アラ スター ムーディ。 【完結】 セブルス・スネイプの天国

[保存版]最強は誰?ハリーポッター、キャラの強さランキングTOP17

アラ スター ムーディ

翌日の朝食の時間に、再びダンブルドアが壇上に立った。 「昨夜遅くに本校に到着なさった先生を紹介しよう。 闇の魔術に対する防衛術を担当していただく、アラスター・ムーディ先生じゃ。 皆、盛大な拍手を!」 教職員テーブルから、ごとん、がたん、と音を立てて立ち上がった異様な風体の人物に、大広間は静まり返ったが、蓮がダンブルドアに促された通りに拍手をしたのにつられて、まばらな拍手が起きた。 「昨夜話した通り、本校では今年1年間に極めて重要な客人を迎えるのでな。 ムーディ先生には、1年間の約束でおいでいただいた。 この機会に長年闇祓いとして勤務なされたご経験からくる教訓を諸君にご教授いただきたいと考えておる」 ダンブルドアが席につくと、ハーマイオニーは「知ってる人?」と蓮に尋ねた。 「ええ。 わたくしの記憶より、傷は増えたみたいだけれど」 「ロン、昨日の朝早くにアーサーおじさんが出かけなくちゃならなくなったのって、この人のところじゃなかった?」 「うん。 マッド・アイ・ムーディだ」 ハリーとロンの会話に、ハーマイオニーは合点がいったという表情を浮かべた。 「ミスタ・ウィーズリーが、マッド・アイのところに?」 蓮が尋ねると、ロンが「そうだよ。 昨日の朝早くっていうか、一昨日の真夜中に、マッド・アイが魔法をかけたゴミバケツの蓋が暴れ回ったんだ。 僕のパパはそれを内々に処理するために出かけなくちゃならなかった」と説明してくれた。 「ああ。 マッド・アイの神経症ね」 「神経症?」 「うん。 ハリーもハーマイオニーも知らないと思うけど、マッド・アイは凄腕の闇祓いだったんだ。 レンのおじいちゃんみたいなもんさ。 アズカバンの独房を半分くらい埋める勢いで闇の魔法使いを捕まえた。 ただ、ほら、あの傷だらけの顔見ればわかるだろ? 闇の魔法使いからもずいぶん狙われたんだよ。 もう引退してるけど、いろんなところに闇の魔法使いが潜んでるって思い込んで、めちゃくちゃ大量のセキュリティ魔法道具に囲まれてなきゃ安心出来ないんだ。 たぶんゴミバケツもそれさ。 ゴミバケツの蓋に怪しい奴が近づくと暴れて知らせる魔法をかけたんだと思う」 蓮も肩を竦めて、トーストを取った。 「その怪しさの度合に問題があってね。 ゴミを漁る野良猫まで検知してしまうとなると、用心深いというレベルを超えてしまうでしょう? だから、魔法省ではマッド・アイの神経症って言われるようになったの」 「結構ヤバいものに魔法をかけて仕掛けちゃうもんだから、僕のパパのお得意様ってわけさ」 ハーマイオニーが「でもあなたのおじいさまもおばあさまもグランパもそんなことないじゃない」と首を傾げた。 「グランパは王室の護衛。 日本の祖父母は若いときに闇祓いとしては引退したもの。 最前線で長く闇祓いをやると、ああなるのも仕方ないと思うわ」 「ビルやチャーリーなんかは、子供の頃にマッド・アイがヒーローだったことを覚えてるから、憧れてるみたいだけどね。 やっぱりあまり長くやる仕事じゃないみたいだ」 言いながらロンは、先ほどマクゴナガル先生から配られた時間割表を眺めた。 「薬草学、魔法生物飼育学、午後はずっと占い学かよ」 「わたしたちは、午後はルーン文字学ね」 「ハーマイオニー、あなた今年は占い学も数占い学も履修しないの?」 「無理はやめたの。 言ったでしょう。 今年はGCSEもあるのよ。 去年全部の科目を履修したから、今年はその中から、続けたいものだけを継続することにしたわ。 占いたいときは蛙チョコカードをシャッフルすればいいんだもの」 ハリーとロンは、みじめな占い学の授業を想像して互いに顔を見合わせたのだった。 ハグリッド、と蓮はこめかみに指を当てて小声で「実験的飼育禁止法違反よ!」と強く囁いた。 「心配はいらねえ」 「どうせあの尻尾爆発スクリュートって、マンティコアとファイア・クラブの交配をしたんでしょう! ファイア・クラブ飼育の特別許可証は持ってるの?」 ハリーとロンとハーマイオニーが、恐々と「尻尾爆発スクリュート」を観察している隙にハグリッドに詰め寄る。 「おまえさん、怜に似てきたぞ」 心配いらねえ、とハグリッドはまた無根拠に楽観的なことを口走った。 「三大魔法学校対抗試合に、ちーっとばかし面白え奴を出せねえかってダンブルドアのご命令だ」 「ハグリッド、それを聞いた以上は、わたくし、本当にお母さまに知らせるわ。 実験的飼育の許可を取っていない生物を対抗試合で使って事故が起きたら国際問題よ!」 「いらねえって!」 その態度が既に怪しいわ、と蓮は唸った。 ハリーに背後から呪いをかけようとして外したマルフォイが、ムーディによってケナガイタチに変身させられ、驚異的な勢いで跳ね上げられているのを笑っていると、マクゴナガル先生が「ウィンストン!」と蓮を怒鳴りつけた。 「はい?」 「わたくしはこのような悪戯のために変身術を教えたわけではありません! すぐにあの生き物を解放しなさい! 生き物をピンボール遊びに使うとは情けない!」 誤解です! と蓮が強く抗議した。 「あれはムーディ先生が廊下で呪いをかけようとした生徒を」 それを聞くと、マクゴナガル先生が顔色を変えて「アラスター!」と怒鳴りつけた。 「それは生徒なのですか!」 「む。 後ろから呪いをかけるなど卑劣な真似をしおったのでな」 マクゴナガル先生がバシュっと杖を向けて光線を放つと、ケナガイタチはドラコ・マルフォイに戻った。 「またケナガイタチですか・・・」と、つまらなそうに呟いたのを、ハーマイオニーははっきりと聞いた。 「よろしいですか、ムーディ先生。 ダンブルドア校長が繰り返しお伝えしたはずですが、我が校では体罰には決して決して変身術は使いません! それからウィンストン! あなたもこのような場面を笑って見ていないで変身を解いてやりなさい!」 えー? と不平の声を上げる蓮の足をハーマイオニーは力いっぱい踏んだ。 「ちょ、ハーマイオニー?」 「忘れてたけど、あなたは変身術が極めて優秀だったことでホグワーツ特別功労賞を受賞したのよ。 マクゴナガル先生のおっしゃる通りだわ」 カツカツと靴を鳴らして去るマクゴナガル先生の姿が消えるのを待って、ハーマイオニーは蓮の不平を封じた。 「自分も笑ってたくせに」 「ええ。 わたしも反省すべきね。 ところでケナガイタチに変身するのが他にも誰かいたのかしら?」 「・・・自分たちがマルフォイの祖父をケナガイタチに変身させて遊んでたんだと思うわよ。 あと、わたくしの母がマルフォイの父親をやっぱりケナガイタチに変身させたはず」 この人たちの才能の無駄遣いはどうにかならないものかとハーマイオニーは心底から嘆いた。 「やっとこの時間だ! 待ってたぜ!」 興奮を隠す気もないロンの背中を指して「浮かれるほどのこと?」とハーマイオニーは蓮に尋ねた。 蓮は軽く頷き「ジョージたちがスリリングな授業だったって自慢だけするのを聞かされたからよ」と答えた。 「スリリングな防衛術の授業? 素敵な響きね」 「しかも教授がマッド・アイだもの、不安しかないわ」 蓮の不安は的中した。 ハリーとロンと並んで最前列に陣取ったハーマイオニーは(スリリングな授業を期待したわけでは決してなく、得るものの多い授業なら一言たりとも聞き逃したくはないからだ)特等席で、蜘蛛のタップダンスを見せられた。 「面白いか?」 蜘蛛のタップダンスを笑う生徒たちに、ヒヤリとする声でムーディ先生は問いかけた。 「蜘蛛がタップダンス、なるほど面白かろう。 だが、これが自分だったらと考えてみろ。 タップダンスではなく高い塔から飛び降りろという命令だったら? 笑っていられるか?」 ムーディ先生は蜘蛛をつまみ上げ、ガラス瓶に戻した。 「他の禁じられた呪文を知っているものは?」 ハーマイオニーはもちろん手を挙げたが、ネビルも挙手しているのに、少し驚いた。 普段、ネビルが進んで答えるのは薬草学の授業だけだったからだ。 「おまえはロングボトムという名だな? して答えは?」 「・・・磔の呪文」 小さいがはっきりした声でネビルは答えた。 わかりやすいように蜘蛛を肥大させ、ムーディ先生は杖を振り上げた。 その呪文はハーマイオニーもよく知っている。 2年前に何度も意識の遠く彼方から聞こえてきた。 「クルーシオ!」 蜘蛛が七転八倒し、わなわなと痙攣しはじめた。 まるで蜘蛛の悲鳴さえも聞こえてきそうだ。 しかし、ムーディ先生は杖を蜘蛛から外さず、蜘蛛はますます激しくのたうち回る。 ハーマイオニーはあまりの嫌悪感に、思わずそっと視線を逸らした。 「ノー!」 背後で蓮が叫んで立ち上がった。 ハーマイオニーが振り返ると、蓮は教科書でネビルの顔を隠している。 「・・・ネビル?」 ネビルが机の上に出して握り締めた拳の関節が白く浮き上がっていた。 蓮は睨むようにムーディ先生をきつい視線で見つめている。 「十分に拝見しました、ムーディ先生」 授業が終わり、ふらっと教室を出るネビルを蓮は追いかけた。 「ネビル!」 「あ、やあ、レン。 とても面白い夕食だったね?」 「・・・大丈夫?」 「もちろんだよ。 メニューの夕食は何だろう?」 全然大丈夫じゃない、と蓮は思ったが、何と言葉をかければいいかわからない。 あれは本当にアラスター・ムーディだろうか? あそこまでおかしくなってしまったのだろうか? ロングボトムとポッターとウィンストンの子供に、磔の呪文と死の呪文を見せることが出来る男ではなかったはずなのに。 背後から、義足が床を打つ音が聞こえてきた。 「大丈夫だ、坊主。 わしの部屋に来るか? おいで、茶でも飲もう」 ムーディは、魔法の目を近くに来ていたハリーに向けた。 「おまえは大丈夫だな、ポッター?」 「・・・はい!」 やけにくっきりとハリーが返事をした。 「ウィンストン、知らずに済ませることは坊主のためにはならんのだ。 おまえはなんともなかろうがな」 「はい、まったく」 ムーディがネビルの背を優しく押して部屋に戻っていった。 「レン・・・ネビルは、どうしたの?」 わからない、と蓮は嘘をついた。 ゴッドマザー、ゴッドファーザーとして紹介されたネビルの両親のことは、ネビルが話さない限り、人には教えたくない。 たとえハーマイオニーにさえも。

次の

ポップ! 『ハリー・ポッター』 アラスター・ムーディ

アラ スター ムーディ

" — Harry Potter Film HarryPotterFilm アラスター・ムーディ(マッドアイ)のプロフィール アラスター・ムーディ(マッドアイ)は、イギリス魔法省の生え抜きの強力な歴戦の闇祓い。 両親も共に闇祓いだった。 ハリーが4年生の時に、ダンブルドアに請われて、ホグワーツの「闇の魔術に対する防衛術」教師に就任することに… ホグワーツで教鞭を振うマッドアイの正体は? ホグワーツで教鞭を振うマッドアイの正体は、ポリジュースで変身していた死喰い人のバーティ・クラウチ・ジュニアだった。 Constant vigilance! Best keep your guard up in Mad-Eye Moody's class. (ただし、役者は同じ) "Professor Moody! What are you doing here? " — Harry "Rescuing you, of course. " — Mad-Eye Moody — Harry Potter Film HarryPotterFilm いつからバーティ・クラウチ・ジュニアが変身して入れ代わったのか 1994年8月末、ホグワーツに赴任する前日にとバーティ・クラウチ・ジュニアに襲撃され、自分のトランクの中に監禁されてしまう。 作者のJKローリングによると、その時は油断をしていた、とのこと。 マッドアイの強さは?実は弱い? アラスター・ムーディ(マッドアイ)は強いか、実は弱いかよくわからないので、作中の描写をピックアップ。 結論:昔は強かったが、その後は全盛期と比べると劣る描写が多い。 強さの描写• 「ムーディーのおかげでアズカバンの独房の半分は埋まった」チャーリー談(4巻)• 7人のハリーの作戦の際、ヴォルデモートは、本物のハリーはムーディが守る(歴戦・最強)と予想• 7人のハリーの作戦の際、ハリー陣営も、ヴォルデモートが「ハリーはムーディが守る」と予想して、その通りになった 弱い描写• ピーター・ペティグリューとに襲撃されて、監禁される• バーティ・クラウチ・ジュニアに1学年もの間監禁された• 神秘部の戦いの際、ムーディは一人で同時に二人を相手に戦う。 一人は倒したが、二人目のに敗れた。 ドロホフは、ホグワーツの最後の戦いで、と共闘していたにでやられ、その後復活してに倒される。 なぜ死んだのか(死因) 7人のハリーの作戦の際、本物のハリーはムーディが守ると予測したヴォルデモート本人に追跡される。 実は、アラスター・ムーディ(マッドアイ)は、ポリジュース薬でハリーに化けたマンダンガス・フレッチャーと共に飛行。 しかし、ヴォルデモート本人を見たマンダンガス・フレッチャーが、恐怖におののき、姿くらまし、で逃走。 それを止めようとした際に、ヴォルデモートが死の呪文を放つ。 マッドアイは、それを顔にまともに受けて、即死して墜落。 遺体は不明。 ただし、ハリーは魔法省に忍び込んだ際に、のオフィスでマッドアイの義眼を発見。 ハリーはそれを取り戻して、森に埋葬する。 アラスター・ムーディ マッドアイ の杖 アラスター・ムーディ マッドアイ の杖の素材や長さは一切不明。 ただし、映画に使われた杖と同様のものが、The Noble Collectionから発売されている。 一番の特徴は義眼。 髪 グレー 顔 傷だらけ 目 片目がもの、透明マント、後ろを透視できる魔法の義眼 鼻 大きく削がれている 足 片足が木の義足.

次の

不死鳥の騎士団

アラ スター ムーディ

登場巻 、、、 人物 渾名・通称は「 マッド・アイ」(Mad-Eye)。 ムーディは、かつて闇祓いとして数多くのと戦い、捕えてきた。 その数は「の半分を埋めた」と評される程。 特徴的な口癖は「油断大敵! 」(原文:Constant vigilance! 外見 歴戦の負傷により顔は傷だらけで、口は歪み、鼻は大きく削がれている。 更に左目と左足も失い、物を透視することが可能な義眼「魔法の目」、をはめている。 なお、元のは黒だが、義眼は青。 略歴 同様、歴戦の闇祓い。 1980年前後にはに参加しており、そのことを誇りにしている。 しかし、歳を経るに従って被害妄想にとりつかれるようになり、引退して隠居生活を送っていた。 ただし、1994年に新規に闇祓いとなったを気に入り、彼女の省内での後ろ盾となっていたことから、何らかの形で「闇祓い局」に関与していた。 隠居後の、過剰な防御対策は「魔法不適正使用取締局」からたびたび警告を受けていた。 4巻で旧知のに頼まれ、1年間の条件つきで「闇の魔術に対する防衛術」を教えることになる。 しかし、1994年8月、ホグワーツに赴任する前日にとに襲撃され、自身のトランクの中に監禁される。 その後はジュニアがポリジュース薬でムーディに成りすまし、授業を行っていた。 1995年6月下旬に救出された時には、服従の呪いと失神の呪文をかけられ、心身とも衰弱し、喋りかけられただけで飛び上がるという有様だった。 5巻からはのメンバーとして登場(もちろん本物)。 ハリーをダーズリー家からグリモールド・プレイス12番地に移動させる際や、アーサーの見舞いでに行く際には、ハリーの護衛を務めた。 また、ハリーに両親を含む騎士団創立メンバーの写真を見せた。 やや気難しいところもあるが、元闇祓いだけあり、を個人的にサポートしたり、トンクスなどの若いメンバーに指図したりと随所で存在感を示している。 1996年の「魔法省の戦い」では、にあっけなく倒されたが、意識を回復すると、真っ先にトンクスを蘇生させた。 6月下旬、騎士団の仲間とともににてハリーを出迎え、に対し、ハリーの待遇に対して警告を発する。 1997年夏、ダンブルドアの葬儀に出席、その後グリモールド・プレイスにスネイプ除けの呪文を仕掛けた。 同年7月下旬、7人のポッター作戦の最中、マンダンガス・フレッチャーと組で移動するも、マンダンガスは逃亡し、自身はによって殺された。 遺体は見つからなかったが、後に彼の「魔法の目」がのオフィスから発見された。 ハリーはこれを奪取して埋葬している。 性格・才能 前述の通り、歳を取るごとに被害妄想に取り憑かれるようになり、非常に疑り深い性格。 飲み物は必ず自分の携帯用酒瓶から飲み、食事の際は必ず毒がないことを確かめてから食べる、杖は決して尻ポケットに入れないなどの用心を行っている。 かつては非常に決闘に強く、「アズカバンの半分を埋めた」と評されるほど数多くの死喰い人を捕らえた。 は「往年のムーディは偉大な魔法使いだった」、には「魔法省始まって以来の優秀な闇祓い」と評されている。 エバン・ロジエールなど、捕獲の段階でやむなく死なせてしまった死喰い人もいるようであるが、シリウスによれば、「殺さずにすむ時は殺さず、できるだけ生け捕りにした」とのこと。 人間関係 とは昔からの友人であり、ダンブルドアが創設した不死鳥の騎士団のメンバーとも親しい。 ポッター夫妻とも親しかったようで、死亡した騎士団の創設メンバーのことも詳しく記憶している。 後に騎士団の仲間となるウィーズリー家の人間とも親しく、モリーによればアーサーもムーディを高く評価しており、によれば「ムーディを放免できるのはアーサー」だけとのこと。 また、アーサーの息子のビルやチャーリーもムーディのことをよく知っている様子。 引退後も闇祓い局と繋がりがあり、はムーディのお気に入りの秘蔵っ子だったとされる。 トンクスもムーディと親しくしており、ムーディが死亡した際にはトンクスはすすり泣いていた。 闇の魔法使いを憎んでおり、過去にはダンブルドアがスネイプの弁護をした際もムーディは疑わしげな様子をしていた。 数多くの死喰い人を捕まえたことから、その家族からは恨まれている模様。 も参照。 ハリーの持っているものより大きい。 映画・ゲーム 『』、『』、『』に登場。 が演じた。 日本語版の吹き替えはが担当した。 『不死鳥の騎士団』では、冒頭、ハリーを迎えに来た騎士団メンバーのリーダーだった(原作では)。 「魔法省の戦い」においても、映画版では杖の一突きでを圧倒するほどの強さを誇っている。 他、鼻には大きな損傷は無く、一般的な杖と歩行用の杖の二刀流である。 また、「油断大敵! 」という言葉を一言も発していない。 原作ではハリーに不死鳥の騎士団創立メンバーの写真を見せたが、映画版ではその役目をが担っていた。 なお、ブレンダンの息子が役を演じていた。 ゲームでの声優はが担当した。

次の