大田 区 避難 情報。 大田区ホームページ:もし...避難勧告が発令されたら(台風、大雨に備えて)

大田区・避難所】台風19号接近い伴うの避難所情報です。大田区TWITTERからの転記です。11時15分10月12日(土)令和元年

大田 区 避難 情報

【避難勧告等が発令された場合に求める行動】 勧告等の種類 求める行動 避難準備・高齢者等避難開始 高齢者、障がいのある方、小さいお子さんのいる方などは避難を開始しましょう。 避難場所までの移動が困難な場合は近くの安全な場所に避難してください。 それ以外の方も気象情報に注意し、危険だと思ったら早めに避難してください。 避難勧告 速やかに避難を開始してください。 外が危険な場合は、屋内の高いところなど安全な場所に避難しましょう。 避難指示(緊急) 緊急に避難してください。 外が危険な場合は、屋内の高いところなど安全な場所に緊急に避難してください。 注意:避難情報の名称が変更されています。 避難勧告等が発令されなくても身の危険を感じたら自主的に避難しましょう この情報はお役に立ちましたか? お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。 このページの情報は役に立ちましたか?.

次の

災害時のペット避難情報!東京23区編

大田 区 避難 情報

【避難勧告等が発令された場合に求める行動】 勧告等の種類 求める行動 避難準備・高齢者等避難開始 高齢者、障がいのある方、小さいお子さんのいる方などは避難を開始しましょう。 避難場所までの移動が困難な場合は近くの安全な場所に避難してください。 それ以外の方も気象情報に注意し、危険だと思ったら早めに避難してください。 避難勧告 速やかに避難を開始してください。 外が危険な場合は、屋内の高いところなど安全な場所に避難しましょう。 避難指示(緊急) 緊急に避難してください。 外が危険な場合は、屋内の高いところなど安全な場所に緊急に避難してください。 注意:避難情報の名称が変更されています。 避難勧告等が発令されなくても身の危険を感じたら自主的に避難しましょう この情報はお役に立ちましたか? お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。 このページの情報は役に立ちましたか?.

次の

大田区防災対策

大田 区 避難 情報

小中学校にいくつか犬用リードはあるが、避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの大きさは特に制限がなく、大型犬でも受け入れる。 さらに、災害で迷子になった犬の収容先まで決まっていた。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,097頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 渋谷区のHPでは、ペットとの同行避難マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (11,125頭) 小動物のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 目黒区のHPでは、地域避難所運営マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,741頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 年に一度、公益社団法人東京都獣医師会中野支部共催で、区立小中学校を会場とする「総合防災訓練」において、犬の同行避難訓練を実施している。 詳細は、区のペットの災害対策ルールに記載あり。 ペットを飼っている方は参加しておくと、災害時に混乱が防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (22,173頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 海抜が低くエリアとしても震災時の被害が大きいのではないかと想定されるため、ペットを飼っているおうちは日ごろの防災対策をきちんと考えておく必要が大いにある。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (30,033頭) 小動物(犬、猫、ハムスター、ウサギ、フェレット、小鳥、爬虫類)のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの災害対策マニュアルあり。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (10,123頭) 区内の全避難所でペットとの同行避難が可能だが、災害時の混乱の中、ペットの受け入れは歓迎されないかもしれないとの意見あり。 しかし、区としてマニュアルがしっかりあり、飼い主が日ごろから意識をしていれば、大きい混乱は少ないと考えられる。 放浪犬や迷子犬等の備蓄やゲージも用意しており、ペットに優しい環境を整備していると感じた。 災害マニュアルでは、災害が起こったときに家族とペットが安全に避難できるように、日ごろから話し合い準備をすることを呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,643頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの防災対策ルールを区のHPで掲載しており、万一の災害で避難しなくてはならない状況になったとき、飼い主は犬猫などのペットと「同行避難」を推奨している。 また、ペットを置きざりにしたり、街に放したりしないよう呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,890頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 ルールやガイドライン等は、避難所運営委員会でまだ検討段階とのこと。 詳しいルールや対策等は、各避難所へ事前に確認しておいたほうが賢明。 区で作成した動物愛護手帳には「災害時の動物避難」手帳があり、そちらには飼い主の防災対策が掲載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,786頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 区で配布している、としまくらしの便利帳にペットの避難について記載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (1,462頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 千代田区のHPでは、避難所での適正飼育ルールを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (19,953頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 区のHPには、災害時動物救護マニュアルが掲載されており、避難所に同行できるペットの種類なども掲載。 その種類に入っていないペットを飼っている飼い主は、自宅で待機するなどの別の避難方法を考える必がある。 また、ペットの心のケアやペットの防災用品などもあり、飼い主は一度見ておくと混乱を防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (25,834頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 リードを各避難所で用意しているが、こちらは放浪犬や迷子犬のためのものだと想定するので、飼い主は自分で準備しておいた方が良い。 基本的には、犬の受け入れを想定しており、身体能力の高い猫の避難はあまり想定していない様子だった。 大田区のHPにペット災害対策ガイドラインがあり、飼い主が備えるべきことや災害時での対応すべきことなどが書いてあるので、一読しておくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (21,266頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 自宅が危ない場合には、各震災救援所でも同行避難を前提に対応していただくように呼びかけている。 対応に関しては、各避難所で話し合って決めており、マニュアルを作ってもらっている段階。 詳しい内容は、近くの震災救援所で防災訓練に参加して訊くことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,847頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 荒川区では、飼い主のためのガイドラインがしっかりとある。 また、ペットを同行避難させることができない飼い主のために、動物救護センターを荒川自然公園内に設置され、ペットの鳴き声が大きい場合なども飼い主に了承を得たうえで救護センターに送られる仕組みがある。 飼い主の役割も定まっているので、ガイドラインを読んでおくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,084頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの対策に関しては、地域防災計画に一部記載あり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (14,300頭) 一部の避難所でペットとの同行避難が可能。 (現在は77か所)各避難所ごとに同行避難の受け入れOKかを定めているので、近くの避難所に直接問い合わせてみることをオススメする。 避難所における動物飼育のガイドラインあり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (8,327頭) 約60か所の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要があり。 災害マニュアルの作成は各避難所で行っているが、実際の避難所生活に関しては、飼い主のマナー意識が重要となる。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (11,755頭) 避難所でのペットの受け入れは52か所中、9学校が可能。 また、各避難所へ運営マニュアルを具体化するよう促進をしている。 全避難所が同行避難可能ではないため、ガイドラインに目を通した上で避難ができる場所を事前に確認しておくことをオススメする。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (37,075頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、避難所ごとに受け入れを検討している。 実際の受け入れ状況については、世田谷区まちづくりセンターに確認しておくことをオススメする。 世田谷区のHPでは「災害時にペットを守るために」ページを公開している。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (10,184頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、現状は避難所ごとに受け入れを検討している段階。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 港区のHPでは、ペットの災害対策パンフレットを公開している。

次の