 raspberry 意味:ラズベリー 発音: れァズベり [ raz-ber-ee] p は発音しない。 receipt 意味:レシート、領収書 発音:り シート [ri- seet] p は読まない。 ei は連母音で、 i は発音しないけど e を長母音のイーにする。 sword 意味:剣、刀 発音: ソーぁド [sawrd] w は発音しない。 単純に難しい! anesthetic 意味:麻酔の 発音:ェナス せティク [an-uh s- thet-ik] ネイティブできちんと発音してる人は稀。 ほとんどの人は ェアナせティクか、 ェアナスタティクになってる。 choir 意味:聖歌隊 発音: クワイぁ [kwahyuh r] タダ読み方が難しい単語! 雑用の chore と似てるから気をつけて! colonel 意味:大佐 発音: カぁノー [ kur-nl] コロネルと読む人がほとんど。 これは難しいよね。 実はケンタッキーのカーネルサンダースおじさん! debris 意味:がれき 発音:ダ ブリー [duh- bree] フランス語由来だから、s を読まない。 facade 意味:見せかけの外観、正面 発音:ファ サード [fuh- sahd] ファケイドじゃないのはフランス語由来だから。 epitome 意味:典型、縮図 発音:イー ピタミー [ih- pit-uh-mee] エピトウムって読みたくなるよね… gauge 意味:ゲージ、正しく計る 発音: ゲィヂュ [geyj] 編み物をしてる人は読めるかな? フォニックス読みだとゴージュだけど… hypocritical 意味:偽善者の 発音:ヒパ クりティコゥ [hip-uh- krit-i-kuh l] ハイポじゃなくてヒッパ。 infamous 意味:恥ずべき、悪名高い 発音: インファマス [ in-fuh-muh s] インフェイマスになるミスが多い。 意味も無名ではなくて、『不名誉な』。 mischievous 意味:イタズラ好きな 発音: ミスチャヴァス [ mis-chuh-vuh s] ミスチーヴォウスにならないで! plaid 意味:タータンチェック、マドラスチェック 発音: プレァド [plad] ほとんどの人がプレイドと読む単語。 英語ネイティブにとっても難易度高。 squirrel 意味:リス 発音: スクワらゥ [ skwur-uh l] イギリスでは スクイらゥ。 zoology 意味:動物学 発音:ゾゥ アラヂ [zoh- ol-uh-jee] zoo とは違う発音なので、ズーロジーにならないで。 * n: ンの発音は、ヌに近い音なので、必ず舌先を上歯茎裏につけて! フォニックスの発音ルールから外れているものは 英語ネイティブにとっても難易度大。 せっかく覚えているのに発音が原因で通じないのは もったいない! もし間違えて覚えてた単語があれば、この機会に記憶を書き換えてね。 (正しいことを)練習し続けたら完璧になるよ! Filed Under: 関連タグ:,.

次の

親戚は英語でなんという?お役立ちのフレーズを紹介します!

親戚 英語 発音

「親族」「親等」に対応する英語表現 親類・親族・親戚は relative 親族は英語では relative と表現できます。 relative の語そのものは「関係がある」という意味合いが根本にあり、文法の脈絡では関係詞あるいは関係代名詞を指します。 人間関係について言及する脈絡ではもっぱら親戚・親類を指します。 もうちょっと硬い表現としては kinsman も使えます。 kinsman は「血族」に相当するニュアンスのある語で、やや文語的、さらに「同郷の者」という意味合いで用いられる場合があります。 親戚関係は relationship 抽象的に「親戚という関係」を指す場合は relationship と表現することになります。 親類とおぼしき方について「あなたとはどういうご関係?」と質問するような場合には、What is your relationship to ~? のように尋ねる言い方が定番といえます。 What is your relationship with him? あの方とはどういうご関係ですか ただし、 relationship は「関係」全般を幅広く含む語です。 どちらかといえば、「親戚(という関係)」よりは「(親戚という)関係」の方が実情に即した記述といえるでしょう。 上司、部下、友達、同級生、大家さんといった間柄も relationship です。 What is your relationship with him? という質問は、必ずしも親戚関係を前提とした質問ではなく、もっと広く「関係」を尋ねる言い方ということになります。 「親等」は degree of relationship 「親等」は親戚関係の近さ遠さの度合いを示す考え方です。 日本における親等と同様の考え方が英語圏にもあります。 「親等」は英語では degree of relationship と表現します。 degree は「程度」「度合い」といった意味の語です。 1親等、2親等、という具体的な親等を表現する場合、1親等なら relation in the first degree、2親等なら relation in the second degree のように表現できます。 degree を kinship に置き換えて表現する言い方も使えます。 1親等なら the first degree of kinship と表現する要領です。 具体的な親戚関係を指す英語表現 1親等の関係(親・子) 「1親等」そのものは英語では relation in the first degree と表現します。 該当する関係は《親-子》だけですが、言及する頻度の高い関係であるだけに表現の種類は豊富です。 言い方ひとつで色々なニュアンスが含められます。 parent 親 parents 両親(父母) father 父親 mother 母親 son 息子 daughter 娘 sons 息子たち sons and daughters 子女 child 子 children 子どもたち 2親等(兄弟や祖父母) 2親等は relation in the second degree と表現できます。 兄弟も(親に遡って辿るため)2親等に該当します。 brother 兄弟 sister 姉妹 elder brother 兄 younger brother 弟 sibling きょうだい sibling は性別を前提せず「兄弟姉妹」の意味で使える表現です。 便利といえば便利ですが、日常会話ではやはり brother、sister の方が一般的です。 なお、英語では兄弟の人数は「自分を除いた人数」で表現する言い方が普通です。 つまり日本語で「3人兄弟です」と言う場合には(自分を含んで3人と言っているわけですが)、英語では「自分には兄弟が2人います」という風に述べることになります。 grandfather 祖父 grandmother 祖母 3親等(叔父や甥) 3親等は relation in the third degree です。 great-grandfather 曾祖父(ひい爺さん) great-great-grandfather ひいひい爺さん great-grandchild 曾孫(ひ孫) uncle 叔父(おじ) aunt 叔母(おば) nephew 甥(おい) niece 姪(めい) 4親等以降(いとこ・はとこ) cousin いとこ(従兄弟、従姉妹) second cousin またいとこ、はとこ またいとこは親同士がいとこの関係にある親戚。 親等は六親等に当たります。 姻族(配偶者や義父) 血のつながりはないものの、姻戚関係(婚姻などによる家の結びつき)のある人を、姻族といいます。 spouse 配偶者 husband 夫 wife 妻 father-in-law 義父、舅 mother-in-law 義母、姑 brother-in-law 義兄または義弟 sister-in-law 義姉または義妹 son-in-law 婿 step father 継父 実父ではない、母の後夫のこと。 step mother 継母 実母ではない、父の後妻のこと。 s tep child、または step son、 step daughter 継子 血のつながりがない子。 adopted child 養子 stepbrother 継父(継母)の息子 stepsister 継父(継母)の娘.

次の

伊野尾慧の英語力は?頭良い?中国語が話せる?ジェシーと親戚?

親戚 英語 発音

家族は family、親戚は relative s と言いますが、その中でもそれぞれのメンバーを英語で何て言うのか確認してみましょう。 一親等 父:father 母:mother 親:parent s 子供:child 息子:son 娘:daughter childの複数形はchildrenです。 ここまでは余裕ですね! 2. また、兄弟姉妹をまとめて sibling s と言うこともあります。 <例文> 兄弟姉妹はいますか? Do you have any brothers or sisters? Do you have any siblings? 祖父母や孫は grandがつくルールですね。 三親等 おじ:uncle おば:aunt 甥:nephew 姪:niece 曾祖父:great-grandfather 曾祖母:great-grandmother ひ孫:great-grandchild ひ孫息子:great-grandson ひ孫娘:great-granddaughter 少しややこしくなってきました。 ひいおじいちゃん・おばあちゃん(曾祖父母)やひ孫には更に greatがつきます。 四親等 いとこ:cousin 大おじ(自分の両親から見たおじ):granduncle, great-uncle 大おば(自分の両親から見たおば):grandaunt, great-aunt いとこは意外とよく使いますよね。 大おじ・大おばは、自分の両親にとってのおじ・おば、つまり祖父母の兄弟にあたります。 あとは「母方の」とか「父方の」と言いたい時もありますよね。 姻族 夫:husband 妻:wife 配偶者:spouse 義理の父:father-in-law 義理の母:mother-in-law 義理の息子:son-in-law 義理の娘:daughter-in-law 義理の兄弟:brother-in-law 義理の姉妹:sister-in-law 結婚してできる相手側の家族の呼び方です。 配偶者=spouse("スパウス"と発音)はあまり聞きなれないかもしれませんが、書類などではよく出てきます。 国際結婚するともらえる「配偶者ビザ」というのも spouse visaと言います。 また、 in-lawというのは「法律上の」というような意味なので、「義理の」という意味で使われます。 その他 継父:step father 継母:step mother 継子:step child(男の子はstep son, 女の子はstep daughter) 異母(異父)兄弟姉妹:half-brother, half-sister また父親や母親の再婚によって新しくできた家族を step familyと呼んだりもします。 呼び方はどうする? おじいちゃん:grandpa おばあちゃん:grandma グランパ、グランマのように発音します。 また、名前をつけてはっきりさせたい時には、grandpa Jamesやgrandma Suzanのようにファーストネームをくっつけます。 おじさん、おばさんは目の前にいる場合にはファーストネームで呼ぶことが多いです。 日本だと呼び捨ての感覚なので違和感ありまくりですが、海外ではOKなのです。 もちろん、こちらも名前をくっつけてuncle Andrewやaunt Jessicaのように呼ぶこともあります。 日本でいう「ひろしおじさん」とか「やすこおばさん」の感じですね。 あとはほぼほぼファーストネームでそのまま呼ばれることが多いです。 日本でいう「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」という呼び方も特にはなく、兄弟間でファーストネームで呼びあっているので、知らない人が聞いていてもどちらが兄や姉なのかわからないことも多々あります。 英文例 家族や親戚、帰省に関わる英会話をいくつかご紹介します。 I'm going to visit my parents in Nagoya next week. 来週、名古屋の実家に帰る予定です。 日本語で「実家に帰る」というとgo backを使いたくなりますが、それだと長い間戻る(引越す)ようなニュアンスも含まれてしまうので、休みの間に帰省する場合にはvisitの方がしっくりきます。 My whole family got together during the Obon holidays. 家族親戚一同がお盆休みに集まりました。 I haven't met my cousins on my father's side for a while. 父方のいとこにはしばらく会ってないです。 I have to write a thank-you letter to uncle David about my birthday present. お誕生日プレゼントのお礼状をDavidおじさんに書かなきゃ。

次の