ゾフ と ジーンズ どちらが いい。 gma.amritasingh.com:自腹で対決! JINS対Zoff PC対応メガネレンズの効果は? (2/3)

ブルーライトカットが標準装備へ(PCメガネ)|メガネのZoffオンラインストア

ゾフ と ジーンズ どちらが いい

眼鏡スタイリスト藤さんのアドバイスのもと、4人の方にいろいろなめがねをかけてもらいました。 「めがねをかけていない状態の写真と比べてみてください。 めがねをかけることで、モテそうな雰囲気になったり、知的で仕事ができそうに見えたり、色っぽく見えたり、肌がよりきれいに見えたり…。 藤さんにじっくり教えてもらいます。 「どちらのめがねも、真ん中の写真が正しい位置にかけたものです。 どんなフレームでも、めがねには正しい位置があります。 めがねが似合わないと言っている方は、もしかすると、正しい位置にかけられていないからかもしれません。 上下に幅があるめがねは、黒目が上下フレームのセンターよりも少し上の位置になるように、上下の幅が狭めのめがねは、黒目が上下フレームのセンターにくるように。 正しい位置より低く下がってしまっている場合は、めがねのフレームと目が重なってしまい、目力が弱まってしまいます。 ダサく見えたり、疲れて見えたりしてしまうことも。 上がっていると、正しい位置と比べて、間が抜けて見えるし、顔が大きく見えますよね。 めがねを買ったけれど似合わなかったということがあれば、購入店に再度フィッティングを調整してもらうことで解消することもあります」 藤さん 恥ずかしがらずに積極的に接客をうける 「めがねの知識も使い慣れてもいない人が、数百本以上ある中から、感覚だけで自分に合うベストなめがねを選ぶのは至難な業。 めがねのプロである店員さんとコミュニケーションを取ることで、自分が望んでいるめがねに早くたどりつくことができます。 自然と勉強にもなり知識も増えるので、接客を受けないのはもったいないです。 それでも接客を受けると買わないといけないような気がする・・・そんな不安がある場合には、『今日はまだ買わないんですけど、見るだけでもよいですか?』と先に店員さんに声をかけておくのがオススメ。 自分も店員さんも気負わずにいられるようになる、覚えておくと便利なフレーズです」(藤さん)• 在庫状況や取扱有無は各施設の店舗まで直接お問合わせください。 店頭では、税抜価格で表記している場合もございます。 詳しくは各施設の店舗まで直接お問合わせください。 予めご了承ください。 サイト公開日:2017年6月30日• 公開・発行元:三井ショッピングパーク ららぽーと/ラゾーナ川崎プラザ•

次の

めがねひとつでモテる? 仕事ができそう? 色っぽく? 眼鏡スタイリストが提言!人生を変える「めがねの正しい選び方」

ゾフ と ジーンズ どちらが いい

まずは基本的なそれぞれの強みを確認 メガネはフレームとレンズから成り立っていますよね。 ここは基本中の基本。 1番違いがわかる場所です。 だから目的別に選定する前に、 フレームとレンズ。 この2つを比較してZoffとJINSの基本的な違いを頭に入れておきましょう。 2009年に発表されたAirframeは軽量で曲げられる、曲げても元に戻る弾力を持ったメガネとして大人気となりましたが、個人的にはJINSの強みはもう一つ別にあると感じています。 気分に合わせてフロントのフレームをチェンジできる「JINS SWITCH」やメルヘンチックな色合いで華奢なフレームがガーリー感たっぷりで可愛い「Rim Metal」シリーズ などなど 掛けていると楽しい気分にさせてくれるようなものばかり。 デザインに強いのがJINSと言えます。 キッズ向けのモデルも充実しており、 軽量で壊れにくいという点からも子供のファーストメガネとしての人気も高いのが特徴です。 レンズ レンズで重視したいのは 薄さですよね。 レンズの薄さを数字で表したのが 屈折率。 この 屈折率の数値が大きければ大きいほど、薄いレンズということになります。 薄いレンズは 視野の歪みが少ない点も利点です。 度数の強い人の場合はどうしても厚みのあるレンズになりがちなので、 気に入ったフレームが華奢だったらレンズがフレームからはみ出してしまったり、歪みが強すぎて慣れるまで眼精疲労に悩まされることも…。 JINSとZoffが使っている標準レンズ フレームとセットになっている無料のレンズ の屈折率はどの位なのか、どんな特徴があるのか、比べてみましょう。 74 特徴: 薄型非球面レンズ 撥水コート 反射防止コート 紫外線99. 55 特徴: 傷つき防止ハードコート 反射防止マルチコート 紫外線94%カット UV380 JINSはデザインに強く、Zoffはフレームの技術に強い印象です。 ビジネスマンにウケが良さそうなのはZoffっぽい。 レンズの屈折率に関してはJINSの方が優位ですが、デザインを邪魔しないためにも薄いレンズは必要不可欠な要素だったからかもしれませんね。 買った後も重要!アフターサービスはどう? 視力って実はコンディションや環境によって微妙に変化することもあります。 睡眠不足が続いていたりすると視力も落ちますし、光の加減でも違いますよね。 だから1番良いのは体調が万全な時に、出来れば普段メガネをかけている場所で視力測定するのが理想。 でもそんな事は到底無理なので、 メガネが仕上がって数日かけてみたけどしっくり来ない…という人も意外に多いんです。 他にも鼻あての部分のネジが緩んできたり… メガネにもメンテナンスは必要。 そんな訳で、 購入した後のアフターサービスは実はかなり重要なポイントになってきます。 JINSとZoffのアフターサービスについてみていきます。 ・鼻パッドおよび丁番のネジが取れた状態の無償交換 保障期間: 特に記載なし ・掛りの調整 保証期間: 特に記載なし(オンラインで購入の場合も可能) ・イメージが違った場合の交換(オンライン購入のみ) 保証期間: 商品お届け日から起算して8日以内 少しでも長くメガネを使いたいという人、オンラインで買うことの多い人はアフターサービスにもぜひ、注目してください。 目的別にどっちを選べば賢いのかを考えてみた ここからはいよいよ 賢い買い方のコツです! メガネを作ろうと思うきっかけは様々だと思いますが、例えば「そろそろ度数を変えないとダメな時期だ」とか「フレームに飽きてきたから」とか「PCメガネの必要性を感じてきたから」とか…。 例えばフレームに飽きてきた人はJINSとZoffどちらに行くべきでしょう? また、PCメガネの必要性を感じてきた時にはどちらに行くべきでしょうか? 目的別に確認していきましょう。 会社ではPC、家庭ではタブレット…。 今や幼稚園児までiPadやタブレットやスマホを操るのですから、 子供も大人もブルーライト対策はしておきたいものですね。 ブルーライトは浴び続けると 眼精疲労ばかりでなく、 精神的にも疲労をもたらすのだとか。 しかも寝る前に浴びると睡眠の質が落ち、 睡眠障害に陥ることも…。 疲れて疲れて疲れて…の繰り返しになってしまいますね。 そんなわけでPCメガネに注目している方も多いでしょう。 成長期の子供にも睡眠障害を防止するためにも掛けさせたいところですよね。 …ということで ZoffとJINS、PCメガネはどちらで買うのがお得なのか検証して見ました。 わかりやすく 度なしパッケージ版の場合で見ていきます。 6 薄型非球面レンズ、撥水コート、紫外線カット率99. 9% 価格:5000円 税別 カット率25%ならレンズの色はなんとなくブルーが入っている?という程度の色づき加減、40%ならなんとなく茶色掛かってる?という程度です。 55 傷つき防止のハードコート、超撥水コート、紫外線カット率99. レンズの色は、なんとなく黄色がかっているなという程度です。 カット率とレンズの透明度に関してはZoffが上手です。 でも薄さでいうとJINSの方が優れていますね。 屈折率が高く薄いレンズは歪みが小さいので、例えばリーディンググラスなど、 歪みの強くなりがちなレンズなら、少しでも屈折率の高いJINSのレンズを使用した方が違和感を感じなくて済むかも。 度なしのパッケージ版ではなく 度入りの場合はその点も検討してみると良いでしょう。 例えばJINSが コラボ企画を頻繁に行っていることはよく知られていますよね。 ONE PIECE や黒バス、刀剣乱舞などマニア受けするようなコラボ製品はコレクションとしてコンプリート購入する人も…。 もちろん、 コレクション用ではなく掛けて使うことも考えられていますから、フレームもレンズも他のラインナップの物と変わりありません。 月刊ムー、山手線E235系などニッチなマニア向けな製品も扱っているのが大胆だなと感心させられます。 ちなみに Zoffではディズニーコラボ製品がお馴染みです。 キッズサイズもあります。 煩わしいと嫌がるお子様でも喜んで掛けてくれるかも! また、もう一つJINSで注目したいのは JINS SWITCH! 普段はメガネを使っているけれど、サングラスを掛けたい時に着け替えるのが面倒。 サングラスとメガネの切り替えがバネ式のものはダサくて嫌だ…。 そんな悩みを解消してくれる商品。 フレームのフロント部分を着せ替えられるというもの。 例えば車の運転をするときにはサングラスをかける人も多いでしょう。 でもこの JINS SWITCHならフロントフレームを取り出して装着するだけ。 メガネをつけていない人と手間が同じになるんです! 昔からメガネとサングラスの一体型のものはありましたが、レンズをバネで上げ下げするタイプ。 サングラスを使用していない時には傘のようにレンズが飛び出していました。 かなり ダサい…。 でも、 出来れば見るからに老眼鏡!というデザインは避けたい所でしょう。 最近はスマホする人がほとんどなので PCレンズを入れたリーディンググラスも人気です。 ではJINSとZoffのリーディンググラスのラインナップを確認していきましょう! もちろん、どちらのブランドも好きなフレームを選んでそれをリーディンググラスにする事も可能ですが、今回はわかりやすくするためにも、 それぞれ1番安価な標準モデル レンズ交換不可のモデル で比較してみますね。 でも出来るだけ価格を抑えたいけど、100均のレンズはすぐにキズだらけになってつかえなくなりそうで嫌、という方はZoffが良さそう。 ちなみにPCとスマホが欠かせない私はJINS派です。 目の疲れ度合いがPCレンズありとなしでは全然違います! 長時間使用する人ほど実感すると思いますよ。 もしPCやスマホのハードユーザーならJINSをお勧めします。

次の

同じ日にJINSとZoffの2店でメガネを作ったので比較してみた

ゾフ と ジーンズ どちらが いい

まずは基本的なそれぞれの強みを確認 メガネはフレームとレンズから成り立っていますよね。 ここは基本中の基本。 1番違いがわかる場所です。 だから目的別に選定する前に、 フレームとレンズ。 この2つを比較してZoffとJINSの基本的な違いを頭に入れておきましょう。 2009年に発表されたAirframeは軽量で曲げられる、曲げても元に戻る弾力を持ったメガネとして大人気となりましたが、個人的にはJINSの強みはもう一つ別にあると感じています。 気分に合わせてフロントのフレームをチェンジできる「JINS SWITCH」やメルヘンチックな色合いで華奢なフレームがガーリー感たっぷりで可愛い「Rim Metal」シリーズ などなど 掛けていると楽しい気分にさせてくれるようなものばかり。 デザインに強いのがJINSと言えます。 キッズ向けのモデルも充実しており、 軽量で壊れにくいという点からも子供のファーストメガネとしての人気も高いのが特徴です。 レンズ レンズで重視したいのは 薄さですよね。 レンズの薄さを数字で表したのが 屈折率。 この 屈折率の数値が大きければ大きいほど、薄いレンズということになります。 薄いレンズは 視野の歪みが少ない点も利点です。 度数の強い人の場合はどうしても厚みのあるレンズになりがちなので、 気に入ったフレームが華奢だったらレンズがフレームからはみ出してしまったり、歪みが強すぎて慣れるまで眼精疲労に悩まされることも…。 JINSとZoffが使っている標準レンズ フレームとセットになっている無料のレンズ の屈折率はどの位なのか、どんな特徴があるのか、比べてみましょう。 74 特徴: 薄型非球面レンズ 撥水コート 反射防止コート 紫外線99. 55 特徴: 傷つき防止ハードコート 反射防止マルチコート 紫外線94%カット UV380 JINSはデザインに強く、Zoffはフレームの技術に強い印象です。 ビジネスマンにウケが良さそうなのはZoffっぽい。 レンズの屈折率に関してはJINSの方が優位ですが、デザインを邪魔しないためにも薄いレンズは必要不可欠な要素だったからかもしれませんね。 買った後も重要!アフターサービスはどう? 視力って実はコンディションや環境によって微妙に変化することもあります。 睡眠不足が続いていたりすると視力も落ちますし、光の加減でも違いますよね。 だから1番良いのは体調が万全な時に、出来れば普段メガネをかけている場所で視力測定するのが理想。 でもそんな事は到底無理なので、 メガネが仕上がって数日かけてみたけどしっくり来ない…という人も意外に多いんです。 他にも鼻あての部分のネジが緩んできたり… メガネにもメンテナンスは必要。 そんな訳で、 購入した後のアフターサービスは実はかなり重要なポイントになってきます。 JINSとZoffのアフターサービスについてみていきます。 ・鼻パッドおよび丁番のネジが取れた状態の無償交換 保障期間: 特に記載なし ・掛りの調整 保証期間: 特に記載なし(オンラインで購入の場合も可能) ・イメージが違った場合の交換(オンライン購入のみ) 保証期間: 商品お届け日から起算して8日以内 少しでも長くメガネを使いたいという人、オンラインで買うことの多い人はアフターサービスにもぜひ、注目してください。 目的別にどっちを選べば賢いのかを考えてみた ここからはいよいよ 賢い買い方のコツです! メガネを作ろうと思うきっかけは様々だと思いますが、例えば「そろそろ度数を変えないとダメな時期だ」とか「フレームに飽きてきたから」とか「PCメガネの必要性を感じてきたから」とか…。 例えばフレームに飽きてきた人はJINSとZoffどちらに行くべきでしょう? また、PCメガネの必要性を感じてきた時にはどちらに行くべきでしょうか? 目的別に確認していきましょう。 会社ではPC、家庭ではタブレット…。 今や幼稚園児までiPadやタブレットやスマホを操るのですから、 子供も大人もブルーライト対策はしておきたいものですね。 ブルーライトは浴び続けると 眼精疲労ばかりでなく、 精神的にも疲労をもたらすのだとか。 しかも寝る前に浴びると睡眠の質が落ち、 睡眠障害に陥ることも…。 疲れて疲れて疲れて…の繰り返しになってしまいますね。 そんなわけでPCメガネに注目している方も多いでしょう。 成長期の子供にも睡眠障害を防止するためにも掛けさせたいところですよね。 …ということで ZoffとJINS、PCメガネはどちらで買うのがお得なのか検証して見ました。 わかりやすく 度なしパッケージ版の場合で見ていきます。 6 薄型非球面レンズ、撥水コート、紫外線カット率99. 9% 価格:5000円 税別 カット率25%ならレンズの色はなんとなくブルーが入っている?という程度の色づき加減、40%ならなんとなく茶色掛かってる?という程度です。 55 傷つき防止のハードコート、超撥水コート、紫外線カット率99. レンズの色は、なんとなく黄色がかっているなという程度です。 カット率とレンズの透明度に関してはZoffが上手です。 でも薄さでいうとJINSの方が優れていますね。 屈折率が高く薄いレンズは歪みが小さいので、例えばリーディンググラスなど、 歪みの強くなりがちなレンズなら、少しでも屈折率の高いJINSのレンズを使用した方が違和感を感じなくて済むかも。 度なしのパッケージ版ではなく 度入りの場合はその点も検討してみると良いでしょう。 例えばJINSが コラボ企画を頻繁に行っていることはよく知られていますよね。 ONE PIECE や黒バス、刀剣乱舞などマニア受けするようなコラボ製品はコレクションとしてコンプリート購入する人も…。 もちろん、 コレクション用ではなく掛けて使うことも考えられていますから、フレームもレンズも他のラインナップの物と変わりありません。 月刊ムー、山手線E235系などニッチなマニア向けな製品も扱っているのが大胆だなと感心させられます。 ちなみに Zoffではディズニーコラボ製品がお馴染みです。 キッズサイズもあります。 煩わしいと嫌がるお子様でも喜んで掛けてくれるかも! また、もう一つJINSで注目したいのは JINS SWITCH! 普段はメガネを使っているけれど、サングラスを掛けたい時に着け替えるのが面倒。 サングラスとメガネの切り替えがバネ式のものはダサくて嫌だ…。 そんな悩みを解消してくれる商品。 フレームのフロント部分を着せ替えられるというもの。 例えば車の運転をするときにはサングラスをかける人も多いでしょう。 でもこの JINS SWITCHならフロントフレームを取り出して装着するだけ。 メガネをつけていない人と手間が同じになるんです! 昔からメガネとサングラスの一体型のものはありましたが、レンズをバネで上げ下げするタイプ。 サングラスを使用していない時には傘のようにレンズが飛び出していました。 かなり ダサい…。 でも、 出来れば見るからに老眼鏡!というデザインは避けたい所でしょう。 最近はスマホする人がほとんどなので PCレンズを入れたリーディンググラスも人気です。 ではJINSとZoffのリーディンググラスのラインナップを確認していきましょう! もちろん、どちらのブランドも好きなフレームを選んでそれをリーディンググラスにする事も可能ですが、今回はわかりやすくするためにも、 それぞれ1番安価な標準モデル レンズ交換不可のモデル で比較してみますね。 でも出来るだけ価格を抑えたいけど、100均のレンズはすぐにキズだらけになってつかえなくなりそうで嫌、という方はZoffが良さそう。 ちなみにPCとスマホが欠かせない私はJINS派です。 目の疲れ度合いがPCレンズありとなしでは全然違います! 長時間使用する人ほど実感すると思いますよ。 もしPCやスマホのハードユーザーならJINSをお勧めします。

次の