ライフカードゴールド メリット。 ライフカードゴールドのメリット・デメリット|ANA SFC 修行.com

ライフカードゴールドespecialのメリットは?年会費無料で発行できる?

ライフカードゴールド メリット

「ライフカードゴールドESPECIAL」を使っています 長年使っていたLIFEカードから突然DMが届き、その数日後に担当者から電話がかかってきました。 電話の内容は 『永久年会費無料のままゴールドカードにしませんか?』という内容で、話を聞くと『ライフカードゴールドESPECIAL』と呼ばれる年会費が永久無料のゴールドカードに更新できるというものでした。 つまり インビテーション(招待制)というやつです。 どちらにしろ通常カードの期限が迫っていたし「じゃぁ、お願いします」と伝えて申請したところ、数日後にゴールドカードが届きました。 この『ライフカードゴールドESPECIAL』というのは、他社の一般的なゴールドカードとは若干異なる点があるが、普通にゴールドカードとしての役割を満たしています。 『ライフカードゴールドESPECIAL』の特典など• 空港ラウンジサービスが利用可能・・・全国主要26空港34ラウンジ• ロードサービスが充実・・・24時間365日電話ひとつで駆けつけてくれるなど• 会員専用のダイヤルデスク・・・ゴールド会員専用ダイヤルと専任サービスが受けられる• 弁護士無料相談サービス・・・電話、または面談による法律相談を1時間無料で利用• ポイントの有効期間が5年• キャッシングは金利優遇• その他、会員サービス多数・・・ゴルフ場の予約や、旅行予約サービス、その他優遇・割引サービスなど 結局のところ年会費無料でありながら通常のゴールドカードとほぼ変わらない、ということです。 ゴールドカードを持つための条件• 延滞・事故情報• 勤続年数• 年齢 やっぱ年収ってあるじゃんか! って思うかもしれないが、高額年収でなくても 国民の平均年収あたりで持つこと自体は可能です。 (年収400万円以上が入会資格と言われている) 基本的には30代以上を入会資格にしているのが一般的です。 最近は20代でも平均的な収入のある人でもゴールドカードを持つことができるそうだ。 (これはヤングゴールドカードと呼ばれ、ゴールドカードとはちょっと異なる。 ) 年会費無料のゴールドカードは3つある!〔インビテーション制を活用しよう〕 ライフゴールドカードESPECIALは特殊なゴールドカードであるとして、一般的にも年会費無料のゴールドカードはあります。 普通のカードを利用して、特定の条件を満たすことによりゴールドカードに切り替わるという「インビテーション(招待)」という仕組みによって、年会費無料で利用できるというのが基本になります。 最初から無料でゴールド!というのは残念ながらありません。 ただ、日常的にカードを使っていればほとんどの人がゴールドにキャリアアップできると思うので、このインビテーションに対応しているクレジットカード会社3社について解説します。 イオンゴールドカード イオン系列店を使う人は絶対 お得 ! イオンカードを利用している人 or 申し込んだ人が、 条件を満たすことでインビテーション(招待)を受けゴールドカードに切り替わるのがイオンゴールドカードです。 一度ゴールドになれば無条件で年会費無料になるという素晴らしいカードで、イオン系列店を利用する人にとってはこれ以上ないカードです。 インビテーションの条件は非公開ですが、口コミの情報を集めると以下のようだと予想されます。 いずれかを満たせばゴールドカードになるらしい。 イオン系列店で年間60万円以上利用• トータルで年間100万円以上の利用• 年間120回以上の決算+80万円以上の利用 特典として、通常のゴールドカードのように 空港ラウンジが無料で利用できたりするのは当然ですが、 家族会員カードを年会費無料で3枚まで発行できるというのもいいですね。 他にも、イオンショッピングセンター 「イオンモール」のゴールド会員限定の専用ラウンジが利用でき、ドリンクサービスのほか、雑誌や新聞も読み放題、パソコンの使用もすべて無料です。 こんなのが店舗内にあるって知ってました? このようにイオンゴールドカードは、 イオンカードを持つことで一定条件さえクリアすればゴールドに切り替えられるカードです。 イオン系列店で年間60万円(月5万円)の利用なら、日常の買い物+ショッピングで簡単に越えられると思います。 イオン、ダイエーはもちろんミニストップなど数多くの系列店でお得にポイントが貯めれるので、よく行く店舗がある人にはオススメです。

次の

「ライフカードゴールド」のメリット・デメリット 空港ラウンジ、ポイント還元率、キャッシュバックの仕組みなど徹底解説

ライフカードゴールド メリット

旅行サービス 色々なパッケージツアーや国内宿泊、さらにカード会員限定の割引サービス有り 海外アシスタンスサービス 海外旅行の際、便利で安心な旅をお手伝いする海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」 トラベルグッズ トラベルグッズ割引あり 国内レンタカー割引サービス 国内の各種レンタカーが割引に! 海外おみやげ宅配サービス 出発前にカタログから予約すると、帰国後のご希望日にお届けする便利なサービス。 全品10%オフです! カーシェアリングサービス タイムズカープラス会員カード発行手数料が無料に! ライフカード優待サービス 国内・海外のショップ・レストラン・アミューズメントスポットなどで優待サービスが受けられるお得なサービス 誕生日が近づいてきたときにカードを作って使い始めました。 父が元々利用したカードで誕生日の月は還元率が上がるのでカードを作ってみたらと勧められたのがきっかけでした。 今までは年会費ありのクレジットカードを使用していましたが費用がもったいないこともありこちらのカードを発行してからはその分の金額を買い物に使えるようになりました。 カード発行の申し込みはインターネットから名前や住所、年収等を入力して身分証明書を返送するだけなので簡単でした。 返送してから1週間ほどで届くので発行スピードも早い方と思います。 嬉しかったことは発行後にサンクスポイントがプレゼントされたことです。 これは発行後にカードをたくさん使うと多くもらえるのでできるだけカード払いを心掛けて使いました。 使い勝手も問題ないので今後は友人にも勧めていこうと思っています。 ライフカードの最大の特徴は、誕生日月の1ヶ月に限ってカード使用に伴って獲得できるポイントが、通常の5倍になる点です。 通常の場合の還元率は0.5%と高還元率カードが様々あるなかで平凡な部類に入るカードですが、1ヶ月だけは還元率が2.5%と、最高水準の還元率になります。 また、1年あたり50万円カードを利用すると、別途1500円分のボーナスポイントが付与されます。 年間50万円の利用はなかなかハードルが高いという方もいるかと思いますが、誕生日月のポイント5倍は誰でも適用されるので、この誕生日月の1ヶ月のためだけに保有するのもありだと思います。 年会費も無料ですので、保有しているだけならコストはかかりません。 私も、メインカードは別に保有していますが、ライフカードを誕生日月用のサブカードとして保有しています。 メインカードとして使用しています。 何よりも魅力は誕生月ポイント5倍です。 昔は誕生日はプレゼントされる方ですのであまりお金は使用しません。 しかし、結婚し家事、育児をしていると誕生月でも変わらず出費はあります。 そこで生活必需品は誕生月にまとめて購入するようにしています。 子供のオムツも一年間で使用するであろうシャンプーやコンデショナー、トイレットペーパー他に大きな買い物をする場合は誕生月にまとめてしています。 他にも一年間の使用金額によって翌年のポイントの倍数が決まります。 初年度は1. 5倍のポイント数です。 これでは他のクレジットカードの方が還元率が良い物もありますが、年間150万円以上ですと通年2倍のポイント数が付きます。 そんなに普通の家庭では使用しないかもしれませんが、私の場合は3家族分の公共料金、主人の店の電話代、インターネット代をライフカードから引き落とし、別途現金を頂いておりますので年間150万円以上になります。 それによりクレジット使用にてポイントが2倍になりポイントが貯まるスピードがアップします。 初年度無料、2年目以降の無料カードにしてはとてもバランスのとれた便利なカードだと思います。 やっぱりライフカードの一番の魅力だと思うのはポイント還元率の高さですね。 ポイントを貯める方は、誕生日月の5倍や、初年度1.5倍なのも嬉しいです。 年間の利用率によってポイント不可の倍がかわってくるようなので、私はこのカードをメインカードにすることにしました。 ポイント交換商品もいろいろ使えるのが多そうです。 通常のギフト券は、1000ポイントで5000円ですが、他のショッピングならそれ以上の買い物ができるとこもたくさんあったので、賢く使えば活用度が高そうです。 私はおサイフケータイを使っているのでそれも嬉しいところです。 Vプリカもいいですよ! デザインもシンプルで気に入っています。

次の

ライフカードゴールドespecialのメリットは?年会費無料で発行できる?

ライフカードゴールド メリット

TOPIC• ライフカードゴールドビジネスは、こんな人におすすめ ライフカードゴールドビジネスは、ライフカードビジネス(スタンダード)の上位カードで、初年度の年会費無料、しかも翌年以降もお手頃な年会費で利用することのできる格安法人ゴールドカードです。 ここでは、そんなライフカードゴールドビジネスについて、おすすめポイントと同時にどのような人におすすめできるのか?についてご紹介していきます。 ライフカードゴールドビジネスはお手頃な年会費で充実のサービスが付帯!充実サービスが付帯した法人カードをお探しの方におすすめ! ライフカードゴールドビジネスは、ライフカードビジネス(スタンダード)の上位カードにあたる法人ゴールドカードです。 ライフカードビジネス(スタンダード)は年会費無料で利用できる法人カードですが、ライフカードゴールドビジネスはステータスカードという位置付けでもあるため、さすがに年会費永年無料では利用できません。 また、これだけのお得な年会費に加えて、充実のサービスが付帯しているのも魅力です。 付帯サービスについて後で詳しく解説していきます。 ライフカードゴールドビジネスは海外出張時でもゆっくりと寛げる空港ラウンジサービスが付帯!出発前にゆったりと過ごしたい方におすすめ! ライフカードゴールドビジネスは格安年会費ではありますが、そこはステータスカードのひとつ。 ゴールドカードに付帯する空港ラウンジサービスもちゃんと利用することができます。 出発前のひとときをゆっくりと過ごすことができるのはやはりゴールドカードの魅力です。 利用できる空港ラウンジは、国内の主要26空港となります。 空港ラウンジサービスの付帯するカードによっては、国内28の空港やハワイや韓国の空港を利用できるものもありますが、ライフカードゴールドビジネスで利用できる空港ラウンジは国内の26空港に限られます。 ポイントプログラムで貯めたポイントまでしっかりと有効活用したい方!ライフカードゴールドビジネスにはスタンダードにはないポイントプログラムが付帯! ライフカードゴールドビジネスにはポイントプログラムが付帯します。 付帯されるポイントプログラムはライフカードのLIFEサンクスプレゼントです。 1,000円ごとに1ポイントが貯まり、ポイント還元率は0. ポイント還元率自体は特に魅力のない平凡な還元率となりますが、下位カードのライフカードビジネス(スタンダード)にはポイントプログラムが付帯していないことを考えると、スタンダードよりも遥かに魅力に勝ります。 ライフカードゴールドビジネスは出張の際の万が一にも安心!海外・国内旅行傷害保険付帯で安心して空の旅を楽しみたい方! ライフカードゴールドビジネスには海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯しています。 これら付帯保険に関しても、スタンダードには付帯しておらず、ゴールドカードだけの特典です。 海外旅行傷害保険は最高2,000万円で自動付帯、国内旅行傷害保険は最高1,000万円で利用付帯となっており、ゴールドカードクラスの補償額としては魅力に欠けますが、他の旅行傷害保険付帯カードと合わせて所持していけば安心度もアップします。 さらに、ライフカードゴールドビジネスには、最高200万円のシートベルト傷害保険も付帯しています。 シートベルトを着用していることを前提に自動車事故の補償をしてくれる心強い保険です。 ビジネスに心強いサービスが付帯する法人カードをお探しの方!ライフカードゴールドビジネスは選ぶ国際ブランドごとに異なるビジネス特典が付帯! ライフカードビジネス(スタンダード)と同様に、ライフカードゴールドビジネスでも選ぶ国際ブランドごとに異なる特典が付帯しています。 選べる国際ブランドはVISA、Mastercard、JCBの3つですが、このうちVISAとMastercardにはビジネスに活用できる嬉しい特典が付帯します。 VISAには「Visa優待サービス」、Mastercardは「Mastercard優待サービス」が付帯しており、様々なビジネスシーンで大活躍してくれます。 各国際ブラドごとの優待サービスについては後述します。 その他、弁護士無料相談サービスやクラウド会計ソフト freee(フリー)での優待、福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」、旅行サービス<Travel Gate>、海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」など、ライフカードビジネス(スタンダード)にも付帯されている各種特典も利用することができます。 従業員にも法人カードを持たせたい法人代表者の方!ライフカードゴールドビジネスなら従業員カードの発行枚数に制限なし! ライフカードゴールドビジネスは法人カードですので、もちろん従業員用のカードも発行可能です。 しかも、発行枚数には原則として制限がありませんので、従業員全員に持たせたい場合でも対応可能です。 ただし、従業員が利用できる限度額も親カードに準じていますので、従業員カードの発行枚数が多ければ多いほど、1枚あたりの利用限度額も低くなってしまいます。 その点にはくれぐれも注意しましょう。 ライフカードゴールドビジネスの紹介まとめ ライフカードゴールドビジネスは、ポイントプログラムや旅行傷害保険など、ライフカードビジネス(スタンダード)にはないサービスが付帯されています。 上位カードということもあり、ライフカードビジネス(スタンダード)よりもスペックの充実しているのが特徴で、ゴールドカードという位置付けでもあり、利用価値は非常に高い1枚です。 もちろん、ゴールドカード特典として空港ラウンジサービスも付帯しているほか、Visa優待サービスやMastercard優待サービス、クラウド会計ソフトfreee(フリー)優待、弁護士無料相談サービスといったビジネスサポートも充実しています。 これらの特典が利用できるうえに年会費は初年度無料で、翌年以降も2,000円の年会費で利用できるのは大きな魅力です。 CHECK ライフカードゴールドビジネスの概要• 経理負担の削減や経理業務の効率化に効果的!• 初年度年会費無料で翌年以降もたった2,000円の年会費!• VISAとMasterCardの優待サービスを利用できる!• クラウド会計ソフトfreee(フリー)の優待を利用できる!• 弁護士無料相談サービスで万が一のトラブルも安心!• ベネフィット・ステーションで福利厚生を利用できる!• LIFE DESKや旅行サービス<Travel Gate>も付帯!• 海外・国内旅行傷害保険のほかシートベルト保険も付帯する!• 国内26空港のラウンジを利用できる空港ラウンジサービス付帯!• ポイントプログラムでLIFEサンクスプレゼントが貯まる! 下位カードのライフカードビジネス(スタンダード)は年会費無料で利用できる法人カードでしたが、上位カードとなるライフカードゴールドビジネスも年会費がお手頃な格安ゴールドカードです。 ビジネス面で使い倒したい豊富な特典も付帯するので、コスパ重視でゴールドカードを選びたい方にはおすすめの1枚です。 ライフカードゴールドビジネスの特徴 では以下に、ライフカードゴールドビジネスの特徴を解説していきます。 主な魅力は、上述したように下位カードのライフカードビジネス(スタンダード)には付帯していないポイントプログラムや保険、それに空港ラウンジサービスなどとなります。 その他の付帯サービスについては、ライフカードゴールドビジネスもライフカードビジネス(スタンダード)も同じです。 年会費2,000円で持てる法人ゴールドカードはほかにもありますが決して数は多くありません。 多くは、1万円~3万円ほどの年会費が発生します。 それだけに、ライフカードゴールドビジネスのお得感が際立ちます。 ライフカードゴールドビジネスは優待サービスが豊富!国際ブランドごとの付帯サービスを一覧で紹介! ライフカードゴールドビジネスは、選ぶ国際ブランドによって利用できる特典が異なります。 VISAブランドなら「Visaビジネスオファー」、Mastercardは「Mastercardビジネス・アシスト」を利用できます。 それぞれビジネスに特化した優待サービスとなっていますが、どのような付帯サービスがあるかで国際ブランドを選ぶ基準にしましょう。 VISAブランドを選んだ際に利用できるVISA優待サービスは次のとおりです。 VISAビジネスグルメオファー• 三洋堂• 東武トップツアーズ• ワシントンホテル・ホテルグレイスリー• サーブコープジャパン• Fujisan. 日本交通• Yahoo! プロモーション広告 スポンサードリサーチ• ゴルフダイジェスト・オンライン• エグゼクティブセンター• サントリーウエルネスオンライン• オプティVAT 還付代行サービス• 日比谷花壇• ブラザーダイレクトクラブ• オフィス・デポ・ジャパン• ウォータースタンド• スマイルワークス• MFクラウド会計・確定申告• クラウド翻訳「トランスマート」• メリービズ バーチャル経理アシスタント 上記において、サービス料や商品代金の割引優待などを受けることができます。 Mastercardを選択した場合は次のようなサービスが付帯します。 DHLジャパン• MICEコンシェルジュサービス• LAPITA• えらべる倶楽部• 経費Bank• eKeihi• オレンジページくらし予報• ソフトバンク• じゃらんコーポレートサービス• コーポレートキャッシュパスポート こちらも、ビジネスシーンに活用できるサービスが満載です。 VISAビジネスオファーとMastercardビジネス・アシストでは利用できるサービスが異なるため、ライフカードゴールドビジネスへ申込む前に詳細をしっかりと確認してから申込みましょう。 上記のほか、ライフカードゴールドビジネスとライフカードビジネス(スタンダード)の共通特典は以下の3つです。 クラウド会計ソフトfreee(フリー)特典• 弁護士無料相談サービス• 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」優待 会計業務を簡潔に行えるクラウド会計ソフトfreee(フリー)での優待や、福利厚生の充実を図れる「ベネフィット・ステーション」はかなり魅力的なサービスです。 1人で会計業務までこなす個人事業主や、福利厚生が整っていない中小企業にとっては非常に活用シーンの広がるサービスです。 ライフカードゴールドビジネスには海外・国内旅行傷害保険も付帯!空港ラウンジサービスもある! ライフカードゴールドビジネスには最高2,000万円の海外旅行傷害保険と、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。 海外旅行傷害保険は自動付帯となりますが、国内旅行傷害保険は利用付帯です。 下位カードのライフカードビジネス(スタンダード)には付帯保険が一切ありませんので、このあたりは上位カードとしての貫禄があります。 しかし、補償内容は決してゴールドカードレベルとは言えません。 年会費を考えればやむを得ない事情もあるかと思いますが、付帯されている内容は一般カードなみのレベルとなってしまっているのは残念な点です。 ライフカードゴールドビジネスのポイントプログラムはLifeサンクスプレゼント!一般カードにはない魅力! ライフカードゴールドビジネスはポイントプログラムを利用できます。 付帯するポイントプログラムはライフカードのLIFEサンクスプレゼントです。 1,000円=1ポイントで、還元率は0. 決して高還元率とは言えませんが、一般カードのライフカードビジネス(スタンダード)にはポイントプログラムがありませんので、お得度やコスパで選ぶならライフカードゴールドビジネスの方が断然おすすめです。 ライフカードゴールドビジネスは個人事業主なら申込しやすい!審査基準もハードル低め! ライフカードゴールドビジネスは、法人カードのゴールドカードでありながら比較的申込みしやすいのも特徴のひとつです。 例えば個人事業主であれば、希望限度額100万円以下なら本人確認書類だけで申込むことができます。 通常の個人向けクレジットカードと同じような感覚で申込めるのは魅力です。 年会費のお得さや必要書類の少なさから考えると、個人事業主にとっても審査ハードルは低めです。 ライフカードゴールドビジネスの注意点・デメリット ライフカードゴールドビジネスの魅力や特徴について解説してきましたが、最後にデメリットについて解説しておきます。 ポイントとなるのは、キャッシング機能と付帯保険の補償内容です。 ライフカードビジネスゴールドビジネスにはキャッシング機能がない! ライフカードゴールドビジネスにはキャッシング機能が付帯していません。 法人カードでキャッシング機能が必要かどうかはともかく、例えば海外での現地通貨調達などキャッシング機能が活躍するシーンも少なくはありません。 それだけに、キャッシング機能がないのはややデメリットです。 ライフカードゴールドビジネスは海外旅行傷害保険の補償が低い!他のカードと合わせて補償を充実させよう! ライフカードゴールドビジネスに付帯する海外旅行傷害保険は、死亡・後遺障害で最高2,000万円、傷害・疾病治療費は最高200万円です。 海外で万が一医療機関を受診した場合、状況によってはそれ以上の請求をされることも少なくありません。 できることなら、海外旅行傷害保険が自動付帯する他のクレジットカードも合わせて所持していくことをおすすめします。 また、海外へ行く場合は、保険会社の旅行傷害保険を利用するという方法もあります。 付帯サービス 国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 国内旅行保険「傷害保険」 最高1,000万円 国内旅行保険「国内航空傷害保険」 国内旅行保険「その他」 海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯 海外旅行保険「傷害治療」 最高200万円 海外旅行保険「携行品損害」 20万円 海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高2,000万円 海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」 海外旅行保険「疾病治療」 最高200万円 海外旅行保険「賠償責任」 最高2,000万円 海外旅行保険「救援者費用」 最高200万円 海外旅行保険「その他」 ショッピング保険 年間最高200万円(免責3,000円) その他 シートベルト傷害保険:最高200万円.

次の