神田 笑 一。 神田笑一「いただきまーーーす!!!」

にじさんじ(神田笑一)の配信をめぐるカルロスピノ氏とブッダ氏の動画について【2月28日加筆】|Pulitzer Prize for Nijisanji|note

神田 笑 一

神田笑一(かんだ しょ)とは、がする「」所属のである。 正確にはただのがで働いている。 概要 歳ので放送関係の勉強をしている。 人と話すのが好きだが、たまにグサっと来るようなキツい事を言ってしまう。 「やりすぎた!」と後から反省するような、見たに反して根がメな。 な事を気にしているらしい。 ーの紹介より 二期生第1弾として。 を見習ってなのか、基本的には他の配信が始まるまでの合間に配信することが多く、他との配信にすることが少ない、他の推しがいれば非常にありがたい。 にはの感想配信を行い、それ以外だと配信や配信、や歌配信を行っている。 と、ここまでならよくあるのだが、細がな上にでを研ぐ音をした途端、他sに怯えられる憂きに遭う。 その上、 に『 パシリ』というあだ名を貰ってしまう。 以降、たまにではあるが他sからな扱いを受けることがある。 負けるな。 であり、までとは行かないが、頻繁に他ライの配信に顔を出している。 線だったは苦手。 初期はそれこそ「スャするな」と怒るほどであった(今は受け入れつつある)。 に関してはこそ問題ないが、所謂役はやめてほしいと呼びかけている。 は『』『』『』『』等、幅広いをしている。 は良い方で、『』ではをに使用している。 これを活かし、のには撲滅という善行を行い、迷い込んだをエンの素へと案内した親切なとしてのを全うした。 杯大会予選でもAを通過する実を見せ、本戦でも総合3位とやにとってのとして十分な活躍を見せた。 関連動画 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

神田笑一が炎上した?前世の顔は?アンチや嫌いという噂は?

神田 笑 一

人気記事• 2,058 views 10 comments• 1,990 views 6 comments• 1,844 views 5 comments• 1,744 views 5 comments• 1,508 views 18 comments• 1,365 views 8 comments• 1,359 views 0 comments• 1,174 views 1 comment• 1,070 views 0 comments• 1,054 views 0 comments• 977 views 4 comments• 959 views 0 comments• 876 views 0 comments• 856 views 6 comments• 794 views 0 comments• 787 views 6 comments• 716 views 5 comments• 692 views 3 comments• 635 views 0 comments• 567 views 0 comments.

次の

神田笑一とは (カンダショウイチとは) [単語記事]

神田 笑 一

オタクがすなるお気持ちnoteといふものを、オタクもしてみむとてするなり。 という感じで書いてみました。 まず、初めに言っておきたいことを書き記しておきます。 ・ 神田笑一くんのいちファンによる投稿であること。 ・noteを初めて扱う人間の投稿であること。 ・これを書いた時点で筆者も気持ちの整理が出来ていない状態であり、 「気持ちを落ち着かせる手段」として文章に書き出していること。 辛いことがあった時に自分の気持ちをノートにガリガリ書くアレと同じ感じです。 ・故に、 ある程度客観的に書くようには努めますが どうしても主観的な意見の羅列になってしまうということが避けられないということ。 ・ 炎上を助長させる目的で書いたものでは無いということ。 以上の事を踏まえて頂ければ、まだある程度は余裕もって文章をお読み頂けると思います。 さて、今回燃えたのはタイトルにもある通り、 にじさんじの神田笑一くんです。 ・ ・ ・ このnote投稿に態々足を運んで頂いているという事は、少なくともこのトピックに興味がある方であると推測いたしますので、「にじさんじ」についての説明は省かせて頂きます。 ・なぜ燃えたのか? 事の発端は、「『Ark: Survival Evolved』というゲームの中で 戦争 という名を冠したお祭り・大規模コラボ企画 が起こったこと」にあります。 彼はヨルミナティ側の陣営として戦争に参加し、元々のゲームスキルの高さを活かして戦争に貢献 「ベッドを全て壊したら勝ち」のルールで、スニーキングにより敵拠点に潜り込みベッドを破壊、等。 あの放送を見ていた方なら、神田笑一くんは貢献していたと言う人も少なくはないと思います。 ですが、彼はゲームに熱中するあまり、語気荒く 「ハジメさん 観戦していた別の先輩 邪魔だな」「はぁ?」「アルス 飛び入り参加した敵側勢力 居るのおかしいだろ」と言ってしまい、それにより「大型コラボでイライラして暴言吐くのやめろ、空気が悪くなるだろ」「別のライバーに『まあまあ』って宥められるほどってヤバくない?」「アルスの飛び入り参加は別にルール違反じゃないのに文句言うのダメでしょ」「ハジメはにじさんじ初期からいる大先輩なのに、その人に暴言言うなんてリスペクトが足りてないんじゃないか?」といったような意見が多く集まった結果、 燃えます。 勿論、少なからず「気になるほどの暴言か?」「ゲームに真剣になってて好印象だ」と言った意見を持つ層も居たものの、やはり件の放送アーカイブは、 ただただ煽りたいだけの愉快犯 アンチコメ を除いてもそのような批判的なコメントが目立ちます。 この戦争が起こる前にハジメ氏の放送にて「この人達はみんながひとりひとり、皆が思う『エンタメ』をしています」といった旨の発言があったことにより、暴言が余計に目立ってしまい「これがお前のエンタメなのか?ちゃんとエンタメしろ」という意見もあったというのも炎が燃え広がっている一要因であるのではないかと個人的には思っております。 ある意味 当然です。 今彼がどう思っていようが、「大勢の人数が居る中で空気を悪くするような事を言い、『 その通話に参加していた他ライバーを不快にさせたかも知れない』 という懸念をファンに与えた」という事は事実です。 「伝書鳩が悪い」という意見もこれに連なるところがあります。 これは彼の過失であり、もう起こってしまった取り返しのつかない事です。 そして、 「大型コラボである=彼以外のライバーさんのファンも見ている」「故に、彼の事をよく知らない人も少なからず彼の事を見ている」と言った状況での上記の発言だったので、彼に悪い印象を持つ人間は増えるのもまた当然のことです。 ・神田笑一くんのその後の対応は? 彼は戦争があった翌日、実質的な謝罪配信のような形の 雑談配信を行いました。 内容は昨日の戦争についての話題が多く、彼自身自分の非を認め、反省すると言った旨を述べていました。 それにあたる発言を一部要約して抜粋します。 ・ゲームに熱中すると口が悪くなってしまう事は自覚しており、配信では抑えている方だったが、今回の大型コラボではコメント欄を見ていなかった事もあり 思いっきり裏の気分だった。 それは気を付けていかないといけないし、申し訳なかった。 熱くなったのは本当に反省。 ・1番物議を醸したのは「ハジメさん邪魔」の発言だと思う。 色々あったが、あれは自分がハジメさんとエクス ハジメ氏と同じチーム名の敵側同盟勢力 を見間違えただけで、ハジメさんは最初から戦闘圏外を飛んでいるという連絡があった。 自身の連絡確認不足であった。 これに関しては100:0で私が悪く、ハジメさんは何も悪くない。 申し訳なかった。 ハジメさんには詫びを入れる。 ・アルスにきつく言ってしまったのもごめんな、という感じ。 アルス側も戦争に参加したかったんだろうけども、まさか参加しているとは思わず、「そんな馬鹿な!?」となってしまった。 彼はこのように、諸々反省しているということや、炎上してしまった大部分の理由であろう暴言の件についてはこれから気を付けて行く、などの発言をしていました。 無論「本当に改善していけるのか?」等の意見はありましたが、彼がこういった発言をしている以上、視聴者としては 彼の言ったことを信じて見守ることしか出来ないため、これ以上の言及は無粋であるように感じます。 とにかく、彼は起こってしまったことは反省すると言う発言をしました。 しかし彼がこのように反省をしつつも、まだ炎が燃え広がっているのは、 その後の発言のせいであると思います。 彼は雑談配信の最後あたりでこう発言します。 一部抜粋、要約 ・リスナーには申し訳ないが、自身がこういう事を言うことによって、 自分にアンチが着きヘイトが向くのであればそれでいい。 ・ 配信に低評価が着いたりアンチコメが来るのは全て思惑通り。 再生回数を増やしてくれてむしろありがたい。 「燃やしに行ってやろう」という層が自分に集中してくれればいい。 ・アンチを弄るのはこの枠で終わりにするが、アンチは友達がいないので構うと嬉しくなってしまう。 ので今後は触らない。 配信の最後でこう発言した事のインパクトにより、配信の最初に行った謝罪内容はおそらく 多くのリスナーの頭からすっ飛び、「なんでアンチ煽ったんだ?カッコ悪い」「アンチと批判コメ一緒にするな、低評価=アンチではない」「本当に反省しているのか?」といったコメントが今現在も多数寄せられています。 ・何が悪手だったのか? ここからは主観的な意見が増えると思われます。 冒頭にも書きましたが、あくまで気持ちの整理が出来ていない状態で書いた文章であることを念頭に置いて読んで頂ければと思います。 ・ 誤解されるような発言 大型コラボでの炎上であるという事もあり、雑談配信の視聴者は普段から彼を見ている人や燃えているところに群がるアンチだけでなく、 炎上後にどう対応するかを見たい人、下がった株がまた上がることを期待する人等々、 彼に対してポジティブな感情だけを持ち合わせている訳では無い人達が多かっただろうと言うのは容易に想像できます。 そうした人達が見ている中でアンチを煽るような発言をしてしまうのは、 印象だけで言えば最悪です。 まず間違いなく見ていた人は不快になります。 「 ファンじゃない人もたくさん見ている中で誤解されるような発言をした」という事が、おそらくは最大の悪手であると感じております。 これは先の暴言での炎上と形は違えど、 「大勢の人が見る中で失言をする」という点で見ればやっている事はほとんど同じです。 反省すると言った発言の後にこういったようなことを言われてしまうと、「 自分が行ってしまった事を本質的に理解しているのか?」「 結局、反省してないってことなのか?」という疑念が生まれるのも致し方ありません。 ・ ヘイト管理 「リスナーには申し訳ないが自分にアンチが付いてヘイトが向けばいい」というような発言は、今回だけでなく以前に少しボヤ騒ぎがあった際にもしています。 恐らく彼としては「自分にヘイトが向けば他のライバーさんは叩かれないであろう」「他ライバーさんが叩かれているぶんを自分が受ければいい、言わば タンクになればいい」と言ったように思っているのかも知れません。 ですが、この考えは 非常に危険な考えであると感じます。 例えば、もし彼がこのままアンチを寄せ集め続け、それを彼が意に介さず活動を続けるとして、もしそのまま コラボなどをした場合に飛び火するのはコラボ先のライバーさんです。 もしそうなってしまい、コラボする人も視聴者も減っていく、といった状況になるのは 彼にとっても、彼のリスナーとしても、企業としても望ましいものではありません。 また 杞憂かもしれませんが 、「自分にはアンチが多い、アンチに何を言われても意に介さないから 何を言ってもいい」という思考にもなりかねないといった懸念を抱いている人も少なからず居ると思っております。 そういった不安を様々な人に抱かせてしまった、というのがそもそも良くない事であるので、紛う事なき悪手です。 そういったコメントがついているという事は、 仮に彼が正当な批判をしっかりと「正当な批判」として受け入れていたとしても、そのように誤解されるような発言をしたという事です。 逆に、 もし本当にアンチとまっとうな批判を同じものとして考えているのであれば即刻改めるべきですし、改めなければ恐らくは企業そのもののイメージが悪くなってしまいます。 そして、彼のためにもなりません。 ・今後彼を応援していたリスナーはどうすべき? と言っても、筆者はこんな事があっても神田笑一くんの良い所も悪い所も全て自分なりに消化した上でここに居ます。 ですが、このままこのような危うい発言が増える場合は筆者もどうなるかは分かりませんし、現に「疲れたからちょっと離れる」と言っている古参リスナーが居ることを知っています。 ここからは本当に個人的な意見になってしまうので、価値観や考え方に合致しない場合等は申し訳ありませんが、言ってしまえば今回は「神田笑一ってこういう人なんだ」と多くの人に知れ渡った一件であると言うだけで、そこからどう感じるかは人それぞれであると思っています。 私たち視聴者ができることはついて行くか、離れるかの2つだけです。 彼がこれから良い方向に進むか悪い方向に進むかを見守るも良し、見守らないも良しだと思います。 勿論、出来れば良い方向に進んで欲しいですし、今回でやらかした事はきっぱり終わりにして同じような事をせず、離れていった人がもしまた神田笑一くんを見た時「変わったね」と言ってくれるようになればすごくいい事だなとは思います…が、場合によってはそれは視聴者のエゴになります。 結局は彼自身が彼自身の力で変わるしかありません。 選択肢さえ間違えなければ良いな、と思います。 追記 勿論、リスナー側も彼だけに改善を求めるのでは無く、 自分自身がファンとして恥ずかしくないかを見直すこともまた重要だと思います。 いい機会だと捉え、彼のいけなかった所を反面教師にしていくこともまた彼自身の為になります ファンはその対象を映す鏡ですから。 ・さいごに 何も纏まっていないただの拙いお気持ちnoteをここまで読んでくださった方に感謝致します。 ありがとうございました。 もし何かnoteの内容に不備等ありましたら、コメントでお知らせ頂ければ追記いたします。 これからも、神田笑一くんのますますのご活躍を期待しております。 今後はこのような事がないように注意し、改めていきたいと思います。 繰り返しにはなってしまいますが、これからも彼の活動がより良いものになっていくことを願っております。

次の