モナリザ。 モナリザ

Monna Lisa モナリザ フレンチレストラン 仏料理

モナリザ

Leonardo da Vinci の言葉 さて、には有名な画が沢山ありますが、 今回は、について少し記したいと思います。 イタリア協会長のヴィンチェンティという方がいるのですが、その氏曰く、 の瞳に書き込まれた文字がモデルの正体を明かしている、なんと、の瞳には文字がある? それを題材にした映画『-の瞳 -』がありました。 映画では、瞳の文字についての謎解きはされていませんが、その文字については数年前に少し話題となっていまして、以下のサイトでは、 記事によりますと、 の右目には「LV」という文字が書かれていて、これは明らかにのイニシャルで、また左目には、アルファベットの「B」または「S」あるいは「CE」という文字が見られ、このことからモデルの正体を示す重大なヒントがあるのではないか、とのことです。 また、背景の橋の右側のアーチにも数字かアルファベットが書き込まれているらしいんです。 『の右目に「LV」という文字が書かれていて、これは明らかにのイニシャル』ということから、のモデルは自身ではないのか? という説まで出ています。 ただ、記事にはこんなことも記されています 「彼は、瞳は魂と通信するための手段であり扉だったと信じていた。 レオナルドは、メッセージにシンボルとコードを起用し、彼は私たちがの目を通してそのモデルが誰なのか証したかったのでしょう」 ということなんです。 瞳は魂の扉、はそう信じていたらしいんですね。 であるならば、の瞳に何かしらのコード 暗号 やシンボル 象徴 を書き込んでも不思議ではないかもしれません。 そして、瞳は魂との通信手段であり扉でありますから、の右目の「LV」と書かれたコードは自身ではなく、霊的なシンボルである可能性があるようにも感じています。 この、この絵は「ヴェールをかぶったの娼婦」と初めは呼ばれていたとされます。 の名称が定着したとされるのは、ダ・ ヴィンチの生涯を記したとされるという人物がこの絵について『』と記してからのことらしく、モナとは婦人、リザとはエリザベッタの愛称を意味するとされます。 つまり、「ヴェールをかぶったの娼婦」改め「」としたという人物がモデルについての情報を知っていたかもしれません。 で、の生涯を記したは、のモデルは、 の富豪フラン・デル・ジョコンドの妻であると記しているんです。 この富豪がどなたなのかは知りませんが、何となく気になったことはあります。 のモデルは「ヴェールをかぶったの娼婦」で「富豪の女性」...... 娼婦をも意味する「罪の女」 the Sinner との異名を与えられたり とあるんですね。 金持ちにして娼婦........ 人物を画くに当たってのモデルは別にいたのでしょうが、の内面はではないのか?なんて思ってしまいました。 そう思うだけの根拠も証拠もありませんが。 神 蛇 の目の中で力比べをする力士。 日の丸も蛇の目なのかもしれません。 の信じた 瞳は魂と通信するための手段であり扉 とは、神様とのコンタクトを象徴するものかもしれません。 余談ですが、どの角度からを見ても、彼女の視線を感じてしまいます。 somin753.

次の

モナリザ

モナリザ

月のミイラを写真で確認してみると… まずはアポロ20号が月の裏側で発見したとされるミイラの写真を見てみましょう。 保存状態が非常に良くて、ミイラというイメージではありません。 まるで 貴婦人が眠りについているような姿は、まさに竹取物語の「 かぐや姫」そのものであることに驚かされます。 発見された月のミイラは、宇宙船のパイロット 宇宙船の内部で発見されたと言われている 女性ミイラ「モナリザ」です。 黒髪に褐色の肌をしており、顔立ちは モンゴロイド系のアジア人の特徴を持っています。 器具のようなものが顔にたくさん付いていますが、彼女は発見された 宇宙船のパイロットであり、顔の器具は 操縦用装置と見られています。 ミイラはまだ生きているように見えるが… 顔に付いていた器具を取り外した状態です。 見た目は東洋人のように見えますが、額に「 第三の目」のようなものが見られるのも特徴です。 月という環境のおかげなのか、保存状態がとても良いですね。 まるで 生きているかのように見えます。

次の

ルーブル美術館 4カ月ぶり再開へ 「モナ・リザ」も密避けて

モナリザ

Photo: え、じゃあ名前どうする? みなさん「モナ・リザ効果」ってご存知でしょうか。 見る位置を変えても絵の中の目と視線が合うという効果のことです。 レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたモナ・リザがどこから見てもずっと見つめてくると言われたことから、その現象は「モナ・リザ効果」と呼ばれています。 1960年代からモナ・リザ効果は根拠のある効果・現象だと科学者チームの研究がされてきました。 しかしドイツのビーレフェルト大学の研究チームが、名前の起源となった『モナ・リザ』自体の検証は誰もやっていないじゃないか、ということで検証をおこないました。 その結果は、なんと... なんと... 「モナ・リザ効果は間違いなく存在するが、絵画『モナ・リザ』自体にその効果は、ナシ」。 モナ・リザと見つめ合って検証 今回この『モナ・リザ』のモナ・リザ効果(ややこしい!)の検証をおこなったSebastian LothさんとGernot Horstmannさんのお二人は、ロボットやアバターとのコミュニケーションをリサーチする研究者です。 人間とバーチャル・エージェントとの会話において、注視の方向はとても重要なもの。 ロボットでも人間でも、視線ってちょっとした違いでなんかゾッとしたりすることありますもんね。 彼らは視線の研究をするうちにモナ・リザ効果について知り、24人の被験者で『モナ・リザ』を検証することにしました。 Image: Sebastian Loth and Gernot Horstmann まず、被験者それぞれは『モナ・リザ』を映した画面の前に立ち、2メートルの物差しが画面と被験者の間にふたつ置かれ、被験者は物差し上のどのあたりの距離に来たら、目がこちらを見ているかを知らせるという方法を取りました。 この実験を繰り返すこと2,000回(お疲れ様です!)、被験者が初回と同じ位置を言うことを避けるために、画面と被験者の距離は66センチに保たれつつ画像サイズをズームイン・アウトしたり、少し左右にずらしたりして見せました。 『モナ・リザ』は自分の鏡? 2007年におこなわれた視線の研究結果では、視線というのは左右10度か5度の範囲で合うとされています。 そして今回の結果ではどんな状況で測定してもモナ・リザの視線は平均で15. 4度右側に向けられていることがわかりました。 ということは、モナ・リザの視線は外れているってことになります。 Image: Sebastian Loth and Gernot Horstmann 今回検証をおこなったHorstmannさんは「『モナ・リザ』を見て、モナ・リザが自分をずっと見つめていると感じるのなら、自分のナルシシスト傾向に注意したほうがいいでしょう。 誰かに見られたい欲望や他人の意識の中心にいたいという願望の現れです」と話しています。 Horstmannさん、ちょっとキツめ。 でもモナ・リザ効果は確かにあるけれど、『モナ・リザ』にはその効果はなしということなんで、やっぱりモナ・リザが見てるような気になるのは、(ナルシシストかどうかは置いておいて)思い込みなんですね。 Source: i-Perception, Ars Technica 外部サイト.

次の