クリスタル 殺人 事件 映画。 クリスタル殺人事件

ちょっと弱いな。|クリスタル殺人事件

クリスタル 殺人 事件 映画

エリザベス・テイラーはナタリー・ウッドの代役だったというがさもありなん。 まるで役にあっていないし、年齢の割に老けて見える。 ハドソンとの相性の良さは相変わらずだが。 トニー・カーティスもあんまり面影がない。 あとの2人はあまり変わっておらず、特にキム・ノヴァックは驚異の若さだ。 大スター4人のギャラが経費を圧迫しているのか、全体として地味な印象だが、映画愛に満ちた作りには好感が持てる。 ロック・ハドソンの受けの演技の巧さは相変わらずで、こういうハンサムな役者の引いた芝居に私は弱い。 ハドソンと映画愛に星半分おまけしました。 1人がこのレビューに共感したと評価しています。 シャイアン族長 1952年に初主演作が公開、1956年揃って演技開眼 「空中ぶらんこ」vs. 面白そうなので、機会があれば見たいものです。 ご紹介ありがとうございます。 ところで、この映画を見てから、クリスティー原作のミステリー映画いくつか見てみましたが、正直一部を除いて、あまり映画向きじゃないな、と思いました。 「そして誰もいなくなった」と「オリエント急行殺人事件」以外はかなり脚色しないと無理があると思いました。 ノワール系とかヒッチコックとかは面白そうなのもありますが、この映画は脚本的には日本の2時間ドラマに負けてると思います。 探偵役は澤村一樹、女優役は黒木瞳、映画監督役は古谷一行でした。 返信を投稿• まるで役にあっていないし、年齢の割に老けて見える。 ハドソンとの相性の良さは相変わらずだが。 あとの2人はあまり変わっておらず、特にキム・ノヴァックは驚異の若さだ。

次の

クリスタル殺人事件 : 作品情報

クリスタル 殺人 事件 映画

ミス・マープル()の住むロンドン郊外セント・メアリー・ミードでは今、村中が興奮の坩堝にある。 映画の撮影のために往年の大スター、マリーナ()が彼女の夫で映画監督のジェイソン()とともにやってくるのだ。 一足遅れて製作者マーティ()と共演女優でライバルのローラ()も到着し町中あげての歓迎パーティの最中、婦人会の一員ヘザー・バブコックが毒殺される。 犯人はいったい誰か?彼女には殺される理由などない。... アンジェラ・ランズベリーは、ミス・マープルよりもジェシカおばさんのイメージが強くって・・・。 の演じるヒロインの人間性に説得力あるし。 作品全体に芸術性やサスペンスとしてのハードさは薄い作品ではあるが。 のマープルは絶妙のニュアンスだが、他の役者陣がネームバリューの割には最早皆とうが立った印象は拭えない。 そうでなければ、この俳優陣でこれだけの駄作が作れるはずが無い。 スタイリストは誰? [].

次の

今ではちょっとあり得ない設定と配役|クリスタル殺人事件

クリスタル 殺人 事件 映画

監督は、主演は。 が1962年に発表した『』(原題: The Mirror Crack'd from Side to Side)を原作としている。 ストーリー [ ] 1953年、 ミス・ジェーン・マープルの住むイングランドの片田舎 は、いつもの静けさが嘘のように賑わっていた。 久しぶりに映画に復帰する往年の大女優 マリーナ・クレッグや、映画監督である夫の ジェイソン・ラッドら、ハリウッドの撮影隊が ゴシントン荘に長期滞在し、大作映画 「スコットランドの女王メアリー」の撮影が行われるのである。 村をあげての歓迎ムードの中、ゴシントン荘ではマリーナがホステスとなって村の人々を招待し、盛大な交歓パーティーが催されようとしていた。 ミス・マープルもパーティーに参加しようと出かけたはいいが、子供が離した犬のリードに足をすくわれ転倒、足首を痛めてしまい、やむなく帰宅するはめとなってしまった。 そんな中、今回の映画のプロデューサー、 マーティ・N・フェンが妻である女優 ローラ・ブルースターを伴って現れた。 マリーナとローラは犬猿の仲であり、二人の共演はトラブルを引き起こすと懸念されていた。 そしてパーティーの真っ最中、戦時中にマリーナの慰問公演を見て感動したという村の女性、 ヘザー・バブコックが突然倒れ、急死してしまう。 パーティーで手伝いをしていたミス・マープルの家政婦 チェリーによると、ローラらが現れた際、ヘザーはマリーナに一方的に退屈な思い出話をまくしたてており、その時なぜか急にマリーナは、階段に飾られた 聖母子像を見つめて「凍りついて」いたという。 この時、マープルは呪いにかかった「シャーロット姫」の詩を暗唱する。 検死の結果、ヘザーの死因はカクテルに混入された毒によるものと判明。 しかもその毒入りのカクテルは、ジェイソンが作り、もともとマリーナが飲むはずのものだったこともわかった。 映画の撮影が開始されたが、ローラとマリーナの不仲がやはり障害になって一向に捗らない。 マリーナはコーヒーに毒が入っていると騒ぐなど、心配されていた精神状態は次第に悪化していく。 ミス・マープルの甥であるロンドン警視庁の クラドック警部は、関係者たちに事情聴取を始めるが、マリーナは自分に脅迫状が届いていることを誰にも明かさずにいたと告げる。 そんな折、ジェイソンの助手の エラ・ジリンスキーが毒殺される。 エラはジェイソンへの愛からマリーナの存在を疎み、不可解な行動をとっていたのだった。 ミス・マープルとクラドックは、ヘザーがマリーナの身代わりで殺されたという最初の前提が間違っていたのでは、と気づく。 ヘザーは何をマリーナに話していたのか。 そしてマリーナに新たな危機が迫っていた。 登場人物 [ ] (ジェーン・マープル) 演 - 、日本語吹替 - 事件の犯人を推理する老嬢。 足を怪我したため出歩くのを控えている。 マリーナ・グレッグ 演 - 、日本語吹替 - アメリカ人の大女優。 ようやく生まれた子に知的疾患があり、それ以来映画から遠ざかっていたが、今回主演で復帰しようとしている。 ジェイソン・ラッド 演 - 、日本語吹替 - ハリウッドのハンサムな映画監督。 マリーナの夫。 ローラ・ブルースター 演 - 、日本語吹替 - アメリカ人のグラマーな女優。 マリーナとはジェイソンをめぐって傷害未遂事件を起こした過去がある。 マーティ・N・フィン 演 - 、日本語吹替 - ハリウッドの映画プロデューサー。 妻であるローラの出番を増やそうと画策している。 ダーモット・クラドック 演 - 、日本語吹替 - ミス・マープルの甥での主任警部。 叔母の助けを借りながら事件の捜査をしている。 エラ・ジリンスキー 演 - 、日本語吹替 - ジェイソン・ラッドの助手。 ジェイソンを愛している。 ミセス・ドリー・バントリー 演 - () ミス・マープルの友人。 マリーナの宿舎・ゴシントン荘の元の所有者。 ヘザー・バブコック 演 - 地元婦人会幹事。 マリーナの熱狂的なファン。 パーティーの最中、急死する。 チェリー・ベイカー 演 - () ミス・マープル宅の家政婦。 有名人に会いたくて歓迎パーティーの給仕係を買って出る。 ベイツ 演 - ゴシントン荘の執事。 マーゴ・ベンス 演 - 映画の宣伝の為に雇われた女性カメラマン。 パーティーの模様を撮影していた。 牧師 演 - セント・メアリ・ミードの牧師。 毎週金曜の夜に教会で映画上映会を催すが、映画そのものについては疎い。 ミステリー映画の中の探偵 演 - 教会で上映されたミステリー映画の登場人物。 最後の謎解きの場面で映写機が故障してしまった為、ミス・マープルが犯人を言い当てる。 この映画の原題「鏡は横にひび割れて」はの詩「シャーロット姫」の一説で、この詩はに現れる美姫がモチーフとなっている。 シャーロットの塔に閉じ込められている姫は騎士に一目ぼれし、塔から抜け出す際に鏡が割れて呪いがかかり、ついには小舟に横たわって死んでいくというモチーフを指している。 なお元となったも参照の事。 マリーナとヘザーの関係が、アメリカ人女優の実体験と酷似しているため彼女がモデルとする説が存在するが、実際は偶然の一致であり、クリスティはティアニーの事を知らなかった。 日本語吹替について、出演したによると「久し振りに往年のアテ師が一堂に会した作品」だったため記念写真を撮ったといい、「とても演り易かった」「あんなキャスティングは二度と無かったし、もう無いでしょう」と語っている。 また、共演したともこの収録を覚えており、羽佐間も「あれがこういうメンバーが一同に集まって録った最後の作品だったんじゃないかなあ」と述べている。 公開前に、テレビでの告知スポットの最後に「 結末は絶対に教えないで下さい。 」のお約束が表示されていた。 2点を得ている。 出典 [ ].

次の