音楽 聴き 放題。 音楽聴き放題アプリを使う3メリット・3デメリットとは?

クラシックに強い音楽聴き放題アプリ4選!アプリの特徴・価格を徹底解説|音楽ストリーミングガイド

音楽 聴き 放題

によって2008年から運用される音楽聴き放題サービスです。 2019年にはアクティブユーザー数が全世界で2億人を突破、有料サブスクリプション会員数も1億人を突破し、名実ともに音楽聴き放題サービスを代表する存在となっています。 配信楽曲数は4000万曲となっていて、ユーザーがプレイリストを作ることも可能です。 ユーザーが作ったプレイリスト数は30億を超えるそうです。 その他のサービスと比較すると、無料でも楽曲をフルで聞くことができるなど、無料プランでも比較的楽しめるサービスとなっています。 sabusuku. net 4. 元々Googoleからは、Google Play Musicが提供されていて、現在も運用されていますが、Googleの方針ではYouTube MusicにGoogle Play Musiが統合すると発表されています。 Youtube Music Primiumに加入すると、Google Play Musicの有料会員としての機能も使えるようになり、Google Play Musicで配信されている4000万曲の楽曲が聴き放題となります。 さらに、YouTube Musicのアプリを利用することで、Youtubeの動画では広告の表示がなくなり、バックグラウンド再生も可能となります。 sabusuku. net 3. 配信楽曲数は4000万曲で、HMVのバイヤーがキュレーションしたプレイリストを聞くことができるのが特徴です。 音楽 2019年10月04日 Amazon Music HDとは?Amazon Music HD(アマゾンミュージック HD)とは、... カテゴリ一覧•

次の

楽天ミュージック

音楽 聴き 放題

Spotifyなど、月額で音楽が聴き放題できるサブスクリプションサービス(サブスク)が多数存在しますが、ほとんどのサービスが320kbpsや256kbpsといった標準的な音質でしか音楽を聴くことはできません。 しかし、中にはハイレゾ音源も再生することができるサブスクも登場しています。 現在ハイレゾを再生可能なサービスは、Amazon music HDとSONYが提供しているmora qualitasの2種類です。 さらにハイレゾではないもののCD音源に限りなく近い音質で再生することができるDeezer HiFiというサービスも存在しています。 このページでは、上述した3つの高音質が聴き放題できる音楽配信サービスを紹介していきます。 また、標準的な音質で音楽が聴き放題できるサービスは以下のリンク先で紹介しているので参考にしてください。 Spotify スポティファイ に代表される音楽聴き放題のサブスクリプションサービスは、LINE MUSICやYoutube Musicなど多くの会社からリリースされています。 このページではサービスごとの特徴や価格などを説明していきます。 sabusuku. net SpotifyやApple musicなどの音質は? 音楽が聴き放題できるサブスクといえば、SpotifyやApple musicを思い浮かべる人が多いかも知れません。 これらのサービスが配信している楽曲の音質は、特別悪いわけでもなく、いたって標準的な音質と言えるでしょう。 数値で表すと、ほとんどのサービスが256kbpsや320kbpsという音質で音楽を配信しています。 この標準的な音質の音楽データは、ロッシー圧縮と呼ばれる データ内容を少し削った上で圧縮されたデータとなっています。 しかし、これから紹介するサービスでは、ロスレス圧縮行うことでCD音源そのままの最大850kbpsの音質で楽曲を聞くことが可能です。 さらにハイレゾという通常のCDを超える音質の楽曲も配信されています。 Amazon music HD 基本情報• 料金: 個人プラン 月額1,980円、Amazonプライム会員は月額1,780円(年額17,800円) ファミリープラン 月額2,480円、Amazonプライム会員は月額2,480円(年額24,800円)• 無料期間:30日間• 配信曲数:6,500万曲以上• 音質:すべての楽曲でCDと同レベルの音質(850kbps)、数百万曲はハイレゾ(3,730kbps)• 対応機種:iPhone、android、 Mac、Windows、Alexa対応のEcho端末など Amazon music HD(アマゾンミュージックHD)とは、Amazonが提供するハイレゾ音源も配信する音楽配信サービスです。 Amazon Music Unlimitedの個人プランやファミリープランの会員登録をしている方は、アップグレードすることで利用することが可能です。 iPhoneやandroid端末などを含めさまざまなデバイスに対応しています。 6,500万以上の曲をCD音質であるHD、数百万曲をUltra HDで配信していて、ビット深度は HD楽曲が16ビットで、Ultra HD楽曲は24ビットです。 ネットワークやデバイス性能の範囲内で最大限の音質を実現できるので、アーティスト自身が伝えたかった音質で曲を楽しめます。 料金については、Amazonプライム会員が月額1,780円(税込み)、会員以外は月額1,980円(税込み)で、既に会員登録している方はお得に利用できます。 新規登録をすれば30日間無料で利用することも可能です。 無料体験をする場合は Amazon music HD の公式サイトにアクセスし、プランと支払い方法を選択します。 なお、Amazonのアカウントを作成する必要がありますが、無料体験はいつでもキャンセル可能で、解約すれば料金は発生しません。 Amazon music HD の特徴 再生画面では、HDやUltra HDのバッジをタップ(クリック)することで楽曲の最大音質と再生中の音質を確認することができます。 音質にこだわる方にとっては不可欠な機能といえるでしょう。 ただし、ストリーミング再生を快適に楽しむためには、インターネット接続環境を整える必要があります。 具体的にHDの場合は1. 5Mbps、Ultra HDの場合は5Mbpsの通信速度が必要です。 そのほか、臨場感あふれる音楽体験をもたらす3Dオーディオを楽しむことも可能です。 音質に深みと明瞭さをもたらしてくれるので、普段聞いているステレオ楽曲の新たな魅力に気づくことができるでしょう。 3Dオーディオの再生にはAmazon Echo Studio端末が必要です。 基本情報• 料金:月額1,980円(税抜き)• 無料期間:30日間• 配信曲数:非公表(数百万曲)• 音質:CDと同レベルの音質(850kbps)&ハイレゾ(3,730kbps)• 対応機種:対応機種:Windows、Mac、Android、iOS• 登録できる端末の数:PC3台、モバイル3台 mora qualitasは、Sony Music Entertainmentが提供している高音質のストリーミングサービスです。 ハイレゾ音源とCD音質の音源に気軽にアクセスすることができます。 ロスレス圧縮を採用することで音楽作品のクオリティを追求し、アーティストが表現した音をそのままの音色で楽しめるのが特徴です。 Windows ではWASAPIやASIOに対応し、MacではExclusiveモードに対応しています。 ビットパーフェクトで再生することも可能です。 アーティストの基本情報をはじめ、視聴した感想や作品レビューなども閲覧できます。 歌詞も表示してくれるため、曲やアーティストについて深く知り尽くしたいという方におすすめできます。 検索ウィンドウも備わっているため、アーティストやアルバム、トラック、プレイリストをスムーズに探せます。 料金は月額1,980円(税抜き)で、無料体験の期間は30日間です。 1アカウントで最大6台の端末(PC3台とモバイル3台)から利用できるので、それぞれのシチュエーションに応じて音楽を再生する機器を使い分けられます。 ただし、無料体験をする場合にも決済情報を登録しなければなりません。 mora qualitasの特徴 mora qualitas では詳細に再生の設定を行えます。 たとえば、ギャップレス再生によってライブコンテンツの曲間をスムーズにしたり、オーディオ出力デバイスメニューによって出力を最適にしたりできます。 そのほか、音楽をさらに楽しむための機能も充実しています。 ラジオ機能では選曲をアプリケーションが自動で行ってくれるため、次に何が再生されるかわからない瞬間を楽しめます。 再生中にアイコンを操作すれば選曲の傾向を調整することもできます。 また、ホーム画面は視聴履歴に応じてカスタマイズされていくので、利用するほど自分好みの音楽環境が整っていきます。 自分のためだけに用意されたプレイリストなど、思わぬ形で新しい曲との出会いが訪れることでしょう。 基本情報• 料金:月額1,470円• 無料期間:1ヶ月間• 配信曲数:3,600万曲以上• 音質:音質:1,411 kbps• 対応機種:iPhone、android、 Mac、Windows、Alexa対応のEcho端末など Deezer Hifiとは、ロスレスのFLACフォーマットで音楽を無制限にストリーミング配信するサービスです。 デスクトップアプリやウェブプレーヤーをはじめ、 iOS、Android、Xboxなどのさまざまなデバイスに対応。 楽曲の数は3,600万以上にわたり 、不必要に表示される広告などもなく、オフラインで気軽に曲を楽しめます。 音質はCDと同じ44. 繰り広げられるHiFi音質は、まるでレコーディングスタジオにいるかのような錯覚をもたらしてくれます。 ただし、CD音質の配信はFLACファイル対応のデバイスに限られています。 加えて、FLACファイル をストリーミングするには、最低5Mbpsのブロードバンド回線速度を必要とするので注意してください。 Deezer HiFiに登録する際はDeezerアカウントを作成する必要があります。 無料期間は1ヶ月間で、決済情報の入力も必要です。 その後の料金は月額1,470円ですが、いつでもキャンセルできます。 Deezer Hifiの特徴 Deezer HiFiユーザーでしか利用できない360 by Deezerというアプリでロスレス音響を楽しむこともできます。 複数の仮想スピーカーを作成する空間音響技術によって音を空間化し、臨場感あふれる音楽体験をもたらしてくれます。 お気に入りの曲をアーティストが演奏している空間で聞くような感覚で楽しめます。 なお、リスニングの際には互換性のあるヘッドホンを同期することが必要です。 たとえば、Sonyのヘッドホンを同期するには、Headphones ConnectというSonyのアプリを利用します。 そのほか、360 by Deezerでは、おすすめページからプレイリストを見つけたり、アーティスト名をアルファベット順に表示したりすることも可能です。

次の

音楽聴き放題(定額制)アプリを車で楽しむ3つの方法│車の中を感動レベルの高音質オーディオルームに

音楽 聴き 放題

みなさんは音楽を何で聴いていますか? 日本ではCDの売上が年々減少している反面、音楽配信市場はどんどん大きくなってきています。 その一躍を担っているのが、定額制の音楽ストリーミングサービス。 色んな曲を好きなだけ聴き放題になるというもので、各社様々なサービスが展開されています。 本記事ではこれから加入を考えている方のために、 人気の定額制音楽サービス各社の違いを徹底解説! 曲数・料金・無料期間の比較や、実際に使ったユーザーのレビューなどを紹介しながら、あなたに合ったオススメをお教えします。 「定額制音楽配信サービス」とは 月額料金を支払うことで、何万もの豊富な楽曲を何時間でも聴ける。 アルバム1枚をとことん聴き倒す方には不向きですが、 いろんな曲を聴きたい方にとってはとてもお得です。 ICT総研が行った調査によると、2018年末の利用者は 1,980万人、2021年末に 2,370万人まで拡大すると予想されています。 出典: また2位の『Apple Music』『LINE MUSIC』は、加入のきっかけとなる接点が他のサービスよりも多いのが特徴。 iPhoneユーザーでミュージックアプリを使っていれば、『Apple Music』を目にする機会は多いでしょう。 『LINE MUSIC』も同様で、LINEを使っているといろんな場面で『LINE MUSIC』に触れる機会があります。 つまり 『Apple Music』『LINE MUSIC』はユーザー獲得のチャンスが多いわけです。 4位以下のサービスが機能面で劣っているわけではありません。 それぞれに特徴があるので、自分にあったサービスを使いましょう。 スペック比較(楽曲数、料金、無料期間、歌詞機能、PC版の有無) 楽曲数・アーティスト 楽曲数は『Amazon Music Unlimited』『AWA』の6,500万曲がトップ。 その他の主要サービス5~6,000万曲ぐらいとなっています。 最近はサービス毎の配信アーティストの格差はかなりなくなってきており、 メジャーな楽曲はだいたいどこでも聴けて、ほぼ横並びという印象です。 とはいえ配信されていない可能性もあるので、加入前には必ず聴きたい曲・アーティストがラインナップされているか確認しましょう。 こちらの記事も参考に 月額料金 上の表に記載している料金は、ベーシックな聴き放題プランの価格です。 主要サービスは1000円弱で並んでいます。 中には無料プランや学割、家族と共有できるファミリープランなど、もっとお得なコースを用意しているところも。 自分の利用スタイルを考慮して、各社の料金を見比べましょう。 無料トライアル どのサービスも30日~3ヶ月の無料トライアル期間を設けています。 難しく考えず、とりあえず使ってみるというのも手です。 PC版の有無 パソコンで作業しながら音楽を聴きたい方は、この項目を要チェック。 タイプ別おすすめサービス一覧 ここまで利用者ランキングや機能比較などをご覧いただきましたが、情報が多すぎて選べない方のために、おすすめサービスをタイプ別に分類しました。 自分のタイプと合致する項目をチェックしてみてください。 迷ったら『Spotify』! 無料なのに全曲フルで聴き放題 初めて定額制音楽配信サービスを使う方、どういったものかを知りたい方は、とりあえず『Spotify』を使えば間違いありません! プレイリストは『Apple Music』と並ぶ充実っぷり。 ヒットチャートはもちろん、ジャンルや気分などに合わせて様々な曲を聴けます。 プレイリストの作者はフォローできるので、音楽の趣味があう人を見つけたらぜひ追加しましょう。 また「Radio」機能も便利。 好きな曲やアーティストを選択すると、テイストのあう曲をエンドレスで再生してくれます。 今まで知らなかった楽曲と出会えるかもしれません。 ユーザーのレビュー・感想・口コミ Applivに寄せられたレビューからの抜粋です。 「ジャンルごとの最新ヒットリストを流せばトレンドを把握できるし、Spotifyを利用してから知らなかったアーティストにたくさん巡り会えています!」 「シャッフル再生のみでも好きなアーティストの曲を聞き放題な上に、関連性のあるアーティストの曲も流してくれるから新しい発見がある。 」 「Freeでも使い方によっては十分使えます。 洋楽については言うことなし。 」 昔からiPodやiPhoneで音楽を聴いてきた方は、iTunesの中にたくさんの曲がコレクションされているでしょう。 Appleが提供する『Apple Music』であれば 定額配信されている曲と、iTunesに取り込んだ楽曲・iTunes Storeで購入した楽曲とを、ミュージックアプリでまとめて聴けます。 アプリを切り替える必要がないのでストレスフリー。 また料金面では、学生プランやファミリープランが魅力的です。 学生の方や、家族で一緒に利用したい方には断然お得なサービスと言えます。 ユーザーのレビュー・感想・口コミ Applivに寄せられたレビューからの抜粋です。 「試しに3ヶ月と思って登録したら、色んな音楽が聞けて本当に楽しい。 無料期間も長いし、とりあえず使ってみてから決めるのがいいと思います。 」 「AndroidでもついにApple Musicが! しかも、ちゃんと3ヶ月無料で使えます。 使いやすさも素晴らしいです。 」 Googleが提供する本サービスには、 10万曲分のクラウドストレージがついてきます。 手持ちの音楽データはすべてそこにアップロード可能。 スマホ・PC問わず好きなデバイスから、自分の音楽ラインナップにアクセスして聴けます。 しかも クラウドストレージだけなら 無料で利用可能。 定額音楽配信サービスの方を使わずとも、音楽データを持ち歩くための便利ツールとしてタダで活用してもOKです。 また『YouTube』と連動しており、オフィシャルのMVやライブ動画もこのアプリで視聴できます。 バックグラウンド再生も可能なので、MVを音楽プレイヤーのように楽しむことも。 米津玄師など定額制サービスで配信していないアーティストもいますが、YouTubeにはMVをアップしているというケースは多くあります。 そのため、 他では聴けない曲も『YouTube Music』ならバッチリ楽しめ、コアな音楽ファンにこそ使ってほしいサービスです。 「YouTube Premium」に加入しても使える! YouTubeの有料プラン「YouTube Premium」には、『YouTube Music Premium』が内包されています。 「YouTube Premium」は 広告なしで動画が見られる、バックグラウンド再生、ダウンロード可能と、とても便利な機能が使えるようになるプラン。 『YouTube Music Premium』単体で加入するより月額料金が200円高くなりますが、音楽が聴き放題になる上に、YouTube動画の視聴環境が格段によくなります。 YouTubeをよく見るのであれば『YouTube Premium』一択です。 こちらは6,500万曲が聞き放題。 通常は月額980円ですが、 Amazonプライム会員なら 780円で利用できます。 他社が1000円弱で並んでいるので、ちょっとお手頃です。 さらにAmazonのスマートスピーカー・Echoシリーズからのみ登録できる「Echoプラン」なら、 さらにお得な 月額380円。 Echoさえ持っていれば、どのサービスより断然安いです。 出典: このように 『Prime Music』『Amazon Music Unlimited』はコスパの良さが最大の特徴。 プライム会員になっていると、月額料金が安く抑えられます。 ユーザーのレビュー・感想・口コミ Applivに寄せられたレビューからの抜粋です。 「プライム会員なら無料で手軽に楽しめるので、コスパは良いかなと思います。 」 「Amazonプライム会員だったら使わない手はないです。 」 「プレイリストがめちゃくちゃ豊富になので、好きな音楽を探すというより、知らない洋楽を幅広く聞いてみようという冒険目的で聴くといいかもしれないですね。 」 「Jazzやヒーリングソング、カフェソングなど雰囲気のいいBGMが充実している。 」 「好きなアーティストの曲が少ない。 クラシックはまあまあだがJ-POPがイマイチ。 」 日本の音楽文化の一大ジャンルと言っても過言ではない「アニソン」。 普段は音楽を聴かないけどアニソンは大好きという方も少なくないでしょう。 『ANiUTa(アニュータ)』はアニメ主題歌を始め、ゲームのサウンドトラック、仮面ライダーなどの特撮系など、 サブカル系音楽だけを集めたサービスです。 ラブライブ!、アイドルマスター、バンドリ!関連楽曲や、ゲーム系ならアトリエシリーズ、グランブルーファンタジー、ロックマンなど、他社ではあまり見かけない曲が並んでいます。 数だけを見れば、今回取り上げた中では最も少ない「10万曲」。 でも内容がとても濃いため、 オタク文化が好きなら満足度の高いサービスとなるでしょう。 ユーザーのレビュー・感想・口コミ Applivに寄せられたレビューからの抜粋です。 「アニソンしか聴かないなら他サービスより安いし、曲数も多くておすすめ!」 「若干操作のしづらさはあるけど、これからアップデートされて使いやすくなっていくはず。 」『KKBOX』アジア圏の楽曲が充実! 大好きなアーティストとお話できるかも 台湾発のサービス『KKBOX(ケーケーボックス)』。 韓国・中国・台湾などアジア圏の楽曲が充実しています。 K-POP・C-POPのプレイリストも多く、アジア圏の旬な音楽をキャッチアップしていきたい方にはピッタリです。 他にはないオリジナル機能「Listen With」にも注目。 人気アーティストや友だちと同じ音楽を聴きながらチャットできるというものです。 今までにACIDMAN、でんぱ組. inc、GRAPEVINE、サンボマスター、THE BAWDIES、あいみょんなど、様々なアーティストが登場しています。 憧れのあの人と音楽について語れるかもしれません。 ユーザーのレビュー・感想・口コミ Applivに寄せられたレビューからの抜粋です。 「アジアの曲が結構あって、国際的な音楽アプリな印象です。 」 「エンタメフリー・オプション」に加入すれば、対象のエンタメサービスをどれだけ使っても通信量はゼロ! 音楽系ではGoogle Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、dヒッツ、RecMusic、楽天ミュージックが対象になっています。 他の格安SIMと比較しても、カウントフリー対象サービスの多さはトップクラスです。 加入はこちらから まずはお試し期間で使用感をチェック 筆者は配信されていない曲を購入することも多いので、クラウドストレージを活用できる『』をメインに使っています。 YouTubeをよく見るので、「YouTube Premium」に加入済み。 毎月1,180円で音楽も動画もたっぷり楽しんでいます。 また自宅ではスマートスピーカー「Echo」を使っていることもあり、サブで『』を併用中。 同じように見えて、実は各サービス毎にそれぞれ特色があります。 どこでも30日~3ヶ月間の無料期間があるので、まずはお試しで初めてみましょう。 合っていれば継続して使えばいいですし、合わなければ止めればOKです。 楽しくて便利な音楽のサブスクリプションサービス。 自分にぴったりの1つを見つけてください。 こちらの記事もおすすめ.

次の