キングダム ネタバレ 626。 最新ネタバレ『キングダム』625

最新ネタバレ『キングダム』627

キングダム ネタバレ 626

キングダム最新話627話ネタバレ確定!「道の行方」 それでは早速、キングダム627話を見ていきましょう! こちらの記事でしましたが、どうなったのでしょうか。。 キングダム627話ネタバレ確定:あまりに赤い朱海平原 朱海平原15日目。 太陽が沈み始め、一気に日は夕日に変わる。 赤土と今まで死んでいった者たちの血と混ざり合い、今までにない赤色を纏った。 そのあまりの赤色に、兵士たちはなぜか一瞬止まり、寒気を感じた。 それが、15日目の朱海平原での出来事だった。 キングダム627話ネタバレ確定:立ち続ける信 その美しすぎる夕陽の下、信は龐煖と戦い続ける。 そこに、那貴と河了貂が到着する。 信はその到着にも気づかずに、龐煖と戦い続けている。 信は何度倒されても、龐煖に向かっていく。 もうとっくに体力はなくなっているはず。 しかし、それでも立ち上がる。 立ち上がれる理由。 それは、 信には生きている仲間が大勢いるから。 だから、何度でも立ち上がることができる。 しかし、そんな信の姿を見て、羌瘣は 「ダメだ…誰か信を止めて…信はもう…」と呟く。 巫舞で深い呼吸を経験している羌瘣だからこそ、おそらく感じている何かがあるのでしょう。 羌瘣も深すぎる呼吸をすると、もう戻っては来れない状態になってしまいます。 もしかしたら今の信は、深い呼吸をしている状態を同じ状況なのかもしれない。 キングダム627話ネタバレ確定:武神の道はないと気付いた龐煖 龐煖も、なぜ信が起き上がれるのかを理解できない。 そして龐煖は気付いたのです。 そもそも道そのものがなかったのではないか、ということに。 しかし、そうなると今までの自分の歩んできた道が全て否定される。 龐煖は「道がなかった」と気付きましたが、その次の瞬間には 「いや、そんなことはない。 道がないなどとは…断じてない!」と、自分を奮い立たせる。 そして信が倒れない様子を見て、趙軍は「もしも龐煖が敗れたときには信を葬る」ということを打ち合わせる。 龐煖によって圧倒的な武力を得たかに見えた趙軍。 しかしすでにその場にいる兵士たちの心の中では、形勢は逆転しています。 キングダム627話ネタバレ確定:信が龐煖を討つ 龐煖が「答え」に気付いた次の一撃。 龐煖の刃と信の刃がぶつかる。 すると、 龐煖の刃が真っ二つに壊れた!! 龐煖は自分の刃が壊れたと認識すると、なんと 信に背を向けて逃げ出した!! そして趙軍の兵士たちも、 龐煖の刃が壊れたことで、信を襲おうとする。 しかしそこは、飛信隊のメンバーが押さえ込む。 そして 龐煖に対して打ち込んだ 信の次の一撃は、龐煖の体を両断した!! ーーー次回628話に続く キングダム627話の予想記事! こちらは627話が確定する前の予想記事です。 龐煖が求める答えがわかった前回の626話。 その答えは、信が龐煖を倒すことでしか、龐煖に分からせることができないということも。 今まで答えを突き付けようとしてきた王騎と麃公は、龐煖の刃に命を落としていますからね。 一筋縄ではいかないです。 というか、王騎と麃公が殺された場面でも思ったのですが、龐煖はなぜ相手がヘロヘロの時にしか現れないのかという疑問。。 これじゃあ、 龐煖が本当に武神なのか、単に元気いっぱいの状態でヘロヘロの相手を打ちのめしただけなのか分からんですよ。。 でも前回判明した「答え」を理解すると、なんとなくヘロヘロの時に現れるのも納得しました。 というのも、 人が限界以上を引き出せる時って、ヘロヘロの時ですもんね。 ヘロヘロの時に、その人が背負っている想いを感じることで、限界以上の力を出すことができる。 そんな場面を見て欲しくて、李牧はあえて戦いの終盤に龐煖を呼んでいるのかもしれません。 話は脱線してしまいましたが、肝心の 「信は龐煖を倒すことができるのか」ということについて。 私の予想としては 「普通ならまだ信は龐煖を倒すことができないレベルだけど、漫画だから倒しちゃう」というもの。 そして、本音としても 「早く龐煖を倒して、国と国との争いの緻密な戦略を早く見せてくれ」という感じです。。 だって、龐煖が出てくると単純なバトル漫画になってしまって、あんまり面白くない。。 キングダムの魅力はそこではないはず。 国と国との争いの中で、心理戦とか戦略とかそういったことが魅力の漫画なので、そこを早く見せて欲しいなーと。 龐煖ほんと嫌い。 満身創痍の敵なぎ倒して武神とかほざいてんなよ — cherish cherish02552913 また龐煖かよ! 李牧嫌いっていう人結構いるみたいだけど俺は圧倒的に龐煖が嫌いやわ。 多分、私と同じ気持ちなのかと思われます。。 キングダム627話ネタバレ予想:信は死んでしまう? で、ここからは龐煖が死んでしまうという前提に立って考えてみましょう。 その時に次に気になるのが「信は死んでしまうのか?」ということ。 龐煖が死んでしまうとしても、相討ちで信も死んでしまう、という展開も考えられますね。 しかも。 そんな信を見て、羌瘣は信に手を伸ばそうとする。 そして同じ頃、信と龐煖の戦いを後ろで待機していた河了貂も、何やら変な感じを受けて信の元に駆けつけようとする。 そんな描写があったのです。 これって結構、信が死んでしまうフラグのようにも感じますよね。。 でも、信が死んでしまったらキングダムが成立しなくなりますし、なので信が死ぬことはないかと。 (汚い大人の考え方ですね。。 ) しかもので、きっと信は大将軍になるまで死なないはずです! キングダム627話ネタバレ予想:河了貂は大丈夫? そして、危険を顧みずに信の元に駆けつけようとする河了貂。 河了貂は軍師であるため、戦闘能力はほぼ皆無。 そのため、戦闘に巻き込まれないように飛信隊の一番後ろにいるのです。 しかし信に対する悪い予感を察知して、前に行こうとする河了貂。 ものの金毛に命を狙われた直後なので、今度こそ命を狙われないようにして欲しいですよね。 那貴に護衛してもらっているようなので、大丈夫かとは思いますが。。 キングダム627話ネタバレ予想:李牧はどうなるのか 龐煖が死んでしまうと仮定すると、ますます厳しい立場になるのが李牧。 馬南慈の奇襲も不発に終わり、李牧の作戦は龐煖頼みになっている印象。 そうなると、龐煖亡き後はもう万策尽きる感じですよね。 李牧のことだからもしかしたらもう一つぐらい策を設けているかもしれませんが、考えられうる伏線は全て回収した印象なので、あとはお手上げかもしれません。 あるとすれば、鄴からの援軍とか、もしかしたら他の国からの援助もあるかもしれません。 キングダム627話ネタバレ予想:鄴の様子は? そしてしばらく描かれていない鄴の様子。 鄴は桓騎(かんき)将軍が見張っているので、それほど問題ないと思います。 しかし一つ懸念なのが、桓騎軍は兵糧が少ないことで内紛が出始めているということ。。 盗賊の集まりなので仕方ない部分がありますが、内輪から崩壊して鄴が助かったということの不安がありそうなのは懸念点ですね。。

次の

キングダム【ネタバレ】626話「残酷な現実」感想!

キングダム ネタバレ 626

スポンサードリンク 今回は、2020年1月9日発売の週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新628話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。 627話では、ついに信が龐煖(ほうけん)を討ち取ることに成功します! 王騎の矛で龐煖を討つというのは信の悲願でもありましたね。 武を極めたはずの龐煖も、なぜ自らの刃(やいば)に信たちが抵抗することができるのか? 戦いのさなかで龐煖は、そのことに疑問を感じることになります。 なおも戦いを続ける龐煖でしたが、信はまず龐煖の矛(ほこ)をたたき割ります。 龐煖はなおも抵抗を試みて、信に背を向けながらも折られた矛で信を突こうとしますが、それを間一髪(かんいっぱつ)でかわす信。 そして信の次の一太刀(ひとたち)が、矛もろとも龐煖を両断するに至(いた)ります。 信と龐煖の一騎打ちに決着がついたかと思いますが、まだ秦と趙の両軍は入り乱れたまま。 ここからお互いの総大将をどう討ち取るか?という局面になると思いますが、それでは2020年1月9日発売の週刊ヤングジャンプの掲載漫画『キングダム』の最新628話のネタバレ・あらすじをご紹介していきます。 最後までお楽しみください! スポンサードリンク キングダムネタバレ最新628話『李牧は秦軍に捕まらない?!』 李牧を守る龐煖がいなくなったが・・・ 関わる人間達の思いを紡(つむ)いで 束にして戦う力を持つ信にとって、関わる人間達というのは当然ながら亡くなった人たちだけではありません。 仲間が大勢いて、その思いを背負うから強くなれる。 一人で戦う龐煖にはたどり着けない境地ですね。 こうなると慌ただしくなるのは李牧陣営ということになりますよね。 ここで李牧はいかにして窮地を脱するのか? ここが628話での最大の見どころになると予想します! というのも李牧は史実では、まだこのタイミングでは死なないんですね。 そしてキングダムが史実の流れに沿って物語が進んでいることは周知の事実。 そこから考えると、龐煖がここで倒されたとしても李牧はまだ生き残るということになっていきます。 果たしてどのような形で李牧は秦の包囲から脱出することができるのでしょうか? 李牧の武力で秦軍を突破?! 公式ガイドブックによれば、李牧は武力が91あります。 そういえば李牧は信との一騎打ちでも、信の刃をはねのけたことがあるほどの剛の持ち主。 そして戦(いくさ)オタクと言って良いほど、戦にのめり込んでいた時期もある李牧ですので、こうした危機は何度かあったのかもしれません。 また秦軍の囲いから脱出するためには、秦軍の中でも弱いところの一点突破を狙うかもしれませんね。 信も龐煖を倒すことでヘトヘトになり、羌瘣も立ち上がれないほど龐煖に叩きのめされていますので、今弱いところは飛信隊なのかもしれません。 スポンサードリンク 本陣近くに脱出のための地下道が? また秦の鄴(ぎょう)攻めのさなか、壁(へき)将軍が兵糧を焼かれたことは記憶に新しいかもしれませんが、その時には地下道を通って兵糧が焼かれることになりました。 もしかすると李牧ほどの知将であれば、戦場がどこになるかをあらかじめ予測していて、本陣を張るであろう場所に地下道を作らせている可能性があるかもしれません。 ここは趙の地。 場所の特定さえできてしまえば、地下道を掘ることは難しくないことなのかもしれません。 信と羌瘣の恋愛が始まって李牧脱出?! 龐煖(ほうけん)と信を戦わせない決意の羌廆(きょうかい)。 この気持ちは信に対する愛情なんですかね?単に武を極めたい人間同士の闘争心なのか?この戦いが終わったら、信と羌廆、または信と河了貂(かりょうてん)の恋でも始まるかもしれませんね。 そんな展開も楽しみです。 信はどこにそんな力が?と思えるほどの戦いぶりですが、龐煖がその求めてきた道が無いことにうすうす気づいて心が折れたように個人的には思えます。 ですので鄴を守ることを考えれば、李牧もただ逃げれば良いというものではないはずです。 そこで李牧は王翦本陣に対して、ここから何らかの策を繰り出す可能性があるように思います。 もしくは蒙恬(もうてん)により右目を負傷した馬南慈が、王翦本陣に迫れるかどうか? あるいは傅抵(ふてい)が王翦本陣に迫るのか? といっても田里弥(でんりみ)軍に合流した王翦だけに、普通で考えれば王翦を討ち取るチャンスはそうそう見当たらないと思います。 それでもお互いの総大将の読みをくつがえす動きを、現場の将がなせるかどうか? 戦いで勝利に至るには、こうした要素が必要な場合もあることはキングダムでも描かれてきましたね。 ここで覚醒する趙の武将が出てくる、ということもあり得る展開なのかもしれません。 和睦の可能性は?! または李牧が王翦に対して和睦を申し入れる可能性はあるでしょうか? 龐煖が信の矛によって両断された状況であり、王翦本陣は田里弥(でんりみ)軍との合流に成功。 しかし李牧本陣は龐煖が倒されてしまい、危機の度合いで言えば李牧側の方が不利な状況だとは思います。 この状況で李牧が和睦を申し入れたとして、王翦がそれを受けるかどうか? もしも王翦が受け入れるとすれば、よほど趙にとって不利な条件での和睦となるように思います。 鄴を明け渡すことはもちろん、それ以外にも趙側は秦に何かを渡すほどの条件でないと、王翦は受け入れないと思います。 それほど今の状況は、王翦にとって有利な状況になっていると思います。 もしも李牧が趙にとって不利でない条件での和睦を試みるのであれば、 やはり李牧側から何らかの策で王翦側を押し返した上で、和睦を結ぶ必要があるでしょうね。 スポンサードリンク 『キングダム ネタバレ 最新 628話』まとめ この場面。 李牧も前回、所詮人は人でしかないという天からの残酷な答えを導き出していました。 でも単純に受け入れる訳にはいかないでしょうね。 人生をかけてここまで頑張ってきていたんだから。 ただそうなると李牧本陣も慌ただしくなると思いますが、李牧も確かな武を備えた武将でもありますし、李牧も史実から考えれば、ここではまだ死なないことが予想されます。 一方で李牧たち趙側も、鄴(ぎょう)を守ることを考えれば李牧がただ逃げれば良い、という訳ではありませんでした。 そう考えると李牧が王翦に対して何か策を繰り出していき、628話では王翦側の危機が再び描かれることがあるかもしれません。 または趙側の武将の覚醒があるのかどうか? 様々な展開が考えられますが、以上でキングダム最新625話のネタバレ・あらすじのご紹介を終わります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!.

次の

キングダム627話ネタバレ確定!龐煖が信に斬られて武神になれない答えに気づく

キングダム ネタバレ 626

この記事の目次• キングダム最新625話ネタバレ「王翦のほう!」 李牧の本陣周辺では、 糸凌 しりょう が激しく 馬呈 ばてい を攻撃、しかし、 百戦錬磨 ひゃくせんれんま の馬呈は激しい双剣の攻撃を受け止めます。 目の前に李牧はいるのに近づけないジレンマに 苛立 いらだ つ糸凌、一方で、倉央は糸凌が馬呈と戦う隙に前進します。 ここは、猛進撃で李牧の本陣に近づきたいところですが、かなり時間が経過しており、すでに李牧は逃れたと趙軍は考えているようです。 ところが、 倉央 そうおう はザワザワ感から、まだ李牧が上にいる事に気づきます。 「なぜだ、ここまで我が軍に押し込まれ逃げないのはオカシイ」 もう一人の王翦の副官の 田里弥 でんりみ も同じ違和感を感じていました。 そこに、馬南慈に後ろから追いまくられていた負け犬王翦がしれっと合流。 王翦「あと頼むわ!田里弥」 田里弥「あらうーす!」 田里弥は敬礼し、追いすがる 馬南慈 ばなんじ 軍と対決する事になります。 可愛そうな馬南慈片目を失い特に手柄無しとは・・ 「ご無事でなによりです王翦様」 しかし、仮面の王翦は何とか逃げのびた事より、李牧が本陣に残っている事が気になる様子です。 王翦を護衛して近くにいた蒙恬も、まだ李牧が逃げていないという田里弥の説明に驚きます。 「どうも、飛信隊になにか気を取られてる様子です」 「ほう・・・」 王翦がフクロウのようにつぶやきました。 何がほうなのか、ほけきょ! キングダム最新625話ネタバレ「大いなる矛盾」 李牧の周辺は敵だらけで、部下は何度も李牧に退避を呼びかけます。 ところが、李牧は振り向こうとはしません。 そればかりか普段なら率先して李牧を退避させるカイネも、李牧と同じ方向を向いています。 二人が夢中なのは、龐煖vs信の時間無制限一本勝負です。 当初こそ、龐煖に推し負けていた信ですが、今は対等に龐煖とどすこいしています。 龐煖の一撃を喰らう信、しかし、今度は信の一撃を喰らう龐煖、まさに空手チョップの応酬という状態です。 「どういう事だ、あれだけ押されていた飛信隊が、なぜ龐煖様と対等に」 李牧「あれが龐煖の対極にある力 ハンドパワー龐煖が理解できない力です」 李牧の説明では龐煖は求道者の中では武神の極みに達し、天に力を示すために龐煖は山を下りました。 つまり、ワレブ最強、ワレブ武神と自信満々で強者を狩る武の道を突き進み始めたわけです。 ところが、17年前にキョウを殺戮した後に激情した王騎によって額に傷をつけられました。 その時、根が生真面目な龐煖は「俺はまだまだ最強ではなかった」と反省しまた山に籠ります。 さらに8年前に龐煖は王騎と馬陽で王騎と再戦、ここでも魏加の小細工なしには王騎に勝てませんでした。 「しかし、私は気づいたのです、龐煖は未熟ではない17年前に人の武の極みに達していました。 それでも、たらこくちびるには敗北したのです」 カイネも部下もポカーンです、この人、何を矛盾した事を言っとるの、タワーリングインフェルノと・・ キングダム最新625話ネタバレ「たばねる力」 李牧は、自身が言っている事が矛盾しとるのインフェルノだと分っていると言います。 しかし、その矛盾こそが龐煖が探している答えだったのです。 その答えは李牧だけではなく、龐煖に敗れた 麃公 ひょうこう 将軍も言っていました。 「貴様はおそらく、己の中の大いなる矛盾に気づかず一人もだえているただのど阿呆じゃ」 そう!求道者としてかなりのインテリジェンスだったはずの龐煖だけが自分の武の方向性が間違っている事に気づいてません。 麃公に面と向かって言われても、?という顔をしていました。 ここまで行くと、バカとしか言いようがないような気もします。 信の攻撃を受ける龐煖、それを睨みつけた後に連続攻撃を繰り出します。 その攻撃により体中から血を噴き出す信。 こらえきれずに地面に 跪 ひざまず く信 生きてるってーな・ん・だ・ろ、生きてるってーな・あ・に 生きてるってーな・ん・だ・ろ、生きてるってーな・あ・に テリーファンクjrの登場ソングの替え歌で泣きながら信を応援する飛信隊。 しかし、一度跪いた信は、再び立ち上がり、龐煖をブッ叩きます。 それにより、龐煖の巨体もマットに跪きます。 龐煖「ぷう・・・・」 一進一退の攻防、信も激しい痛みに耐えて攻撃です。 負けるな馬場!32文ロケットキックだ!! キングダム最新625話ネタバレ「無想転生!」 天下の名勝負におどろくカイネ、龐煖の対極にある武力とは一体なんなのか?李牧は答えます。 「・・・・個で武の結晶となった龐煖とは真逆、関わる人間達の思いを紡いで束にして戦う力です」 ボロボロになっても、血を吐き出しながら立ち上がる信。 龐煖の目にもハッキリ見えていました。 信の腕を支える 尾到 びとう 、 漂 ひょう 、後ろには王騎や麃公、 蒙驁 もうごう 、 成蟜 せいきょう そして 録嗚未 ろくおみ もいました(嘘)ばかりか、 輪虎 りんこ や、 万極 まんごく 、かつて信が葬った敵までが信の後ろに立っていました。 煽り:信の戦った人間の思いを紡ぐ力が個人の武の結晶、龐煖を凌駕した瞬間です。 ここからいよいよ信の反撃開始となるのか!キングダム626話に続く キングダム626話予想kawauso大予想 はい!出ました、これはジャンプ名物、北斗の拳の 無想転生 むそうてんせい 方式です。 倒した敵の思いを受け継ぎ、戦う男の本当の哀しみを背負った時、ケンシロウの背後には、シン、サウザー、シュウ、トキ、レイ、ジュウザがいました。 そして、それぞれのキャラクターの特性を生かして動き、その表情は哀しみで一杯のシカゴスタイルで統一です。 そうだ!そう言えば怒りを知っていても哀しみはしらないケンオウは、最愛の女であるユリアを殺せば自分も無想転生が使えると考えて「お前の命をくれ」とか言ってました。 まさにケンオウって龐煖レベルの自分勝手じゃないですか。 そう言えば兄貴のカイオウは、自分の子孫をつくるためリンを誘拐した挙句、少しでも抵抗されると 「俺の子を産めぬなら自殺しろ」と無茶苦茶言う始末で、あの慈愛に満ちたリンがハッキリ 「狂ってる」と吐き捨てるレベルでした。 ま、何を言いたいかというと、ここから龐煖が信を上回るには、思いを紡ぐ方向にシフトしないといけませんが、龐煖だと急すぎて無理なので破れるという事ですかね。 追記:キングダム626話が発売されました。 いや、驚きです!龐煖にしか見えていないかと思っていた信の背後の人々、本当に背後霊でした。 信は光球になった漂や王騎や 蒙驁 もうごう 、尾到などと、フランクに会話を交わしています。 キングダムってそんなスピチャな漫画でしたっけ? そんな、死んだ仲間との会話の中で信は「龐煖は独りぼっちで戦っているから矛が軽い。 痛いけど死ぬほどじゃない」と豪語し再び龐煖に立ち向かっていきます。 キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言 少し気になるのは王翦の「ほう」ですね。 何だかんだで王翦が乱入して李牧を捕まえ、強引に終戦に向かって行く伏線でしょうか? 前回記事: キングダムファン向け:キングダムに関する 関連記事: 関連記事:.

次の