プライムミュージック データ通信量。 オフライン再生可能!Amazon Music のデータ通信量を節約する方法

Amazon Music利用時にデータ通信利用量を可能な限り抑える設定まとめ

プライムミュージック データ通信量

Amazon Prime Music(100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題)は、 Amazonプライム会員(月額400円 or 年額3,900円)向けに提供されているAmazon Prime Videoと並ぶサービスの1つです。 プライム会員になるだけで、追加料金なしで利用できる聴き放題の音楽配信サービスなのがすごいところですよね! とことん満足するまで聴きたい!でも・・・通信料金が心配・・・。 BIGLOBE SIMからAmazon Musicの高速データ通信にカウントされない、エンタメフリーオプションが提供されています。 当ページで、Amazon Prime Musicの高音質で通信料が無料になる格安SIM会社がわかります。 Contents• Amazon Prime Musicを聴き放題するとどれくらいの通信量を使うの? 通勤や通学、バックグラウンドミュージックとして流し続けたりするとどれくらい通信量を使うのか調べてみました。 Amazon Prime Musicのストリーミングのビットレートは、最大でAACの256kbps、最低で48kbpsです。 標準設定は、ネットワーク環境に応じて最適ビットレートに自動調整されます。 1曲に必要な通信量は、9. 6メガバイト 1曲5分として計算しています。 ビットレート・品質 通信量 256Kbps・高 9. 6MB 128Kbps・中 4. 8MB bpsは、1秒間にどれくらいのビットを転送できるのかの単位です。 データ通信量はビットではなく、バイトで表現されます。 8ビット=1バイトです。 Kはキロ、通信用語では、1000ではなく1024で表現されます。 通勤・通学では、1日約153. 6メガバイト、1ヶ月約3ギガバイト 通勤、通学の往復時間の平均は、1時間19分です。 平日の勤め人の往復の通勤時間(行為者平均時間)は1時間19分• 平日の学生の往復の通学時間(行為者平均時間)は1時間19分 通勤通学の往復1時間20分 80分 として、 1ヶ月 20日間 毎日スマホで聴いていた場合を計算しました。 1ヶ月で3ギガバイトの通信量を消費します。 バックグラウンドミュージック目的は、1日約576メガバイト、1ヶ月約17. 28ギガバイト 1日5時間程度、家事や仕事のバックグラウンドミュージックとして垂れ流しでは、 1日576メガバイト消費します。 30日間毎日続けると、17. 28ギガバイト消費します。 Amazon Musicの通信料が無料になる格安SIM一覧 ここでは、Amazon Music試聴ができる500kpbs以上のデータ通信無制限プラン、オプション契約でAmaon Musicの通信データ量がカウントされない、この2つのことを「通信料が無料になる」として扱っています。 毎月のお支払いが0円という意味ではありません。 直近3日間のデータ通信量の累計を超えると通信速度を規制する格安SIMは、存在します。 撤廃している格安SIMでも、低速データ通信時に規制があったりします。 通勤通学のAmazonMusicのデータ通信料が無料になる格安SIM一覧 通勤通学でのご試聴の場合、往復1時間20分で1日153. 6メガバイトとご紹介しました。 【条件】• AmazonMusicを聴いても、月々の高速データ通信量を消費しない• 高音質を楽しめる256kbps以上の通信速度• 毎日200メガバイト使っても規制されない この条件を満たす格安SIMは、3つあります!• 条件から少し外れてしまった格安SIMもご紹介しておきます。 :高速データ通信量を消費しますが、毎日1GBまで700kbpsの速度でご利用できます。 バックグラウンドミュージック目的でAmazonMusicのデータ通信料が無料になる格安SIM一覧 1日5時間、AmazonMusicを垂れ流して聴いた場合、約576メガバイト消費するとご紹介しました。 【条件】• AmazonMusicを聴いても、月々の高速データ通信量を消費しない• 高音質を楽しめる256kbps以上の通信速度• 毎日600メガバイト使っても規制されない この条件を満たす格安SIMは、2つあります!• Amazon Musicの通信料が無料になる格安SIMのまとめ 今回ご紹介している格安SIM以外にも、楽天モバイル、LINEモバイル、FREETEL、・・・等調査しています。 用途から月額2000円未満で使える格安SIMに厳選しています。 この関係で、高速データ通信の無制限プランの多くが対象外になっています。 低速データ通信時は、200kbpsの速度の格安SIMが多く、 256kbpsを安定して受信できる格安SIMという条件でかなり絞られてしまいました。 また、多くの格安SIMで高速データ通信時の3日間規制は撤廃されています。 ただ低速データ通信時は、366MB程度のご利用で規制される格安SIMもあるので注意が必要です。 以下、厳しい条件を乗り越えた格安SIMです。 BIGLOBE SIM with エンタメフリーオプション BIGLOBE SIMは、3ギガのプランからエンタメフリーオプションの申し込みができます。 エンタメフリーオプションを申し込むことで、以下サービスをデータ通信量を気にしないで使えます。 Amazon Music• radiko. AWA• Spotify• AbemaTV• Apple Music• Google Play Music• Youtube これらサービスご利用時の通常データ通信量を消費します。 「データ通信量をカウントしている」ため、毎月の3ギガバイトの高速データ通信量が消費されます。 エンタメフリーオプションを申し込むことで、「データ通信量をカウントしない」ようにしてくれます。 上記サービスを利用する限り、毎月の3ギガバイトの高速データ通信量は消費しません。 UQ mobile データ無制限プラン UQ mobile データ無制限プランは、最大500kbpsの通信速度の格安SIMプランです。 チャージすることで高速データ通信を楽しむこともできます。 直近3日間で6GB以上のデータ通信を行うと通信速度が規制されます。 Amazon Musicを聴く目的だけでは、規制対象になることはありません。 5GB単位540円でチャージ可能 高速時最大通信速度 262. 5Mbps 最大通信速度 500kbps 速度制限 当月15GBを超えると翌月まで200kbps Wonderlink F-使い放題700プラン Panasonicの通信サービスWonderlinkは、ドコモ回線の格安SIMです。 ご紹介している以外にもプランはあります。 全てデータ通信専用で、音声通話はできません。 高速データ通信量が1GBと少ない、F-使い放題700プランですが、 高速データ通信量を使い終わった後、常時700kbpsの通信速度ができるのがポイントです。 直近1日 24時間)の通信量が1GBを超えると速度低下の規制がありますが、 裏を返すと、 毎日700kbpsの速度で1GBまで使えるプランと言えます。

次の

Amazon Music利用時にデータ通信利用量を可能な限り抑える設定まとめ

プライムミュージック データ通信量

ちなみに直近でリリースされたAmazonミュージックの無料版「Amazon Music Free」では音質設定を行うことはできません。 常に一定の水準の音質で聴きたい人: 標準を選択。 ネットの速度に合わせた最高音質で聴きたい人: 自動を選択。 するようにしましょう。 また、月々の通信量制限(7GBや50GBなど)が存在し、他のアプリなどを使用しているため、 毎月通信制限ギリギリの方は「モバイルデータ」の欄を データ通信節約に設定しましょう。 こうすることにより、WiFiに接続されていない状態でのストリーミング再生時、音質の低下と引き換えに、通信量を最大まで引き下げることが出来ます。 逆に 「高音質で聴きたいのに聴けない」という方は、自分の意志に反して データ通信節約に設定されてしまっているかもしれませんので、 自動もしくは 標準に設定するようにしましょう。 ちなみに 画面上部に記載されている WiFi接続時のみストリームするがもし、オンになってしまっていると、屋外などWiFiにつないでいない時、ストリーミング再生を行うことができませんので、外でAmazonミュージックを利用される方は、必ずここを オフにしておくようにしましょう。 ダウンロード再生の音質設定を変更する方法 ダウンロードした楽曲の音質もダウンロード前に予め設定することで音質の改善を行うことが出来ます。 また、現在使用している端末のストレージ容量が残り少ない時は、ダウンロード再生時の音質を下げることで音楽ファイルの容量を下げることができ、ストレージに余裕を残すことが出来ます。 出来るだけ高音質で聴きたい人: 標準を選択。 ストレージ容量が少なく音質を犠牲にしても良い人: 容量節約を選択。 すると良いでしょう。 ちなみに こちらの画面上部に Wi-Fi接続時のみダウンロードするのスイッチがありますが、こちらがオンになっていると、屋外でのWi-Fiにつながっていない、モバイルデータ通信時にダウンロードができなくなりますので、注意が必要です。 『ラウドネス・ノーマライゼーション』とは こちらの項目も実際的には「音質」の話ではないのですが、「聴き心地」を左右する点としてご紹介します。 この項目の意味するところとしては、 「音圧を一定に保つかどうか」を左右するスイッチになります。 Amazonミュージックで配信される音源は各音楽レーベル等から提供された音楽ファイルになりますが、楽曲ごとでその音量・音圧は異なります。 ある曲のあるパートは大きく、あるパートは小さく、ということは往々にして存在しますが、これを再生アプリである Amazonミュージックアプリ側で出来るだけ一定に保つ、という機能。 こうすることにより、様々なアーティストの楽曲を一つにまとめた プレイリストでも同じような聴き心地で再生を続けることができます。 もちろん、「曲ごとに勢いが違ったほうがいい!」という方もいらっしゃるかもしれませんので、そういった方はオフにしておくとよいでしょう。 Amazonミュージックの音質は悪い?その原因となっている可能性 ネット上の意見として、「Amazonミュージックの音質が悪い・それほど良くない」という意見が散見されます。 上記の設定の中で、モバイルデータの項目が データ通信節約や 容量節約に設定されていた場合、過去の通信量データ検証()から、約80kbpsほどの音質に下がっていた可能性があります。 もし、引き続き「音質が悪い・改善しない」という方は、• ストリーミングの場合、 自動もしくは 標準に設定。 ダウンロードの場合、 標準に設定。 を試してみてください。 「自動」や「標準」の推定されるデータ通信量・ビットレートについて 現段階では、音質設定は「自動」「標準」「データ通信節約」の3種類ですが、かつてAmazonミュージックでは、音質が「高」「中」「低」と選べる仕様となっていました。 以前その「高」「中」「低」の3段階だった当時にそれぞれ一定期間に発生するデータ通信量を計測していましたので、その結果から現在の各設定でどれほどの通信量が発生するかを検証してまいりたいと思います。 その直後、再度設定アプリのモバイルデータ通信から発生した通信量を調べる、というものです。 検証結果 それぞれの音質で2曲ずつ聴取して行った結果は以下の通りになりました! 音質 通信量(MB) 楽曲の秒数 想定kbps 1時間聴取時の通信量(MB) 高 10. 3 260 324. 53 142. 62 10. 7 267 328. 29 144. 27 中 5. 9 243 198. 90 87. 41 6 263 186. 89 82. 13 低 2. 6 303 70. 29 30. 89 3. 1 288 88. 18 38. 75 この結果から、当時の音質設定が• 高:約320kbps• 中:約192kbps• 低:約80kbps であると推定されます。 これらを現在の音質設定に推測も含めて当てはめると、• 自動:高~低の可変ビットレート• 標準:中~高(192~320kbps) ということが言えるかと思います。 この点から、ストリーミング再生を「標準」設定とし、毎日2時間モバイルデータ通信で聞くとなると、推定値として 6GBほどの通信量になる計算となります。 そもそも『音質』って何で決まる? そもそも音質はどのような要素で決まっていくのか、ですが一番その影響力が大きいのは• イヤホン(使用している場合)• ビットレート です。 今の時代、割と安価なイヤホンを使ってもある程度音質が良いので、やはり音質を左右するのは 「ビットレート」ということになります。 ではビットレートとは一体何なのか? ビットレートとは専ら 「kpbs」で表記され、1秒間あたりのデータ量がどれくらいなのかを指し示す単位になります。 例えば256kpbsの場合、1秒間に256キロビット通信が発生しているということで、 1秒間に費やすビット数が多ければ多いほどデータ量が上がりますが音質も向上します。 非常に細かい話ですが データの大きさを示す「バイト」とこの項目で言及している「ビット」全く違う単位です。 ただし、1バイトは8ビットですので、意味は違えども掛け算で簡単に置き換えることができます。 Amazon ミュージックアンリミテッドの音質は? Amazon ミュージックアンリミテッド の音質は、 256kpbsとされております。 Apple Music その上の320kbpsの音楽サービスが、• Google Play Music• Spotify• LINE MUSIC• AWA となっています。 とはいえ、256kbpsと320kbps では、よほど傾聴して音楽を聴くか、音楽の仕事についている方であればわかりますが、 音楽を楽しむ程度で聴く範囲であればそこまで大きな違いはなく、256kbpsの音楽を聴いて「音質が悪い!」と思われる方はあまりいないと思います。 まとめ• 音質は単純に「ビットレート」と呼ばれる数値の高さによって決まる。 Amazon ミュージックアンリミテッドのビットレートは256kbps(とされていた?)• 音質の変更は設定ストリーミングの音質から選択できる。 実際にビットレートを計測したところ音質「高」は320kbpsである可能性が出てきた。 いかがでしたでしょうか。 今回は Amazon ミュージックの音質の変更方法、および実際的なビットレートに関して調査してみました。 Apple Musicなどに関しては自分の手で音質の設定変更ビットレートの変更などができませんので、毎月の通信料が気になるユーザーの方はこれらの機能はありがたいですね。 皆さんも再生中に音質が気になる方はこちらの記事を参考に色々と設定を弄ってみてください!.

次の

amazon music unlimitedの通信量は1曲で10MB程度。

プライムミュージック データ通信量

Amazonプライムミュージックとは、アマゾンプライム会員のたくさんのサービスの中の1つでして、100万曲以上の楽曲の中から、様々なジャンルやプレイリストに合わせて聴き放題というサービスなんですね。 で、その中のさらに1つの機能が、今日紹介する プライムラジオなんです。 ちなみにプライムラジオという名前ですが、DJみたいなしゃべる人はおらず、CMもありません。 日本のラジオのイメージとはちょっと違うと思いますが、要は延々と24時間そのジャンルやプレイリストの曲が、ランダムに流れてくるという機能なんです。 家や仕事場でBGMをどうしようかな?と考えている人には、うってつけのサービスだと思いますよ! amazonプライムラジオの使い方 Amazonプライムラジオの使い方ですが、まだアマゾンプライム会員になってない方は、是非これを機にしてみてください。 今日お話するプライムラジオ以外にも、Amazonでのたいせ用商品のショッピング送料が無料になったり、映画や本が読み放題というサービスなんかもある、とても利便性が良いサービスです。 ダウンロードしたら、Amazonのアカウント(プライム会員登録済み)でログインします。 インターフェイスはこんな感じでして、上のブラウズの文字下のラジオを選択。 クラウド上で同期されるので、たとえばPCなどでマイミュージックに追加したお気に入りの曲も、スマホに同期されます。 PCのブラウザ 仕事でPCをよく開くという方におすすめは、ブラウザでのタブを開いておいて、お気に入りのジャンルやプレイリストの楽曲を、ストリーミングで流してBGMとして聴くことです。 気になる曲があれば、すぐにブラウザのタブをクリックすれば、誰の何という曲なのか、そしてそれをマイミュージックに追加するかを、効率よく選択できます。 家のテレビでプライムラジオを聴く 家のリビングなどに大きなテレビがあれば、プライムラジオを聴くことができます。 わたしはフリーランスなので家で作業することが多く、また家のテレビには5. 1chのサラウンドをつけているため、最高のBGM環境となります。 大掃除のときなんかもいいですね。 お家のテレビでAmazonミュージックを利用するために、 Amazon Fire TV Stickが必要となります。 出張時でも旅先でも、これさえあれば映画や音楽を楽しめるという神サービスでして(リモコンを忘れないように!)、プライム会員であればマストアイテムと言ってもいいでしょう。 プライムラジオを使ってみて気に入った点 ではここから、実際にプライムラジオを使ってみて、iTunesから乗り換えたポイントについて、お話しますね。 未知の曲やお気に入りの曲 懐かしい曲が見つかる ラジオの最大の特徴というかメリットって、「知らない曲と出会うこと」だと思うんです。 それが仕事となっているのが「DJ」だと思うんですけど、つまりプライムラジオは「DJが自分好みの曲を流してくれる」サービス。 iTUnesで曲を聴いていた時は、どうしても購入したお気に入りの曲のプレイリストを聴いていたので、要するに 飽きてくるんですよね。 プライムラジオだと、飽きてくるどころか、未知のいい曲や懐かしい曲に出会うことができ、気に入ったものはすぐにマイミュージックに追加できるというのが、素晴らしい点だと思います。 ダウンロードしてオフラインで聴くことができる これはアプリのみ(PCのブラウザは不可)ですが、マイミュージックなどに追加している楽曲を、クリックするだけで 無料でダウンロードできます。 これはどういうことかと言うと、 オフライン時でも聴き放題ということです。 よく海外にでかけるわたしとしては、特に飛行機の機内で重宝します。 wifi環境下にあるときに、マイミュージックにストックしてある曲をダウンロードしておけば、端末がネットに繋がっていなくても、ダウンロードしたものを聴くことができます。 これはAmazonお得意のテクノロジー、パーソナライズ機能なんですが、これをプライムラジオにも適応させています。 どういうことかと言うと、聴いている最中にお気に入りの曲が流れたら、親指を立ててるボタン(サムアップ)をクリックすると、自分の好みを学習してくれるというもの。 逆に、「この曲まじいらんなー」という場合は、親指を下に向けているボタン(サムダウン)をクリックすれば、次回よりその曲を流さなくなります。 もし間違えてサムダウンを押してしまった場合、前の曲に戻って再びサムダウンを押せば解除されます。 ジャンルが豊富にあるので 音楽の勉強になる 学習するのはAmazonだけではありません。 こちらもAmazonが用意する豊富なジャンルのプレイリストのお陰で、いろいろ音楽の勉強になります。 「ほー、EDMとはこういうもんかー」 とか、 「ジャズってこういう良さがあるんだねー」 とかです。 ジャンルは豊富にあって、食わず嫌いのジャンルもまずはラジオとして軽く流していくと、なんだか好きになっていきますよ。 プライムラジオのデメリット とまあ、気に入って使っているプライムラジオですが、頑張ってデメリットも書いてみたいと思います。 PC版でもプライムミュージックで購入したものに関しては、ダウンロードが可能となります。 楽曲数が限られているため 曲がかぶることが多い 無料で使っておいて、文句言ってんじゃねぇー!とAmazonから怒られそうですが、どうしても狭いジャンルだと曲がかぶることが多いです。 また、ライセンス契約の問題かもしれませんが、特定のアーティストは流れないようなところもあります。 100万曲以上とはいっても、やはり他の有料音楽聴き放題サービスの楽曲数と比較してみると、少ないことは否めません。 Apple Music:4000万曲 Google Play Music:3,500万曲 それであればおすすめは、という、Amazonの定額聴き放題サービスです。 これに登録すれば、曲数は一気に40倍以上の4000万曲となり、プライムラジオで流れる曲の幅も40倍となります。 また、アップルミュージックと較べても月額が安くなるので、音楽好きな人であれば手放せないサービスではないでしょうか? まとめ 以上、プライムラジオのお気に入りの点をつらつらと述べました。 まあ、なんといっても無料(プライム会員の年会費3900円のみ)で楽しめるということが、何よりも素晴らしいんですけどね。 プライム会員の方は、是非プライムラジオ聴いてみてください! についてまとめました• カテゴリ• 119• アーカイブ• Twitter不定期につぶやいてますっ!.

次の