どんな とき も wifi 速度 制限。 どんなときもWiFiの速度は遅い / 速い? 実際に1週間使ってみた使い勝手を評価

どんなときもWiFiに行政指導!その理由や内容は?無制限を謳う他のポケットWiFiは大丈夫?

どんな とき も wifi 速度 制限

2社の比較するポイント• 契約期間• 端末のスペック• 通信速度• 速度制限• 通信可能エリア これらの違いやそれぞれの良い点と悪い点を含めてサービス全般を徹底的に比較します。 料金形態の比較 料金についてですが、どんなときもWiFiは1つの会社で提供していますが、WiMAXは複数のプロバイダによって料金が異なるため一番安く利用できるの料金をもとに比較します。 どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,480円 (初月) 2,170円 (初月〜2ヶ月) 3,480円 (〜24ヶ月まで) 3,480円 (〜36ヶ月まで) 3,980円 (25ヶ月〜) 4,263円 (37ヶ月〜) 契約事務手数料 3,000円 3,000円 端末代金 無料 無料 解約時の端末返却 返却が必要 返却不要 この比較表を見るとどんなときもWiFiは契約期間が2年で一律で月額料金が3,480円ですが、WiMAXは初月〜2ヶ月までの料金は安く設定されています。 WiFi端末がレンタルと返却不要の違い また契約事務手数料は3,000円、WiFi端末利用代金は無料と2社に差はありません。 ただし提供されるWiFi端末(ルーター)はどんなときもWiFiの場合 「レンタル提供」となるため解約時には 返却が必須です。 auとWiMAXのセット割りの正式名称は「auスマートバリューmine」と言います。 例えばauスマホのフラットプラン20GBを使っていたとすれば、毎月1,000円の割引が適用されます。 その場合の料金を比較した場合は以下となります。 どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,480円 3,480円 セット割なし -1,000円 auスマートバリューmine 実質3,480円 実質 2,480円 もしもauスマホを契約しているなら毎月の費用がどんなときもWiFiよりも最大で1,000円も安くなります。 WiMAXのセット割りが適用されるauスマートバリューmineについては以下で詳しく解説しています。 通常の月額料金であれば両者の料金形態は互角です。 ただしauスマホユーザーであればWiMAXとのセット割を適用するとWiMAXの方が総合的に安くなります。 またどんなときもWiFi側は端末は解約時には付属品もすべて揃えてへ客が必要。 契約期間の比較 次は契約期間や契約途中の解約による解約金の比較です。 どんなときもWiFi WiMAX 契約期間 2年 3年 契約解除料金 1〜12ヶ月 19,000円 19,000 13〜24ヶ月 14,000円 14,000円 25ヶ月以降 9,500円 9,500円 更新月( 無料解約月) 25ヶ月目(2年) 49ヶ月目(4年) 37ヶ月目(3年) 73ヶ月目(6年) 契約期間と更新月はどんなときもWiFiが1年だけ早い2年毎の自動更新で、WiMAXは3年契約(3年毎の自動更新)となっています。 ただし25ヶ月目以降もどちらも契約を続けた場合は途中解約はどちらも9,500円の解約金となります。 契約期間を考えるとどんなときもWiFiの方が短いスパンでサービスの乗り換えが可能。 通信端末の比較 どんなときもWiFiで取り扱いのある通信端末は1台、WiMAXでは4種の通信端末を取り扱っています。 取り扱い最新機種「1種」 グローカルネット「D1」 (持ち運びタイプ) 下り速度:150Mbps 上り最大:50Mbps 同時接続台数:5台 無線LAN 2. 持ち運びタイプのWiFi端末もあれば、自宅に据え置きのホームルータータイプも2種類ずつ用意されています。 速度や接続台数の上限などを比べるとやはりWiMAXで取り扱いのある通信端末の方がスペックが勝っています。 関連記事• 通信制限・速度制限の比較 次にパケットデータを大量に消費することによる通信制限についての比較です。 この2社はそれぞれ通信制限にかかる条件は異なっています。 どんなときもWiFi WiMAX 通信制限・速度制限について 直近3日による速度制限 なし 3日間で10GB超えた場合は翌日に速度制限 速度制限実施時の速度 384Kbps 1Mbps どんなときもWiFiの強みは短い期間にいくらパケットデータを使っても通信制限・速度制限の実施は行わないとしています。 基本的に無制限という認識でいて良いとは思いますが、大量のダウンロードなどによる過度な大量通信を行った場合などは速度制限を実施する可能性があると公式サイトには書かれています。 関連記事• どんなときもWiFiとWiMAXのまとめ WiMAXとどんなときもWiFiはどちらもパケットデータがたくさん使えるWiFiサービスには違いはありませんが、細かく比較していくと違いも多くありました。

次の

【公式】どんなときもWiFi

どんな とき も wifi 速度 制限

ブログを始めて4年半、完全ノマドワーカーになって1年が経ちました。 ノマド的に働いていると、この働き方に憧れている人から 「どのモバイルルーター(ポケットWiFi)を使ってますか?」と聞かれる機会が多くあります。 熱海と鳥取の二拠点生活をしている僕は を愛用していますが、対応エリアの狭さや壁で電波が遮断される点に煩わしさを感じており、胸を張ってオススメできずにいました・・・ そんな中、 【通信制限無し】【LTE回線】【料金格安】という最強三点セットを網羅した文句なしのモバイルルーター がリリースされたと聞きまして。 それが今回紹介する 【】です。 (2019年3月リリース) というわけで、この記事では 「どんなときもWiFiの特徴や懸念点」をまとめました。 「どんなときもWiFi」の特徴を3行で伝えると・・・ タップできる目次• 通信制限無し「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」って? 「 」は、 2019年3月にリリースされたモバイルルーター(ポケットWiFi)です。 概要を下表にまとめました。 公式サイト 運営会社の「株式会社 グッド・ラック」は、僕も以前使っていた「 」の運営会社でもあり、モバイルルーター提供には実績があります。 追記:月額3,100円 税抜 の使い放題プランがスタート 2019年11月18日より、同じ運営会社の提供する「 」で 【使い放題プラン】というものがリリースされました。 このプランを「 」と比較した際のメリット&デメリットは下記の通りです。 違法ダウンロードや不正利用などを行った場合は、通信速度を制限することがあるようです。 追記:本当に無制限なの??1日30GB使って検証してみた 誇張表現じゃないかという疑惑を払拭するために、 1日で30GB以上のデータ通信を行ったあとに通信速度のチェックをしてみました。 結果だけを言うと 通信速度は一切落ちなかった ので、本当にどこまでも無制限のようです。 詳しくは「 」にまとめているので、参考にしてみてください。 しかも、「クラウドSIM」を導入しているので、 最適な回線に自動で接続してくれます。 普通はどこか1社の回線しか使えないので、めちゃ凄いことです…!! ただし、25ヶ月目以降は「どんなときもWiFi」の方が安くなります。 「WiMAX」の料金例 とは言え、 「どんなときもWiFi」は2年間定額制。 料金の計算が簡単なのも嬉しいですね。 追記:終了日未定の「キャッシュバックキャンペーン」実施中! いつまで延長されるかわかりませんが、2019年10月現在、 【現金5,000円キャッシュバックキャンペーン】が実施されています。 詳しくは「 」にまとめているので合わせて読んでみてください。 ちなみに、1GBを越えた場合でも、他社 128Kbps より速い「384Kbps」で利用可能とのこと。 ただし、 海外で使う際の使用料金は別途必要になります。 詳しくは後述します。 送料は日本全国どこでも無料です。 よく「離島の場合は送料がかかります」と注意書きがありますが、「どんなときもWiFi」は離島にも無料で届けてくれるようです。 国内であれば旅先でも受け取れるのは神対応! 東京なら当日から使い始められる「店舗受取サービス」も利用できる ちなみに、申込当日から使いたい人は 『店舗受取サービス』を使う方法もあります。 こちらは東京在住の人にしか恩恵がないサービスですが、参考にお伝えしておきます。 実際に利用して感じた『注意点』は「 」を参考にしてみてください。 「どんなときもWiFi(通称:どんファイ)」の懸念点【デメリット】 良い部分だけを伝えても気持ち悪いので、「 」の気になったポイントも伝えておきます。 1.ルーターはレンタル【返品必須】 「 」では【D1】という新品のルーター端末をレンタルしてくれます。 こちらのレンタルは無料とのことです。 が、あくまでもレンタル扱いなので、 解約時には返却が必要になります。 (送料は自己負担) 【どんなときもWiFi(D1)】 下り最大速度:150Mbps 上り最大速度:50Mbps 【WiMAX(W06)】 下り最大速度:1. 2Gbps(1,200Mbps) 上り最大速度:75Mbps という感じです。 上り速度と下り速度の両方とも軍配はWiMAXですね。 ただし、WiMAXを使っていても常にこの速度が出るわけではないな〜と感じるので、 ぶっちゃけ「どんなときもWiFi(D1)」の速度があれば全然問題ないと思います。 ちなみに、 4Kの超高画質動画の視聴に必要と言われている下り速度は【25Mbps】です。 つまり、どんなときもWiFiでもストレスなく視聴できるぐらいの速度は出ると思っておけばOK。 追記:実測データを元に比較をしました 「 」と「 」と通信速度を比較しました。 測定場所:QUARTO(2019. 11 18:30頃) 現在住んでいる【熱海市】で測定したところ、 実測では「」に軍配が上がりました。 山と海に囲まれた土地柄で の電波が元々弱いという側面もありますが、実際の利用においては通信速度に大差がないことが証明された形になります。 他にも端末スペックや契約期間などを比較した「 」を合わせて参考にしてみてください。 3.【途中解約は割高】2年間の契約縛り 他のモバイルルーターでもほぼ同じですが、契約は「2年自動更新」となっています。 なので、 更新月以外に解約をする場合は【解約手数料】が発生してしまいます。 以下に一覧を記載しておきますが、1年未満の解約だと約2万円、1年以上2年未満での解約は約1. 5万円がかかってしまうので、注意しましょう。

次の

本当に無制限?どんなときもWiFiの評価や評判総まとめ!速度や料金を徹底調査!

どんな とき も wifi 速度 制限

【2020年6月最新情報】無制限から月間25ギガまでに制限 どんなときもWiFiは完全無制限のポケットWiFiとして有名でしたが、たび重なる通信障害が原因で、月間25ギガまでの利用制限がかけられています。 どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット それでは、どんなときもWiFiの評判からわかった5つのデメリットについて紹介していきます。 2020年6月時点で、どんなときもWiFiより安いポケットWiFiがいくつも見つかったので、人気の他社サービスと月額料金を以下の表で比較しています。 サービス名 月額基本料金 どんなときもWiFi 3,480円 ギガゴリWiFi 3,460円 ネクストモバイル 3,100円 Mugen WiFi 3,280円 よくばりWiFi 3,450円 このように、どんなときもWiFiの月額料金は決して高いわけではありませんが、他のポケットWiFiと比べて1番安いわけではありません。 さらに、ずっと月額3,480円で利用できるわけではなく、2年間限定の割引キャンペーンで安くなっているだけなので、3年目以降は月額4,410円と1,000円も高くなってしまいます。 せっかくポケットWiFiを契約するなら、できるだけ安い料金で使えるサービスを選ぶべきです。 この記事では、どんなときもWiFiよりも安いポケットWiFiとして『ギガゴリWiFi』紹介していします。 海外の利用料金も最安ではない どんなときもWiFiは、1台だけで国内と海外の両方で使えるので、海外旅行が好きな方におすすめのポケットWiFiですが、海外対応のポケットWiFiの利用料金を比較した結果、料金が最安ではないことが分かりました。 どんなときもWiFiと、最安値の『ギガゴリWiFi』を比べた場合の金額差は500円ほどですが、3泊4日の海外旅行の場合だと2,000円もの金額差がでてしまうため、とにかく安く使いたい方には『ギガゴリWiFi』をおすすめします。 通信速度が安定しない どんなときもWiFiは速度が安定しないという悪い評判が多く投稿されています。 どんなときもwifiがまったく使えないレベルになってきた。 こりゃダメかな。 さっきから全然通信できない。 — ると。 8月から毎月歌の本番あるよ 662totoro WiMAXと比べて速度が遅い 口コミで指摘されている「通信速度」について調べるため、どんなときもWiFiと人気のポケットWiFiを比較したところ、 どんなときもWiFiは他より遅いことがわかりました。 この速度差を見ると、どんなときもWiFiの端末の性能が頼りなく見えますが、決して「どんなときもWiFi」が遅いというわけではありません。 快適にインターネットを行うためには 10ギガあれば十分と言いますし、どんなときもWiFiを日頃から使っていて使い勝手の悪さを感じることはありません。 それにこの数字は、あくまで公式サイトが発表してる「電波がはいりやすい環境だったらこのくらい出る」という目安の比較にすぎないので参考程度にしかなりません。 利用者の実測値を比べても遅い しっかり通信速度を比較するには、実際の通信速度(実測値)を測定することが大事です。 それぞれの実測値の比較結果を見ていきましょう。 みんなのネット回線速度 サービス名 下り平均の実測値 どんなときもWiFi 23. 06メガ GMO WiMAX 46. 06メガ カシモWiMAX 35. 84メガ UQ WiMAX 39. 99メガ どんなときもWiFiが23ギガに対し、WiMAXは40ギガ。 公式サイトが発表しているデータでは 10倍差があったものの実際の速度差は2倍しか違いません。 確かにWiMAXが速いのは事実ですが、 どんなときもWiFiは心配するほど遅くもないということがお分かりいただけるかと思います。 ちなみに、どんなときもWiFiとWiMAXの通信速度の差がここまでひらいてしまう理由は、それぞれ得意な分野が違うからです。 WiMAXは「通信速度が得意」、どんなときもWiFiは「対応エリアの広さが得意」という認識で大丈夫でしょう。 \光回線について詳しく書いた記事/ 解約時の違約金に注意 どんなときもWiFiは 解約違約金が高いという悪い口コミがいくつか投稿されています。 他社サービスとの違約金の違いについて確認してみましょう。 サービス名 違約金 どんなときもWiFi 最大19,000円 縛りなしWiFi 0円 めっちゃWiFi 9,800円 UQ WiMAX 最大19,000円 GMO WiMAX 最大19,000円 解約違約金が一切かからないサービスがある中、 どんなときもWiFiの違約金は最大19,000円と高額なのが分かります。 そもそも「解約違約金」とは、契約期間中に解約するとかかる違約金のことなので、更新が終わるタイミングなら違約金はかかりません。 解約は更新タイミングをしっかり見極めた上でおこないましょう。 どんなときもWiFIの解約金まとめ 利用期間 解約金(税金) 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 【更新月】25ヶ月目 0円 26~48ヶ月目 9,500円 【更新月】49ヶ月目 0円 50~72ヶ月目 9,500円 自分の更新タイミングがわからない方は、契約メールの日付から25ヶ月目を計算する方法が簡単です。 あと、更新月の2ヵ月前にお知らせメールが届くので見落としがないよう心がけるとよいでしょう。 解約時の流れや注意点について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 同時に5台しか接続できない どんなときもWiFiは、他社と比べて 同時接続台数が少ないのがデメリットです。 サービス名 最大接続台数 どんなときもWiFi 5台 限界突破WiFi 8台 ネクストモバイル 15台 GMO WiMAX 16台 UQ WiMAX 16台 ワイモバイル 16台 他社のサービスでは10台以上が同時接続できるのに対し、 どんなときもWiFiの最大接続台数は5台まで。 利用者の口コミでは、接続できる数の少なさを指摘する声も見受けられます。 どんなときもWiFi、同時接続台数5台っていうのはきつい。 せめて10台はないとなぁ、、 — ニコ x0817x さらに言うと、端末の説明書にある注意書きには 「パフォーマンスが保証できるのは2台まで」と記載されているので、同時接続できるのは実質2台までと考えておいた方がよいでしょう。 以上をふまえると、1人で使うのであれば問題ないのですが、自宅の固定回線の代わりとしてつかう予定の方や、3人以上でつかう場合は不向きであることが分かります。 レンタル端末の返却が必要 『どんなときもWiFi』はレンタル端末なので初期費用が安くおさえられるメリットがありますが、解約時に端末を返さないといけません。 返す期限は 解約を申し出た翌月の10日必着なので、余裕をもって翌月5日までには返す手続きを済ませておきましょう。 端末を返すときに壊れていた場合、機器損害金18,000円がかかるため、端末の取り扱いには十分ご注意ください。 ただ、故障の目安がはっきりしていないので「どの程度の傷が機器損害金の対象になるか?」が疑問ですよね。 この件に関して以下のような口コミがありました。 どんなときもwifi、契約しました。 端末はレンタルということらしいのだが、「端末売買契約」なるものを結んだことになるらしい。 返却の際はその契約を解除して原状に復して返還するって書いてる。。 原状に復すって解釈によるけど、これって端末返却時に必ず料金取られる気がするんだが。。 — sasaki tomohiko hico14 サポートに問い合わせたところ、正常に端末が動作していれば問題なく小キズであれば故障には当てはまらないとのことです。 ギガゴリWiFiの方がおすすめ 結論から言うと、どんなときもWiFiよりも料金が安く、サポート体制に優れているギガゴリWiFiの方がおすすめです。 どちらも同じ端末が使えるので、料金とサービスだけを比較してシンプルにおすすめできる理由を2つ紹介します。 月額料金がシンプルで安い ギガゴリWiFiは どんなときもWiFiと同じ完全無制限のポケットWiFiですが、料金を比較するとどんなときもWiFiよりも安いのでおすすめです。 月額料金 ギガゴリ WiFi どんなときも WiFi 1~2年目 3,460円 3,480円 3年目以降 3,460円 3,980円 ギガゴリWiFiの大きな特徴として、ポケットWiFiの中でも最安レベルの月額料金になっているのでお得に利用できます。 どんなときもWiFiも2年間3,480円の料金で利用できて他のサービスよりも安い方ですが、せっかくポケットWiFiを契約するならできるだけ料金が安いサービスを選ぶべきです。 大手プロバイダが運営会社だから安心 ギガゴリWiFiは大手プロバイダとして20年以上の実績がある「GMOとくとくBB」が運営会社なので、サポート体制が充実していて安心です。 例えば、最大2ヶ月無料の「端末保証オプション」に加入していれば、端末が故障したときでも無料で交換することができます。 どんなときもWiFiや他社ポケットWiFiの運営会社はまだまだ新しいので、電話がつながらなかったり、突然ネットが繋がらなくなったりするケースがあり、信頼できる運営会社の方が安心です。 まとめ ここまで紹介したように、どんなときもWiFiにはデータ容量無制限で使えて、対応エリアが広いといったメリットがありますが、一方で5つのデメリットが見つかりました。 ただし、ポケットWiFiはこれから長く使っていく物として慎重に選ぶ必要があり、メリットだけでなくデメリットもしっかり確認して契約しましょう。

次の