カボチャ の 保存 方法。 カボチャジャムの作り方と保存方法

かぼちゃ まるごと1個の保存方法

カボチャ の 保存 方法

解凍せずそのまま使えるので、時短調理にもつながります。 冷凍方法さえマスターしておけば、丸ごと1個のカボチャを買ってももう安心です。 調理する際は、解凍しないで凍ったまま使います。 天ぷらや炒め物に使う予定なら、スライスして冷凍しましょう。 こちらは短時間で調理することになるので、電子レンジで解凍してから使ってください。 保存期間は、冷凍庫でおよそ1カ月が目安です。 カボチャを切る カボチャの種とワタをきちんと取り除き、水でさっと洗います。 キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取ります。 食べやすい大きさにカットします。 冷凍する ジップ付き袋に重ならないように入れ、中の空気をしっかりと抜きます。 冷凍庫に平らな状態で格納します。 カボチャの煮物をつくる 鍋にAの材料を入れ、混ぜ合わせます。 カボチャを冷凍庫から取り出し、皮を下にして鍋の中にぎっしりと並べ入れます。 鍋を中火にかけ、沸騰したら弱火にします。 アルミホイルで落とし蓋をし、さらに上から蓋をして、弱火で10〜15分ほど煮ます(カボチャの大きさで加熱時間を調節してください)。 カボチャがやわらかくなったら火を消し、蓋と落とし蓋を外して鍋の中で冷まします。 器に盛り付ければ完成です。 料理の味付けだけでなく、刺し身や冷や奴などの「つけ・かけ」にも最適のひと品。 色・味・香りのバランスが良く、あらゆる料理に役立ちます。 みりん風調味料 1000ml 価格:本体188円(税込203円) 料理に照りと甘味を与える、上品な味わいのみりん風調味料です。 日々の調理に活用しやすいひと品。 アルコール度数が低いので、煮切らなくてもそのまま酢の物やあえ物に使えます。 すぐに使う予定がないなら、冷凍保存してしまいましょう。 下処理して冷凍しておけば、忙しい時の時短調理にも大活躍。 食材を買い忘れた時や、急な来客時のおもてなしにも役立ちます。

次の

かぼちゃの収穫時期と目安は?収穫後の追熟方法と期間や保存!

カボチャ の 保存 方法

凍ったまま調理ができるので、使いやすい大きさにカットしておくと便利です。 1 かぼちゃの種とわたを取り除き、余分な水気をふき取る 種とわたはスプーンなどでくり抜いて取り除きます。 水分が残っているとそこから傷むので、洗うなら実の部分は濡れないよう皮の部分だけにして、水気はペーパータオルでしっかりふき取ります。 2 用途に合わせてカット かぼちゃは小さめの角切りと薄いくし形切りが料理に使いやすくおすすめの切り方。 角切りは煮物などに、くし形切りはソテーなどに使いやすい形です。 3 1回分ずつ小分けにしてラップで包む カットしたかぼちゃはラップで約1回使用分(4~5切れ)ずつ包みます。 酸化しやすいため、できるだけ空気を抜いてラップを密着させることがポイントです。 4 冷凍用密閉保存袋に入れて冷凍する かぼちゃをラップで包んだら、冷凍用密閉保存袋に入れて冷凍します。 ラップと冷凍用密閉保存袋で二重にして保存することで、乾燥による酸化、変色や食感の悪化を防ぎます。 冷凍庫で約2週間保存可能。 【解凍方法】調理するときは凍ったまま加えて! 生で冷凍したかぼちゃは、解凍せずにそのまま加熱調理に使うのがおすすめ。 角切りかぼちゃは小さめに、くし形切りのかぼちゃは薄く切っておくと、比較的早く火が通ります。 調理する前に事前解凍すると、解凍中に変色が生じるうえ、水分が抜けてグニュッとやわらかい食感に。 その後さらに加熱調理しても、味や食感は損なわれます。 凍ったまま加熱調理することで、食感、味、色の変化を軽減できます。 冷凍してもかぼちゃの美味しさをなるべくキープしたいなら、マッシュしてから冷凍保存するのがおすすめです。 1 かぼちゃをゆで、木べらでつぶしてなめらかにする かぼちゃはひと口大に切り、皮をむいてからゆで、やわらかくなったら湯を捨てて、木べらなどで(あればマッシャーで)なめらかになるようにマッシュします。 2 ラップで包み、冷凍用密閉保存袋に入れて冷凍する つぶしたかぼちゃは1回使用分(写真は80g程度)をラップに広げて平らにし、薄くなるように包んでから、冷凍用密閉保存袋に入れて冷凍します。 冷凍庫で約2週間保存可能。 【解凍方法】調理するときは凍ったまま加えてOK 凍った状態で調理途中に加えるとすぐに火が通ります。 電子レンジ解凍の際は加熱時間を短めに設定し、水分が飛びすぎないように様子を見ながら小刻みに解凍するのがポイントです。 【豆知識】「変なニオイがする!? 」ときの対処法 冷凍したかぼちゃを解凍したときに、「ちょっと変なニオイが……」と感じたことありませんか? ニオイの原因として考えられるのは大きく2つ。 1つめは、適切な下処理をしていないことから生じる劣化。 特に、種とわたを取り除かずに冷凍すると傷みやすく、ニオイが生じる原因になります。 2つめは冷凍庫内のニオイ移り。 密閉せずに冷凍すると冷凍庫内のニオイがかぼちゃに移りやすくなるうえ、冷凍焼けの原因にもなるので注意しましょう。 上記の2点に気をつけても、食べるときにニオイが少しでも気になる場合や、かぼちゃ特有の青くささを緩和したい場合は、調理の際にシナモンなどの香りの強いスパイスやはちみつを加えることで和らぎます。 また、かぼちゃの青臭さがどうしても気になるという方は、皮をすべてむいて冷凍するという手もあります。

次の

カボチャの栽培方法と育て方のコツ

カボチャ の 保存 方法

かぼちゃは丸ごとなら室温で長期保存が可能です。 ですからyzsmile様の保存法で問題ないかと思いますよ。 ただ、切った場合は必ずわたと種をとって、きっちりラップをして保存してくださいね。 かぼちゃはひとつでも大きいので、使い切ろうとすると気持ち的に負担になりますよね・・・。 私のおすすめ調理法も紹介します。 基本的なものでごめんなさい。 <下準備> 皮と種を取ったらラップをかけてレンジで5~10分(蒸し器で15分~)加熱します。 温かいうちにつぶします。 下準備したものを(温かい状態で調理してくださいね) ・ハムや玉ねぎやゆで卵等を加えて、マヨネーズで和えればかぼちゃサラダ ・耐熱容器にいれて、オーブンでひき肉・チーズと一緒に焼けばグラタンに。 ・玉ねぎとひき肉を加えて、パン粉で揚げればかぼちゃコロッケに。 下準備したかぼちゃは、余熱が取れたら残りはラップをして冷蔵庫へいれれば2~3日ほど保存できますし、2日後にレンジ等で再加熱すればさらに数日持ちますので、一度の下準備でいろいろな料理を作れて便利ですよ。 もちろん煮物や味噌汁、てんぷらもおいしいですよね。 簡単ですので、よかったらお試しください。 A ベストアンサー アニサキスのことですね。 アニサキスが実際にヒトに危害を及ぼすのは、生きたまま摂取して胃壁に喰らいついた場合だけなんですが、それでも年間数例は重症にいたる例があるといいます。 これを防ぐ方法は主に二つ。 スーパーで刺身用として売っているカツオの刺身の冊は、おそらくは業務用冷凍庫で数十時間凍らせて(家庭用冷凍庫じゃ簡単には死にませんので)アニサキスを殺したものではないかと思います。 そういうものの場合、パックには(解凍)と書いてあるはずです。 (解凍)と書いてないとしたら、スーパーの担当者が無知なのか、表示の決まりをしらないのかのどっちかです。 その場合はちょっと怖いですね。 Q 先日ご近所の方(畑をもっていらっしゃいます)が「たくさん出来過ぎてしまったので」と言ってじゃがいもを大量に下さいました。 パッと見て随分多いなとは思ったのですが、折角のご好意に「結構です」とは言えないし、保存方法を考えれば何とかなるか…と思って頂いてしまいました。 しかし私は、普段食材は定期的に宅配のものを注文して取っており、野菜類をスーパーで買う事はほとんどないのです。 つまり頂いたものを毎日の食事にあてがう事は出来ません。 その方はうち以外にも近所のみなさんに配ったようで、お隣におすそ分けというわけにもいきません。 さらに、私はここに越して来たばかりで近くに知人や友達もいませんし、他にあげる先も思い浮かびません。 ただで頂いたものを送料を掛けてまで県外の実家に送るとかまではしたくありませんし。 かと言って腐らせて捨てるのも…という感じです。 今の私に考えられるのは、週末にカレーを作るとか(毎週日曜だけは食材の配達が無いのです)、茹でてバターを付けたものをおやつ代わりに食べるとか、そんな事くらいしか思いつきませんが、一度にそんなにたくさん食べられるわけではないので、やはりどうしても何かしら手を加えて、一度下ごしらえしたものを冷凍しておくというのが一番良いように思いますが、どんなものが考えられますか? スティック状かクシ型に切っておき、フライドポテトなどにする場合は一度揚げてから冷凍するのでしょうか?それとも切った状態で冷凍ですか?揚げてから冷凍の場合は、食べる時は再度揚げるのですか? 保存の為の下処理にあまり手を掛けたくないのです。 簡単で「こうすると便利よ」というお知恵があったらアドバイス下さい。 宜しくお願いします。 先日ご近所の方(畑をもっていらっしゃいます)が「たくさん出来過ぎてしまったので」と言ってじゃがいもを大量に下さいました。 パッと見て随分多いなとは思ったのですが、折角のご好意に「結構です」とは言えないし、保存方法を考えれば何とかなるか…と思って頂いてしまいました。 しかし私は、普段食材は定期的に宅配のものを注文して取っており、野菜類をスーパーで買う事はほとんどないのです。 つまり頂いたものを毎日の食事にあてがう事は出来ません。 その方はうち以外にも近所のみなさんに配ったようで、...

次の