プルーム 充電時間。 Ploom TECH(プルームテック)の満タン充電時間は?1日どのくらい使える?

【説明書】プルームテックの使い方を画像付き解説!正しい吸い方と仕組みを解説

プルーム 充電時間

「プルーム・エス」と「グロー」を比較! 「加熱温度」「連続使用可能本数」「フレーバー数」がかなり違う 周辺加熱式という点については共通している「プルーム・エス」と「グロー」だが、「加熱温度」「連続使用可能本数」、専用スティックの「フレーバー数」など、タバコデバイスとして運用するうえでポイントとなる内容は大きく異なる。 これは大きな違いだ。 これは、ニオイの問題に配慮した結果だろう。 つまり、「プルーム・エス」はニオイの軽減を重視した設計の機種であり、「グロー」は喫味の強さを優先した設計の機種だと言える。 「グロー」の連続使用可能本数は、「プルーム・エス」の3倍 「プルーム・エス」のフル充電での連続使用可能本数は10本だ。 いっぽう、「グロー」はフル充電から30本連続使用できるので、その差は3倍。 そのため、出先での使用が多い人やちょこちょこ充電するのがわずらわしいという人なら、「グロー」が向いているだろう。 逆にデスクワーク主体で、充電環境が身近にあるというのなら、「プルーム・エス」でも問題ない。 喫煙量が1日10本程度という人も同様だ。 「プルーム・エス」の場合、出先で充電できるようにモバイルバッテリーと一緒に持ち歩くという手もあるが、携帯性は悪くなる。 「プルーム・エス」と「グロー」は大きさも重さも同程度。 どちらも手のひらサイズで持ちやすく、単体での携帯性には大きな差はない 3. フレーバー数は先駆の「グロー」が圧勝 「プルーム・エス」は2019年1月に発売されたばかりということもあり、2019年2月現在、フレーバーは「メビウス」ブランドで3種類(レギュラー1種類、メンソール2種類)しかない。 ただ、フレーバー数が少ないことは欠点ではあるものの、これに関しては今後十分拡充の可能性はある。 その点では、「グロー」は先行している分、専用スティックの銘柄は「ケント」と「ネオ」の2種類があり、味の選択肢は多い。 初期から存在した「ケント」ブランドは10種類(レギュラー2種類、メンソール8種類)、後発銘柄の「ネオ」でさえ8種類(レギュラー2種類、メンソール6種類)もある。 合計18種類の中から好きな味わいを選べるのは大きなアドバンテージだ。 「プルーム・エス」の専用スティックは「タバコスティック」という名称だ。 加熱式タバコ特有のニオイが苦手でやむを得ずメンソール系を選んでいるという人は、加熱式特有のニオイが少ない「プルーム・エス」で今一度レギュラーのおいしさを体験してほしい 「グロー」専用スティックである「ネオスティック」。 「ケント」は色で見分けるのも大変なほど種類が多い。 コンビニや小規模タバコ店などで全種類取り扱っているところは少ないようだ 「プルーム・エス」と「グロー」を吸い比べてみた 両機種の違いを確認したうえで、改めて「プルーム・エス」「グロー」の吸い心地を比較してみよう。 まずは「プルーム・エス」。 蒸気量は多くなく、高温加熱式タバコの中で1番ニオイが少ない。 締め切った室内でも、2、3本程度なら周囲の人間も気にならないレベルだろう。 ただ、加熱完了してすぐは味が弱く感じるなど、タバコデバイスとしては少々クセがあり、おいしく吸うためにはコツを覚える必要がある。 前半はゆるめにゆっくりと吸い、30秒後くらいから徐々に強めにすばやく吸うという作法がこの「プルーム・エス」には適している。 吸引時間を長くすると途端にスティック内の空気が冷えてしまい、味が出なくなる。 さらに短いインターバルもよくない。 最低でも10〜15秒間は間隔をあけて吸うことで、タバコ葉に熱が十分行きわたり、芳醇な「メビウス」の香りとともにしっかりとした喫味を楽しむことができる。 このタバコ葉本来の繊細な味や着香具合を感じる吸い心地は、慣れるとクセになるはずだ。 ラウンドした形状が持ちやすい「プルーム・エス」は、やわらかい味わいを出すのが得意だ いっぽう、「グロー」も蒸気はそんなに多くないものの、喫味の強さが違う。 なかでも「ネオ」のレギュラー系での深みは、紙巻きタバコに近い満足感を感じることができる。 ただその分ニオイは強いので、締め切った室内での喫煙には適さない。 なお、メンソールの場合は特有の刺激で、「プルーム・エス」との差はあまり感じられなくなってしまう。 そのため、「グロー」のタバコデバイスとしての実力を味わうには、「ネオ」のレギュラー系を吸うのが最適だと改めて感じた。 ロースト感と重みを感じるその味わいは、このネオスティックの細さを考えると驚異的な吸い心地だ。 タバコ感をしっかり感じさせてくれる「グロー」 ニオイを抑えたいなら「プルーム・エス」、タバコらしさを求めるなら「グロー」 「プルーム・エス」と「グロー」を比較した場合、ニオイが圧倒的に少ないのは「プルーム・エス」なので、ニオイに配慮が必要な環境で使用することが多いなら、「プルーム・エス」が向いている。 「グロー」に比べると喫味の弱さは否めないとはいえ、ニオイを強力に軽減しているのにこれだけの喫味の強さを実現していることに、むしろ喫煙者は感謝すべきレベルだと感じる。 ただし、紙巻きタバコユーザーがいきなりスイッチする場合、味を出すのにコツがいる「プルーム・エス」は向いていないだろう。 「メビウス」風味が大好きな人ならともかく、コツを覚える前に断念してしまう可能性が高い。 そのため「プルーム・エス」は、普段から加熱式タバコを吸い慣れている人にこそ向いている機種だと言える。 いっぽう「グロー」は、「ネオ」ブランドを使用することで強い喫味を味わえるのが、最大のアドバンテージになる。 味を出すのにもさほどコツは必要なく、加熱式タバコにタバコらしさを求める人なら、迷わず「グロー」を選ぶべきだ。 また、気分によってフレーバーを変えたいという人にとっても、「グロー」のネオスティックのバリエーションの豊富さは大きな魅力となるだろう。 <関連記事>.

次の

「プルーム・エス」と「グロー」を比較! それぞれどんな人に向いている?

プルーム 充電時間

「プルーム・エス」と「グロー」を比較! 「加熱温度」「連続使用可能本数」「フレーバー数」がかなり違う 周辺加熱式という点については共通している「プルーム・エス」と「グロー」だが、「加熱温度」「連続使用可能本数」、専用スティックの「フレーバー数」など、タバコデバイスとして運用するうえでポイントとなる内容は大きく異なる。 これは大きな違いだ。 これは、ニオイの問題に配慮した結果だろう。 つまり、「プルーム・エス」はニオイの軽減を重視した設計の機種であり、「グロー」は喫味の強さを優先した設計の機種だと言える。 「グロー」の連続使用可能本数は、「プルーム・エス」の3倍 「プルーム・エス」のフル充電での連続使用可能本数は10本だ。 いっぽう、「グロー」はフル充電から30本連続使用できるので、その差は3倍。 そのため、出先での使用が多い人やちょこちょこ充電するのがわずらわしいという人なら、「グロー」が向いているだろう。 逆にデスクワーク主体で、充電環境が身近にあるというのなら、「プルーム・エス」でも問題ない。 喫煙量が1日10本程度という人も同様だ。 「プルーム・エス」の場合、出先で充電できるようにモバイルバッテリーと一緒に持ち歩くという手もあるが、携帯性は悪くなる。 「プルーム・エス」と「グロー」は大きさも重さも同程度。 どちらも手のひらサイズで持ちやすく、単体での携帯性には大きな差はない 3. フレーバー数は先駆の「グロー」が圧勝 「プルーム・エス」は2019年1月に発売されたばかりということもあり、2019年2月現在、フレーバーは「メビウス」ブランドで3種類(レギュラー1種類、メンソール2種類)しかない。 ただ、フレーバー数が少ないことは欠点ではあるものの、これに関しては今後十分拡充の可能性はある。 その点では、「グロー」は先行している分、専用スティックの銘柄は「ケント」と「ネオ」の2種類があり、味の選択肢は多い。 初期から存在した「ケント」ブランドは10種類(レギュラー2種類、メンソール8種類)、後発銘柄の「ネオ」でさえ8種類(レギュラー2種類、メンソール6種類)もある。 合計18種類の中から好きな味わいを選べるのは大きなアドバンテージだ。 「プルーム・エス」の専用スティックは「タバコスティック」という名称だ。 加熱式タバコ特有のニオイが苦手でやむを得ずメンソール系を選んでいるという人は、加熱式特有のニオイが少ない「プルーム・エス」で今一度レギュラーのおいしさを体験してほしい 「グロー」専用スティックである「ネオスティック」。 「ケント」は色で見分けるのも大変なほど種類が多い。 コンビニや小規模タバコ店などで全種類取り扱っているところは少ないようだ 「プルーム・エス」と「グロー」を吸い比べてみた 両機種の違いを確認したうえで、改めて「プルーム・エス」「グロー」の吸い心地を比較してみよう。 まずは「プルーム・エス」。 蒸気量は多くなく、高温加熱式タバコの中で1番ニオイが少ない。 締め切った室内でも、2、3本程度なら周囲の人間も気にならないレベルだろう。 ただ、加熱完了してすぐは味が弱く感じるなど、タバコデバイスとしては少々クセがあり、おいしく吸うためにはコツを覚える必要がある。 前半はゆるめにゆっくりと吸い、30秒後くらいから徐々に強めにすばやく吸うという作法がこの「プルーム・エス」には適している。 吸引時間を長くすると途端にスティック内の空気が冷えてしまい、味が出なくなる。 さらに短いインターバルもよくない。 最低でも10〜15秒間は間隔をあけて吸うことで、タバコ葉に熱が十分行きわたり、芳醇な「メビウス」の香りとともにしっかりとした喫味を楽しむことができる。 このタバコ葉本来の繊細な味や着香具合を感じる吸い心地は、慣れるとクセになるはずだ。 ラウンドした形状が持ちやすい「プルーム・エス」は、やわらかい味わいを出すのが得意だ いっぽう、「グロー」も蒸気はそんなに多くないものの、喫味の強さが違う。 なかでも「ネオ」のレギュラー系での深みは、紙巻きタバコに近い満足感を感じることができる。 ただその分ニオイは強いので、締め切った室内での喫煙には適さない。 なお、メンソールの場合は特有の刺激で、「プルーム・エス」との差はあまり感じられなくなってしまう。 そのため、「グロー」のタバコデバイスとしての実力を味わうには、「ネオ」のレギュラー系を吸うのが最適だと改めて感じた。 ロースト感と重みを感じるその味わいは、このネオスティックの細さを考えると驚異的な吸い心地だ。 タバコ感をしっかり感じさせてくれる「グロー」 ニオイを抑えたいなら「プルーム・エス」、タバコらしさを求めるなら「グロー」 「プルーム・エス」と「グロー」を比較した場合、ニオイが圧倒的に少ないのは「プルーム・エス」なので、ニオイに配慮が必要な環境で使用することが多いなら、「プルーム・エス」が向いている。 「グロー」に比べると喫味の弱さは否めないとはいえ、ニオイを強力に軽減しているのにこれだけの喫味の強さを実現していることに、むしろ喫煙者は感謝すべきレベルだと感じる。 ただし、紙巻きタバコユーザーがいきなりスイッチする場合、味を出すのにコツがいる「プルーム・エス」は向いていないだろう。 「メビウス」風味が大好きな人ならともかく、コツを覚える前に断念してしまう可能性が高い。 そのため「プルーム・エス」は、普段から加熱式タバコを吸い慣れている人にこそ向いている機種だと言える。 いっぽう「グロー」は、「ネオ」ブランドを使用することで強い喫味を味わえるのが、最大のアドバンテージになる。 味を出すのにもさほどコツは必要なく、加熱式タバコにタバコらしさを求める人なら、迷わず「グロー」を選ぶべきだ。 また、気分によってフレーバーを変えたいという人にとっても、「グロー」のネオスティックのバリエーションの豊富さは大きな魅力となるだろう。 <関連記事>.

次の

PloomTechプラス/エスに多い質問と答え。ニコチンやタールは…

プルーム 充電時間

フル充電にはどれくらいかかるのか? プルームテックは公式回答ではフル充電まで90分と言われています。 ただし全くバッテリーの残っていない状態での計算なので、おそらくは一番最初に充電するときくらいではないでしょうか。 普段はもう少し早く終わるので 実際には1時間程度 60分 程度で充電完了となります。 充電する時には充電器のプルームテックの文字が赤く光り、終了すると白に変わりますので一目でわかります。 プルームテックは、一度のフル充電で一箱吸えることになっています。 充電方法は、充電器付きのACアダプターに充電器を差し込んだら充電器のネジ部分に本体のチャージャーのネジ部分を合わせて固定するだけです。 実物を見れば直感的にセットできるでしょう。 フル充電後どれくらい持つのか? 一度充電すると、たばこ一箱分吸えるようになっています。 一箱にたばこカプセルが5個入っていて、1個あたり「50吸い」可能となります。 その為計250吸いが一度の充電で吸える上限となっています。 何吸いしたか数えながら喫煙するのはかなり困難なので、ライトでお知らせしてくれます。 青いライトが点滅したら、カプセル交換の合図です。 カプセル交換5回目には、赤いライトが点滅します。 この時にホルダーを充電し直して、次のたばこカプセルの箱を開けましょう。 吸い方によっては点滅してもカプセルを交換せずに吸い続けることは不可能ではありませんが、たばこカプセルの数が合わなくなります。 尚300回フル充電すると寿命を迎えます。 その時は中のバッテリー交換などで対応します。 ストアで本体のみは1,500円で販売されています。 もし外出先でプルームテックの充電が切れてしまったら? プルームテックの充電器はUSBタイプなので充電器さえ持っていればかなりいろいろなところで充電が可能です。 モバイルバッテリーに充電器を繋ぐこともできますし、今は飲食店などでもUSB端子の差せるところも沢山ありますね。 充電器を持ち歩いていない場合、予備の充電された本体を購入しておくという手段もあります。 予備がいくつかあるといざという時に安心なので、備えておくようにしましょう。 充電器もないけれど予備も持っていなくて買うことも難しいような場合、赤点滅をしてもまだしばらく吸える場合もあります。 充電も出来ないけどもう少しだけ吸いたい!というような時は本当に充電が切れているか試しに吸ってみましょう。 充電の切れかけでなかなか反応しない場合には少し強く吸ってみると反応する場合もあるようです。 移動中の充電はどうしたら良い? プルームテックの充電中は、充電器に対して垂直90度にプルームテックが立った形になります。 PCなどのUSBに挿したりコンセントから繋いでいる時は便利ですが、移動中にカバンに入れておくには少し扱いづらい形でもあります。 そんな時には市販の充電器を活用しましょう。 直接繋げる内蔵型の充電付きのタイプや、垂直ではなく平行の形に繋いで充電できるタイプなど色々あります。 そうすれば持ち歩くのも邪魔になりにくいでしょう。 又、充電がうまく出来ていない時はどこをチェックすれば良いでしょうか。 USBチャージャーにバッテリーがしっかりと捻じ込まれているかどうか調べましょう。 また差し込み口に何かが挟まっていないかチェックします。 どちらも問題が無ければアダプターやチャージャー、本体の故障を疑ってカスタマーセンターなどに問い合わせする必要があります。 プルームテックの充電器はどこで買える? 純正の充電器は、公式ショップのみで購入出来ます。 プルームショップかプルームオンラインショップですね。 最近、新色のバッテリーも1,500円で購入出来きます。 参考にどうぞ! 純正ではないプルームテック用の充電器もありこちらも通販サイトで購入できますが、持ち歩き式のタバコケースサイズのものなど、多機能なものもありお勧めできます。 ただし不具合品もあるので評価をよく確認しましょう。 通販サイトでは合わせてアクセサリーも購入できます。 プルームテックを立てておけるスタンドや、マウスピースなどがあると便利なので合わせて購入してもいいでしょう。 まとめ プルームテックのフル充電は90分。 もし外出先でなくなりそうでも、充電器さえあればUSB端子で途中から充電できるので安心です。 それが出来なくても、いくつか取れる対策があるので試してみましょう。 充電器とモバイルバッテリーがあれば余裕を持って過ごせそうです。 プルームテックライフをお楽しみください!.

次の