妊娠 中 カップ ラーメン。 【産婦人科医監修】妊娠中のカップラーメンは食べてもよい?胎児への影響について|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

【産婦人科医監修】妊娠中のカップラーメンは食べてもよい?胎児への影響について|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

妊娠 中 カップ ラーメン

妊娠中の食事はルールが多い 妊娠中は母体とおなかの赤ちゃんの健康のために、食べ物や飲み物に関する制限が多くなります。 妊娠中に避けたほうがいい食べ物の代表は、生ものやビタミンAを過剰に含む食べ物、水銀を多量に含む食べ物など。 他にも、禁止ではないけれど摂取量や食べ方にとくに配慮すべきものもあります。 また妊娠中は食べてはいけない・飲んではいけないものに焦点が当てられがちで、妊婦の中にはおなかの赤ちゃんへの悪影響を心配するあまり、食べても差し支えない食材まで自己判断で避ける方もいます。 妊娠中はカロリーや塩分に注意しなければなりませんが、必要な栄養素まで不足するのは問題です。 妊娠中の食事について疑問なことや不安なことがあれば自己判断せず、医師や助産師、栄養士や保健師に積極的に質問し、解決するようにしましょう。 妊娠中の食べ物の嗜好の変化 妊娠中は大多数の妊婦に、味覚の変化が起こるといわれています。 妊娠前はあまり好きでなかったものが急に毎日食べたくなったり、反対に好きだったものが嫌いになるなど、食べ物の好みが変わります。 妊娠初期のつわりの時期には酸っぱいものが食べたくなりますが、酸っぱいものだけでなく、ラーメンのように塩分の多いものや焼肉のようにカロリーの高いもの、そしてケーキのように甘いものが無性に食べたくなるという妊婦もいます。 また反対に塩分や甘味が食べられなくなる妊婦もいますので、食べ物の嗜好の変化はまさに百人百様。 一人一人の妊婦によって異なります。 妊娠中の食べ物の嗜好の変化の原因とは? 妊娠中の食べ物の嗜好の変化の原因ですが、これは妊娠を機に起こるホルモン分泌の変化になんらかの関わりがあるのでは?と考えられています。 つわり同様、いまだにはっきりと原因やメカニズムが解明されていません。 妊婦はラーメンを食べてもいいの?悪いの? 妊娠中にラーメンを食べることに関しては、医師からはっきりと禁止されている場合を除き、 妊婦が食べても差し支えありません。 ただし食べ方やカロリーには要注意。 ラーメン一食分に含まれる塩分の量は多く、食べたいからといって毎日食べていると塩分摂りすぎになってしまいます。 またラーメンはカロリーも高く、間食や夜食に食べているとカロリーの摂りすぎになります。 妊娠中にラーメンを食べる際のポイントは、塩分やカロリーに十分注意すること。 まずは妊娠中の理想的なカロリー摂取量や塩分摂取量、そしてラーメン一杯に含まれる塩分やカロリーについて押さえておきましょう。 妊娠中の理想摂取カロリーについて 妊娠中の摂取カロリーについて、厚生労働省の指針を参考に挙げていきましょう。 妊娠中の理想摂取量は妊娠初期 妊娠13週まで 、中期 14週から27週まで 、後期 28週以降 の三つの区分に分けて考えます。 非妊娠時よりどの程度カロリー摂取を増やすかですが、まず妊娠初期は非妊娠時よりも50kcal増、中期は250kcal、そして後期が450kcalになります。 カロリー増加分の目安 妊娠中は妊娠前よりも少し多めに摂取して構いませんが、妊娠初期の増加分はわずか50kcal. 白米一膳のカロリーは約140kcalですので、50kcalというとご飯約3分の1程度になります。 妊娠中期の増加目安は250kcal。 妊娠初期のつわりが終わった頃には自然に食欲も沸き、 つい食べ過ぎてしまう妊婦も多くなります。 250kcal分は余計に食べられると思っても、一日三食の中で考えるとそれほど余計に食べられるわけではありません。 妊娠後期にしても同様で、体重増加を適切に範囲に抑えるためには、毎食の食事メニューのカロリーをできる範囲で把握することが大切です。 日本人の一日の食塩摂取量は平均11グラム、これは世界保健機関 WHO の指針である一日5グラムの倍以上、一般的に日本人は塩分を摂りすぎといわれる理由はここにあります。 世界保健機関 WHO の指針を守ることはなかなか困難ですが、厚生労働省の基準である一日7グラムに沿うよう努力することが求められています。 妊娠中の塩分摂取量ですが、上記の厚生労働省の基準によると、妊娠中の食塩摂取量に増減はありません。 よって妊娠中の食塩摂取量も、この数値を理想の摂取量と定めます。 妊娠中の塩分の摂りすぎによる影響とは? 妊娠している・していないに関わらず、塩分の摂りすぎは健康によくありませんが、妊娠中の塩分の摂りすぎは、妊娠高血圧症候群や浮腫につながるおそれがあります。 極端に塩分を減らすことは望ましくありませんが、摂り過ぎもまたいろいろなリスクを増大させます。 妊娠前から高血圧気味の方や肥満体型の方はとくに注意するようにしましょう。 妊婦がラーメンを食べる際には、どんなラーメンを食べるかが重要。 ラーメンのカロリーおよび塩分について知っておくべき情報をまとめてみました。 ラーメンの塩分について ラーメンに含まれる塩分ですが、まずはご自分が普段から食べているラーメンの栄養成分量を見てしっかり確認するようにしましょう。 即席ラーメンのパッケージに書かれている栄養成分量は、麺、かやく、スープに分けて書かれています。 含まれている塩分量を確認し、塩分量が多ければスープを残すようにすれば、塩分摂取量を簡単に減らすことができます。 ラーメンのタイプ別塩分量 ラーメンには塩味、醤油味、味噌味、豚骨味など、いろいろなタイプがあります。 このうちもっとも塩分が高いのは塩味タイプのような気がしますが、製品によっては塩味よりも醤油味のほうが塩分量が多いこともあります。 また生タイプや具やかやく付き・無し、ベースやエキス、一杯分の量、麺のタイプなどによっても、含まれる塩分量は異なります。 袋ものの即席ラーメンなら麺とスープであわせて2グラム程度のものから、具入りのカップ麺なら8、9グラムを超えるものまでさまざま。 一食2グラムの即席ラーメンでも具を入れて食べる場合は、塩分量はさらに多くなります。 この場合でもスープを残すようにすれば、塩分摂取量はずっと少なくなります。 塩分量をあらかじめ確認することが大切 ラーメンの塩分量は食べる方の心がけ次第。 含まれる塩分量を気にせずに食べていると、一日の摂取量をラーメン一食ですべて摂りきってしまうことになります。 妊婦がラーメンを食べる際には、調理する前にまず麺とスープの塩分量をしっかり確認することが重要です。 外食でラーメンを食べる際にも栄養成分表であらかじめ塩分量を確認するようにしましょう。 袋ものの即席ラーメンに比べると、外食でのラーメンは一食分の量も多く、具材も豊富に入っているため、塩分量は多く、カロリーも高めですので注意が必要です。 最近では大手のレストランやラーメン専門店では、ほとんどのお店がメニューの栄養成分表やアレルギー成分の表示を行っています。 ラーメンに限らず、行きつけのお店のお気に入りメニューについては、カロリーや塩分について確認を怠らないようにしましょう。 ラーメンのカロリーについて ラーメンに含まれる塩分の量に関する注意点を挙げてみましたが、今度はラーメンのカロリーについて見ていきしょう。 塩分同様、ラーメンのカロリーは麺やスープの種類、具材、一食分の量などにより違ってきます。 ちなみの袋ものの即席ラーメン一食分のカロリーは、400kcal弱から500kcal強。 外食でのラーメンはこれよりもカロリーが高く、低いものでも650kcal前後から高いものでは1300kcalを軽く超えてしまうものまでさまざま。 具の種類によってもカロリーは異なりますので、お気に入りメニューやよく食べるラーメンがあれば、まずはカロリーを確かめることが大切です。 妊婦の一日のカロリー摂取基準について 妊娠中にどの程度摂取カロリーを増やすかについては、妊娠初期・中期・後期に分けてすでに挙げたとおりですが、増加分を考える前にまずは基本的なカロリー摂取量を知っておかなければなりません。 成人の摂取カロリーの目安は、身体活動レベルとの兼ね合いで導きだされます。 活動レベルは通常三つに分けられ、摂取カロリーもそれに応じて違ってきます。 厚生労働省の推定エネルギー必要量によると、18歳から29歳の女性が一日に必要とするカロリーは、活動レベルのもっとも低いグループで1650 kcal、次に中間のグループが1950 kcal、もっとも活動レベルの高いグループは2200kcalになります。 活動レベルの低いグループとは、一日のうち座っている時間がほとんどの方、活動レベルがふつうとは、散歩や軽い運動を行う習慣のある方、活動レベルが高いとは、立ち仕事や移動を多く行う方や運動を活発に行う習慣のある方を指します。 ラーメンのカロリーと一日の摂取量 このように一日に必要なカロリーは、一人一人の妊婦の生活習慣や活動レベルによって異なってきます。 たとえば子供のいない専業主婦の方で、ほとんど運動する習慣のない方の場合、一日の必要な摂取量は1650kcal。 妊娠初期のカロリー増加分の目安は 50kcalですので、合計1700kcalになります。 外食のラーメンで一食分が1000kcalのものを食べると、これだけで一日の摂取量の約三分の二を消費したことに。 ラーメンを一食分に当てるのであれば、他の二食のカロリーを調節することで範囲内におさめることができます。 しかしラーメンを間食やおやつに食べる方は要注意。 間食やおやつ分のカロリーもきちんと計算に入れなければ、カロリー摂取量が大幅に超過してしまいます。 カップラーメンは大丈夫なの? カップラーメンは普通のラーメンよりも添加物が多い、昔は容器に問題があるなど指摘され、手軽だけど赤ちゃんのことを考えると食べられないと悩む妊婦もいるかもしれません。 ただ、メーカーでは容器を紙製などヘと変更したり、添加物を抑えるなど様々な製品改良を行っています。 妊娠中でも極端に食べ過ぎなければカップラーメンを楽しむことが出来ます。 ただ1点気を付けたいのがナトリウムの成分表示です。 ナトリウムと書いてあった場合、食塩相当量はその数字に2. 5を掛けた量となり、表示値とは異なります。 書いてあるナトリウム量が少ないからと安易に選ぶのはやめた方が良いでしょう。 カロリーや塩分に気をつけなければ、塩分・カロリー過多に陥ってしまいます。 妊婦がラーメンを食べる際のポイントについて見ていきましょう。 1日の塩分量に注意 ラーメン一食で一日の塩分摂取量のすべてを消費することがないよう、十分注意してください。 まずは食べるラーメンを選ぶ際に、できるだけ塩分の少ないものを選ぶことがポイント。 またスープの塩分量を取り除くと、塩分量は半分以下になることもあります。 どうしてもスープも飲みたい場合には、他の二食の塩分量を控えるようにしましょう。 味噌汁は塩分が多いメニューですので、ラーメンを食べる日はお味噌汁を食べないようにするなどの工夫が必要です。 栄養バランスに注意する ラーメンの栄養成分は、入れる具材を工夫することで上手にバランスを取ることができます。 野菜や海藻類などのトッピングをたっぷり入れることで、一食分の栄養バランスが偏らず、カロリーも抑えることができます。 お肉類を具に入れる場合には、カロリーが高めになりますので、他の食事内容を工夫して、一日の摂取量を目安の範囲内におさめるようにしましょう。 ラーメンを一食として食べる際には、具材だけでなく、サラダを付け合せる、ヘルシーなドリンクをつけるなど、全体の栄養バランスに配慮してください。 食べる回数に注意 塩分やカロリーに十分配慮しているからといって、毎日のようにラーメンを食べていると、栄養が偏ってしまいます。 ラーメンを食べる回数にも注意し、食べすぎないようにすることが大切です。 また間食やおやつとして食べる際には、小さめの器に盛り、量を少なくすると食べすぎを防ぐことができます。 まとめ 妊婦がラーメンを食べるときに知っておきたいさまざまな情報ををご紹介しました。 妊婦がラーメンを食べるのは差し支えありませんが、塩分やカロリーを摂りすぎないよう十分に注意する必要があります。 塩分やカロリーを控えめにするには、まず一日にどの程度のカロリーや塩分を摂取していいか、きちんと把握しておく必要があります。 その上で普段よく食べるラーメンのカロリーおよび塩分 麺・スープ を調べ、塩分・カロリーの過剰摂取にならないように工夫することが求められます。

次の

妊娠初期にカップラーメンばかりが食べたい!体や胎児への影響は?

妊娠 中 カップ ラーメン

妊娠がわかり、嬉しい気持ちでいたのもつかの間、妊娠 15週頃までには多くの妊婦さんが徐々に表れる体の変化を感じていると思います。 特に変化として顕著に表れるのが食べ物の偏り。 妊娠発覚前まではそこまで食べたいと思わなかったのに、突然そればかり食べたくなってしまう…、他の食べ物は戻してしまうけど、これだけは食べられる…そんな予想外の変化を感じていませんか。 この偏りが健康的に問題のなさそうなものなら心配はいらないのですが、摂取するのにちょっと抵抗がある…そんな食品である場合、食べるべきか我慢するべきか悩んでしまいますよね。 今回は中でも「 」に焦点を当ててみました。 妊娠をしていなくても、カップラーメンはヘルシーとは言えない食べ物です。 赤ちゃんがお腹にいる今、どうしても食べたくなったカップラーメン、一体どうすればいいのでしょうか。 意外と多い!? にカップラーメンが食べたくなる妊婦さん 妊娠 15週までの初期にあたる時期に、 カップラーメンやジャンクフードにはまってしまう妊婦さんは意外と多く見られます。 これはつわりによる偏食とも言われていますが、カップラーメンやジャンクフードしか身体が受け付けないというケースもあれば、他のものも食べられるのに何故か無性にそういったものを欲してしまうケースなど、症状も人によって様々です。 実際に妊娠初期にカップラーメンが食べたいと思うようになった妊婦さんの声を集めてみました。 ・妊娠4ヶ月です。 最近、なぜかよくカップラーメンが食べたくなってしまいます。 お腹のベビーにあまりよくないというようなことを聞いたことがあるような気がしますが、やはりあまり食べないほうが良いのでしょうか?1週間に1回はどうしても我慢できなくなって食べてしまいます。 ・カップ麺食べたいです。 けど、赤ちゃんの万が一を思うと食べたくないです。 お腹にまわる栄養が少なくすむ今は、こだわらずカップ麺を一口食べ、旦那に残りを片付けてもらうくらいならいいのか… ・インスタントラーメンは野菜を入れて食べてしまう日はありますが、本音ではカップラーメンが食べたいのです。 この衝動はどうしたらおさまるでしょうか?それとも妊娠中にカップラーメンを食べても大丈夫でしょうか? このように、偏食を感じる妊婦さんの多くが、「食べたい、でも胎児への影響が心配」という思いで悩んでいるんですね。 知っておきたいカップラーメンに潜むと言われている危険要因 では、実際にカップラーメンにはどのような危険要因が隠れているのでしょうか。 その程度の大きさも含めて見ていきましょう。 食品衛生法では食品添加物について次のように定義しています。 添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう。 食品添加物は、食品衛生法に基づいて、 厚生労働大臣が安全性と有効性を確認して指定したもの以外、使用が認められていません。 (平成27年現在、449品目の指定があります。 詳しくはをご覧ください。 ) カップラーメンに含まれている主な添加物は、かんすい、増粘多糖類、香料、酸化防止剤、酸味料などが挙げられますが、これらの添加物を含め国内で使用されているものは、その安全性が認められているということになります。 もちろん人体に大きな影響はないというのは、 免疫力のある大人について言えること で、妊娠中にはどの程度の問題が生じるかについては明確な研究結果がないようです。 安全性が保障されているからといって安易に摂取し続けるのは、少し危険かもしれません。 しかしそうは言っても、現代社会において添加物がないものを食べることはとても難しく、私たちは多かれ少なかれ日々の生活で摂取しています。 あまり神経質になりすぎず、何事も「 摂取のし過ぎ」が危険だということを頭に入れておくことが大切なのではないかと思います。 発泡スチロール製のカップに含まれる物質が問題となっているんですね。 そもそも環境ホルモンとはどのようなものなのでしょうか。 私たちの身体は、さまざまなホルモンが作用しあって体調を整えています。 女性で言えば、生理や妊娠でホルモンバランスが崩れることで頭痛や気分の抑揚などが起こりやすいので、イメージしやすいですね。 本来は、体内で作られるホルモンによってバランスをとっている身体に、 体外の環境中に存在する物質がまるで本物のホルモンのような影響を与えてしまうものを 環境ホルモンと呼んでいます。 内分泌がかく乱されてしまうことから「 内分泌かく乱化学物質」とも呼ばれています。 この環境ホルモンによる人体への影響として挙げられるのが、 生理不順や 更年期障害、 骨粗しょう症などです。 カップラーメンの容器には人体に影響を及ぼすような環境ホルモンはないとの見解もあるようですが、懸念事項として議論されていることは確かです。 妊婦さんは特に知っておいた方がいいかもしれません。 これはカップラーメンに限ったことではなく、例えば妊娠中に卵サンドしか食べられなかった人が、出産後に子どもの卵アレルギーを知ったなどの実例が挙げられてのことのようですが、 こちらもはっきりとした医学的・科学的根拠はないようです。 つわり期はどうしても食生活が変化しがちです。 食べられるものを我慢したり、気にしすぎたりすることで、ママがストレスを抱えていてはよくありません。 妊娠(特につわり)には必ず終わりが来るので、食生活を整えるのは体調が良くなってからにしましょう。 カップラーメン 1つの平均値は以下の通りです。 カロリー:300kcal前後 食塩相当量:5g前後 これに対し、妊婦さんが一日に摂取すべきカロリーと塩分は以下の通りです。 成人女性の平均値を基準として考えますので、妊娠初期の妊婦さんは下記の値に +50kcalと考えて下さい。 カロリー:身体活動レベル:静か(18~29歳)1750kcal (30~49歳)1700kcal 身体活動レベル:普通(18~29歳)2050kcal (30~49歳)2000kcal 身体活動レベル:強い(18~29歳)2350kcal (30~49歳)2300kcal 塩分: 7. 5g つまり、 塩分に至っては、カップラーメンを1つ食べるだけで 一日の摂取量の半分以上を一気に摂取してしまうことになります。 妊婦さんの塩分の摂りすぎは、 妊娠中毒症などを引きこす原因となり、妊娠中毒症は胎児への影響も十分に考えられます。 それでも妊娠初期における食の偏りは避けられないものです。 であれば、危険要因をできるだけ取り除く努力もしていきたいもの。 妊娠初期にカップラーメンを食べるときのポイントについてまとめます。 ・毎日、毎食をカップラーメンにすることのないように ・麵をふやかす最初のお湯は捨てる ・ノンフライ麺や生麺を選ぶ ・食べられるのであれば、野菜や卵、海藻類などのトッピングを ・スープは飲まない ・できれば食べる時間帯を意識する おすすめカップヌードル 「サイリウムヌードル」 麺に天然の食物繊維「サイリウム」を練りこんでいる、特定保健用食品です。 お腹の調子を整える働きがあります。 味はしょうゆ、シーフード、チキンタンメンの三種類があります。 (しょうゆ) カロリー:156kcal 食塩相当量:3. 3g (商品詳細).

次の

妊娠中のカップラーメン

妊娠 中 カップ ラーメン

妊娠中にカップラーメンばっかり食べたい!だけど大丈夫? 妊娠中は無性にカップラーメンを食べたくなるのは何故なのか?その理由と先輩ママの体験談を以下よりお伝えします。 つわりでラーメンが食べたくなる 「」でもお伝えしたように、妊娠初期ではつわり症状を経験する妊婦さんは多くいます。 つわり症状がある時期は『食べたいものを食べる』べきなので、無性にラーメンがで食べたいなら我慢せずにラーメンを食べてください。 ただし、食べ方に注意!詳しくは後述する「妊婦さんがカップラーメンを食べたいときに抑えたい4つの注意点」を参考にしてください 先輩ママの体験談 日常的には食べませんが、 無性に食べたくなると食べてましたよ。 塩分が多いためスープは飲まずに。 ジャンクフードも、スナック菓子も、たまには食べましたよ。 出典: 妊娠初期です。 毎日カップラーメンが食べたくて仕方ないです。 つわりという程ではないのですが、毎日だるくてゴロゴロしています。 お腹がすくとなお気持ち悪いので、食事は簡単に作って食べてます。 ご飯が苦手になり、今週はパンか麺類しか食べていません。 その中でもカップラーメンが特に食べたくて仕方ないのです。 出典: 私も初期~中期にかけてツワリ等で好き・嫌いが激しくなり、カップラーメンが大好きになってしょっちゅう食べてました心配で、検診で先生に相談したら「カップラーメンでも、ツワリがあってしんどいなら食べれる物を食べて下さい、でも体重管理等には気をつけてくださいね」と言われましたよ 出典: 妊娠4ヶ月です。 最近、なぜかよくカップラーメンが食べたくなってしまいます。 お腹のベビーにあまりよくないというようなことを聞いたことがあるような気がしますが、やはりあまり食べないほうが良いのでしょうか?1週間に1回はどうしても我慢できなくなって食べてしまいます。 出典: 妊婦さんがカップラーメンを食べたいときに抑えたい4つの注意点 1. 食べる量・回数の目安 妊娠初期に妊婦さんがカップラーメンを食べられる目安量は週2~3回程度。 カップラーメンに含まれる添加物は母体や胎児に影響を与えるほどの量は入っていませんので、週2~3回食べる程度なら問題ありません。 栄養バランス調整する工夫 カップラーメンはほとんどが炭水化物です。 栄養バランスを考えてたんぱく質やビタミン、ミネラルも一緒に摂取できるように工夫しましょう。 おすすめの食品はホウレン草、タマゴ、乾燥わかめなどです。 塩分量を抑える(スープは残す) カップラーメンのスープには塩分が多く含まれているため、普段の食事と合わせると塩分の摂り過ぎにつながる可能性が高くなります。 スープを全部残すと一般的なカップラーメンに含まれる塩分量約6. 3gに対して約2. 4gまで塩分量を抑えることができます。 添加物 カップラーメンの添加物が気になる場合は品質印の「JASマーク」がついている商品を選びましょう。 JASマークがついているカップラーメンは、ほとんどが天然由来の原料から抽出された添加物を使用していますし、国が定めた厳しい基準を合格した証になります。 さらに、糖質代謝を円滑にしてくれる作用もあります。 過剰摂取については1日3000gを超えなければ問題ありません。 出典: チキンラーメンは空前のブームとなり、大ヒットしてからインスタントラーメンは国民食とまで言われるまでになりました。 ところが、1950年代は戦後間もない時代でしたので、国の食品規制は行き届いておらず、各社メーカーから品質の悪い類似品が出回ってしまい、健康を害した人が続出してしまいました。 こういった健康被害を新聞やテレビを通じて大々的に報道されたことによって、インスタントラーメンは体に悪いという刷り込みをこの世代の人は植えつけられました。 カップラーメンは塩分には注意したいですが、発がん性や身体に悪いというのは実は都市伝説です。 インスタントラーメンは体に悪いというイメージは、この世代の人の子どもへ伝わり、その子どもが親になり、自分へと刷り込まれたものです。 出典: 1965年にインスタントラーメンはJAS規格に制定されて、今に至るまで数次にわたり改定が行われているので、現在は品質の悪いカップラーメンが出回ることはありません。 幼少期から親に刷り込まれた「体に悪い」というイメージが実は都市伝説だったとは信じがたいと思いますが、これが真実なのです。 悪いのは過剰摂取だけ(妊娠高血圧症候群に注意) カップラーメンを食べることが悪いのは過剰摂取だけですが、妊娠後期に入ったら注意しましょう。 妊娠初期のつわりの時期は食べたいものを食べるべきなのですが、妊娠後期になると「妊娠高血圧症候群」のリスクが高くなります。 すでにお伝えしたように週2~3回程度でしたら問題ありませんが、カップラーメンを毎日食べてスープも全部飲んだりを繰り返してしまうと、妊娠高血圧症候群を発症してしまいます。 妊娠高血圧症候群を発症すると、流産や出産時に母体の脳の血管が切れてしまうなどの危険性が増しますので、過剰摂取だけはご注意くださいね。 妊娠初期に摂取したい栄養と整える方法 妊娠初期に必要な以下の栄養素が不足するとママにも赤ちゃんにも影響します。 不足しないように摂取を心がけてください。 葉酸 妊娠初期はもちろん出産後も大切な栄養素である葉酸。 葉酸は赤ちゃんの細胞分裂・増殖を促進させる・胎児の二分脊椎や無脳症などの先天性神経管閉鎖障害を予防する、など重要な働きをもっており、この時期はお腹の赤ちゃんのために毎日摂取する必要があります。 ですが葉酸は加熱に弱く水に溶けやすい性質をもっているため、調理したときに50%近く失われてしまうかゆで汁に溶け出してしまいます。 さらに、食品中の葉酸は利用効率が約50%と低いため食事だけで必要量の葉酸を摂取するのは困難です。 一方の葉酸サプリは「 」でもお伝えしたように利用効率が約85%と高いため、効率よく葉酸を摂取することができます。 お腹の赤ちゃんの健やかな成長と無事の出産を迎えるためにも、妊娠初期時はぜひ葉酸サプリをご活用ください。 妊娠すると赤ちゃんに栄養が送られるようにするため、多くの鉄分が必要になります。 妊娠初期は、肝臓などに蓄えられていた鉄分が使われますので、自然に血液の量が増えますが、妊娠する前から貧血気味だった場合は注意が必要です。 妊娠前から貧血気味の場合は、貯蓄されている鉄分が少ない可能性が高いので、そのまま赤ちゃんに鉄分が使われ続けると不足してしまい、貧血症状が悪化する恐れがあります。 こういった鉄分不足による貧血は、母体側に影響が出るだけでなく、赤ちゃんへの悪影響も心配されます。 妊娠中の貧血が深刻化すると、早産や低出生体重のリスクが高くなリますので、鉄分はしっかり摂取するようにしましょう。 カルシウム カルシウムは、お腹の赤ちゃんの骨や歯を形成するために、妊娠初期は積極的に摂取する必要があります。 カルシウムが不足してしまうと、ママの骨や歯から足りない分が血液中に溶け出して赤ちゃんに運ばれます。 そうなると、骨密度が減少して骨粗しょう症となり、将来的に寝たきりになるなど深刻な問題を引き起こす恐れがあります。 たんぱく質 たんぱく質は、赤ちゃんの脳や筋肉などを作る基礎となる栄養素です。 また、たんぱく質は身体を形成する組織として身体全体の約20%を占めています。 ちなみに水分が全体の約60%、炭水化物に至っては約0. 5%程度です。 このように、人間が生きていく上で必要不可欠な栄養素ですので、赤ちゃんが成長著しいこの時期は十分に摂取しておきましょう。 亜鉛 亜鉛は、胎児の発育に大きく影響する重要な栄養素です。 赤ちゃんが不足している夫婦は、全体の約10倍の確率で胎児の奇形や発育不良になると言われています。 また、亜鉛は体内で作ることができない栄養素ですので、体内に取り入れるためには必ず食品から摂取する必要があります。 ただし、継続的に亜鉛を過剰摂取してしまうと、副作用の危険性がありますので、1日30gを目安に使用量を守って摂取しましょう。 食物繊維 食物繊維は大きく分けて水溶性と不溶性の2種類ありますが、どちらも腸内環境を整える作用があるため、女性ホルモンの影響で便秘になりやすい妊娠中期に向けて、妊娠初期から摂取するように心掛けましょう。 妊娠中期の便秘は、妊娠初期のつわりで思うように水分や食事が摂れなかった場合にも、原因となることがあるのでこの時期は気をつけておきたいですね。 不溶性の食物繊維は、胃の中でたくさんの水分を吸収して何倍にも膨らむので、食べ過ぎによる肥満の予防にも役立ちます。 まとめ カップラーメンは体に悪いというのはただのイメージに過ぎません。 注意したい点は、過剰摂取によって塩分を多く摂り過ぎたいことと、栄養バランスに気をつけることです。 妊娠初期は、つわりの影響で栄養バランスが偏りやすいため、食事だけではどうしても不足してしまう栄養素が出てきてしまいます。 そういう場合は、栄養サプリを上手く活用してママと赤ちゃんの健康維持に役立ててください。

次の